アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

デュラララ!!×7 [★]


デュラララ!!×7 (電撃文庫)デュラララ!!×7 (電撃文庫)
ヤスダ スズヒト

アスキーメディアワークス 2010-01-10
売り上げランキング : 504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「僕は何もしてないよ。あれは、ダラーズみんなでやった事だから──」
 東京・池袋。この街の休日はまだ終わらない。臨也が何者かに刺された翌日、池袋には事件の傷痕が未だに生々しく残っていた。すれ違うことなく街を徘徊するクラスメイトの男女、弟に付きまとう女の動向を窺う姉、最強の男を殺すために強くなろうとする少女、兄のことなど気にせずひたすら無邪気な双子、今後の自分を憂い続けるロシア出身の女性、過去の未練にしがみつくヤクザな男、休日を満喫しようと旅行に出た闇医者、そして安心しきりの首なし(デュラハン)ライダーは──。


 つかの間の日常が戻った池袋のそれぞれの日常。とある一日を短編集形式で別々の視点から見ていくという構成。

 美香と波江さんの殺し愛(向ける側)は、本当に救いないほど狂ってるんだなーと。互いが恋の障害になっている分、こうした直接的な実力行使がいつかは起こるとは思っていたものの、いざ起こると修羅場ってレベルじゃねえぞ。しかし誠二からキスされるとめちゃくちゃ舞い上がっちゃう波江さんマジ乙女。まるで中学生か。

 静雄とヴァローナの話もよかったな。なんとなくヴァローナがすっかり丸くなってギャグ要員になってしまった気がするのは気のせいだと思いたいが、いずれ静雄とまた戦う日が来るのだろうか。でも静雄・トムさん・ヴァーろなの取り立てトリオを眺めているのもすごく新鮮だった。しばらくはこの三人一丸で動いてほしい気もする。
 というか静ちゃんは女の人にはマジ紳士だよなあ。茜ちゃんもいるし、喧嘩人形モテるなあ。

 そしてセルティと新羅は早く結婚でも何でもしてください。私のニヤニヤを止めるためにも早くお幸せになってくれこのバカップルめ。
 さて、帝人にも少し動きがあったものの、彼が本格的に動いていく話は8巻になるのかな。来月を楽しみにしましょう。

 ←『デュラララ!!×6』の感想へ

スポンサーサイト
2010-05-30 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN [★★★]


東京レイヴンズ1  SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)
すみ兵

富士見書房 2010-05-20
売り上げランキング : 101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 東京を中心に霊的災害“霊災”が多発するようになった現代。名門・土御門家の血を引きながらも霊的才能に見放された春虎の前に土御門家次代当主であり幼なじみの夏目がやってきて!? あざの流陰陽ファンタジー開幕!!


 あのBBB完結から一年、あざの耕平待望の新作であります。

 はい、めちゃくちゃおもしろかったです。まだほんの導入部のはずなのに、こんなにおもしろいとかマジ反則の域です。BBBは少しブーストかけるの遅めでしたけど、こちらはのっけからバリバリじゃないですか。
 ひとつ言うならヒロインの夏目が本当にかわいい。少し特殊なヒロインであるのですが、読みなおすとそのかわいさがより際立つので(というか言われてやったらその通りだった)読了した皆さんは一章でもいいので読み直してみましょう。仕掛けがわかったあとに読むとすごくモヤモヤしますね! あっちのほうで告白しちゃうところとかうおおってなるよね。ちくしょう卑怯な仕掛けだこれは!

 あらすじからは再放送していることもあってすっかり「喰霊」をイメージしていましたが読んでみるとそうでもなく、むしろこの1巻は舞台が東京ではないし、系統からしてたぶん違うんだろうなあ。でも似てないとも言えないんだよね。
 しっかしこの春虎、北斗、冬児の三人組のやり取りが好きだ。なんか、実際高校のときを思い出す。
 陰陽の血筋でありながら落ちこぼれとなる春虎は、この三人で過ごすくだらない日常がかけがえのないものだと、ハッキリ夏目に言ってやったところはすごい好きだった。夏目も夏目で陰陽としての裁量と責任からは一生逃れられないもので、その過酷な状況下に置かれた上であんなに春虎のことをずっと思っていたんだと思うと気分がほっこりしますね。その関係が主人と式神になるなんて、どことなくいかがわしいな。

 でもこの主人公の春虎がいい意味でも悪い意味でもバカキャラだなあ。夏目のあれにも気づかないって……どんだけ……。えっ、ていうか、次巻以降春虎は夏目のことどうするんだろう。あのままの認識ってわけにはさすがにいかないと思うんだけど。まあふとしたことでバレるだろう。ちゃんとこの仲良し三人組を基点として次回も話が進むようなので、とっても楽しみです。舞台も「霊災」が度重なる東京へ移るし。
 それから敵キャラも噛ませでは終わらなさそうだし、というかしばらくは学園モノとして続くんだろうけれど、ちゃんとキャラクタも立っていたので満足。十二神将とやらがどう転がるのかも。

 すごい楽しみなシリーズがまたできてしまいました。マンガ版も同時進行しているみたいですしコミックス出たらちょっと手にとってみますかね。メディアミックスしやすそうな作品ですし。
 というわけでクールでポップでスタイリッシュな現代陰陽ファンタジーでした。みんなも夏目かわいいよ夏目って言おうぜ。

2010-05-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

いつも心に剣を5 [★]


いつも心に剣を 5 (MF文庫J)いつも心に剣を 5 (MF文庫J)
kaya8

メディアファクトリー 2010-04-21
売り上げランキング : 120733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 暗黒騎士となりはてた父を倒し気を失ったレーレが目を覚ましたのは魔女の砦だった。ユユの献身的な看病により、一命を取りとめたレーレ。しかし、容赦なく魔女たちが問い詰める。魔女討伐隊の一員として多くの魔女と魔王と倒したレーレに残されたのは「死」のみ。だが、魔女ルチアが異論を申し立てて--。レーレに未来はあるのか。ユユと共に道を歩むことはできるのか。人間が、魔女が、心の底から愛し必要としていたものは実はとても近かったのかもしれない……。衝撃の最終巻。---「帰らないと。ユユのところへ」---


 完結、なのだが……こうも凄絶なラストになるとはだれが予想しただろうか。
 だれも浮かばれない上に救われない。ラストの余韻にはどれだけの意味が隠されているのか、それは知る人ぞ知る。というか余韻に浸ると絶対しょぼんってなるよなこれ……。

 これも主人公とヒロインによる、ある種の「共依存」モノであるがレーレの行動は最期まで一貫とし、逆にユユの心境や行動には一定の振幅が存在していたと言っていい。前回でユユが死んだと思い込んだレーレがその生きる目的を失ったのちにその生命を奪ったやつら(魔女サイド)に復讐の牙を振るい続け、しかし4巻終盤からこの今巻に至り魔女の一員となったユユが生きていることを肌で感じると、その生命を脅かすやつら(人間サイド)をいとも簡単に裏切り虐殺の限りを尽くす。最初から最後まで心の剣にユユしか映さなかった一匹のケモノを、純粋だと賞賛するか狂っていると慄くかは読者次第ではある。
 ユユもユユでレーレが死んだと思い込んだのちにも幾多の苦難を乗り越えたが、再会を果たすとやはり優先事項はレーレに他ならない。傷だらけの精神を癒すかのようにレーレにすがる。
 お互いに強く求め合い、想い会い、二人の絆はこれ以上ないものになったはいいものの、しかし二人を取り巻く環境はそれを断固として許さない。それでも生きていかなければならない二人が求めた先が、行く末が、あれだというのか……。

