アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE [★★★]


東京レイヴンズ3  cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)
あざの 耕平 すみ兵

富士見書房 2010-12-18
売り上げランキング : 483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


進級試験に挑む春虎や冬児たち。落ちこぼれの春虎たちに気を揉む夏目だが、試験の最中に突如、異変が冬児を襲う。同時に、渋谷、品川、上野と都内各地で<霊災>が起き――!? 時を超える陰×陽ファンタジー!!


 3巻になっても失速しないおもしろさ。これはいい殴り愛ですね!
 今回は夏目や京子といった女の子たちの出番は少なめなのですが、それを補うほどの友情展開にはとても熱いものがありました。わかっているから伝えられることがある、バカだから必要とあらば拳も辞さない――そんな春虎と冬児の親友もとい悪友関係には思わずニヤリ。うわあ、青春だなあ! 夏目が羨望の眼差しを注ぐのも無理はないか。

 というかすごく今更ですが、この作品って微妙に年齢層が高めだよね。十二神将の面々だったり、陰陽塾の教官だったり、夜光信者だったり。裏ではこういったあんちゃんやおっちゃんたちが今を生き抜く若者たちを守り、或いは立ち上がらせたりする展開もすごくおいしいです。おっさんががんばるラノベは名作の法則。
 いずれ冬児は霊災関係でこういった矢面に立たされるとは思ってましたが、まさかこんな形を取ってくるとは思わなかったなあ。ちゃんと主人公である春虎の理解者であり、春虎と夏目をあたたかい目で見守ると同時に、今回のことでそれだけでは終わらないキャラに仕上がってきたと思いました。鬼に侵蝕されつつも、なんとか自我を保った状態での春虎とのやりとりはいいものです。いずれ「ここはおれに任せて後を追え!」もやってください。

 そして早くも当面のボスっぽい人も登場し、物語も引きも十分。すごく熱い内容でおもしろかったです。
 このシリーズはもう外れないと思うので安心して読めるなあ。

 ←『東京レイヴンズ2 RAVEN"s NEST』の感想へ

スポンサーサイト
2010-12-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

剣の女王と烙印の仔Ⅵ [★]


剣の女王と烙印の仔Ⅵ (MF文庫J)剣の女王と烙印の仔Ⅵ (MF文庫J)
杉井 光 夕仁

メディアファクトリー 2010-09-18
売り上げランキング : 97709

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 大陸は戦乱に包まれた。「――蹂躙せよ!」突如として開始された冬の国アンゴーラ帝国から聖都への侵攻。そしてサンカリヨンでは、パオラ率いる銀卵騎士団と強敵・王配候ルキウスの激戦が始まった。しかし、いまだ心が離れたままのミネルヴァとクリスの思いは繋がらない。一方、教会を統べる次期総主教選挙に向かったフランチェスカは、“刻印の謎”の深淵に迫り、自らの覇道をゆく決意をする。「あたくしの戦いはもう、将のものではない」「どうして、離れるんだ」「ミネルヴァのためにも」杉井光が贈るファンタジー巨篇。運命に翻弄される少年少女に激動のときが迫る!


 今回はクリスとミネルヴァのいちゃいちゃは控えめでしたが、パオラ、フラン、ジュリオの思うところが丁寧に描かれていて色々印象的な巻でした。銀卵騎士団をフランから任されたパオラが、将不在の中で騎士団を率いてルキウスと激突。敗北を味わったフランはひめたる覚悟をさらに強める。ジュリオはシルヴィアを守り貫くために、自分自身さえも犠牲にする。そしてその交錯具合もすごい。まさしく激動の1巻だった。
 特にジュリオのシルヴィアを守る騎士道精神は賛頌に価する。これはカッコいい。

 そして今までいまいちパッとしなかった銀卵の衛生兵・パオラ。彼女の成長もめまぐるしい。
 そりゃあずっとフランの側で、フランを見てきたんですよね。周りから支えられっぱなしだった彼女が、孤独な戦いを強いられながらも騎士団を率い、彼女自身の決断で彼らを導き、フランとはまた違った強さを感じました。すごくがんばったけれど、とても痛ましい。早くフランがその手を取って、元気づけてほしいなあ。

 どの主要キャラもどんどん深みにはまっていくというか、もう後には引けない状態になっている。この緊張感を保ちながら、次回へ続くのか……。

 ←『剣の女王と烙印の仔Ⅴ』の感想へ

2010-12-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

羽月莉音の帝国2 [★★]


羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)
至道 流星 二ノ膳

小学館 2010-04-20
売り上げランキング : 12638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 俺たちの部費は420億円にまで増えていた。16才の羽月巳継(=俺)は世界最年少で上場企業の社長となったのだ。何を言っているのかわからねーと思うが……俺だってこんな肩書きに実感ないんだよ! 記者会見を乗り切り、やっと手にした1週間の休暇。のはずが、俺たち革命部はアメリカで軍事訓練をするハメに!? 革命するには戦争に勝たねばならない、とは聞いていたが……その発想はなかったorz そして帰国後、間もなく沙織に訪れるピンチ! どうしてこう、次から次へと! 史上最大最速にしてもっとも危険な部活動、第2幕!!


