アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ココロコネクト カコランダム [★★]


ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)
庵田 定夏 白身魚

エンターブレイン 2010-09-30
売り上げランキング : 407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 冬休みを目前に控えた終業式。文研部のメンバーは、謎の文字を見つける。「永瀬・稲葉・桐山・青木」、そして「12時~17時」。誰が書いたのか、意図すら分からず首をひねる5人。だが彼らは12時に、信じられない光景を目にする。子供に戻ってしまった伊織と唯、ふたりは身体と精神が幼くなっていて……!? 17時にピタリと止まる奇妙な条件、姿を現さない<ふうせんかずら>、さらにただひとり現象が起こらない太一に、謎の影が忍び寄る――! 愛と青春の五角形【ペンタゴン】コメディ、大波乱必至の第3巻!!


 やばい。青木マジカッコいい。本当にこいつは凄いやつだった。
 誰よりも適当だったこいつが、誰よりも真剣な場面は息を呑む展開でした。人を好きになることの大切さを一番わかっているのは実は青木なんじゃなかろうか。過去に好きだった女の子もいるしそのときはその子が一番だった。けれど、いまは桐山唯がおれにとっての一番だ! とかいうくっさいセリフを吐いてくれるんだけど、そこがまた青臭くてたまらない。なによりも人を全力で好きになるという、そう簡単にはできないことをこの青木はすでにやってのけているのである。しかも二度も。

 過去そのものを現在に映し出し、その当時の記憶も鮮明になってしまう『時間退行』に、五人の中で一番脆い唯は心身ともにボロボロになる。自分は支えられているばかりで、なにも返してあげられない。なにをするにも「いつか」がつきまとい、そんな過去に縛られ何事からも逃げてばかりの無価値な自分に、苛立ちと不安ばかりが募っていた彼女。自分から動かないといけないことを知っていながら、ずっと逃避していたツケが回ってきた分がこれだった。
 そんな感じで、少しずつだけど確実に自分を見失っていた唯が、青木の真摯な告白に勇気づけられて再び立ち上がるところは目頭が熱くなった。きっかけは確かに青木がもたらしたものだけど、唯は自力で立ち上がれたと思う。何事にも全力で一番を目指していたかつての自分を取り戻した桐山唯に、立ちはだかる障害はなにもない。ずっとおぼつかなかった大切な一歩を、前に進むことができた彼女はきっと誰よりも強くなっているはずです。
 そして唯が青木に抱きつくところは本当に青春だなあって感じました。男性恐怖症も乗り越えたんだなー。愛の力恐るべし。

 しかし一番盛り上がったのがこの青木と唯のシーンだったのだけれど、そのあとの伊織のエピソードがなんかすごい蛇足に感じた。え、これ一番うしろにもってくるの? って感じで微妙に拍子抜けしてしまいました。なんか解決もあっさりだったし。
 まあでも総じていいお話だったと思います。早く青木と唯は付き合えばいいと思う。正式なカップルにならなかったら泣きます。このシリーズでベストカップルだと信じて疑ってませんから。
 大好きです。続刊も期待。

 ←『ココロコネクト キズランダム』の感想へ

スポンサーサイト
2010-09-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

僕たちは監視されている [★★★]


僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
里田 和登 国道12号

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 16485

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「IPI症候群(クローラ)」と呼ばれる病の治療者「IPI配信者(コンテンツ)」として、小日向祭は自活しながら日々騒がしい高校生活を送っていた。そこに、同じく「IPI配信者(コンテンツ)」であるテラノ・ユイガが転校してきたことにより、祭たちの高校生活は波乱含みの変化を余儀なくされていく……。親友の一葉も交え、思春期の心が織りなす友情と秘密の近未来青春ドラマがはじまる。現代社会への寓意も込められた作品。


 とんでもなくえげつねえ世界だなあ、と感じつつもこれは設定とキャラ造形の勝利だと思いました。
 というかどのキャラもIPI症候群に対してすごく真摯なのが意外だった。特に祭ちゃんはそれをひしひしと感じた。そのおかげもあってこのIPI症候群というのをいろんな視点から捉えることができたんだけど。にしても、こんな少年少女たちがきちんとIPI症候群患者を満たすためのコンテンツとなり、レベルによって違うけども自らのプライベートをある程度晒しているのに、それほど後ろめたさは感じない。もちろん一歩間違えれば社会的抹殺もありうる倫理的な問題は常に横たわっているし、コンテンツの配信は非罹患者のエンターテイメントになりえてしまうが、あくまでも絶対的な「治療行為」であるのが終始貫かれている。

 そして自らの性別を偽りコンテンツとなった祭とそんな彼女のサポートに当たる一葉は、ふつうの高校生活を過ごしているときに、同じコンテンツでトップランカーに近いユイガという少女が転校してきます。
 この二人の絡みそうで絡まない想いと、もどかしいようなすれ違いがとてもいいようにモヤモヤさせてくれた。
 直向きにユイガへ歩み寄ろうとする祭と、レベルを下げられない事情があるユイガはお互いに傷つけ合ってしまい、コンテンツとしての自分を振り返り悩んでしまう。互いが互いを配慮した結果がこうでは、誰も報われません。傷つけてしまったことに責任を感じて逃げるユイガ、秘密を打ち明けてくれたユイガに自分ができることを模索する祭。表面が破裂寸前のシャボン玉のような想いは中空で漂いながら、やがて二人をひきつける。
 最後に導かれた答えはとても温かいもので、かげがえのないものだと思いました。でも祭は手段がちょっと強引すぎるw いやあれはあれですごく良かったんだけど、挿絵がないとはどういうことだ!

 とにかくもう雰囲気から好きになれた作品でしたね。祭とユイガの今後のこともあるし続編もいけると思う。
 あと祭のまっすぐなキャラがとても好きです。なんか久々にいい男の娘を読まされた。

2010-09-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ファンダ・メンダ・マウス [★]


 
ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
大間 九郎 ヤスダ スズヒト

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 4322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 おれはマウス。しみったれた倉庫でくそったれなAIシステム相手に終日ダラ~っと、家に帰ればネーネがべったり。そんな毎日。でも、おれは今の自分にかなり満足。いい女はべらして万ケンシャンパンドンペリジャンジャンBMベンツにPMゲッツーみたいなことが必要だとは思わない――のに! 「嫁に!」とか言い出すジャリ娘の登場から怒濤の急展開だよ!!
 独特で中毒性の高い文体、鳥肌ものの展開。全選考過程で物議を醸した作品が登場!


 さて噂のこのラノ文庫にやっと着手しはじめました。
 なにから読もうかなーと思ってたけどやたらこれ勧められたのでこのファンダにしたんだけど、とりあえず文体マジクセありすぎ。中毒性だとかそんな問題なではないほど、本当に読ます気あるの? ってくらいに無秩序な文章なのですが、けれど不思議と読み進めてしまうような恐ろしい力を秘めています。

 というのも、クソッタレが口癖の語り部・マウスのキャラがいいです。
 ちゃらんぽらんでいい加減で、でもドシスコンの彼はある日自分を嫁にしてくれと頼む少女と出くわすところからストーリーが動きだすのですが、キャラが増えていくごとにその掛け合いといいますか、だんだんとマウスの不安定な心情がのぞけたりして「おっ」てなったりしました。あとダメ姉好きとしてこの作品のネーネはとてもいいですね。はい。お股ゆるゆるでも全然構いません。
 そしてマウスなりの歪んだ愛を、彼の根幹に宿る揺るがない意志を、とてもまっすぐに見せつけるようなスピード感のある展開にドキドキしてしまいました。ぶっちゃけよくわかっていないのですが、こんな文章なのに読ませる力はすごい。
 あとがきからわかったのですが、作者はこの作品が初めて書いた小説であるそうです。これが天才肌ってやつなのでしょうか。でもたしかにちゃんと文が精錬されてくれば、将来化ける作家になり得るのかもしれません。その可能性はたしかに感じました。

 こんな文だし、序盤はなにが起こってるのかさっぱりなんですが、途中で投げてしまうのはもったいない1作でした。
 もし続刊が出るようだったらまた読み直そうと思う。

2010-09-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Re:2 バカは世界を救えるか? [★★]


Re(アールイー):2  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)Re(アールイー):2 バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)
柳実 冬貴 一葉 モカ

富士見書房 2010-09-18
売り上げランキング : 4322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 相変わらずイタい妄想ばかりの光一に、新たな使命が下された。それはアルル殺害を目指す組織『オーロラ』のメンバーを割り出すこと。さっそく独自捜査を開始する光一だが、なんと本物の《能力泥棒》が敵に回り!?


 うおお1巻より格段におもしろくなってるよ!
 というかなにげに光一ってばハーレム築きつつあるじゃん! あんなイタい子なのにみんなそれでいいの!?