 とにかく、すごくきっつい展開だったことは覚えている。
 最期は美しいとは言わないが、二人の瞳に映った世界はどのように見えていたのかは、読者が想像するしかないんだよな。とにかくこの暗鬱とした世界を叩きつけられたのが読んでいた現状だったわけで……。
 剣と、血と、絆の十文字青流異世界ファンタジー、これにて閉幕であります。

 ←『いつも心に剣を4』の感想へ

2010-05-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ヴァンダル画廊街の奇跡2 [★]


ヴァンダル画廊街の奇跡〈2〉 (電撃文庫)ヴァンダル画廊街の奇跡〈2〉 (電撃文庫)
望月 朔

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 6455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 父の遺志を継ぎ『誰かの心の中の絵』を描くため、世界を旅するエナたち『ヴァンダル』一行。しかしそんな彼らをあざ笑うかのように、過激派の反政府組織『DEST』が絵を用いたテロ活動を実行に移し始める。
 絵を単なる政治闘争の道具にする彼らを許せないエナたちは、それを妨害するために奔走するが……突如として彼らの前に現われた、殺されたはずの『 DEST 』の指導者UMAを名乗る少年は、エナと似て非なる光を宿した、赤い『眼』を持っていた ── !!
 第16回電撃小説大賞<金賞>受賞作第2弾、怒涛の新展開!


 おもしろい。おもしろいんだけど『DEST』の活発が過激なせいで変にシリアス方向へ行きそうだな……。

 一応1巻でお話はある程度まとまり、これからさあどうするというところでこの展開なんだが、私的にはふつうの短編連作でその芸術作品に心を奪われた者、或いは人生が変わった者たちが『ヴァンダル』の一団と関わる形式を続けてほしかった気もする。いやまあ連作短編というところは継続されているのだけれど、『DEST』の本格的出現によって方向性も定まってしまったからな。

 でも、なんか一遍一遍が唐突に切れるというか、あとはご想像上にお任せします的に読者に委ねているようなのが気になる。一つなら気にならないんだけどこれが続かれるとちょっと拍子抜けするなあ。でも一度使われたキャラが『ヴァンダル』一行とたびたび再会するわけじゃないし、下手すればそれっきりってキャラが殆どだし、これで味はあるといえばあるんですかね。
 しかしインターポールの刑事二人組は見ていて飽きない。だんだんキャラとしても掘り下げられてきているし、次あたりに女刑事のほうは過去話あるんじゃないですかね。あってもいいと思うんですよ。

 今年の電撃大賞では息の長いシリーズになりそうなので、そこら辺も期待ですね。

 ←『ヴァンダル画廊街の奇跡』の感想へ

2010-05-26 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

SH@PPLE -しゃっぷる- 9 [★★]


SH@PPLE  ―しゃっぷる―(9) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE ―しゃっぷる―(9) (富士見ファンタジア文庫)
よう太

富士見書房 2010-05-20
売り上げランキング : 770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 鳥子と付き合いはじめた雪国。SECの活動を休止して青美に戻った舞姫。全部がちぐはぐのまま、時間だけが流れていく。そんな折、一枚のチケットを持って典子が現れた……。♂♀入れ替わりはフィナーレへ!


 双子姉弟の入れ替わりの日々、ついに終局へ!
 おもしろかった。というかやっぱりほぼ予想通りの結果になってしまったんだけど、それでもよかった。王道をきちんと王道で突っ切った感が強いですね。でもこの作品はサブヒロインたちの盛り上げ方もうまかったと思います。

 あれから鳥子と付き合いはじめた雪国は、鳥子へ精一杯自分を合わせながら、その実はどうしても蜜のことを諦められないし忘れることなんてもってのほか。転校してしまう彼女へ最後に自分がなにができるか、もう振り向いてもらうことはできないのか。
 そんな迷いを見せる雪国の背中を押してくれるのは、彼へ純粋な行為を寄せてくた人たちだった。胡蝶の宮も、鳥子も、正直にいいヤツすぎるだろ。特に鳥子は割に合わない上に蜜を引き立てるような演出役になっちまったよなあ。鳥子がどんな気持ちで雪国を送り出し、あの観覧車のシーンに至るわけですか……。間違いなく鳥子はこのシリーズで一番いい女になるわ。

 そしてそんな何人もの女の子の好意をブレイクした当の雪国ですが、彼も彼なりに意地を見せました。
 ストレートに好きな人のために一生懸命になれる姿、というものはどのような局面でもやはり惹かれるものがあります。しかも胡蝶の宮や鳥子の想いも背負っている分、これはひとつのどうあっても負けられない戦なんです。ホント青春だよなあ。最後はきちんと締めてくれたし、よかった。

 今月のドラマガに芝目と舞姫のエンドが載っているらしいんだが、単行本化はしないんだろうか。大学生版しゃっぷると合わせて収録してくれると、嬉しいなあ。しかしまあ、完結は完結。名残惜しいですが、ここいらで一本締めておきますか。とてもいい青春ラブコメディでした。

 ←『SH@PPLE -しゃっぷる- 8』の感想へ

2010-05-24 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

イスカリオテⅤ [★]


イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)
岸和田 ロビン

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 1424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 12月、聖誕祭(クリスマス)を控えて御陵学院は大きな盛り上がりを見せる。玻璃率いる中等部生徒会はじめ、喫茶店をやることになったノウェム、さらにはラーフラまでもがサンタの格好をして準備に奔走。イザヤもその熱気の渦に巻き込まれていく。
 しかし、聖誕祭当日、街に異変が起こる。突如出現した<獣(ベスティア)>の群れ、新たな異端審問官の登場、そして壬生蒼馬の復活により事態は大きく動いていくが──!?
 三田誠が贈る罪と罰のアイロニック・アクション、緊迫の第5弾!


 イザヤも、ノウェムも、たしかに変わりゆく一冊。一巻のときとはほんと別人のようだ。

 大罪の数に合わせた全七冊ということで、クライマックスに向かってどんどん進んでいるのがしっかりと伝わってきます。
 前回復活を遂げていた蒼馬がイザヤに再び揺さぶりをかけてきましたが、最後にはおおいな決断をするところはとてもカッコよかったです。未来の自由を求めて「英雄」を演じるハメになった彼は、本物の「英雄」になし得るのかどうか。その決意から自分から戦いに身を投じることを否とすることをしなかったりして、「英雄」を演じることをあそこまで嫌っていたイザヤがここまで変わるきっかけになったのは、この御陵市という街なのか、イザヤを兄と慕う玻璃という一人の少女か、はたまたはイザヤに従順する人形の少女か。

 ノウェムもノウェムで二人の玻璃からイザヤに対する気持ちは恋なのではないかと言及され、やっとその気持ちに気づくことに。本格的にもう「人形」とは呼べないほどの感情にみちあふれている気がします。ここまで来たら普通の女の子だよなあ、ノウェムも。ここまでに人間の感情らしい感情を得るに至るにまでには、前回の短編集のお話があってのことですよねー。

 さて聖誕祭というそれ相応の因縁と舞台もあるわけで、いよいよ盛り上がりも最高潮になってきました。次回も楽しみ。

 ←『イスカリオテⅣ』の感想へ

2010-05-24 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 [★]


俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)
H2SO4

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 聖桐学園名物といえば勇者生徒会と魔王生徒会。人間と人外が共学のこの学園ならではの制度だ。まぁ名前の通り対立している訳で。
 伏城野アリス──俺の幼馴染み。完璧超人とはよく言ったもので、容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能な何でも来いなやつだ。おかげで俺はアリスの小判ザメと言われる訳だが……。そんな彼女が生徒会長の勇者になるのはいい。何で俺が魔王になっちまうんだ!? 正体を隠さなくてはならない俺、魔王(俺)を目の敵にするアリス。めちゃくちゃハードな学園生活が待っていて!?