 2巻目にしてスケールのデカさがダンチになっている件について。
 というか、今回この2巻で革命部がやったことといえば、

・アメリカで軍事訓練
・暴力団との抗争
・衣料業界のトップ企業買収

 ちょっとふつうのライトノベルでは考えられないことばかりです。これらを高校生の主人公たちが立ち向かっていくにはあまりにも壮大過ぎるし、現実的でもない。いっそある種のファンタジー性すら感じる。
 でも暴力団とか、買収騒ぎとかは私たちが単に知らないという問題で、これらはこの世界でも実際にあることなんですよねー、と思うと革命部の面々がなんだかすごいことをやっているということが伝わってくる。1巻では順風満帆だった彼らがこうしてもっともな壁にぶち当たりつつも、それらを乗り越えていくさまがとても心地が良いです。大企業相手に以後どんな博打で泡を吹かせてくれるのかとても楽しみ。なんといっても市場経済とかあんまり詳しくない私にも優しい作りになっているのがよい。

 それにしても巳継は本当にすごいやつだと思う。形だけの社長とか全然そうは思わない。
 特に暴力団の東丈会への立ち振る舞いです。ガチで殺されそうになりながらも暴力団相手にあんな啖呵切って、どんな異能モノの主人公よりもカッコよかったなあ。こうもストレートなところとか、やっぱり高校生なんだよなあと思わされるし。
 でも、こう色んなことがあると、おりおりの恋愛パートが本当にいらない気がしてならない。なんか蛇足に感じてしまう。革命部に協力的になるところからすっごくかわいいんだけどね……。

 でもってすごくいいところで次回に続くというかたちで切られました……。早く読もう。

 ←『羽月莉音の帝国』の感想へ

2010-12-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

深山さんちのベルテイン [★]


深山さんちのベルテイン (GA文庫)深山さんちのベルテイン (GA文庫)
逢空 万太 七

ソフトバンククリエイティブ 2010-12-16
売り上げランキング : 493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「コタロー殿、起きるであります、起きるであります!」
 深山さんちのメイドロボ。ベルさんことベルテインは今日も働き者。小さな身体で、ご主人様である琥太郎に尽くします。そんな彼女の本来の使命であり最大の悩みは――。
「……コタロー殿、コタロー殿」
「なに?」
「家の中でまで女装するのはどうかと思うであります、どうかと思うであります」
 ――女の子より可愛い男の娘の琥太郎と、そんな彼を更正させんと日夜奮闘するベルさんが繰り広げる、ゆるふわ日常ショート・ストーリー。
「這いよれ! ニャル子さん」の逢空万太が贈る新シリーズ。疲れたとき、一息つきたいときに是非、どうぞ!


 表紙のかわいい女の子の中身は男なのでお間違いないよう。でもこんなにかわいい子が女の子なわけがないから間違いようがないか。そんな女の子になりたい系男子とメイドロボ、そしてそれを取り巻く人達とのとりとめのない日常を描くショートショート集。ニャル子さんの作者はこういうのも書けるのかーと感心した一作でもありました。かなり読みやすいし、ひとつの話が短いから何か他の本読んでる時に小休止としてこれを挟んでもいいかもしれませんね。
 琥太郎くんもベルさんもかわいいけど、一番かわいかったのはどう考えても不良のリーダーです。本当にありがとうございました。っておまえ本当にそれでもいいのか!? 相手は男だぞ! まだ引き返せるぞ!

 すごくどうでもいいのですが、私の線引きだとこの琥太郎くんは安易に「男の娘」って呼んじゃいけない気がするんですよね。
 いやとってもかわいいですよ。有り体に言えばあざといぐらいに乙女だし、実際女の子願望がある男子ですから自身のかわいさを引き出すために余念はありません。日常的に女装とか嗜んでるし、巨乳に憧れたり、将来は去勢とか考えてるほどですからね……。
 でも女の子になりたい男子と、男の娘ってなんか別な枠な気がしませんか。たぶんそれを兼ねている解釈なんでしょうけど、私的にはそれはなんか違う気がする……。もちろん彼は女装少年という枠ではないですし、なんか琥太郎くんを男の娘って呼ぶのにすごい抵抗があるんですけど、私だけなのかなあ……。気にしすぎなんかなあ。好きか嫌いかで言えば好きなキャラには違いないんですがねー。だれかわかってくれないだろうか……。
 そんな中で彼のスタイルを表現するのに一番しっくりくる言葉が、あとがきで書かれてた「女の子予備軍」という言葉でした。確かにこれは言い得て妙です。女装少年じゃなく、男の娘でもなく、女の子予備軍です。この表現とてもいいので今後も使っていきたいと思う。
 そんなことを読んでいて思いました。読書メーターでも男の娘って呼ばれててなんかうーんってなった。それだけです。はい。蛇足でした。

 それはまあ置いておいて、とても和むシリーズではありました。ニャル子さんと並行して続けていくのならば是非応援したいです。

 
2010-12-22 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

這いよれ! ニャル子さん6 [★]


這いよれ!ニャル子さん 6 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 6 (GA文庫)
逢空 万太 狐印

ソフトバンククリエイティブ 2010-12-16
売り上げランキング : 122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 いくら言っても八坂家のリビングにゴロゴロ集まっては与太話を繰り広げるニャル子たち。業を煮やした真尋は「自分たちの部屋を造る話はどーなった!?」と、発破をかけた。
 ようやく重い腰を上げたニャル子らは、思い思いに部屋を作り上げたのだが――それは、色々な意味で真尋のSAN値を下げる部屋であった。
 そんな騒動もなんとか落ち着いた矢先、真尋はクー子の様子がおかしいことに気づいた。なんと惑星保護機構から調査官がクー子の仕事振りを確認しにやってくるからだというのだ。しかも、それはクー子の従姉妹で……。
 毎度毎度、宇宙規模でのしょうもなさに定評のある邪神達が繰り広げる混沌コメディー第6巻!