 やっぱりある程度世界観がわかった状態でキャラが出てくるほうが受け入れやすいってことなのかなー。まあ今回は能力泥棒のこともあるし、シェードも完全な味方ではない(光一やロリ宮にとっては)ことがわかってきたので、これからどんどんお話を広げられそうで色々な展開を期待してしまいます。
 あとこれは絶対に言いたいんだけど、この作品で一番かわいいのはどう考えても佐藤光一ことライト(笑)くんだと思います。なんかもう超絶イタいのは一目瞭然なんだけど、端から観てる分にはとても愛らしいというか、微笑ましいと言いますか。そんな光一なんだけど、魅せるところはズバリ魅せてくれるからカッコいいし、これはギャップ萌えなんだと思います。ロリ宮が思わずキュンってなっちゃうのもわかる。

 お話的には光一の<付け焼刃>の上位互換であるとされる<贋作工房>こと能力泥棒さんの出番であります。アンチテーゼにより感情が希薄となり、しかも力を使うたびにそのアンチテーゼが強まってしまう彼と、そんな彼を支える感情を失った一人の少女の不器用な恋の話。そんな二人を焚きつけてシェードと相対させようとしたのが、笑い顔しか作れない少女だったりと、やたらと感情や表情をアンチテーゼにした人物がいっぱいでてきます。
 能力泥棒さんはいいキャラでしたねー。最初はただの噛ませかと思ったんだけどちゃんとこいつにしかできないキャラの役割があって、今後光一のいいライバルとして登場回数も増えるんじゃないかと期待してる。

 そしてこの作品の正ヒロインがロリ宮に傾いてきた模様。アルルじゃないの……。
 でもまあロリ宮も光一ほどじゃないけどめっちゃかわいいので、それでもいいかなあ。なんだかんだでいいコンビになってきてるし。

 ←『Re:バカは世界を救えるか?』の感想へ

2010-09-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アカイロ/ロマンス2 少女の恋、少女の病 [★★]


アカイロ/ロマンス 2 ―少女の恋、少女の病 (2)  (電撃文庫 ふ 7-17)アカイロ/ロマンス 2 ―少女の恋、少女の病 (2) (電撃文庫 ふ 7-17)
藤原 祐 椋本 夏夜

アスキーメディアワークス 2008-12-05
売り上げランキング : 285942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 霧沢景介が枯葉と出会ってから一週間。
 [迷い家]へと招待された景介は、新たに一族の少女を紹介される。人間である景介に不信感を露にする幼い瞳──娘は自らを型羽と名乗った。
 そして、次の日。型羽と打ち解けないままふたりで下った山道の先、待ち受けていたのは襲撃だった。繁栄派に属するふたりの少女は景介と型羽を殺そうとする。彼女たちの目的は、枯葉の持つ、鈴鹿の一族頭首たる証である宝刀[つうれん]と、本家の婿候補である景介の命。
 枯葉が向けてくる思慕、吉乃が残した想い、姉の行方。それらは果たして、争いへ身を投じる理由に足るのか。迫る危険の中で、景介はその覚悟を問われる──。


 つうれんェ……。
 枯葉って本当にアホの子なんじゃないだろうか――ってそういう取り合わせはありなのかよ! ありだな!!

 まあそんなこんなで最終的には「枯葉かっこいいよ枯葉」に落ち着くんですが、メインはそこではなくて景介の葛藤でしょうか。鬼の一族の妾候補となった景介は晴れて枯葉から恋慕を寄せられるのですが、これがとても複雑なんだよなあ。枯葉は喪着によって首から下は景介に想いを寄せていた吉乃のものだし、しかも喪着によって記憶を共有するものだというから、その恋慕は吉乃の代役というまがい物、或いは吉乃の想いに報いるための枯葉の思いやりに思われてしまうのは仕方ない。そこには枯葉自身の意志がないと取られてしまうのも。
 そして吉乃を忘れられず、むしろ彼女が死んだのちに遺された想いを知ってしまってから好きになりつつある景介の痛切な主張も納得ができてしまうんだよなあ。そりゃあそう思うよな……。
 ここまでお互いを縛り合うような好意の交錯、そしてそれを裏付ける巧妙なキャラ設定はまれに見る。たしかに残酷的だし、すごくやるせなくなるけど、でも景介がちゃんと答えを出してくれたのが良かった。枯葉も枯葉で自分の確固とした意志を見せてくれたし、なんだかんだでベストカップルなんじゃなかろうか。

 物語的にはまだまだ始まったばかりという感じですかね。
 繁栄派の連中がなにやらキナ臭い動きを見せていますけども、どうなることたら。続きも早めに読みたいと思います。

 ←『アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃』の感想へ

2010-09-25 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

C3 -シーキューブ- Ⅸ [★]


C3‐シーキューブ〈9〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈9〉 (電撃文庫)
水瀬 葉月 さそりがため

アスキーメディアワークス 2010-03
売り上げランキング : 90706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 春亮の家に来て初めてとなるお正月に興奮するフィア。早速みんなで初詣に行って、おみくじ、もちつき、書き初めなどを大いに楽しむのだが、いつものメンツなだけに普通のお正月イベントで終わるはずもなく……。
 さらにその途中で一行は五寸釘と藁人形を持った謎の巫女さん姿の女の子たちと出会う。聞くところによると誰かに呪いをかけているらしい。当然それをやめさせようとするのだが、その時、フィアの大切なものが奪われてしまって!?
 謹賀新年! 第9弾は賑やか&波乱のお正月です!


 ひっさびさに読んだC3。しかも最新刊じゃありません。
 というか前回せっかくン・イゾイーがクラスメイトになったのに出番0とか……。まあ今回は初詣のお話なのでクラスメイトたちはあんまり出番もらえないから当たり前といえば当たり前なんですけど、それもいんちょーさんはちゃんと夜知ファミリーの一員健在で嬉しいなあ。

 そんなわけで今回は竜頭師団とかいう物騒な連中は一切登場せず、小休止的な小エピソードでコンパクトにまとめられている気がします。でも全体を通してみるとこれがなかなかいい話で、春亮たちが彼女ら(今回の新キャラとその過具)のことを憎み切れないのはとてもわかります。事情を知ると知らないだと考え方や視点も自ずと変わってしまいますし。
 たしかに小さなエピソードかもしれないけど、細かい伏線もちゃんと話に生かされていたのが印象的でした。無駄と切って捨てるのではなく、ちゃんと今後のフィア達の「守っているもの」に含まれてくれれば、それだけでも意味合いが持てるというものです。
 そしてあの水瀬葉月とは思えないほどの驚きの白さに逆に驚愕した。こっちはいつも身構えているというのに。それくらい賑々しくて明るいお話だったということでしょう。

 しっかし気づいたら次で10巻。そろそろ締めくくりに入ってもいいと思うんだけど、お話的にはまだまだかかりそうな気がする。転回がそろそろ欲しい感じですね。

 ←『C3 -シーキューブ- Ⅷ』の感想へ

2010-09-25 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST [★★★]


東京レイヴンズ2  RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)
あざの 耕平 すみ兵

富士見書房 2010-09-18
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 北斗との別れ、幼なじみの少女・夏目との約束を経て“レイヴンズ”を育成する学園、東京にある陰陽塾へとやってきた土御門春虎。しかし春虎を待っていたのは思いがけない再会だった!? 時を超える陰×陽ファンタジー!


 ああおもしれえなあ。もう貶すところが見つからないほど掛け値なしにおもしろいな。

 一巻から一転舞台も霊災の中心・東京へ移り、いよいよ学園編が本格スタート。
 「土御門」という陰陽師なら知らないものはいない家系故、恐れと警戒からクラスメイトたちに早速距離を置かれてしまう春虎と、その悪友の冬児。性別を偽って学園に通う夏目と再会し、そのサポートを受けながらどうにか孤立を避けるも、つい最近までふつうの高校生だった彼らが授業についていけるはずもなく。そこに突っかかってきたのが、学園長の孫であり、実力では夏目に引けを取らない倉橋京子だった。
 そんな感じで、まあ最初は春虎たちがクラスに馴染めないところは「土御門」というネームバリューも含めて当然のことなのですが、春虎と京子が意見の衝突によって正面からぶつかり合ったり、冬児が情報収集源として近づいた天馬ともいつの間にか仲良くなってたりと、二人がクラスへと徐々に溶けこんでいく描写がとてもよかったのです。というか、案外このクラスいいやつ多いよな。倉橋京子も含んで。