 いろんな略称がせめぎあうこの作品ですが、私はひらがなを抜いた「とがとで」派を貫こうと思います。赤ふぁぼももらったしな!
 とりま今年の電撃の最終選考作なのですが、これめちゃくちゃ売れてるらしい。今月の電撃で俺妹の次点だとか。
 絵もかわいいし、タイトルもキャッチーだし、あらすじもおもしろそうだし、売れる要素には恵まれているとは思うのだけれど、それにしてもどこからこんな人気が出たんだ。なんか「これ売れそうだな」的オーラがあるんだろうか。

 お話は特に目新しいところがあるわけではなくベタベタなんだけど、ちゃんとおもしろさがハッキリ伝わる作品だったと思う。やっぱりライトノベルの真髄は「分かりやすい」ってところだと再認識させられたような気がします。無為で無理な設定もないし、無駄な要素を省いて売れる要素を継ぎ足した印象が作中で見受けられました。コメディタッチな温かい雰囲気もいいかも。
 ヒロイン勢もかわいいし、特にアリスは秀才キャラなのに、ときどきおバカで紅太郎のこととなるとなんでもがんばれる、ひたむきな幼馴染みの姿を見せてくれてとても好感度高いですね。

 それに主人公の紅太郎も魔王の姿を隠しながらアリスに向き合い、ともに学校を変えてゆこうというくだりはとてもクサい演出だけど嫌いじゃないぜ。それでいてちゃんとアリスのピンチに(追い込んだのは彼自身でもあるが)現れて助けるがんばる主人公を演じてくれて、これもまた好感的。

 売れ筋的に競争率の激しい電撃の人気作ともタイマンを張れそうな作品になりそうですね。
 まだまだ二人の活躍を見ていたいですし、続編もあればいいなあ。というか出さないともったいないよな。


 ※6/10追記
 盗作疑惑につき絶版・回収が決まりました。続きはもう出ないということです。
 非常に残念なことですが、これは作者が悪いなと思います。あれはさすがに言い訳できません。
2010-05-22 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 1 :

ココロコネクト ヒトランダム [★★]


ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
白身魚

エンターブレイン 2010-01-30
売り上げランキング : 13296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 文研部に所属する八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文は、奇妙な現象に直面していた。前触れもなく青木と唯に起こった"人格入れ替わり"。それは次々と部員全員へ襲いかかり、彼らを異常な日常に放り込む。戸惑いつつも、どこかその状況を楽しむ太一たちだったが、心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ……。平穏が崩れたその時、5人の関係は形を変える! 第11回えんため大賞特別賞受賞作品、愛と青春の五角形【ペンタゴン】コメディ登場!!


 今月2巻が出るのでとりあえず読了しておいた。おもしろかった。
 気を許し合った仲良し五人組がある日突然人格の入れ替わりに襲われ、なぞの存在「ふうせんかずら」によって引き起こされているを知る。他人の肉体を勝手に借り、また借りられてしまう理不尽な状況に置かれる五人組。特に命の危険もなく、アトランダムだが長くても数時間で戻る入れ替わりに対し、まったく危機を感じなかった一行だが、互いの過去の傷や本音を知ってしまい、徐々にその関係性はほころび始める。

 触れられたくない部分を「その人間になることで」否が応でも知ってしまう、入れ替わり現象。これはもう人の心へ勝手に土足で入るようなものですから、例えば伊織や稲葉のような過去や性格をしているタイプにはとんでもないものでしょう。下手すれば人格がぶっ壊れることだってあるかもしれません。そんな状況下に置かれることで変わってしまう人間関係と、ヒロイン3人の心の傷ひとつひとつに向き合う自己犠牲タイプの太一を通じて見せられる友情と、信頼がとてもよかったです。
 笑って、怒って、泣いて。
 真っ向から本音でぶつかり合って、向き合って、文句も言って。
 一度ちぐはぐになった関係性が、太一のエゴとも言える行動からもっと強固なものとなる展開が素敵だった。稲葉の言う通り太一の自己犠牲野郎っぷりはイラッときますし、必ずしも彼が取った行動は正しいとは言い難いですけど、たぶんここまで率直だったからより青春らしかったのかなーなんて思った。結果オーライってやつさ。
 最後に泣かせる展開もあったのがよかったです。もうちょっと捻ってもいいと思ったけど、ああいう展開に弱いんだよ。あれは泣くわ。白身魚さんの絵がマジ反則。でもあのオチは涙返せって思わなくもなかったけどね。

 結局この1巻では「ふうせんかずら」の正体や太一の自己犠牲の解決だったり、まだまだ消化出来る要素は残ってしまったのですが、これは今月出る2巻で消化されると考えていいのだろうか。まあどちらにしろ楽しみ。
 剣も魔法もバトルもないけど、少しばかりの非日常へのエッセンスがこもったこの青春物語はじゅうぶんオススメです。

2010-05-22 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

蒸し暑くなります


 このまえまで寒い寒い言っていたと思ったのにいつの間にか日も伸びて暖かくなったものです。
 というか5月もそろそろ終わってもうすぐ梅雨の季節……ホント早いなあ。

 そういえばポケモンWBの情報少し出ましたね。
 御三家は正直いままでと比べものにならないくらい残念デザインですが、戦闘アニメーションはポケモンが常に動きを見せているというがんばりっぷりですごく期待。なんか街も奥いきがすごいしな。ゾロアークはほしいけど、前売り券買って色違い三犬のどれかを貰わなければという。ただフレドラエンテイと波動弾ライコウはちょいほしい気もしますが。

 あとはそうですね、このまえアリスインワンダーランドという映画を観に行きました。
 正直言ってそんなに期待しないで行ったんですけど思いのほかおもしろかった。不思議の国のアリスはもともと好きな作品だったけど、ティム・バートン氏のもとで製作されて成功なんじゃなかろうか。話全体で見るとすごい勧善懲悪もののライトノベルっぽいなーという感じでぽーっと観ていました。CGアニメーションも実写によく馴染んでいてすごかったしなあ。一緒に観た人たちが「白の女王好きとか人として騙されそう」って言われまくったけどなんでもいいんだよかわいきゃ。あの立ち絵感の振る舞いがやばいかわいいんだよ。

 ああ、そういえば遅まきながらリンク希望してくれた人のところをリンクに貼りました。遅れてごめんなさい。しっかしリンク先なんていじったのずいぶん久々だったな。




【2010年4月度三ツ星ラノベ】

4086305399カンピオーネ! 6 神山飛鳳 (集英社スーパーダッシュ文庫)
シコルスキー
集英社 2010-03-25

by G-Tools


 感想はこちら

ついにカンピオーネすらにもフラグを立てる護堂さんマジパねえっす!