 サイクロンジョーカーってこれやりたいだけだろwwwwwwwwwwwww
 WとかOOOとか旬なネタが豊富で、ソッチ系を良く知らない私でも今回はいっぱいわかるネタがありました! いや前はちゃんとニチアサの時間帯起きてたんですけどね。いまはすっかり起きれなく……まあそれは置いておいて、そんなニャル子さんの新刊。今回はクー子回ですよ。

 まあオチにしても相変わらずのしょうもなさなのですが、クー音さんが最高に変態でしたね。
 クー子のニャル子好きーを圧倒的に凌駕してますよこれ。クー子はまだネタの領域で済むけど、こいつのやってることは犯罪もいいところだった。これはとてもドン引きな変態さんですね^^
 それにしても真尋くんがかつてないほどのデレを見せているのですが……ついに宇宙人にまで強気でいられなくなってしまったのか。さすがに心から鬼になることはもうできないみたいですねー。ツッコミにはキレが健在なのだけれど、態度にしてはかなり軟化している気がする。これは前回も思ったことだけどね。
 真尋くんたらもうニャル子にしろクー子にしろ、言い寄られるとたじたじ状態になってますし。しかも今回はどこぞのインなんとかさんみたいな空気ヒロイン化を恐れたニャル子が、ガチ泣きしながら真尋くんにアプローチしたところとか結構真に迫っていた気がする。なるほど、泣き落としに弱いのか。

 しかもなんか真尋くんルートにクー子が食い込んできそうなんだよなこれ。
 なんかもうクー子にしたって真尋くんに心許している部分が見受けられるし、今回の偽恋人騒動を経てそれがハッキリとわかった気がする。まああくまでも今はニャル子におねつって感じですけど、いずれこれが変わる時がくるんだろうか。冷静に考えたら来ない気がしてきた。
 まあ、とりあえず今回も楽しませてもらいました。次回もまたしょうもないオチに期待します!

 ←『這いよれ! ニャル子さん5』の感想へ


2010-12-22 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

めたもる。 [★]


めたもる。 (メディアワークス文庫)めたもる。 (メディアワークス文庫)
日比生 典成

アスキーメディアワークス 2010-11-25
売り上げランキング : 10426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 たとえば、すれ違いばかりの彼と彼女がいたとする。本当にちょっとしたボタンのかけ違い、ささいなことだ。でも、きっかけがなくて──。
 そんな時、彼/彼女はふと善行をする。弱っている猫にエサをあげたりといった些細なことだ。だが、枕元に神様が立って、何にでもなれるお札をくれるという。え? そんなおとぎ話を信じられない? いやいや、嘘じゃない。実際彼らはお札を手に入れ、それがきっかけとなり二人の関係は変わっていくのだ。
 大人のメルヘンをどうぞ。


 全編共通していることは、語り手が猫を助けたあとに、狐の面構えをした不思議なヒトからお札をもらうこと。そのお札はなりたいものを筆で書いて体に貼ると、書いたものに化けられるというもの。そんな不思議アイテムが絡んだほんわかした毒気が一切無い連作短編。

 どの話も良くも悪くもふつうだなーとは思うのだけれど、読了感がとても心地いい。
 微笑ましいような小さな幸せと、ちょっぴりの元気が文を伝わってもらえるような優しい物語の数々でした。
 個人的には最後のライオンの話が好きかな。確かに好きでもなければあそこまで大きくでられないよねw もう青春青春しちゃっててまあぐぬぬって思ったけど、こんな甘酸っぱいのもたまにはいいですね。

 あとはこの本を買うに至った一番の理由は表紙でした。ほんわかしててとても雰囲気にあっていると思います。

2010-12-22 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

イスカリオテⅥ [★★]


イスカリオテ(6) (電撃文庫)イスカリオテ(6) (電撃文庫)
三田 誠 岸和田 ロビン

アスキー・メディアワークス 2010-12-10
売り上げランキング : 3555

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 賑やかな聖誕祭から一転、御陵市は<獣(ベスティア)>であふれ、あたかも〈怒りの日(ディエス・イレ)〉かのような様相を呈していた。
 イザヤたち断罪衣(イスカリオテ)の使い手たちは街を守るべく懸命の戦いを繰り広げる。イザヤへの気持ち自覚したノウェムも激戦へと身を投じていく。
 その前に立ちはだかるのは、かつての英雄にして<大罪衣(アンチ・イスカリオテ)>を纏う壬生蒼馬。そして黒ずんだ包帯に覆われた謎の少年。さらには〈反救世主〉と呼ばれる存在が姿を現す。
 秘匿されたイザヤの正体とは、そして強大な敵との戦いの行方は!? 緊迫の第6弾!


 すっっごい熱かった。本当にクライマックスなんだなあ。
 前回復活した蒼馬に加え、強力な<獣>によって揺るぐ御陵市。人々の恐怖、不安、焦りが瞬く間に伝播する中、街や人を守るために立ち向かう者たちが熱い。そういうシーンが少なからず挿入されたのはかなり印象として残っています。その節で会い、初対面で顔も名前もわからないものの、目的が一致していれば協力を惜しまない者。その激励と支援を受けて、感謝と覚悟を示す者。生きるために、街を守るという思いがひとつになってて良かった。

 イザヤにまつわるあの事実には私もびっくりです。
 これはショックだし、揺るがないわけがないよなあ。ずっと「九瀬諌也」という英雄にして自分の兄を演じてきた彼ですが、その偽物ですらなかったという。「九瀬諌也」でもなく「九瀬勇哉」でもない。ではイザヤとは誰だったのか? 自分が演じてきたのはいったいなんだったというのか? 自分自身を喪失してしまいそうな事実はこうして現実に突きつけられたわけです。
 けれどイザヤは倒れなかった。自身が経験した戦いや出会った人たちと過ごした時間は、ウソなどではないから。たとえそれが「英雄」を偽ってきた自分だったとしても。それらがいつの間にか、イザヤにとって確かなものになっていたんだあと思うと胸が熱くなる話じゃないですか。
 強いな、イザヤは。その姿はまさしく英雄と言えるんじゃないだろうか。

 そしてノウェムの恋はひとつの転機を迎えると。
 むしろこの場面できちんとその想いをイザヤに伝えるとは思いませんでした。けれどこれでもいいのかな。ノウェムができることは、もうイザヤの帰還を待つばかりになってしまったけど。彼女の気持ちはこの先永遠に変わることはないんでしょうね。どんなことがあっても一生慕い続けるんだろうなあ。イザヤもノウェムがいてくれるからここまでできたんだろう。

 次回がラストということなので早く読みたいなあ。イザヤもノウェムも笑い合える未来をお願いします!