 しかし春虎がクラスに溶けこんでいく一方で、それを甘えや遅れと言ってしまうのが夏目。
 彼女も彼女で春虎のことを懸念しての発言だったのですが、春虎がそれに怒ってしまうのはまあ当然のことですよね。夏目の気持ちを知っている私たち読者からしたら、いい子だなあと長い目で見られるのですが、彼女の気持ちを知らない春虎には気付けないのも無理はない。ずっと周りを頼らずに生きてきたエリートと、助け合い頼り合いで弱さを補う落ちこぼれでは価値観が違いすぎますから。
 でもって一時は溝ができてしまった二人ですが、京子や天馬の力を借りて夏目を危機から救う展開はとても熱くて良かった。護法式式神・コン(めっちゃかわいい)も春虎の力となって、そして春虎自身もまがい物だったとはいえ鬼に立ち向かった勇気を讃えたい。大事な人のために一心不乱で動く彼の主人公像は、とっても理想的でした。
 そうして誰かに頼ることを知った夏目が、これからクラスの人間とちょっとずつ打ち解けていけたらいいなと思いました。ホントに夏目ってヒロインらしいヒロインだよなー。なんでこんなにかわいいんだろう。

 でもって事が終わるとなんだか妙な三角関係がw
 というか倉橋京子というキャラ、実はかなりふてぶてしいというか図太い女なんじゃなかろうか。いや、こういうキャラ嫌いじゃないぜ。エリートなのにどこか抜けてるところがかわいいし、こんな勘違い女久々に見た気がする。
 あとコンの癒し度が異常。でもこの名前どうしてもブリーチのアイツを思い出してしまう。

 ということで次回も楽しみです。まだまだ仲間も増えそうだし、十二神将も続々ということ。

 ←『東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN』の感想へ
2010-09-19 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅢ<下> [★★★]


境界線上のホライゾン3〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン3〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
川上 稔 さとやす (TENKY)

アスキーメディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 M.H.R.R.が仕掛けた、K.P.A.Italiaの厳島上空での竜脈炉爆発を合図とするように、遂に三十年戦争における最悪の敗戦を生むマクデブルクの掠奪の歴史再現が始まった。
 そんな中、トーリ達はマクデブルク郊外にある、M.H.R.R.の総長ルドルフ二世が幽閉された鋼鉄の塔へと向かう。
 仏蘭西、そしてM.H.R.R.の旧派と改派、P.A.Oda、それぞれの思惑はどこへ向かうのか? その中で武蔵が取る選択と決意とは!?
 中世の日本と世界各国が同居する“極東”を舞台に繰り広げられる学園ファンタジー第3話、完結!


 どの国をも凌ぐ圧倒的な武力・政治力を以てして武蔵の目的に立ちはだかるP.A.Oda。まだ見ぬ帝王・織田信長の指導力に敗戦を余儀なくされた武蔵。世界を敵に回す覚悟はあったはずだった。戦況をひっくり返すような転機もあったはずだった。しかし敵はあまりにも大きすぎ、多すぎた。武蔵の犠牲は大きく、得たものは少ない。
「次に歴史を動かすのは、私達の方よ」
 だが、武蔵の意志は死ななかった。
 彼らを前に散った人間たちから遺された言葉は、彼らに火を点けた。
 その火種は水面下で燻り続け、彼らの心で力強く、確かに燃え続ける。その意志を各々の双眸に湛えながら。

 というわけでホライゾン3巻下、言うところの第3話完結です。カーチャンの表紙が目印な!
 いやもうストーリー的にも物理的にも圧巻だったのは言うまでもないですが、これかなり武蔵が不利な状況になってきているよなあ。というかP.A.Odaが強大すぎるのもあるけどさ。
 それにしてもこれで序盤って言うんだから、今後の物語の壮大さが計り知れない。まあこれが最初の川上作品なのでちゃんとついて行けるようにがんばります。もう2下のようなページ数が4桁いく厚さはでないと信じてる……!

 この話を通じて一番成長したのはやはりネイトでしょうか。
 カーチャンとのちょっとした親娘の確執もバカを通じて和らいだのは確かですし、ルドルフ二世やカーチャンとの正面衝突を経て精神的にも戦力的にもレベルアップしたしね。
 そしてなんつっても義経ですよ義経。なんだよこの男前なロリババア惚れさす気かよ。しかしその分彼女の退場がなんとも物悲しい。このまま武蔵に付いっててくれると思ったのに……! でもまあ義頼がおいしいところすべて取ってった感ありますけどね。彼の最後となったトーリに対する激励の言葉は、今後様々な局面でトーリの意志を左右しそう。でも総長たる器には、やっぱりそういうことが必要なんでしょうか。トーリの人間性も大きいと思うけど。

 さて、序盤が終わり、今後武蔵の面々がどういった力をつけて反撃するのか楽しみです。

 ←『GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅢ<中>』の感想へ

2010-09-19 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

月光 [★★★]


月光 (電撃文庫)月光 (電撃文庫)
間宮 夏生 白味噌

アスキーメディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 289

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 退屈な日常から抜け出したいヒネクレ男子・野々宮。
 ある日、彼は美人で成績優秀、さらにゴシップが絶えないクラスのアイドル・月森葉子のノートを拾う。そのノートからはみ出す紙切れにアイドルとは程遠い言葉── 『殺しのレシピ』 という見出しを見つけ……その日を境に月森との仲が一気に狭まっていく。
 シニカリストとキュートな悪女、そんな二人の不思議で奇妙な関係とは……!?


 うわあ、こういうヒロインにとことん弱いなあ。菜々子さんといいなんなの悪女ブームなの。
 評判を聞いてから買ったとはいえ、噂に違わぬクオリティを見せつけられました。なんだろう、なんかもう淡々としまくっている一人称の文体の端々から、私の好きな空気がひしひしと伝わってきました。

 容姿端麗でなにごとも如才なくこなす完璧少女・月森葉子、主人公の野々宮は彼女とは挨拶を交わすくらいしか交流がなかったが、あるとき彼女が落としたノートを拾う。その中には「殺しのレシピ」という、普段は物腰の柔らかい彼女からは想定しがたいほどに物騒な内容だった。
 そんなことから始まったストーリーなのですが、この月森葉子というヒロインがとんだ食わせ者でしてね。なんというか読み終わってみるとかなり魔性の女なのは明らかなんですけど、でもそれでいてこの一途っぷりというか揺るがないといいますか、たしかにとっても乙女乙女している葉子がめっちゃかわいいんですよ。そりゃ最初はちょっと試してみようとか打算的な部分もあったかもしれないけど、彼女は本気になったらすごいなあ。かわいいなあ。もう野々宮共々、私たち読者も彼女の手のひらで転がされていた感が相当強かったですね。
 野々宮も一切の恋愛感情もなく、ただ非日常への扉を開けるように葉子に近づいていった感じですけども、いつだって彼の日常を象徴とするオレンジジュース――宇佐美千鶴がいることによってその日常と非日常との狭間に揺れる彼を見ているのも楽しかった。野々宮に告白した中盤から終盤までは出番がフェードアウトするようになくなっちゃった千鶴だけど、そこが「日常」との切れ目だったのかとにおわせていましたね。千鶴もここで退場させるには惜しいほどかわいかったけど。

 あとは野々宮が葉子へ向ける猜疑心、疑問、疑惑それらを向けつつ彼女へ歩み寄り、親交を深めていきながら「実はこいつが犯人ではないのではないか?」「いややっぱりこいつが犯人だ」と揺らいでいっているところに刑事である虎南のキャラ配置はうまかったと思います。彼も彼で相当変わり者ではありますが、野々宮に代わってズバズバと物を言っていくところとか、野々宮の猜疑心を一層募らせているようで、しかし葉子を擁護したいという気持ちもせめいできて、なんというか食わせ者多いな。
 でも虎南の登場によって、野々宮のモチベーションみたいなのが上がったのはたしかでしたね。気づいたら、野々宮も月森葉子がトクベツになってるじゃあないですか。

 というわけで、大変おもしろかったです。なんで賞が与えられなかったと思うほど。
 そしてワインとオレンジジュースだったら、いわずもがなワインを選ぶぜ!