4048684523ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
abec
アスキーメディアワークス 2010-04-10

by G-Tools


 感想はこちら

 直葉よりやっぱりアスナさんのがヒロインヒロインしてるよね


4086305518ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~ (集英社スーパーダッシュ文庫)
柴乃 櫂人
集英社 2010-04-23

by G-Tools


 感想はこちら

 ずっと白粉大先生とあせびちゃんのターン! あせびちゃんマジ天使


4044288232ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)
るろお
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-01

by G-Tools


 感想はこちら

 色々懐かしい3年ぶりのムシウタ本編! ウソから始まる優しくて残酷な物語


【二ツ星】

4797358645迷宮街クロニクル4 青空のもと 道は別れ (GA文庫)
津雪
ソフトバンククリエイティブ 2010-03-16

by G-Tools


 感想はこちら

 最後まで堅実に締めた迷クロ最終巻。非常に完成度の高い群像劇でありました


4840132453機巧少女は傷つかない〈2〉 Facing "Sword Angel" (MF文庫J)
るろお
メディアファクトリー 2010-03

by G-Tools


 感想はこちら

 早くもコミック化決定のシンフォニックバトルアクション。貴重なるろお絵のたゆん娘やでえ


4047262862B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
kona
エンターブレイン 2010-01-30

by G-Tools


 感想はこちら

 終始胃がキリキリしそうな文体によって綴られるミステリアスファンタジー。ほどよい黒さ


404868468X殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス 2010-03

by G-Tools


 感想はこちら

 ミステリーとしても楽しめるMW文庫の土橋先生。「扉の外」が好きならイケる


4048684566とらドラ・スピンオフ!〈3〉―俺の弁当を見てくれ (電撃文庫)
ヤス
アスキーメディアワークス 2010-04-10

by G-Tools


 感想はこちら

 田村くんからあのキャラが出たり大河と亜美ちゃんがお笑いになったり能登のがんばりだったり


4047262870空色パンデミック1 (ファミ通文庫)

エンターブレイン 2010-01-30

by G-Tools


 感想はこちら

 「空想病」が蔓延する世界での青春ボーイ・ミーツ・ガール。今が旬なセカイ系




 以下は4月読んだ本。

続きを読む

2010-05-20 : 月間まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

七花、時跳び! Time-Travel at the After School [★]


七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 そもそもの発端は、だ。我が後輩の七花いわく、突然タイムトラベラーになったという。可愛い顔して、あなたマジですか!? と言いたいところだが、これがマジだったりするのだ。過去や未来に自由に跳べるとしたら、どうする? カップメンにお湯を注いで『三分後』に跳んで待たずに食べるとか ── え? 違う?
 予告しておく。びっくりしたり呆れたりすることはあっても、歴史を動かすような展開は何にもない。なぜなら、僕が主人公だからだ。


 実は初めてだった久住四季作品。
 なんか聞いてた割にはえらく軽いな、と思いましたけどこの作品に限りだそうですね。まあ見出しがまずおもちゃ感覚タイムトラベルですからね。おもちゃ感覚でいいの!? と思いますけど。といっても時間旅行というSF要素は薄くラブコメ寄せという印象を受けました。あ、でも、ミステリとかあんまり読まないからかもしれませんけど、こういうタイムトラベルもので「どう動こうが未来はそうなるように決まっている」と予め押さえられているのは珍しいなー、と思いました。

 なにかとタイムトラベルを軽視する和泉、そしてタイムトラベルを使えるようになってしまったその後輩の純情少女七花。この二人を中心に、愉快痛快なコミカルチックの演出で送られるタイムトラベルは小気味いいものもありますが、そのまえに危なっかしさがまんま付きまとっている気がしてなりません。七花はまだいいとして、和泉の思考は小学生といっても通じそうだった。別にイライラとまではしなかったけど、もうちょっと慎重というか、それなりに構えろよって言いたくなりました。
 それにしても3年後の七花がすごいエロかわいくて困りました。純情少女はどこへいった。変わりすぎだろけしからん! それからラブコメ分も急速に増えていったので、そんな二人のやり取りにとてもニヤニヤしていました。ああ、かわいいな七花。こんな後輩いたらマジ幸せだな和泉め。

 あとは絵師さんがとてもいい仕事をしていると思います。3年後七花のかわいさはもちろんですか、基本かわいくて丸っこくてほんわかした絵が作風にとてもマッチしているかと。たぶん表紙買いした人も多いんじゃないかなー。
 おもしろかったです。続編があれば、出番が少なすぎた鈴ヶ森さんとの関係ももっとやってほしいですね。

2010-05-18 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

藍坂素敵な症候群2 [★]


藍坂素敵な症候群〈2〉 (電撃文庫)藍坂素敵な症候群〈2〉 (電撃文庫)

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 2408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 浩介の目の前でいきなりスカートの裾をぎりぎりまで捲り上げる、ちょっと不思議な女の子・涅槃皇終(ねはんすめらぎつい)。入院から復帰して医術部に戻ってきたのはいいものの、彼女の親友の宇奈月仁央(うなづきにお)が“耽溺症候群(フィリア・シンドローム)”に感染していることが発覚。医術部の面々は治療の一環として色々な部活の手伝いをすることになる。プール掃除ではハプニング連発、美術部のモデルでは恥ずかしい格好をさせられたりと苦労しつつも治療を順調に進めていくが、仁央に近づく怪しい男の影があり ── 。
 水瀬葉月が贈るフェチ系美少女学園ストーリー、第2弾!


 しまった、「水瀬作品の新キャラはまず疑う」の法則を失念していた……。
 1巻はグロ描写満載の視覚的刺傷だったけど、今度は精神的ショックかよ。まさかの二段構え。

 さて表紙の新キャラにしてグレイズ(掠り)フェチこと涅槃皇終さん(このフェチ、まるで某有名弾幕STGを思い出す)ですが、彼女が未登場だった医術部最後の残りであります。ギリギリなことが大好きな色々とアレな少女ですが、戦い方には意表を突かれました。あのポイントにそんな意味があったとは誰も想像できなかったでしょうね。
 素敵、空、ゲル子さんは1巻で発揮した魅力を出しつつ(あのコスプレはどれも良かったと思います。特に空のメイドは貴重!)、医術部の面々もだいぶ伊万里と浩介を受け入れてきた気がする。にしたって医術部の男子が浩介って時点でラッキースケベ的なお約束展開は当たり前ですよね。というか十分ハーレムルート行けるぞこれ。

 さて敵役とあいなった安全フェチの仁央さんですが、こいつは本当に外道だな。C3でいうせっちゃんポジションか。
 前半の終に対するすべての行動や思いやりに、あの隠れた悪意がこもっていたことを思わされると、さすがに後味が悪い。あの写真部の男子が黒幕だと思いこんでるときは、水瀬さんにしてはえらくドストレートな人だなとか思ってましたが、この黒幕が出てきて納得させられた。悔しい、いつもの黒水瀬先生や!
 浩介が終の傷を肩代わりし、その上一緒に背負うという男らしい行動と言動により、元々人とあまりコミュニケーションを取らない彼女も壊れたりすることはなかった。それどころか一層なついてるんですけど。これこのハーレムでデレる一人目ということなんだろうか。

 ←『藍坂素敵な症候群』の感想へ

2010-05-18 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

“文学少女”と恋する挿話集3 [★★]


“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)
竹岡 美穂

エンターブレイン 2010-04-30
売り上げランキング : 271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋に破れた「炎の闘牛」、柔道部の牛園くん。それでも遠子を思いきれず、思い出が欲しいと心葉に詰め寄り……『"文学少女"と炎を上げる牛魔王【ミノタウロス】』、クラスにも、気安い笑顔を向けてくる担任の竹田千愛先生にもなじめない中学生の仔鹿だが──『迷える仔鹿【バンビ】と嘘つき人形【ドール】』ほか、遠子の想いを目にした紗代や、夕歌と毬谷先生の出会いなど、甘くほろ苦いエピソードが満載! 物語を食べちゃうくらい愛する"文学少女"と、彼女を取り巻く人々の、恋する挿話集第3弾!!