 ←『イスカリオテⅤ』の感想へ

2010-12-22 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

とし、終々と


 こんばんは。相変わらず寒いですね。
 近況は……といっても特に変わったこともなく。今後の予定としては27日のガルデモのライブいって、コミケでオフ会しーのって感じですかね。あれ、もう書くことがない……。
 あ、そうだ。既にバナーを張ってありますが、知り合いがすっごいことやってます。野中藍と広橋涼というマジモンの豪華声優を出演させたドラマCDを3日目に配ります。興味があれば是非。制作秘話的なものをちょろっと聞いたのですが、それに見合ったかなりのものに仕上がってます。ことひとさんとたかひなさんの行動力と実行力は本当にすごい。

 来期のアニメの話でもしますか。
 また色々ありますが、期待しているのが実際夢喰いメリーと君に届けの2期だけだったり。ラノベ原作枠はGOSICK、IS、ゾンビ、ドラクラと未読或いはもういいやって思ったのばかりだった。でもGOSICKは地味に期待している。雰囲気が好みそう。
 あとは何があったかな……思い出せないってことはそれほど気にかけてないってことだよなあ。まあ映るのはとりあえずひと通り観ようとは思ってますけど。
 というか今期のアニメが楽しすぎて、来期が霞んで見えてしまうんですよね……。ミルキィホームズとかパンストとか2クールやってくれればよかったのに。ざくろも来週終わっちゃうからなあ。





【2010年11月度三ツ星ラノベ】

 
4062837587猫物語 (白) (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN
講談社 2010-10-27

by G-Tools


 感想はこちら

 羽川翼が立ち遭ったもう一人の自分。そして自分自身と向き合うための、肯定の物語。


 
4041595118“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)
高木 敦史 笹森 トモエ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-10-30

by G-Tools


 
 感想はこちら

 菜々子さんマジ天使。本当に心底掛け値なしにかわいいと思えるヒロイン。




 【二ツ星】

 
4047268208学校の階段の踊り場2 (ファミ通文庫)
櫂末 高彰 甘福 あまね
エンターブレイン 2010-10-30

by G-Tools


 感想はこちら

 完結から一年、短編集でもとってもスポ根でラブコメだった。


 
4086305739二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)
朝田 雅康 庭
集英社 2010-10-22

by G-Tools


 感想はこちら

 パズル感覚でさくさく35人の名前あてゲーム。それでいてちゃんと学園モノに仕上がってるという完成度の高さ


 
4047268194ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc6 (ファミ通文庫)
田尾 典丈 有河 サトル
エンターブレイン 2010-10-30

by G-Tools


 感想はこちら

 とりあえず次回への引きがすべてを持っていった。こりゃああの人の正ヒロイン昇格くるで!


 
4048700529俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ かんざき ひろ
アスキー・メディアワークス 2010-11-10

by G-Tools


 感想はこちら

 大型爆弾投下きたー。さあどうするんだ京介。それでいいのかお兄ちゃん


 
4048700456クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫)
壁井 ユカコ 村上 ゆいち
アスキー・メディアワークス 2010-11-10

by G-Tools


 感想はこちら

オリンピアとミムラのすれ違いにもどかしくなる1冊。がんばれ二人とも……


 
4048700480@HOME 我が家の姉は暴君です。 (電撃文庫)
藤原 祐 山根真人
アスキー・メディアワークス 2010-11-10

by G-Tools


 感想はこちら

 あの藤原先生がまさかのまったりホームコメディ。他人と間に築かれる家族愛の尊さに温かくなります


 
484013586X喰-kuu- (MF文庫J)
内田俊 まりお金田
メディアファクトリー 2010-11-20

by G-Tools


 感想はこちら

 ヒロインは大食い少女! 「食」への熱き思いを青春に捧げる!





 以下は11月の読書メーターです。

続きを読む

2010-12-21 : 月間まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

電波女と青春男7 [★★]


電波女と青春男(7) (電撃文庫)電波女と青春男(7) (電撃文庫)
入間 人間 ブリキ

アスキー・メディアワークス 2010-12-10
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 どうも丹羽真です。近況としては、ちょっとした事情で貯めていた青春ポイントを使い切ってしまったので、最近干からびそう……という感じ。
 突然ですが、どうやら今回は、その青春ポイントにまつわるお話じゃなくて、『妄想ポイント』が主軸となるみたいだ。
 宇宙って途方もなく広いわけだし、俺たちが辿り着けないほど遠くにもう一つぐらい地球があって、そこではやっぱり俺やエリオたちがいて、似たような毎日を送っていて……とか妄想することがあるんだけど。今回はそんなお話。
 でもどうせ空想奇譚なら。夢がある方がいい。
 そう、例えば。
 もしリュウシさんや前川さんやエリオと、人生を共に歩むことになったら、とか。……うへへ。
 あ、ところで俺たちアニメ化みたいです。これは妄想じゃない。


 女々さんってふつうに死ぬのか……そんな未来もあるのか……。
 というわけでマコ君君がまるでギャルゲの主人公のごとく、ヒロインズのひとりひとりと結ばれたらどうなるの的なifを交えた短編集チックな本編です。まあ話は進んでいるようで進んでないからいっそ短編集と割りきってもいいかも。女々さんルートだけはよせー!