2010-09-18 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

肌寒くなりました


 はいこんばんはー。秋の夜長も深まってくる頃合いですが、いかがお過ごしでしょうか。絵空です。
 まあまだ残暑が油断できないですよねー。あっついのなんのって。
 でも涼しくなってきているのもまた事実であり、日が落ちるのも気づけば随分と早くなってしまったものです。日が伸びるのは月単位で感じるものですが、日が短くなるのは日に日に感じてしまいますよね。「もう冬かー」とかそんな哀愁に浸ってしまうのも無理はありません。

 先月末は色々ありました。
 まずコミケ後の引越しです。滞りなく無事に終わりまして、今はもう荷解きも殆ど終わってて落ち着いています。いやー、齢20にして初めて自分の部屋がもらえたんですが快適です。これでもう弟や妹に気兼ねすることなく生活できるってもんです。色々譲り合いとかありましたからね。
 そんでもってアニサマの一日目にも行きました。
 ホントは二日目も行きたかったのですがお金の都合で断念。けれど楽しかったです。ガルデモが生で聴けただけで十分です。いきなりレスキューファイアーはびびったけどね。

 そんでもっていよいよポケモンBWの発売が迫ってきましたね。みなさんももちろん予約しましたよね。はい、私もこれのおかげで読書ペースが落ちそうです。一応ブラックを予約しました。手に入り次第シナリオクリアに全力を注ぐ勢いです。ポケモンのためにPC版シュタゲ我慢したんだよ……!
 で、問題は御三家ですよ御三家。最初は炎に決定というポリシーに沿うならポカブなんですが、正直デザインが……。デザイン重視ならツタージャ安定すぎるんですが、なんか草だと苦労しそうな気がするんですよね。しませんか。そうですか。だからなんだかんだでポカブにするかもしれません。




【2010年8月度三ツ星ラノベ】

 
404159510X“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫)
高木 敦史 笹森 トモエ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-08-31

by G-Tools


 感想はこちら

 「菜々子さん」の本性は、とてもお茶目というレベルではなくかなりえぐいのだけどそこがいいと声を出して言いたい!


 
4048687638ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)
川原 礫 abec
アスキーメディアワークス 2010-08-10

by G-Tools


 感想はこちら

 SAO新章突入。そしてひどい表紙詐欺を見た


 
4094512268とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)
犬村 小六 森沢 晴行
小学館 2010-08-18

by G-Tools


 感想はこちら

 少年は昔年の憎しみを乗り越え、少女は幾重もの欺瞞を拭い捨て、空は恋を歌った4巻。素晴らしいです


 【二ツ星】

 
4086305593テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
滝川 廉治 七草
集英社 2010-07-23

by G-Tools


 感想はこちら

 悲しくて切ない、けれどハッピーエンドが確約されている、24人の遺された思いとは


 
404868762Xとある魔術の禁書目録(インデックス)〈21〉 (電撃文庫)
鎌池 和馬 灰村 キヨタカ
アスキーメディアワークス 2010-08-10

by G-Tools


 感想はこちら

 ロシア編も佳境へ。上条当麻、一方通行、浜面仕上が選んだ道を応援したい気持ちです


 
4048684051クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫)
壁井 ユカコ 村上 ゆいち
アスキーメディアワークス 2010-08-10

by G-Tools


 感想はこちら

 TS男子は正義。バーニーも相当かわいいけど、やはりミムラが乙女乙女してるように見えるのが悶える


 
4048687727煉獄姫 (電撃文庫)
藤原 祐 kaya8
アスキーメディアワークス 2010-08-10

by G-Tools


 感想はこちら

 藤原祐の新作は異世界ファンタジー。かなりまとまりがあって読みやすい導入部です。その代わり黒さは控えめ


 
4829135417氷結鏡界のエデン4 天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)
細音 啓 カスカベ アキラ
富士見書房 2010-08-20

by G-Tools


 感想はこちら

 「黄昏色の詠使い」とのリンクも大分強まってきて、二度美味しい構成となってきていますね。次回も楽しみです




 以下は8月分の読書メーター。

続きを読む

2010-09-16 : 月間まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

小さな魔女と空飛ぶ狐 [★★]


小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫)小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫)
南井 大介

アスキーメディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 レヴェトリア空軍のエースパイロット・クラウゼは、ある日突然、“内戦解決の切り札”とされる重要人物の補佐を命じられる。待っていたのは、わずか16歳の少女で……。ワガママ放題の“小さな魔女”アンナリーサが巻き起こす様々なトラブルを前に、元エースパイロットのクラウゼは、無事に彼女の騎士(ナイト)を務め上げることができるのか? そして本当に戦争は終結するのか? 期待の新世代ファンタジー!


「ピクシー・ワークス」の作者の新作です。今回もちゃんと飛行モノなんだなあー。
 と思ったいたのですが、前作とは違いかなり雰囲気が暗いです。中世ヨーロッパ風なファンタジーで戦禍の真っ最中だったり、その中心部のお話だったりして、戦争やテロで人が死ぬところはやたらと心を抉るようなリアルな描写をしてきて不意を突かれました。と同時に、この作家さんはこういうお話も書けるのかーと感心。

 無遠慮で高慢でわがままな若き美少女天才科学者・アンナリーサに振り回されるようになる夜戦飛行のエース・クラウゼ。あっと言わせうような設計不可能とされている兵器を考えたアンナリーサは、その開発に忙しい日々を送っていたが、隣国の内戦が発端となって起こったテロは突如その身に牙をむく。
 人を殺すための兵器をずっと考えてきたアンナリーサは、その脅威と凄惨さを身を以て受けたことにより自分の過ちに押しつぶされそうになってしまいます。まあこれは当然ですよね……。あくまで彼女は科学者であり、現場を知る兵士ではありませんから、殺し殺されの血みどろの舞台には縁がなかったことでしょう。それがテロという形で体感してしまったのだからその恐怖もより強いと思います。
 そんな自分の過ちを悔いることと、科学者の家系である威信をかけたプライドとで葛藤に悩まされるアンナリーサの成長の過程はとても良かったと思います。16歳には辛い体験でしたでしょうが。

 またアンナリーサと対極であり、同種でもあったアジャンクールのジジイがよかった。
 彼もまたテロで愛しの妻を傷つけられたのだが、彼が取った行動は正しく憤怒。やられたらやり返す。それ相応の報復を以てして、敵という敵を徹底的にたたき潰し、自らが手がけた最大兵器が生み出す脅威に笑いをこぼす。それまではいい年してアンナリーサと張り合う意地の張ったかわいいジジイだと思っていたのですが、やはりかれとて科学者であるとともに一人の人間を愛した男であるのです。とても誉められた選択ではあると思うけど、人間らしさは一番あったと思う。

 アンナリーサと共に空を飛び、戦いに臨む場面も描写が若干くどく感じられたがスムーズに読み進めることができたし、なにより後々の余韻がよかった。たぶん続編はないと思うけれど、ここで締めても十分キレイなので満足です。

2010-09-14 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

電波女と青春男6 [★★★]


電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)
入間 人間

アスキーメディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 どもども丹羽真です。
 えー、俺は今、青春ポイントが浮遊しまくる魅惑のボーナスステージに立っているのだった……! そう。本日は我が母校の文化祭なのである。
 今年は 『引力』 をテーマとしているらしく、生徒も一般入場者も、全員その小指にはカラフルな糸がぷらぷら結ばれている。なんでも、同じ種類の糸を巻いている人を発見して結び合えば、『運命という引力で引き寄せられた者』 同士ということで、めでたく文化祭のメインイベントである体育館ライブコンサートにアリーナ席で参加出来るらしい。さて。俺はその 『引力』 とやらでどんな相手を引き寄せるんだろうねぇ。
 ふと気づけば、見慣れた水色の粒子があたりをキラキラ散乱していた。
 この晴れ舞台で、ついにエリオは 「せーしゅん女」 になる。


 やべえ、これはシリーズいままでで一番おもしろかったと断言できる。読了後に無性に感動していた自分がいた。

 というわけで夏もすぎて文化祭編です。丹羽くんまたしても青春しまくりです。
 中でもとりわけ、とにかくリュウシさんがかわいすぎる。丹羽くんもにぶちんですなあ、と思いながらニヤニヤ読んでたんだけど、もうリュウシさんが丹羽くんしか見てなくてもう乙女乙女しちゃってるわけですね、はい。もう最近は好き好きアピールが超露骨になってきましたけど、むしろこっちの方が彼女の正確に適っていてとてもいいキャラ付けになっていると思うのです。あの某バカップルに対抗するところだったり、星中さんに対して明らかな敵意オーラを出してたしなんかもうホント筆舌に尽くし難いほどかわいい。かわいいなぁもう!
 前川さんも前川さんで、だんだん丹羽くんへの秘めた好意が出てきてると思う。素直になった、って言うのだろうか。それまではその好意に対して自制をかけていた感じがしていたのだが、今回を通じてなんだかそれが薄くなっていた気がしました。あと多摩湖さんと地味に知り合いだったのかw

 でも今回はやっぱりエリオのための話なんだなあ、と思います。
 とにかくこの「引力」にちなんだ演出がとても素晴らしかったです。妖怪すまきんとなって町一番の変わり者と蔑視さえされていたエリオ。でも数々の出会いが彼女を少しずつ更生させ、また表舞台に引っ張り上げるための礎になっていたと思うと、いままでの登場人物たちがすべて伏線とさえ思えてきてなんかもう心が温まるどころじゃなかった。丹羽くんが藤和家にやっかいになるようになり、母との繋がりを取り戻し、かつての友人たちと縁も切れないまま和解を経て、いまエリオは新しい一歩を踏み出しました。
 女々さんとエリオットさんからの、16年越しの素敵なプレゼントに胸が打たれるようでした。いいステージだったよ。