 映画も放映中、まだまだ文学少女の人気は止まりません。

 挿話集も3つ目ということなんですが、まだまだネタはつきそうにないなあ。遠子先輩、ななせ、千愛ちゃんときたけどまだ掘り下げられそうなキャラいるしね。場合によっては以上の3人からでもまだまだ話を広げられそうな気がするし、作者がやろうと思えば半永久的にできるんじゃなかろうか、とさえ思う。
 しかし牛園さんがえらい男だなあ。どっかのヘタレとは潔さが違うなあ。ただ遠子先輩も少しひどいと思ったけど。

 そんなテンションの高いコミカルな部分がのっけから出てきたから、中盤あたりで「穢名の天使」ででてきた夕歌と毬谷先生の出会いの部分を描いたお話がきたときは不意打ちだった。さらに夕歌を失った毬谷の後日談的なストーリーもあってその切なさは倍増。
『真実を知ることが、絶対に正しいとは限らない』という「穢名の天使」の救われなさっぷりには当時涙を流したものです。思い出すだけで泣ける。

 そして千愛ちゃんが教師になったお話もあります。あの千愛ちゃんが教育者ですか……。
 中学生らしくない小鹿ちゃんの言動や態度に少し辟易しながらも、千愛ちゃんが大人になっても千愛ちゃんだってことは十分に分かりました。ウソをあたかも真実のように振舞い続ければ、いつかは本当になるかもしれない――という彼女の言葉が怖いと同時に心にズーンときますね。でもって流人くんはいつまでたっても女の敵すなあ。

 恐らく次は見習いのラストエピソードがくると思うんだけど、あっちもどうなるか気になりますね。

 ←『“文学少女”と恋する挿話集2』の感想へ

2010-05-18 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

空色パンデミック2 [★★★]


空色パンデミック2 (ファミ通文庫)空色パンデミック2 (ファミ通文庫)


エンターブレイン 2010-04-30
売り上げランキング : 3982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あの結衣さんの「劇場型」発作の日以来、僕は確信を持てずにいた。僕の彼女への好意も、彼女の空想の産物なのかもしれない──。そんなある日、教室で今井さんという子に突然声をかけられた。「あなたに話がある。私の名はブーケ・ザ・ボマー」新手の空想病患者? もう本当に勘弁してほしい。だが彼女がもたらした世界改変をめぐる真実に僕は驚愕する。そして再び世界の命運を賭けた戦いが始まった! 狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」第2巻。


 あ! ああっ! そうか、これは巧いっつーかやられたわ。というか今までになかった発想だ。
 そうだよこの終盤の最終兵器の存在を常に念頭に置いとかなければ、この構成の罠にはまってしまう。加えるなら常に改変され続けるこの『空想病』の蔓延する世界は、あくまで景の主点により描かれる一人称小説だから尚更なんだよなあ。景が感じたこと、思ったこと、その心理描写の導きによって読者である私たちも『空想病』のキャストの一員になってしまったのなら、その瞬間それは作者のKO勝ちなんだなこれは。その最終兵器の存在を失念してしまう。だからオチに対して「またかよ」って自体には私自身そんなに陥らなかったですね。読者のミスリード前提に書いているのかは知りませんが、これはまさにやられたとしか。
 砕いて言うなら、いわゆる『夢オチ』をここまで正当化できるのも珍しいってことなんだよなあ。こりゃもう発想の勝利だ。作者のほくそ笑む姿が見える。でも3度目の正直で、次回以降この手は通じないのはわかってると思うんだけど、そこらへんもどう変えてくるのか見物ですね。

 とまあ1巻で綺麗に終わってたからこの2巻はどうだろうと思ったけど、勢いはもっとパワーアップしてて驚いた。
 登場人物たちは劇場型空想病のキャストを演じながらも、この不安定に改変される世界で青春を謳歌している。景は結衣さんの好意を受け続け、青井からも妙な好意を向けられ、とある誤解から二人とすれ違う普通の青春物語。
 忘れてはいけないのが、ストーリーの軸としては主人公たちの恋物語がメインであり、『空想病』はそれを彩る設定にすぎない。ただ、超然と設定として当たり前のように存在するからして、読者の感覚を麻痺させる。設定という一言では片づけられはしないが、本筋だけ見れば「教会物語」に沿ったファンタジーラブコメなんだ。終盤で何重もの伏線が回収されていく様は、なんとも爽快でした。
 複雑難解になりすぎず、さりとて読者に一杯食わせることも忘れずなんとも多芸に富んだというか、配慮の行き届いた作品であります。

 そして青井くんはやっぱかわいいですね! 「かわいい男の子にはとりあえずメイド服を着させろ」ってよくいいますしね! いやまあ女だけどそんな細けえこたぁいいんです。なにに置いてもどこか卓越しているこのキャラは正直ズルい。次はどんなコスプレが見られるか楽しみ。

 こうしてファミ通文庫でかなり楽しみな作品になりあがりました。今が旬なセカイ系です。超オススメ。

 ←『空色パンデミック1』の感想へ

2010-05-15 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

デュラララ!!×6 [★★]


デュラララ!!×6 (電撃文庫)デュラララ!!×6 (電撃文庫)
ヤスダ スズヒト

アスキーメディアワークス 2009-07-10
売り上げランキング : 219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「彼は、平和島静雄。池袋で一番危ないって言われてる殺し屋なんだ──」
 臨也に嵌められ街を逃走しまくる静雄。自分の立ち位置を考えさせられる帝人。
 親友の苦境に今更になって気づく正臣。何も知らずに家出少女を連れ歩く杏里。
 先に待つ出来事を想像できなかった茜。黒バイクとの接触に興奮を隠せない女。
 一人悶えつつも帰りを待ち続ける新羅。思い通りに事を運ぼうと画策する青葉。
 ダラーズに意趣返しを繰り広げる千景。そして首なしライダーが救うのは──。
 池袋は今日も歪んだ想い達を包み込む。さあ、みんな一緒に、デュラララ!!×6


 5巻で一見バラバラにまかれた伏線の回収。あれだけバラバラだったキャラたちの行動が、やがてひとつにまとまっていくのだからすごいなあ。池袋という世間の狭さもありますが、この群像劇はちゃんとストーリーに起伏もあるし、なにより読み進める間の「ああどうなるのかな、どうなるのかな」という心臓が早鐘を打ちそうなワクワクや期待感が尋常じゃない。そしてうわさに聞く帝人の覚醒回。
 帝人はダラーズとブルースクエアの間に揺れ、いかに自分が無力な存在かを今一度認識させられる。ダラーズを創始する人間としてはあまりにも平凡すぎ、あまりにも非力だった。セルティ、静雄、果ては本来守るべきはずの杏里にまでその身を守られ、絶望感ただただ浸っていく。臨也と青葉、二人の道化師にそそのかされ、彼が取った選択は、果たしてなにを生むのか。これからが竜ヶ峰帝人の後ろ向きな本領発揮だ。というか覚醒というよりただ泥沼にハマっているような気がしなくもないが、帝人にも考えあってのことなんだろうと信じています。

 いやまあそれでも今回は帝人じゃなくて一番推したいのはドタチンと千景の友情コンビなんだなこれが。
 もうドタチンも千景も二人のポリシーのもとに拳で語らう姿は、まさに男が燃える展開ではありますし、腐女子も歓喜モノだろこれ。というかわざわざタクシー代を払ってあげてまで千景と殴り合いしたいドタチンどんだけ。誘い受けなんですかどうなんですか。しかもケンカが終わってことが済んだらドタチンとかさっそくもう千景のこと名前で呼んでるしな。どんだけ爽やかな語らいなんだよ。ダラーズとTo羅丸という、対局な勢力でもどこか通じ合う二人の代表的存在がぶつかるのは熱いよな。

 とまあ今巻はかなりおもしろかったです。いつかアニメでやってほしいなあ。2期とかで。
 次回でやっと最新刊に追いつくぞー。

 ←『デュラララ!!×5』の感想へ

2010-05-14 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ごくペン!3 [★]


ごくペン! 3 (MF文庫J)ごくペン! 3 (MF文庫J)
相音うしお

メディアファクトリー 2010-04-21
売り上げランキング : 76172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 凜子の発案で、真太郎たち毒マムシ学園の生徒は林間学校とスキー合宿と修学旅行と卒業旅行を兼ねた学校行事を行うことになる。プロジェクト名『毒マムシ学園のアツイ冬』! しかしその名を轟かすおバカ学園の生徒を受けいれてくれる宿など見つからず、行き先は権田原組に縁のある津軽海峡を臨む宿になった。バスに乗り込むだけで大騒ぎの毒マムシ生徒を詰め込んだバスは凜子のガイドで出発するが……!? 謙虚さや自粛意識皆無のハイグレードおバカ学園ラブコメ、颯爽大撃進!!