 まあ、基本マコ君君とだれかが結ばれる話なのでいちゃいちゃするのが常なわけで。
 当然いちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃするわけですよ。甘い空気オンリーイベントなわけですよ。前川さんと着ぐるみデートだったり、大学生になったリューシさんと映画館デートだったり、エリオとは老後の余生で孫とキャッキャしたり、別の話ではエリオを宇宙に送り届けるためにヤシロとロケットをつくったり……おお、なんか知らないけど右手の壁に穴が開いているよ……。羨ましいなちくしょう。マコ君君勝ち組じゃないの。
 前川さんがえらいかわいくなってるけどやっぱりリューシさんが一番やっちゅーに。普通に公衆の面前でちゅっちゅしちゃってよう……。前々から思ってたけどリューシさん最近やたらおっぱい強調するよね。

 そんなたくさんのifのあとはエリオがせーしゅん女の一歩を踏み出すお話。
 初めて持った携帯電話でリューシさんや前川さんと電話番号を交換したり、カラオケにいったり。エリオの電波はきっとこれからも誰かに届くことでしょう。びびび。そんなエリオの一面がとっても微笑ましかった。リューシさんも前川さんも、彼女との接し方変わったよなあ。
 それにしてもマコ君君はちゃっかり三人の女の子とカラオケってなんかもう色々主人公体質だなやっぱり!

 ←『電波女と青春男6』の感想へ

2010-12-16 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット [★★★]


ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)
川原 礫 abec

アスキー・メディアワークス 2010-12-10
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で発生した《死銃(デス・ガン)》事件を調査するため、《GGO》へとログインしたキリト。
 一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《BoB(バレットオブバレッツ)》に無事参戦を果たす。
 キリトは、銃が支配するこのゲームで唯一《光剣》を駆使、《BoB》を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。
 そして《BoB》決勝。数多の強敵がひしめく《多人数バトルロイヤル》の中、ついに《死銃》が姿を現す。果たして《死銃》とは何者なのか。本当に《仮想世界》から《現実世界》へ影響を及ぼすことができるのか。キリトは単身、《死銃》へと挑む!!
 『ファントム・バレット』編、完結!!


 前回の続き。<死銃>を追って<ガンゲイル・オンライン>における<BoB>という大会の出場権を見事に獲得したキリトさん。バトルロイヤル形式の大会で、寡黙なスナイパー・シノンと協力して<死銃>に挑むという流れ。
 この<死銃>さんの正体はいいとして、実際に人を死に追いやる犯行手口がなんかすごい周りくどいことしてるなーって思いました。まあこの世界でだからこそできる手口なんだけど、なんていうのかな……あえて表現するなら地味? いいんですけどね。全然いいんだけど、なんか妙に微妙な気分になった。

 「人を殺してしまった」という似たようなトラウマを持つキリトとシノン。
 一生消えることのない罪の重さ。一生責められたり、後ろ指を指されるかもしれないけれど、そんな自分を受け入れて向き合わなければならない。キリトもシノンもこの事件の顛末を経て、その壁を乗り越えられたはずです。そんな似たもの同士の二人が仲良くなり、腹を割って話しあう仲になるのはよろしいんですけども、えらく急だな! でもシノンの視点になると、嫌なやつだけど意識しちゃうっていう乙女心がのぞけて非常にかわいかったです。どんな女の子の心もオープンさせるキリトさん……。
 それにしてもキリトさんの戦闘技術はどこまで向上するんだろうか。もうどんなゲームでも無双状態じゃないか……。正直あれは全然二刀流じゃないんだが、まあささいな事ですね。

 そんな感じにきれいにまとまっていて満足でした。安定の面白さはさすがです。今回は結構分厚かったんだけど時間をまったく感じなかったなあ。
 次は新章突入ということで今回見せ場が少ししかなかった本妻ことアスナのターンらしいですよ。ヒロインズではやっぱりアスナが一番好きなのでこれは嬉しいです。今度はキリトさんと一緒に難関に立ち向かっていってほしいところ。それでもいちゃいちゃしたらイラ壁率上がるんでしょうけどね!

 ←『ソードアート・オンライン5 ファントム・バレット』の感想へ

2010-12-16 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

聖剣の刀鍛冶10 [★★]


聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)
三浦 勇雄 屡那

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 1013

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 セシリーを守るために最後の変化の呪文で剣の姿のままとなったアリアを胸に、独立交易都市へと戻ったセシリー。しかし彼女を待っていたのは、ルークとユーインの消息が絶たれたという悲報だった。件のルークとユーインは、突如襲った地震によって閉じこめられたヴァルバニルの封印される洞窟内でその末端らしき触手との攻防を繰り広げていた。他の出口を探して灼熱の闇の中を彷徨い続けるルークたち。そしてその奥底で地面に突き立てられた直刀を見つけるのだが――!? 壮大なファンタジー叙事、薄闇の底で真紅に燃える刀身を打つが如き“鍛錬の刻”!!