 なんか一区切りした感じですが、丹羽くんをめぐる恋模様だったりエリオの復学とかももしかしたらありえるんじゃなかったりと期待の膨らむ展開が待ってそう。とにかくいまだけはこの余韻に浸ろう。
 そういえばあのバカップル、この学校と舞台一緒だったんだな。左絵の制服と見比べて初めて気づいた。案外気づかないものだ。

 ←『電波女と青春男5』の感想へ

2010-09-14 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ゴールデンタイム1 春にしてブラックアウト [★]


ゴールデンタイム 1 (電撃文庫 た 20-16)ゴールデンタイム 1 (電撃文庫 た 20-16)
竹宮 ゆゆこ

アスキー・メディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 晴れて大学に合格し上京してきた多田万里。大学デビュー、東京デビュー、一人暮らしデビュー、と初めてのことづくしで浮足立つ彼は、入学式当日、不意打ちにあう。
 圧倒的なお嬢様オーラ! 完璧な人生のシナリオ! 得意なのは一人相撲!
 下手人の名は加賀香子。薔薇の花束を万里に叩きつけた彼女は、万里の友達でもある幼馴染みの柳澤を追いかけて、同じ大学に入学してきたという。しかし、柳澤からは避けられ、周囲からも浮きまくる。そんな眩しくも危うい香子を支援することになった万里の青春は黄金色に輝くのか?


 ゆゆぽ先生の待望の新作です。舞台は大学に上がり、自由度が上がりそう。
 まあ結論からいうとおもしろかったです。おもしろかったのですが、この1巻ではなんとも言えないのが現状だったりします。それでもつかみは十分すぎるほどであったので期待値としては大きいのですけれど。それにしても駒都えーじと組むことになろうとは誰が予想したか。

 高校三年以前の記憶をなくしてしまった万里、その大学での初めての友達柳沢、柳沢を追って同じ大学まで進学した香子。序盤はこの三人による淡々とした人間模様が描かれているのですが、新歓を経てまでのその移ろい方がおもしろい。岡千波、リンダ先輩も交えて徐々にその輪を広げ、今後どのような人間関係を作り上げるのか楽しみであり、若干怖くもあります。なんせ、舞台が大学ですからね。いつでもなにが起こるかわからないフリーダム性さが高校生までとはわけが違います。言っちゃえば大学生は何でもありだからな。

 にしても香子です。
 非のない完璧なお嬢様。圧倒的な非凡オーラ。自らのシナリオに楯突くものはすべて排除しようとする荒々しさ。これらすべてを個に収めた存在である香子は、ずっと想ってきた柳沢を追いかけて大学までやってきました。私も最初はただの面倒くさそうでストーカー気質の重い女だと思いました。
 でも違うんです。ただ真っ直ぐすぎて方法がわからなかっただけなんです。
 だから、ここまでハッキリと否定しているのにもかかわらずこんなに香子に付き纏われても、柳沢はきちんと彼女に対する気持の整理と距離感・振る舞いを考えて行動していたと思わされたときは、あーこいつはいいやつだなあと思いました。おまけにイケメンです。
 こうまでお互いのことを想い合っていたのに、こういう形でそれがこじれてしまっていたのはとても物悲しいですね。すれ違い、とはまた違うのかもしれないけど、こんなにも長い付き合いだったのに。
 だから香子がこれからどう立ち直っていくかも(これは万里によってほぼ達成されたけれど)、どのような恋路を選ぶのかも、応援したくなってしまいます。

 万里も万里で記憶を失う前にリンダ先輩と、なにやらただごとならない関係をもっていたようで? でもそれが香子に思いを打ち明けてしまった手前だからモヤモヤしているという感じなんだろうか。
 まあいずれにしても今後が楽しみなシリーズですね。いやー、これこそ青春です。

 
2010-09-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バカが全裸でやってくる [★]


バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫)バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫)
入間 人間

アスキーメディアワークス 2010-08-25
売り上げランキング : 1089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 バカが全裸でやってくる。僕の夢は小説家だ。そのための努力もしてるし、誰よりもその思いは強い。しかし努力と環境では、才能は覆せない日々が続いていた。お話をつくることを覚えた子供の頃のあの日から、僕には小説しかなかった。けれど僕は天才じゃなかった。小説家になりたくて、でも夢が迷子になりそうで。苦悩する僕のもとにやってきたのは、全裸のバカだった――。
 大学の新歓コンパ。そこにバカが全裸でやってきた。そして、これが僕の夢を叶えるきっかけになった。こんなこと、誰が想像できた? 現実は、僕の夢である 『小説家』 が描く物語よりも、奇妙だった。


 なんか著者自身の実話がどこかに混じってるんじゃないか的な雰囲気があってこわい。けれど小説に対する熱意がぐんぐん伝わってくるようで、なんかこっちもパワーがもらえたというか、やっぱ書き続けることに意味があるんだなあと思わされました。そういえば受賞作家じゃなかったなんだよな。

 というわけで様々な小説バカが小説に対して全裸全開で向き合っているお話でした。
 これだけじゃあちょっとなにが伝えたいのかよくわからないので、軽く要約すれば小説を書く事に対しての想いの切れ口が様々なキャラクターを通じて何通りか覗くことができてよかったということです。なぜ小説家を目指すのか、小説とはあなたにとってなんなのか、そこまでの犠牲を払ってやらねばならぬことなのか、そんなことを暗に訴えられていた気がしました。
 作中に登場する五人の小説家或いは作家志望たちの繋がりが、章を通り越してもどこかしらリンクしているところがあり、最終的にそれがサイクルになっていることがわかって思わずニヤリとした。一人が全裸と出会ったところから、一人が全裸になるまで。とても心地良かったです。

 なんか夢にみちみちながら書いている人がいたり、書かなければならないという強迫観念めいたものに急き立てられながら書いている人もいたりまちまちで、でも小説に対する情熱とかスタンスだとかは一貫していて、読者の私としてはハッとさせられることが割と多かった気がする。
 でもやっぱり書くのって楽しいんだよね。私も苦と思ったことはたぶんありません。うん。

2010-09-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN [★★]


サクラダリセット3  MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)
河野 裕 椎名 優

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-08-31
売り上げランキング : 535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「どうして、君は死んだの?」
 “記憶保持”の能力をもつ浅井ケイ、“リセット”の春埼美空(はるきみそら)、そして“未来視”の相麻菫(そうますみれ)。二年前。夏の気配がただよう、中学校の屋上で、相麻は問いかけた。「私たちの中に、アンドロイドがいると仮定しましょう」夏の終わりに向けて、三人は考え続ける。アンドロイドは誰? 最も人間からかけ離れているのは、誰――? 二年前死んでしまった少女と、すべての始まりを描く、シリーズ第3弾!


 ああ、どうしようもなくきれいだな。
 日に照らしたビー玉のようにキラキラしてて、でもガラス細工のように透明で繊細。
 今のケイと美空の関係は、この過去が土台となっているんだと思うとそう感じざるを得なかった。美空のケイに対する異常な従順さは、信頼関係は、この経緯があってこそのものだったのか。いや自分ルールに従う美空は本当に人間味のかけらも持ちあわせてはいなかったけれど、自分の過去を遡っていくことでだんだんと感情というものを取り戻していく過程がよかった。あの微笑の挿絵、とてもじんわりくる。ケイもケイで最初は能力目当てとか言ったし、意思疎通も一方通行であったけども、だんだん美空に惹かれていくのが整然とされた文体を通じて伝わってくる。
 といった感じでケイと美空、そしてすべての始まりである相麻菫とのあるひと夏の過去が綴られています。とても小奇麗にまとめられた補完であり、「サクラダリセット」というこの独特な雰囲気はこの作者でしかありえないものとなっていました。巻が進むごとにより清廉されている気さえする。

 しかしながら未来視の能力を持つ菫が、あのような行動に至ったのはまだ未解。
 どうしてそのような未来を選ぶしかなかったのか。ケイのことも、美空のことも、なにもかもを見通すような振る舞いを見せていた彼女が、なぜ最後にあの言葉を遺したのか。ケイと美空を引きあわせたのも実質彼女だし。
「好きな人の好きな人に涙を流させたかった」って言葉は私的にはケイにも美空にも取れる気がする。憶測だけど。泣いてほしかったのか、悲しんでほしかったのかもよくわからない理由ではあったなあ。

 でもこの過去があったからケイが強く彼女の復活を望んでいるのか。なんか、この話読まされて一層切ない気持ちになったなあ。次回も期待しています。

 ←『サクラダリセット2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL』の感想へ

2010-09-10 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星 [★★]


ラ・のべつまくなし2 (ガガガ文庫)ラ・のべつまくなし2 (ガガガ文庫)
壱月 龍一 裕龍 ながれ

小学館 2010-02-18
売り上げランキング : 105698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「金輪際アンタとは仕事しない!」
 純文学を志すも『かみたまっ』でラノベ作家としてデビューし、ヒットを飛ばすことになった青年・矢文 学(通称・ブンガク)。スケジュールの合間を縫って会うことになった『かみたまっ』のイラストレーター双星は、双子の高校生・星峰海、陸の合同ペンネームだった! 陸に比べプロ意識の高い海は、ブンガクが『かみたまっ』のファンの女子校生とつきあっているという話を聞き、突然の絶縁宣言!! 陸の謝罪を受けたブンガクだが、明日葉にはふたりの関係を怪しまれてしまい――。カタブツとフジョシのラブ第2幕!!