 ええ、もう終わりなの!?
 という終盤で予感があったのですがまさかまさかの完結とは……。もうちょっとこのおバカなやつらを見ていたかったなあ。というか真太郎すっかり毒マムシ学園に染まっちまったな。ここまできたからにはもとに戻れないんだぜえ。

 最終巻なのにメインヒロインの凛子ではなく、お菊のエピソードになってしまいましたな。
 いやそこに不満はないんですけど、凛子のメインとなるお話がないまま終わってしまうのはどうも消化不良感が。でもアイドルを目指す健気なお菊もかわいかったいえばかわいかった。任侠といえば津軽海峡冬景色なのか? まあ雰囲気にはマッチしているからよかったけど。
 引率者として特定の生徒(真太郎)とばかりイチャイチャできないもやもや感にさらされる凛子もかわいいんですが、やっぱり鈴音が一番ヒロインしてるよなこの作品は。特に看病のところはいいドギマギ感でありました。

 テーマ性は終盤ほど薄れてしまいましたが、テンポも小気味いいし、ところどころで吹き出してしまう良質なギャグコメディでした。ここで終わったのは非常に惜しいけど。
 まあ完結は完結なので後腐りなく、この作者の新作を心待ちにしたいと思います。またこういう系統なんだろうか。

 ←『ごくペン!2』の感想へ

2010-05-14 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

緋弾のアリアⅥ 絶対半径2051 [★]


緋弾のアリアVI 絶対半径(キリングレンジ)2051 (MF文庫J)緋弾のアリアVI 絶対半径(キリングレンジ)2051 (MF文庫J)
こぶいち

メディアファクトリー 2010-04-21
売り上げランキング : 310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジに、Sランクの天才狙撃手・レキが勝負を挑んできた。圧倒的な力の差を見せつけてキンジを打ち負かしたレキは、キンジと一緒に暮らすことを強引に決めてしまう。一方、パートナーを取られたアリアとキンジの間には壁が生じてしまい……。そしてチーム編成を決めるための『修学旅行Ⅰ(キャラバン・ワン)』が始まる。はたしてレキの真意は――!? 大スケールアクション&ラブコメディー第6弾!!


 アニメ化も決まったガンアクションラブコメ。アリア(くぎゅう)・理子りん(ほっちゃん)・白雪(中原麻衣)で鉄板すぎると思うんですが皆さんはどうでしょうか。あまりにも予想が安易すぎて自分でも笑ってしまうがこれに落ち着いても文句は一切ない。

 今回は表紙から察する通りレキのターンなんですが、結局レキはなんでキンジを慕うようになったんだ。無表情・無口・無愛想の寡黙系ヒロインの鉄板みたいな彼女ですが、最後までその動機がよくわからなかった気がする。作中にも描写がいなかったような。けど今まであんまり出番がなかったレキがそこまで積極的になるとはただならぬことなのでしょう。意外に強情な気がするんだよこの子。
 アリアもパートナーを奪われご立腹な感じで、ついにはレキと仲違いしてしまうしどうなってしまうのか。
 いやまあ正妻は必ず返り咲くっていうじゃないですか。今回は敵に塩を送るって感じの作戦なんでしょうねと無理矢理解釈。しかしどんどん白雪の扱いが小さくなって残念です。一番好きなのに。もうキンジとアリアと白雪の三人でどパチする場面は見られないのだろうか。

 見た目はただの中華娘だけどこれまでになく強い敵が出てきましたが、こいつはどんくらい強いんだろうなあ。今回は狙撃戦だったけど、まさか次回いきなり倒れたりしないよね。基本敵キャラの見せ場が少ない作品なので、もう少しこの敵は見ていたい気もする。

 ←『緋弾のアリアⅤ 序曲の終止線』の感想へ

2010-05-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

氷結鏡界のエデン3 黄金境界 [★★]


氷結鏡界のエデン3  黄金境界 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン3 黄金境界 (富士見ファンタジア文庫)
カスカベ アキラ

富士見書房 2010-04-25
売り上げランキング : 1842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 モニカと共に部隊を結成するシェルティス。三人目の隊員として、華宮という風変わりな少女をスカウトするのだが……。同じ頃、天結宮で護士行方不明事件が発生して!? 自分の信じた道を進む、重層世界ファンタジー。


 モニカが結成するチームに誘われたシェルティス。しかしチーム結成には最低3人のメンバーが必要ということで、モニカの知り合いという華宮という少女と出会うが、会うやいなや核心をつく質問にシェルティスは戸惑う。
 さて、シェルティスが記録から消えていた空白の二年の真相を突きとめかけた新キャラが現れました。あくまでシェルティスは別人ということで通しますが、こりゃもう時間の問題だな。というか動かぬ証拠も見せちゃったしな。でも黄金のマハとの戦いでひとたび信頼関係を築き上げれば、華宮が思っていたよりいい子だったので、モニカにバレるのはまだ先になりそう。バレたちょっとややこしいことになってしまうからね。
 それよりもシェルティスさんかの華宮といい先輩正護士のイーシャといいどんだけフラグ立てるんですか。え、ハーレムルート?

 やっと氷結鏡界に絡みそうな敵方も姿を現してきましたね。
 細音さんにしてはこういう敵は珍しいなあと思いました。特殊な幽幻種を解き放つための下準備を行っていたようですが、それはシェルティスによって今回は打ち砕くことができました。ただほんの序章という感じがまだしますね。イグニドはいよいよ本格的に動くことでしょう。苦戦を強いられた黄金のマハでさえ、あれがただの人形なんだからなあ。
 さらに「アマリリス」という単語も出てきて黄昏色との繋がりも!? と色々衝撃な巻でありました。

 そういえば今回はシェルティスとユミィの絡みが少なかったはずなんだけれど、どうもそうは感じなかった。
 二人があんまり寂しがらないのと、たぶんこの二人なら大丈夫だという安心感が自然と心に植えられているのかもしれない。まあ離れてても想い合っていますしね。

 ←『氷結鏡界のエデン2 禁断水晶』の感想へ

2010-05-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

星灼のイサナトリ [★★]


星灼のイサナトリ (一迅社文庫)星灼のイサナトリ (一迅社文庫)

一迅社 2010-04-20
売り上げランキング : 96181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 砂に覆われた不毛の惑星。人類は科学文明の粋を集めた巨大な塔の中で暮らす人々と、過酷な自然の中で暮らす人々に二分されていた。
 砂漠の巨大な生物【鯨】と戦う鯨獲りの少女・ミルファの危機を救ったのは、空から降ってきた少年・那取洋だった。
 徴兵から逃れるために塔を脱走した洋は、斃れた鯨の腹の中から謎の少女・いさなを発見する。捕鯨船の一員となった洋を追って動き出した塔の軍に追い詰められ、いさなの秘められた力が覚醒する――。
 荒廃した大地の王者となった巨大な鯨と、砂漠の海をたくましく生き抜く人間たちを描いたファンタンジー巨編、堂々の開幕!