 きつい……本当にきついなこれ……。こんなに悲しい尻の挿絵は初めてだ……。
 前回でアリアがあんな状態になってしまった手前、さらにルークのこととなる。絶望に絶望を重ねるような展開だった。もう佳境のはずなのにホントどうやって収束させるのだろうか。きっちりと見守っていきたいと思う。

 さて、ルーク回です。ユーインと共に火山に閉じ込められ、出口を求めてサバイバル。
 そんな中でユーインがルークの核心を突きました。「素直になれ」というユーインの言うことはまったくもって同意しよう。ここまできてまだ他人にすら「セシリーは俺の女だ」とかハッキリ言えるほどの覚悟がないのか。ヘタレにもほどがあるぞ……。たしかにもう一緒にいられる時間は限られているかもしれないし、どちらかが犠牲にならなければいけない未来しかないのかもしれない。でもだからこそ、ちゃんとセシリーには言ってやってくれよ。好きならさ。じゃないとセシリーがあまりにも報われないよ。
 そして火山の中でヴァルバニルの封印のための直刀を見つけるのですが、それが目当ての帝国の人たちとぶつかります。窮地に追いやられた二人を助けたのは、やはりセシリー。もうセシリーは本当にヒーローだ。カッコいい。

 ヴァルバニル封印のために直刀を打ち直したルークの犠牲はでかかった。それがセシリーに隠せないほどに。
 きっとそれは彼女にとって重くのしかかるでしょう。楔となって、彼女を縛めるかもしれません。
 それでも、セシリーならどうにかできそうな気がする。本当にそんな根拠の無い自信しか頼れるところがない。がんばれ、負けるな。

 ←『聖剣の刀鍛冶9』の感想へ

2010-12-16 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カンピオーネ!Ⅷ 受難の魔王たち [★★]


カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)
丈月 城 シコルスキー

集英社 2010-11-25
売り上げランキング : 1442

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ある日、護堂は東京の女子大に通うはとこのさくらの訪問を受ける。
 さくら曰く、いま東京には暴虐の限りを尽くす魔王がいるそうで、その正体を突き止めたいとのこと。
 もちろんそれは七人目の神殺し・草薙護堂その人に他ならず…。困った護堂がとった行動は?
 さらには、若き日の魔王・アレクとプリンセス・アリスが出会う聖杯にまつわる事件やエリカとリリアナが騎士となった際に出会った謎の人物との一件など新神話第八弾は珠玉の挿話集!!


 護堂さんは普段の日常からこう色々とフラグ建築に勤しんでいたわけなのか……なるほど……。そんな短編集。
 というか地味に草薙家についてとか、護堂さんの日常を覗けたのは結構大きかったのではなかろうか。こんなにコネクションが大きい主人公だとは思わなかった。こういうひとつの積み重ねが王としての器を形成しつつあるのかと言われれば不思議と納得できそうだ。というか妹に幼馴染みに従姉って、もうカンピオーネ以前にどう考えても恵まれてるよね。勝ち組ですよね。

 そして護堂さんだけではなく、サルバトーレ・ドニ並びに黒王子アレクサンドルを掘り下げたお話も収録さております。魔王たちには総じて女難の相でもあるんだろうかってくらいあれですが! 
 他人の迷惑も省みない自由奔放な気分屋で、魔法の素質はゼロに等しいのに剣の腕は誰にも引けを取らないドニ。情けない、頼りない、どうしようもないというような直感で動くアホの子なんですが、それもカンピオーネの器たる所以なのでしょうか。彼しか持たないゆえに、彼だからこそ相応しい器というものがあるんでしょうね。やっぱり戦闘になるとすごい主人公気質発揮するし、カッコいいもの。
 アレクの方はプリンセス・アリスに振り回されるさまをニヤニヤと見守るのが吉ですね。カンピオーネの割にはかなり良識的で無害そうだなと思ったけど、うんそんなことはなかったよ。むしろ戦闘に関しては一番危険なんじゃないか。やっぱり譲らないところは周りの迷惑なんざ知ったこっちゃない状態だったので、なんか安心した。

 でもってヒロインズによる護堂さん争奪戦もなんか盛り上がりつつあるし。
 前回の賭けに勝ったリリアナはもうなんか小姑みたいに女周りの管理し始めるし、エリカさんがそんなこと許すはず――あれ? 全然動じてないところさすがエリカである。なんだこの本妻の余裕っぷりは。
 まあ全体的におとなしめな短編集ではありましたが、いいお話を読ませてもらいました。なにげに「鋼」についても出てきてるしね。次回は学園祭もあるということで、楽しみです。

 ←『カンピオーネ!Ⅶ 斉天大聖』の感想へ

2010-12-16 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ヒマツリ ガール・ミーツ・火猿 [★★]


ヒマツリ  ガール・ミーツ・火猿 (角川スニーカー文庫)ヒマツリ ガール・ミーツ・火猿 (角川スニーカー文庫)
春日部 タケル

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-30
売り上げランキング : 10749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 第15回スニーカー大賞《ザ・スニーカー賞》受賞!!
 ドジッ娘属性の花村祭は、喋る猿のぬいぐるみサンジュと平穏に暮らす女子高生。だが消えた同級生を捜しに夜の街へ出た祭は、突然怪異に襲われる! 絶体絶命のなかサンジュに宿る大妖怪《火猿》が、祭を覚醒に導く――! 右に機械生命体《マキナリア》、左に妖怪《枷人(かせびと)》、強大なる人外たちの狭間で揺らぐ人間界で、炎の化身に魅入られた女子高生《火祭(ひまつり)》が、熱く滾るバトルを繰り広げる!