 明日葉の目線は本当に腐ってるなw まあ私自身も圭介×学はいいものだと思いますけど。

 というわけで長らく積んでいたこのシリーズの続刊です。1巻よりはインパクトはなかったけど、おもしろさは変わりませんでした。やっぱりこのブンガクと明日葉の初々しいカップルぶりがたまりません。会話の端々から読者の私でさえも胸がたかなってしまいます。うう、二人ともかわいいなあ……。
 そしてブンガクの編集者を目指す圭介と、圭介の良いところを知り尽くしているブンガクが目の離れた場所で互いを褒め合うのがなんだかこそばゆかった。なんだかんだ言いつつ親友の為に、と動く圭介とブンガクの見返りを求めない美しい友情関係にも惹かれてしまいますね。これは明日葉があらぬ妄想を駆り立てても仕方ないといえよう。

 お話としてはブンガクのヒット作となった「かみたまっ!」のイラストを担当とする双子とのいざこざ。
 あくまで自らのわがままを押し通す姉の海に若干イラっときましたが、まあ高校生ってまだ子供だしなあ。ただ子供だからといって「作品」を「商品」と呼ぶ仕事へのプライドも大人のそれと遜色ないし、立派な心がけだとは思うけど、ほぼ海の一存だけで話が進んだのがなんだかなあ。双子なんだからもうちょっと話合ってくれてもいいんじゃないかと思った。でも「かみたまっ!」のことが大好きなんだよね、この子も。
 陸くんはもうバリバリに癒し担当の男の娘でしたね。素晴らしいね。最初は妹かと思ったのは言うまでもない。
 あと海が明日葉を騙してから明日葉が立ち直るところまで随分間がない気がして違和感が。最初から気づいてたってこと?

 ブンガクも「かみたまっ!」を思ってくれる様々な目線に立ち会えたし、作家としてもまた一回り成長できたのはないだろうか。明日葉もブンガクに勇気をもらってかつての親友との溝を埋めることができたし、全体的にはグッドエンド。
 とまあ一件落着したところで、次巻が完結らしい。早く読みたいような読みたくないような……なんにせよ期待しておきましょう。また明日はとの恋に一波乱かな。

 ←『ラ・のべつまくなし ブンガクくんと腐思議の国』の感想へ

2010-09-07 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

“文学少女”見習いの、卒業。 [★★★]


“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
野村 美月 竹岡 美穂

エンターブレイン 2010-08-30
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「わかったでしょう? 邪魔よ」
 親友の瞳から、そう告げられた菜乃。しかも心葉は、そんな瞳とつきあうという! 仰天する菜乃の前に、さらに、瞳の過去──人を死なせたと噂された3年前、彼女の側にいた人物が姿を現す。瞳に何か起こっているなら、引くわけにはいかない! 心を決め、動きはじめた菜乃に、心葉は1冊の本を差し出し……。瞳が抱く秘密とは? そして、迫る心葉との別れと、菜乃の初恋の行方は──。


 ああ、なんというか、これが“文学少女”だなあ、とひしひし感じた。
 夏目漱石の『こころ』は私も国語の授業で読みましたが、まさかこれをライトノベルで題材にされるとは思わなかった。いや、もう有名どころじゃない作品ですけど内容的に考えて。当時高校生の私は「これは誰が読んで幸せになるの?」とか考えたもんです。
 そんな『こころ』の内容に照らし合うように、菜乃ちゃんの親友・瞳ちゃんと図書室の臨時司書さんと、二人がかつて愛したKの三人の想いが錯綜する物語です。図々しいほどのお節介で友達思いの菜乃ちゃんが、そんな三人の過去にがむしゃらに首をつっこみます。
 その結末はやはり救われないもので、それでも二人が過去に犯した過ちを認識し合えたのは少しの進歩だと思いました。自分を許せないエゴというのは、ここまで人格を追い詰めるものなのだろうか。Kが二人に見せたかったものも、とてもキレイなものだった。彼が救われないのは確かで、過ちである事実も不変であれど、その罪を分かち合あっていこうと決めた二人の行く末もどうなるんでしょうね。

「じゃあね、日坂さん。文芸部は任せたよ」

 そして訪れる心葉の卒業。別れの季節。
 最後まで菜乃ちゃんらしい告白に胸を打たれつつ、心葉の心境の変化には目を見張るものがあります。最初はあれだけつっけんどんだったにもかかわらず、いまではちゃんと文芸部の後輩として認めてるし、なによりも遠子先輩と築いてきた思い出の場所を菜乃ちゃんに託す、というのが素晴らしい演出だと思います。しっかしこいつどんだけ天然タラシなんだろうな!
 この「大好き」が、彼女にとって最高の別れの言葉になったのが幸いでした。涙よりも笑顔が似合う文学少女見習い、別れの場面でも持ち前の愛嬌と笑顔で締めくくってくれました。
 本編補完に相応しい番外編だったと思います。決して叶わないけれど、どこまでも直向きで切ない初恋をありがとうございます。

 そして次回シリーズはどうやら編集者になった遠子先輩の話のようですね。
 この半熟作家というのが心葉のことを指しているとは思えませんが、たぶんまた別のヘタレ男子が出てくるんじゃないですかね。

 ←『“文学少女”見習いの、傷心。』の感想へ

2010-09-07 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

かぐや魔王式! 第7式 [★]


かぐや魔王式! 第7式 (MF文庫J)かぐや魔王式! 第7式 (MF文庫J)
月見 草平 水沢深森

メディアファクトリー 2010-05-22
売り上げランキング : 85761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 紫苑高校の魔王、輝夜が学校に来なくなった!「暗殺者に狙われている」とか言い出した輝夜を外に出すため、錦織率いる愉快な仲間たちは新世界構築計画第×弾(覚えてない)を企てる。その場所は遊園地!? 輝夜と錦織が二人きりで乗った観覧車で何かが起こる!(第一話)紫苑高校制覇をもくろむ輝夜は、生徒会に入った錦織をスパイに任命。そんな時、名物コンビの美紀と舞がケンカをしているらしいという情報が入り…「錦織くん、デートしよう」「!?」舞の言葉の真意はいったい――?(第二話)ついに魔王式シリーズの“例のアレ”について言及するときがきた……第7式登場!


 もしかして世界構築を目指す私は暗殺者に狙われているのでは? と突如疑心暗鬼になり始めヒキコモリになった閣下を外に引っ張り出すお話と、やっとこさ出番が回ってきた生徒会仲良しコンビのお話の中編二本立て。相変わらず安定したおもしろさを発揮してくれるので息抜きにもちょうどいいシリーズなんだよね。お気に入りです。

 1つ目は言うまでもなくバカ回。いつもの閣下でした。
 それでも閣下と貴のデートは実は久々だったんじゃないだろうか。ところどころふとした拍子に見せる閣下の女の子らしさがすごくかわいかったです。あとなんか閣下にも異能めいた設定が付いてきてないか。思い込んでいることが本当に起こるって……それなんて以下略。

 2つ目のお話はやっときました生徒会コンビ。
 会長の美紀とその右腕である舞がケンカしている? という噂を耳にした閣下は生徒会を掌握するべく貴にその調査をさせて――、って感じなんだけれど舞の思いやりがなんだか温かいお話だった気がする。といってもこれ舞の自己満でもあるんだけどね。それでも美紀のことが放っておけないところは、やっぱり二人は仲がいいんだなあという感じでした。
 それにしてもに貴は閣下といい舞といいデートしすぎである。羨ましいぞこのやろう。ハラグロ設定はどうしたハラグロ設定は。

 でもってこの強烈な引きかー。
 個人的には美紀の告白がなんか唐突であったんだけど、そんな伏線あったっけな……。まあたぶんアレなんだろうな、という結果が薄々予想できますけども続きにも期待です。

 にしてもその他のヒロインの扱いがだんだん酷くなってきているような。とくに満月と六道はもうギャグ要員でしかw

 ←『かぐや魔王式! 第6式』の感想へ

2010-09-05 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

空色パンデミック3 [★★★]