「ほうかごのロケッティア」の作者というのと、あらすじと絵師が好みだったこともあって購入はあまり悩まなかった。表紙からも感じ取ってもらえるはずですが、カラーもモノクロもすごく丁寧でイメージも十分世界観にそぐわうものだと思いました。巻末の設定資料集もわかりやすくてよかった。この絵師はふつうにレベル高い。

 肝心の中身ですが、おもしろかったです。超好みのファンタジーです。
 砂漠に覆われてしまったテラとそこに暮らす現地民・テラナーたちの過酷でも生きがいのある生活に思わずこっちも飛び込んでみたくなってしまいます。だって砂漠という砂の海でバカでかい鯨が泳いでるんだぜ。しかもそれをパワードスーツ着て狩って生活するってんだからロマンバリバリ。そういえば「イサナトリ」って「鯨取り」に変換できるんだね。
 さて砂漠に覆われたテラですが、では現地民意外の人はどうしているのかといえばちゃんと塔と呼ばれる安全地帯で文明を気づいて生活しているのです。移民ですね。しかもこちらは結構近未来的な世界。二分された世界を中心に進むSFファンタジーみたいな感じで受け取ってもらえれば。

 お話も基本燃える展開だった。徴兵から逃げ出した洋をもてなす捕鯨船・カジマヤーの人たちの人情と生きざまが生き生きと描かれていてよかった。そういえばこういう船での生活に「蒼海ガールズ」を連想させた。あっちは女の子だけだけど。でもやっぱりミルファよりいさなの方がヒロインヒロインしてるよなあ。というかどう考えてもミルファさん勝ち目ないような。
 いさなにもまだ隠された秘密があるみたいですし、塔と砂漠と二つの世界の繋がりも気になるし、続刊を期待。まさかこれででないってことはありませんよね。

2010-05-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ヴァンダル画廊街の奇跡 [★★]


ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)
望月 朔

アスキー・メディアワークス 2010-02-10
売り上げランキング : 50386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている──。
 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはずの名画が描き出される事件が起こる。
 『 Der Kunst Ihre Freiheit! (芸術に、その自由を!)』
 絵とともにそう書き残していく<アート・テロリスト>を、人々は敬意をこめて「破壊者(ヴァンダル)」と呼んだ。
 政府を敵に回すという危険を冒してまで彼らが絵を描く理由とは。そして真の目的とは──? 第16回電撃小説大賞、<金賞>受賞作!


 遅まきながら、今年の電撃大賞金賞受賞作。ってもう今月2巻だよ! 買ったよ!
 とても好みなお話であり、アートテロリストたる「ヴァンダル」がもたらした奇跡に心が温まる。
「あなたたちの心のなかにも、きっと一枚の絵があるから」
 ライトノベルで芸術を扱う作品て結構珍しい傾向だと思うけど、この作品はけっこうわかりやすい。わかりやすい上で、飽きさせない。名画は当時の史実を忠実に人の目に映し、どんなちっぽけな芸術でも一枚の絵は数億の中から一人の人間の心にとまるかもしれない。その絵は世界の何を象るか。その絵は世界の何を訴えるのか。それは価値観や人生をも変えるかもしれない。

 戦争を想起させる芸術の一切が規制された世界観で、一人の少女と、サイボーグの青年と、ひとつのAIがたった3人で世界を回る。その都度出会う人によって芸術で世界が変えた人、変わってしまった人など、短編連作形式で紡がれるお話は、ときに痛快で、ときに心に重く響く。
 統一政府をも敵に回しながら、アートテロリスト「ヴァンダル」は世界の真実を暴くために、日夜絵画を描く。3人の中でもっとも幼いエナがなぜそのような危険を冒しながら絵を追うのか。その背景も終盤で明かされますが、これがなかなか重い。
 しかし父親から託されたモノをエナは心に秘め、彼女は今日も絵を描く。

 インターポールの刑事たちも、彼らとの邂逅により徐々に世界に疑問を持ち始める。
 この1巻でも見せ場はあるにあったけど、次巻以降でももっと彼らのことを掘り下げて見てみたい。立場上「ヴァンダル」と対峙するのは仕方ないことになりますが、相反する二つの存在からこの世界を見れるのはなかなか凝った演出ではないでしょうか。

 というわけで、とても好みの作品でありました。
 彼らの夢が夢でならぬよう、次巻も心待ちにしたいと思います。もう手元にはあるんだけどね。

 
2010-05-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

俺の妹がこんなに可愛いわけがない6 [★★]


俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6 (電撃文庫 ふ 8-11)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6 (電撃文庫 ふ 8-11)
かんざき ひろ

アスキー・メディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ヤバイ。桐乃ヤバイ。俺の妹マジヤバイ。
 まず偉そう。もう傲岸不遜なんてもんじゃない。超居丈高。
「オマエ何様」って妹にきくと、「チッ」って舌打ちするだけじゃなく、その後腕組んで「うざい」って睨みかえしてくる。
 スゲェ! なんか遠慮とか無いの。妹なんだから兄貴のことを敬って、もっと仲良くしなきゃいけないんじゃ──と思っていた時期が俺にもありました。
 っていうくらいの勝手気儘ぶり。普通は人間なんだから絶対謙遜とかもする。でも俺の妹は全然平気。凄い。ヤバイ。どれくらい凄いかというと、なんかこの宣伝文、どこかで同じようなのを見たはずなのにそれすら気にしない豪快さ。さすが俺の妹だ、なんともないぜ。
 とにかくお前ら、ウチにいる妹のヤバさをもっと知るべきだと思います。そんなヤバイ桐乃と一緒にいる俺、超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


 当然すぎるアニメ化も正式に決まって、人気も知名度もさらに上がるであろう俺妹の新刊。
 
「うっひょ――――う! かなかなちゃ――ん! ブリジットちゃ――ん! 二人ともかわいいいいいい! うはwwっwwマジ天使www」
 プライドもぼろぼろのはずの帰国直後の桐乃さんでも相変わらずキモオタすなあ。というか今回通しで思ったけど地の文でも「マジ天使」使われすぎだろw どんだけ浸透してるんだこのワード。ABの天使ちゃんはマジ天使ですよ。
 しかし京介も1巻に比べればずいぶんエロゲ脳に染まったな。一番やばいのって実はこいつなんじゃないか。あとどんだけあやせのこと執着してるんだよ。遠回しに俺の嫁宣言してんじゃねえよw そういえば結局あやせのお礼ってなんだったんだろう。次巻に後回しか?

 そしてついに沙織の素顔が明らかとなりました。マジ天使。ここに天使がいたぞ!
 ここにきて沙織の素性みたいなのがやっとわかった感じですかね。桐乃も黒猫もまったく素直じゃないんだから。沙織がどういう心境と境遇であのコミュニティを作ったのかが見れてよかった。本当にいいやつなんだな。
 褐色陸上少女のリアとのお話もよかった。桐乃と京介の関係を、或いは桐乃の京介に対する想いを象徴するようなキャラクタ(あくまで想像だけど)でしたが、このキャラによって桐乃がなにを力にしてアメリカで競っていたのかがよくわかった気がする。幼いゆえに憎みづらい子だったけど、やっぱ生意気だったな。

 でもって最後の最後に強烈な引きを残してくれました。桐乃ェ……またかよ。
 たぶんしょうもないお願いなんだろうなーと思いつつ続刊も楽しみにしています。

 ←『俺の妹がこんなに可愛いわけがない5』の感想へ


 
2010-05-09 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 2 :

神様のメモ帳5 [★★]


神様のメモ帳 5 (電撃文庫 す 9-13)神様のメモ帳 5 (電撃文庫 す 9-13)

アスキー・メディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ニート探偵アリスとその助手である僕は、深刻な事件の合間にもばかばかしくてつまらない、けれど忘れられない揉め事にいくつも巻き込まれている。今回はそんな僕らの事件簿からいくつかをご紹介しよう──
 ミンさんを巡るストーカー事件「はなまるスープ顛末」、アリスご執心の酒屋を襲った営業妨害事件「探偵の愛した博士」、平坂組のバカどもを総勢で巻き込んだ誘拐事件「大バカ任侠入門編」に、特大100ページ書き下ろしのオールスター野球騒動「あの夏の21球」を収録。
 泣き笑いの日常満載のニートティーンストーリー、初短編集!