 すっごくストレートな異能バトルモノなんだけど、やや少年漫画的なノリが強くて非常に熱いです。
 まだ新人さんなのにかなり勢いが強くていいと思います。すこしばかり粗い文章ではありますが、作者さんのこれからの活躍を見越せば気になる点ではありません。

 なんといってもドジでどんくさい主人公・祭の相棒である大妖怪「火猿」のサンジュがかなりいいキャラ。もう口を開こうものなら「クソ・カス・ボケ」という悪態三拍子が必ず出るほどのチンピラ妖怪なのですが、祭がピンチになるとものすごく必死に守るギャップがたまらない。どんだけ祭のこと好きなんだ。いや、ちゃんとそういう関係に至るまでの過程も作中で語られているのですが、そんなのなくてもなにげない言葉から祭をどれだけ大切にしているかが窺えておおおってなる。有り体に言えばツンデレですね!
 根はマジメなんだけど、染み付いたドジ体質がたたって毎日のように痛い目に遭っている不憫な主人公・祭も、半ばまではただ物語に流されているばかりなのですが、サンジュが姿を消してからの行動力がすごかった。そしてこういう子はいくら敵であっても「殺すのはダメ」とか言いそうなのに、むしろ「ここからはあたしがやる」とか言い始めたから、少年漫画大好きな私にとってツボに入りまくりでしたね。女の子がそんなことしていいのって思ったけど、細かいこたぁいいんです。感情もストレートに出る子だし、キャラ的にも好感度は高いですね。ああ、この子もサンジュのことが好きすぎますね。
 確かに異能バトルモノなのだけれど、戦闘シーンよりはこの二人の強い絆とかが覗ける場面のほうが印象に残りましたね。

 とにかく、このコンビが中心となって流れる物語がひたすら痛快で楽しかったです。
 次回以降があるなら祭の友人である猫又や鬼もたぶん本格的に絡んできそうだし、続きが出たら読むと思う。オススメです!

2010-12-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

毒吐姫と星の石 [★★★]


毒吐姫と星の石 (電撃文庫)毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
紅玉 いづき 磯野 宏夫

アスキー・メディアワークス 2010-11-10
売り上げランキング : 25630

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 全知の天に運命を委ねる国ヴィオン。占により下町に捨てられ、呪いの言葉を吐いて生きる姫がいた。星と神の巡りにおいて少女は城に呼び戻され、隣国に嫁げと強いられる。唯一の武器である声を奪われて。星の石ひとつ抱き、絶望とともに少女は向かう。魔物のはびこる夜の森、そのほど近くの聖剣の国レッドアークに。少女を迎えたのは、夜の王に祝福を受けた、異形の手足を持つ王子だった。第13回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作 『ミミズクと夜の王』 の続編、満を持して登場。


 まずしまったと思ったのは、あとがきを読むまでこの作品が「続編」だと知らなかったことですね。帯にも折り込みのあらすじにも堂々と書いてあるのにね……なんで気づかなかったんだろうね。はい、「ミミズクと夜の王」は未読であります。それをついったーでつぶやいたら10人余りから「読めよ」ってリプがきました。ごもっともな意見です。自分でもそう思います。

 それはそうと、この作品尋常じゃないほどおもしろかったです。
 社会の底辺をなぞってきたような少女・エルザがつむぐは数々の毒。そんな口から先に生まれてきたような彼女が嫁ぐ先は、優しくも異形の王子・クローディア。エルザは最初、彼に猜疑心しか持ちあわせてはいませんでした。いままでと同じように、奪われるだけ奪われて、そして最後には捨てられる。人を疑い、数多の毒を吐くことでしか自分を守ることを知らなかった彼女にはそれも当然かもしれません。それでもクローディアと、周りの人たちとの交流で徐々に打ち解けていくさまを見せられるととてもほっとしてしまいます。
 そんな導入部から終盤に至るまで、もうページから目が離せなかったです。

 正直言えば、物語自体は特に奇を衒っているわけでもないし、展開もある程度は読めました。
 それでもここまでおもしろいと思わせるのは、やっぱり言葉による紅玉先生ならではの演出なのではないでしょうか。だってもう私たち読者が導入から完璧に引きこまれちゃったら著者の勝ちでしょこれ……。エルザとクローディアの会話にニヤニヤしたり、その後衝撃の事実でガツーンってなって落差が激しかったり、エルザが抱く葛藤にいたく同情したり、クローディアがエルザのために行動を起こすところに胸打たれちゃったり、もう頭からケツまですごく大好きな展開なの! 「うまく説明できないからとりあえず読め」的なおもしろさなの!
 さらに言えば余韻も素晴らしく良かったです。エルザが毒を吐いて、クローディアが苦笑しながらもそれをなだめるような未来を想像しただけでお腹いっぱいになります。エルザはじゃじゃ馬ヒロインにもほどがあるだろうと最初は思っていたのですが、もう終盤まで行くと彼女がかわいくてかわいくて仕方ありませんでしたね。ラストシーンの「引き止めなさいよ!」には顔面崩壊しそうだった。

 全然感想っぽくないけどこれで勘弁してください。
 とにもかくにも、切なくて温かくて優しい物語でありました。心がなにかで満たされる読了感がたまりません。
 願わくば、エルザの毒がいつまでも王子の支えでありますように。

2010-12-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

不堕落なルイシュ2 [★]


不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)
森田季節 伊東ライフ

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 216513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 優等生で名門の出である神倉ミタマは、心優しい同級生・贄川那智に恋をしている。しかし、ある日那智は足に重症を負ってしまい、この社会の決まりによって「処理」されることが決まってしまう。那智を救うことのできる唯一の手段「弱者保護権」。その権利を持つ姉・珠花に会うために、妹・涙珠の協力を得て家を飛び出したミタマだったが、珠花から権利をもらうことはできなかった。かくなる上はもう一人、権利を持つ兄・玉風を頼るしかないのだが、彼は山中の奥深くに引きこもっている残念な人間で、会うためには男子禁制の「あるゲーム」をクリアしなければならず――。


 どうでもいいですが最近主人公が女装するパターンが口絵から予測できるようになりました。わぁい。伊藤ライフ先生の描く女装少年は素晴らしい! もうなんか完全に女の子だよねこれとか思ってないよ!
 それはさておいてルイシュの第2巻。これで完結ということです。まあ、1巻であんまり長く続けるとダレると思ったし、これくらいで締めておいてもいいのではないのでしょうか。
 つまるところは1巻と同じく愛の物語でしたね。神倉における一家の再生と、ミタマと那智の恋愛と。まあ終盤の展開には「えええ」ってなったけど、那智の問いかけに対しミタマが選んだ答えには納得……できたかな。お互いに、もう自分から逃げられなかったんでしょう。そしてやっぱりメインヒロインは涙珠の方だった。