空色パンデミック3 (ファミ通文庫)空色パンデミック3 (ファミ通文庫)
本田 誠 (イラスト)庭

エンターブレイン 2010-08-30
売り上げランキング : 1379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本当の空想病患者は誰なのか。漠とした疑問を胸に、僕は不確かな日常を過ごしていた。そんなある日、僕の感染事例に興味をもつ米国研究所長が来日した。面会すると……え? この少女が所長? 一方、数日後に控えたクリスマスの準備中、結衣さんに1冊の本を渡された。"空想病"を題材にしたその小説に、僕はなぜか違和感を覚える。思い返すと、その時からだったんだ、僕の世界が崩壊を始めたのは──。狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」第3巻。


 すげえ。なんだこれ……あまりにもすごすぎて言葉がうまく出てこない……。
 でもこれはたしかにライトノベルでしか成し得ないことだよなあ。まさか「空色パンデミック」メタがくるとは思ってもみなかったよ。そしてあのあとがきも――結衣さんの存在が決して空想なんかではないと確信させるメッセージ――がとても心に響いた。

 いままでの設定やライトノベル全体の常識を覆すような展開と技法で再び作られるセカイ。
 仲西景とは中野空の産物であり、「空色パンデミック」に登場するキャラクターに過ぎないことを告げられる景。結衣さんも、青井くんも、森崎も、今井さんもすべてが空想の産物。肌で感じてきたはずのセカイは終わりを来し、構築と崩壊を繰り返す。なにが現実で、なにが空想? 仲西景とは本当に空想の産物? 中野空の空想病によって作られた妄想?
 常時景によって語れる一人称すら信じきれなくなってくる不安感、焦燥感が私たち読者にも鮮明に伝わってくる。けれど彼がその都度感じている、この文面で綴られている想いだけはきっと確かなものなんだと思いました。根拠はないけど、あの結衣さんの書いたあとがきが、そんなことを示してくれているような気がして、とても胸が熱くなった。
 そう、どんなに物語を覆したって作り変えたって、景が結衣さんに馳せる想いは絶対に不変なんだ。だから信じられるのかもしれないし、こうしたエピローグを含んだハッピーエンドを期待できるのかもしれない。

 それでいて、落とすところがやっぱりこれなんだなあ。
 あとになってわかると、事がものすごい単純明快でぽかんとさせられてしまう。でも逆にこの作品はこのオチ以外をやってはいけないんじゃないだろうか。やったら、それはもう結衣さんと景の結びつきがなくなってしまう気がする。いつだって景は結衣さんのナイトなんだから。だからこそ、二人の信頼関係がとても羨ましい。
 答えがわからない未来、それはこの先にきっと見つかるかもれない。そうでないかもしれない。
 でも、二人が互いを信じる限り、そんな心配は杞憂かな、と少し安心できる。

 しっかしまあ結衣さんがメインヒロインのはずなんだけど、やたら青井くんプッシュするな。
 いや私的にはそれはすごく嬉しいし、なんかもう挿絵とか自然に女の子女の子しててとってもかわいらしいじゃないですか。まあ本当は女の子だから当然なんですけど、なんともいえない魅力がありますね彼……いや、彼女は。もっとコスプレしてもいいのよ。

 もうここまでやられると次がまったく予想できないのですが、果たして。

 ←『空色パンデミック2』の感想へ

2010-09-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バカとテストと召喚獣8 [★★★]


バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)
井上 堅二 葉賀 ユイ

エンターブレイン 2010-08-30
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 玲の提案で瑞希が吉井家で暮らすことに。今まさに明久の眼前に広がるのは魅惑の同棲生活!? だがしかし! それは同時に異端者の終わりなき逃避行の始まりでもあり……「おい明久! お前──」もう万事休す!? と、明久の生命が危機に晒される中、再び幕を開けた試召戦争がFクラスを未曾有の大混乱へと突き落とす! 昨日の友は今日の敵、あれ? あなたはどちら様?? 「ズボンだけは残しておいて下さい!」(by明子ちゃん)波乱の予感が吹き荒れる第8巻!!


 こ れ は ひ ど い や つ が き た ぞ !!

 美春も美春で強烈だけど、それに引けを取らない変態淑女が降臨なされました。
 彼女の名は玉野さんと言います。近づいていはいけないクリーチャーです。エサに男性用トランクスを与えないでください。
 というか本当にひどいなこいつはw 明久は人生初女の子から告白されたのに、この仕打ちだよw こいつはただの女装少年が好きなのかアキちゃんオンリーなのかよくわからないけど、ズボンくらい返してやれよw なんかもうここまであけっぴろげだけどいっそ爽快ですらあるな。うん、強烈な登場ありがとうございます。もう出てこないでください。しかしなんか最近、こう、一度スイッチが入ると周りが見えないやつがだんだん増えてきてるぞw

 まあそんないろんな意味で楽しい新キャラは置いておいて、今回は姫路さんとの同棲生活ですよ! 姫路さんプッシュバンザイ! メインヒロインの鑑! 元正統派ヒロインなんてもうかなぐり捨てろ! 今は今で十分メインヒロイン張っていけるから。あれ、なんだろう目からしょっぱいものが……。
 そしてそんな甘いのか苦悩なのかの同棲生活のおかげで雄二がまたしても苦労を背負うという。まあ明久も姫路さんも隠し事はヘタクソだから雄二にはすぐバレちゃうんだけど、雄二も翔子にとある約束事をさせられていてあらまあ大変。でもって明久とふたり仲良く手錠でつながってFFFからの逃避行がはじまるというバカテスらしい展開でした。ラスボスの暴徒と化した美波とムッツリーニをどう乗り越えるのか。そして死なばもろとも、ってこの悪友ペアに似合いすぎる言葉だな。
 あと久々の試召戦争だった気がする。この結果も次回なので、どうなるのかなー。

 しかしこうも姫路さん回なのに、なぜ表紙は島田姉妹なんだろうか。まあ順番的な関係なのかな……。

 ←『バカとテストと召喚獣7.5』の感想へ

2010-09-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神明解ろーどぐらす2 [★★]


神明解ろーどぐらす 2 (MF文庫J)神明解ろーどぐらす 2 (MF文庫J)
比嘉智康 すばち

メディアファクトリー 2010-06-23
売り上げランキング : 95996

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さーて今回のろーどぐらすは? 十勝です。やっとGWが明けました。つまり! これから10週間は祝日がなく、確実に毎週五日間の下校が楽しめる日々が始まるのだ!思わずテンションもあがるってもんよ。さて今巻は「目標を掲げる」「買い食いナンバー1フードを決める」「尾行」「放課後デートコースプランを考える」の4本です。たぶん。2巻もまた、読んでくださいね~。ひたすら下校を楽しむ男・池田十勝がエブリバディ下校ボーイズ&ガールズに提案する「攻めの道草」アフタースクール・ライフ・ラブコメ第二弾!! 全力で!!


 ああ、これはいいなあ。とってもいいなあ。
 もしかしたらこれかなり名作なんじゃないかなあ。最近日常系増えてきてるけど、これすごいいい味だしてると思う。
 前回も思ったけど「下校」という日常かつアクティブな着眼点がもう発想の勝利だと思うんだよね。文字通り下校バカの主人公・池田十勝視点で語られるけど、ただ下校に並々ならぬ情熱とこだわりが強いだけでこんなにもキャラが立ってるのはすごいと思う。この作品のテーマに沿った理想的な主人公だなあ。10週間連続で祝日がないことを喜ぶなんて本当にこいつぐらいだろうなw
 主人公の十勝もいいところ満載だけど、物語に彩りを添える女の子たちもやっぱり魅力いっぱいで読んでるだけで楽しい気持ちになれる。なんだかんだで十勝に感化されて割と下校バカ候補になってきてるんじゃないだろうか。

 なんか千歳がやたらプッシュされてるけど、まあたしかにかわいいですね、彼女は。
 でも私的にはやっぱり丹下ちゃんに頑張ってもらいたいと思います。というか終盤はホントに丹下ちゃん無双だったと思うんだけどどうなんだろうこれ。二つの目標を無事に達成して、その恋心に初めて気づく初々しさと、千歳と十勝の距離感に悩む彼女のかわいさったらないです。筆舌に尽くしがたいとはこのことでしょう。
 とこのようにだんだんラブコメ要素が強くなってきたのですがもっていきかたが上手いなあ。

 そういえば買い食いの話があったけど、これについては十勝と同意見かなー。
 やっぱりなんか食べながら、ともだちとくだらないことで笑い合って通学路を歩くっていいと思います。もうできないことだから、尚更羨ましい。ちなみに私の高校生のときは肉まんとかコロッケとかがそうだったなー。
 まあそれは置いておいて、次回もとても楽しみです。夏休みはどうするんだろう。

 ←『神明解ろーどぐらす』の感想へ

2010-09-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ベン・トー6 和栗おこわ弁当310円 [★★★]


ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
アサウラ 柴乃 櫂人

集英社 2010-08-25
売り上げランキング : 281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、新たに開拓したスーパーで、存在感溢れる半額神・ビッグ・マムと、そこを主戦場とする厄介な「狼」山木柚子と出逢う。ある目的のために佐藤の苦難の食生活が始まる一方、槍水は彼女が溺愛する妹・茉莉花が文化祭に見学に来るため、心配で落ち着かない日々。そしていよいよ文化祭当日、友人のイベントに借り出された槍水の代わりに佐藤が茉莉花の面倒をみることになるのだが――。 甘美な罠を退け、誇り高くあれ! 「狼」としての底力がいま試される! 庶民派シリアスギャグアクション、禁断の第7弾!