 久々の神メモ新刊は短編集。素晴らしい表紙。
 短編集だけに一つ一つのお話は短いですが、どれもいつもよりコメディ分が増し増しでニートたちの賑々しい日常がより浮き彫りになった一冊だったと思います。ナルミやアリスが関わったしょうもない、ひとえの夏に起きた事件の数々である、そんな集大成。

>はなまるスープ顛末
 しょうもないオチだけど、なかなかグッと来る親子愛ではありませんか。
 いやなんかそこにいたるまでが結構不穏な雰囲気だったんだけど(ミンさんが力負けするってことはあんまりなさそうだが)、このオチは予想つかなかったわ。でもミンさんのお父さんがなかなかニクい人でした。

>探偵の愛した博士
 こんな献身的で協力的なアリスが見れるとは思わなかった。
 アリスが贔屓にしているとある酒屋で起こった騒動なのですが、こっちも親子愛のお話でしたね。営業妨害の犯人はだいたい目処がついていたんですけど。シーサーに象った酒屋の親子の絆はとても素敵な演出だったと思います。
 それにしてもアリスの下の名前ってはじめて出たよね。なんとなくそういう系統の名前だと思ってたけど、意外にストレートな名前の気がする。

>大バカ任侠入門編
 平坂組の連中はどんだけアホなんだよw
 四代目不在だといかにもアホさを露見しまくる平坂組ですが、ナルミが仕切るとまたなにかが違う。今回の短編集では一番物騒なお話だったけど、アリスに一杯食わせたナルミは珍しく機転を効かせたと思う。

>あの夏の二十一球
 とあるゲーセンの経営権を賭けた堅気ではない野球対決。
 ほぼ神メモオールスターが出揃う珍しいお話。少し特殊な野球ゲームである『パワレボ』にまさかあんな伏線が隠れているとは思いませんでした。その点も踏まえて、実際の野球対決にもっていき勝利にこぎつけたところはうまいなあと。ネモさんも野球に対してだけはそういうこだわりがあったんだな。アリスがバッターボックスに立つという奇跡的な場面にも立ち会えるお話だったと思う。オチの余韻も素晴らしかった。

 というわけこんな短編集だったけど非常に満足です。Tivさんによるコミックス化も決まりましたし、続刊がまたくればいいなあ。
 ついでに宣伝。ドラマCD第二弾も出るよ! ジャケ絵の岸田メルの仕事っぷりがヤバイ。

 ←『神様のメモ帳4』の感想へ

 
ドラマCD 神様のメモ帳 2巻ドラマCD 神様のメモ帳 2巻

メロウヘッド 2010-05-07
売り上げランキング : 141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010-05-09 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

円環少女1 バベル再臨 [★]

円環少女 (角川スニーカー文庫)円環少女 (角川スニーカー文庫)
深遊

角川書店 2005-08-31
売り上げランキング : 99579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幾千もの魔法世界から<地獄>と呼ばれ最も忌み嫌われた場所―地球。なぜなら、本来自然なはずの魔法現象を消滅させてしまう恐るべき力を、人類だけが持っているからだった。元の世界で犯した罪のため<地獄>に堕とされた一人の少女魔導師・鴉木メイゼル。彼女の受けた刑罰は、<地獄>で敵対魔導師100人を倒すこと―。 <円環大系>の使い手が、誰もが成し得たことの無い過酷な運命に立ち向かう!灼熱のウィザーズバトル開幕!


 一度読んでみたかったファンタジーだったので手にとってみました。なにげに10冊以上も続いているからな。
 印象としてはすごく手堅い現代ファンタジー。キャラは動いているんだが、めちゃくちゃ読みにくい。これは慣れないときつい。文が下手というわけではなくむしろすごい巧いんだけど、力の入れどころがずれているというか。専門用語や魔法については丁寧すぎるほど説明はいるのに、キャラクタの掘り下げはいまいち浅いので感情移入がしにくかった。なんとなくで物語を読み進めちゃだめだなこれ。

 しかし魔術師たちによる戦闘シーンはすごい。と同時にメイゼルが背負う運命、瑞希ときずなの友情シーンの演出は実に熱い。
 平凡な日常と凄絶な魔法合戦をまたにかける魔術師たち。円環大系を宿す彼らにもそれぞれ守りたい日常があり、全うしたい目的がある。仁やメイゼルだけでなく、敵方である聖騎士団の連中もそれは同じです。
 もっとキャラの背景や日常シーンを際立たせてくれれば、もうちょっと読みやすくなったり感情移入もしやすいのになあ。とりあえず続きは順次おっていくとします。

2010-05-09 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

LNF&5月ボドゲ会レポート


 はい、行ってきましたライトノベルフェスティバルことLNF。日曜だったけどちゃんとハートキャッチしてからいきました。
 去年の会場よりキャパシティが大きくなり、人数もかなり増えた印象でしたね。たぶん2~300くらいはいたんじゃないかなあ。私はラ管の人たちとほぼ固まっていましたが、それでも会場の人数では一部に過ぎなかった。

 午前の部は伏見つかさ先生と平坂読先生の対談イベントで、まあ主にテーマである「青春」について語られていたんですが、なぜか最後の方は下ネタがめっちゃ飛び交っててふつうに噴きました。18禁のアレなゲームの話題はちょっと……とか言ってたクセに画像まで用意していて話す気満々じゃないっすか。まあそんな感じでお互いの作品のことに触れつつも楽しいトークだと思いました。平坂先生はさすが「はがない」の作者というか、すごいノリのいい人だなーと。あ、ちなみに「俺妹」のアニメの話はここではほとんどなかったです。

 午後の前半はトークイベントでほとんどの人間が会場に来ていたゲスト作家数十名のインタビューみたいなところに行っていたので、私は○○バカやアホの子やらバカ作品(いい意味で)について語る卓にいました。やっぱりそういうキャラとか作風とかは好きな方なのでそっちにいてよかったなーという印象。
 後半はトリである賀東招二先生のインタビュー。賀東先生が「自分の考えたロボットが、あのガンダムと共演できるなんて」的なことをすごく嬉しそうに語るところや、メカについての情熱とかキャラメイクのお話とか聞けて、すっごいタメになりました。執筆で詰まったときの対処法なんかも話していましたが、ちょっと参考にしようと思います。
 そして気になるフルメタ最終巻のお話ですが、「夏」だそうで。実はフルメタはアニメ3作しか知らない人間なので、このお祭りに乗じるために本編だけでも原作を抑えておこうかなと思います。割と本気で。

 で、昼にライトノベル試験なるものがあったので今年はやってみようかなと思い参加したものの、結果はやっと5割いったぐらいで正直なめてかかってました。でも「以下の単語に自分なりにルビを振りなさい」って問題はちょっとドキドキしましたね、黒歴史的な意味で。きみの中二センスがためされる! ちなみに書けばなんでも正解だったみたい。
 でこれの優勝者と準優勝者が身内の人間で、揃いも揃って本気出しすぎだろと思いました。でもサインは素直にうらやましかったです。

 その後は30人くらいの飲み会に参加して、初めて話す人とかも結構お話しできたので良かったと思います。土橋先生クラスタの語りが個人的に激アツでした。心残りなのはテーブルにカロリーメイトとミネラルウォーターがなかったことですね。
 その後の3次会的な飲みもここで言えない話題ばっかりなので自重します。一言言えば、今までの飲みでトップ3には入るくらいの会話の頭の悪さでした。これはひどい。

 そんな感じで今年のLNFも楽しかったです。参加された皆さん、スタッフや先生方お疲れ様でした。
 以下からは昨日のボドゲのレポでめっちゃ身内ネタ入るので、見たい人だけどうぞ。

続きを読む

2010-05-04 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。