 白粉大先生のマジキチ加減も増量で、前回に打って変わって今度は烏田高校の文化祭です。
 腐女子という枠を大きく踏み出した白粉大先生は前回クリーチャーとなりましたが、なんかもう、ふつうに適応してるから困る。まったく熱さもおもしろさも尻上がりだぜ……ハッ(パァン!!

 まあ白粉はともかくノーブラ戦法の女子大生『狼』こと山木柚子。そしてまだ見ぬ『狼』と色香のポテンシャルを秘める槍水先輩の妹、茉莉花(10)の登場です。半額神ビッグ・マムの仕切る新たな戦場で、その縄張りにこだわる柚子と新人『狼』としての茉莉花を絡めたエピソードはいつもと違った熱さでした。まあでもギャグパートの方が印象強いけど。
 いまだ成長期にも達していない、あどけない少女である茉莉花のはいてない(かもしれない)スタイルにすっかり惑わされてる男勢ェ……。そしてあの平坦な10歳の乳を揉むとは佐藤マジ許すまじ。もう本当に戻れないところまで変態になってしまったんだな。「おちつけヨー・サトウ」が常套句になってきてるぞw
 しかしひとたび戦場となれば、ちゃんと茉莉花をサポートするナイトのように立ち振る舞う佐藤は紳士だと思いました(この表現には他意が含まれます)。今回はまあ言ってみれば『狼』がぶつかり合う戦場の体験学習って感じだったので、茉莉花はまだ自分の力で半額弁当を勝ち取ることはできませんでしたが、いつも姉が悠々と語ってくれる憧れの戦場を肌で感じることができた彼女の将来が楽しみですね。かつての姉を凌ぐ『狼』になったり、沢木姉妹みたいに二人で共闘する未来もあり得るのかもなあ。
 槍水先輩もお姉ちゃんらしく、柚子との宿命の戦いでその勇姿を茉莉花に見せることができたし、姉妹愛も感じることができるという渾身の仕様になっております。

 いつもなにかしらの武勇伝が語られる石岡くんはなりを潜めていましたが、その代わりドMの内元くんとロリコン紳士の霧島くんがやらかしました。ほんとうにもう類は友を呼ぶとはこのことなんだろうね。あとDBネタがひどいw
 あと白梅様の出番がいつもより多くてかなり俺得状態でした。挿絵まであるじゃないか!
 そんな梅様は今回はこんな感じです。
「良かった。でも白粉さんが私より先に佐藤さんに相談したこと自体に、イラッときてしまいましてね。後で謝りますので、少しだけ怒ってもいいですよね?」
 かつてない理不尽を見た。

 というわけでいつも通りといえばいつも通りなシリーズでした。安定した熱さとおもしろさです。次回も期待。

 ←『ベン・トー5.5 箸休め~燃えよ狼~』の感想へ

2010-09-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 [★★]


なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)
夏海 公司 Ixy

アスキーメディアワークス 2010-06-10
売り上げランキング : 44942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 平凡な社会人一年生、桜坂工兵は過酷な就職活動を経て、とあるシステム開発会社に就職する。そんな彼の教育係についた室見立華は、どう見ても十代にしか見えないスーパーワーカホリック娘で!?
 多忙かつまったく優しくない彼女のもと、時に厳しく指導され、時に放置プレイされながら奮闘する工兵。さらには、現場を無視して仕事を取ってくる社長のおかげで、いきなり仕事を担当させられることになり!?
 SEの過酷な実態を萌えかつコミカルに描くスラップスティック・ストーリー登場!


 私はべつにSEでもないし、特に目指しているわけでもありませんが、なんか身がゴリゴリ削れるお話だった。これが社会か……。
 まあこれはブラック企業の一例をある程度脚色されているものですが、現実はここまででもないものと、これ以上酷い現場もある、とあとがきにあるのでなかなかにそら恐ろしい。

 入社から間もなく研修も教育もロクにされず、見た目女子中学生の上司である室見から仕事を振られる工兵。「教わってないからできない」「まだ新社員です」が通じず、それどころか「分からないなら自分で調べろ(=ググれカス)」と一辺倒の問答しか返ってこない。途方にくれつつもとりあえず頑張ってみました感を出してはみたものの、室見からは叱責とダメ出しばかり。一週間も経たずとして終電帰りが当たり前となり、早々に退職することも意識しだした工兵。もうこの時点で「うわあ……」としか感じなかった。

 しかし見た目幼女同然の上司相手にやられっぱなしは癪だ、と「どうせ辞めるなら一発ぎゃふんと言わせてやる」いう風になけなしの意地とプライドをかけて工兵はプログラミングに取り組み始める。と、ここからの展開が目を見張るものでありました。
 室見さんの教え方とかは確かにむちゃくちゃだと思うけど、この人の仕事への情熱と責任感は本当に上司の鑑だなあ、と思いました。室見さんって注文は無茶が多いけど、仕事に対しては一層真摯でなに一つ間違ったこと言ってないし実際正論なんだよね。その正論は自分にも他人にも厳しいけれど、自分が失敗した時にかかる顧客・クライアントへの迷惑や支障を常に念頭にいれる責任感は素直に尊敬に値する。
 不器用ながら手探り作業で過程を少しずつこなしていく工兵と、無茶な要求を出しながらもだんだん工兵を正式な部下と認め始めている室見さんとの信頼関係が徐々に見えてきて、読んでいて非常に気持ちよかったです。というか室見さんはとてもヒロインしてるよなw

 今後はこの1巻が基盤になり、物語にももっと広がりが出そうで楽しみです。
 しかし本職SEの方の感想を見ると、なんともいえない気持ちになる。

2010-09-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

この中に1人、妹がいる! [★]


この中に1人、妹がいる! (MF文庫J)この中に1人、妹がいる! (MF文庫J)
田口一 CUTEG

メディアファクトリー 2010-08-21
売り上げランキング : 408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 将悟は父の遺言に従って政財界のお嬢様たちが多く通うこの学園に編入した。「在学中に伴侶となる女性を見つけること」つまり彼女を作ることが遺言だったのだ。ところが将悟には顔も知らない生き別れの妹がいることが判明する。そして将悟の誕生日、差出人不明のケーキが届き、携帯の着信音が鳴る。「お誕生日おめでとうございます、お兄さま。お慕いしております」――どうやら妹もこの学園にいて、将悟に正体を明かさずに近づこうとしてる!?将悟は妹と“正しく”再会して彼女を作れるのか!? 魅惑の変則ラブコメ始まる!


 正直、一緒に寝るくらい仲が良くなったんだし誤解も解けたんならDNA鑑定ぐらい頼めばいいのにって思ったのは私だけじゃないはず。あと全体的に物語がタルくて無駄が多い印象。出して意味のあるキャラがメインの二人くらいだし、出すなら出すで物語の本質ともっと絡ませるべきだったんじゃないかって思ったし、そのメインの二人ですら「仲良くなるの早えなぁおい!」と言わざるをえない展開の神速さ――とまあ突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めそうな内容だったんですが、お話自体はそう悪くないんです。

 顔も知らない生き別れかつ腹違いの妹がいることが判明した将吾の身に、彼がそれに気づいたことを知ってか知らずかその妹を自称する電話がかかる。まあこれは心乃枝がやらかしたことで、彼女は妹でもなんでもないことがわかるのですが、その後に本当に妹から電話がかかってきます。そしてこの妹がこの1巻の時点ではまだ誰かわからない。無駄に登場人物を多くしたのはこのためでもあると思います。が、やっぱり続けること前提であったのならメインの二人だけでもよかった気もする。
 まあそんなこんなで誰が本当の妹なんだろう、とドキドキ感も多少あります。いまのところ目星もつけられない状態ですし。「好意はあるのだけど妹かもしれない」という主人公を抑制する縛りも新しい。
 あとキャラはとてもかわいらしく描かれていると思います。挿絵も相まってね(購入理由の9割はこれ)。

 続刊は見送るかもしれないけど挿絵のためなら買ってしまうかもしれない。そんな感じでした。

2010-09-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。