 それでも1巻のほうがインパクトとしては強かったと思う。今回の兄さんよりお姉さんのが遥かにキャラが強かったんだもの……。
 物語は最後まで楽しめたのでよかったです。森田先生らしい偏屈なキャラの掛け合いもよかったし。

 ←『不堕落なルイシュ』の感想へ

2010-12-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY [★★]


サクラダリセット4  GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)
河野 裕 椎名 優

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-30
売り上げランキング : 686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「リセットを、使えません」
 相麻菫(そうますみれ)の死から二週間。浅井ケイと春埼美空(はるきみそら)は、七坂中学校の奉仕クラブに入部する。二人は初めての仕事を振られるが、春埼はリセットを使えずにいた。相麻の死をそれぞれに考えるケイと春埼。ケイは、相麻が死んだ山へと向かい……。(「Strapping/Goodbye is not easy word to say」)。中学二年の夏の残骸、高校一年の春、そして夏――。壊れそうな世界をやわらかに綴る、シリーズ第4弾!


 今回は短編集ですが、やってることはそれほど変わらないと思う。
 時系列はバラバラだったけど、どの話も落とし所がきれい。些細と切り捨てられるかもしれないけれど、その人の在り方を左右してしまうようなできごと。ケイと美空の力を借りて、その人が出した答えは、救われたか否かは別として、きっとその人にとっていいことだったと思いたい。そして最後のお話がすごい好みだった。全体的に繊細で切さい雰囲気は相変わらず。

 小さな挿話でしたが、珍しく美空視点のお話もいくつかありましたね。
 無表情でも無感情というわけではなく、ただその感情の引き出し方が人よりも苦手な彼女(単に興味が惹かれるものが極端に少ないというのもあるけど)の視点から綴られるお見舞いの話、そして友だちの話はなんだか心がほんわかしますね。なんだかんだで徐々に前向きになっていると思わされる。お見舞いの話は特にニヤニヤ度が素晴らしいです。ケイのこと本当に大切なんだなあ、という内面が覗けます。
 相麻菫が死んだ直後のお話はケイも美空も危なっかしかった。美空にいたってはリセットが使えなくなってしまうし。一人の死によってもたらされた感情に、お互いは傷つきながらも答えを求める。人間らしく。子供らしく。

 最後の短編、「ホワイトパズル」もかなり良かった。
 未来過去現在を行き来し、それに苦悩する少女とずっと見守ってきた少年の甘く切ない恋の一片。もうどうしようもできない未来しかない二人が、きれいに結ばれるさまは読んでいてほっとしました。もう雰囲気からかなり好きでした。

 これもいい短編集だったなあ。次回からの展開も楽しみです。

 ←『サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN』の感想へ

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

黒のストライカ [★]


黒のストライカ (MF文庫J)黒のストライカ (MF文庫J)
十文字青 硯

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 11803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 かつて、あまねく夜を統べ、闇に名を馳せた一族――夜魔。その最後の生き残りである高夜椋郎は、日本古来の種族・大目天の監視の下、ごく普通の高校生として日々を送っていた。たまに幼馴染みのしはるを怒らせながらも、平穏に過ぎてゆく毎日。しかしある日、ひょんなことから元臣家の吸血鬼と、彼女を狙う吸血鬼狩りの戦いに巻き込まれたことにより、椋郎の“日常”は“超常”へとその姿を変える。異能の美少女たちに傅かれながら、しはるから真実を隠すために奔走する椋郎。そして、そんな椋郎を見つめ、にんまりと微笑む影――「みーつけた♪」――大スケールで贈る漆黒の学園バトルラブコメ、ここに始動! 「――さあ、夜は始まったばかりだ」


 十文字青著としては珍しい、王道的な学園異能モノ。絵師的にも売れ筋路線なのだろうか。
 それでいて決して「ふつう」とは言わせない、掛け合い一つにおいても著者独自なフラストレーションがたまっていくテイストが組み込まれていると言ってもいい。基本的にヒロインはほとんど危なっかしい上に、敵役にいたっては相変わらず頭のネジがゆるんでいる。前シリーズ「いつも心に剣を」のような、いつ主人公をどん底に突き落としてもいいような展開もあるっちゃあると思う。なんにしても期待がかかるシリーズであることは相違ないですね。

 夜魔の血を引く平凡な主人公・椋郎、彼はそんな疑いようのない日常にいれることに満足し、同時に固執していた。夜魔だの吸血鬼だのとは一生縁のない、ただ幼馴染みとの距離を保ちながら永遠と日常にいることを望んでいた。
 そしてひとつの出来事がそれを許さなかった。どうしようもなく椋郎は超常に誘われる。引き返す道もなし。
 全体的にこの1巻は要素の散らばせたり、キャラ見せ・役割の明示だったり、伏線を敷いたりと、導入部にまるまるつぎ込んだと言ってもいいかもしれない。そのおかげもあってラストや次回への引きもなかなか強かったです。
 これからの椋郎や各ヒロインの動き、そして夜魔としての椋郎を狙う敵さんや、その動向を探り椋郎を守ろうとする者。舞台は整いつつあるので、次回からが楽しみです。

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

この中に1人、妹がいる!2 [★]


この中に1人、妹がいる!2 (MF文庫J)この中に1人、妹がいる!2 (MF文庫J)
田口一 CUTEG

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 1068

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 心乃枝と雅から両腕に抱きつかれる日々を送る将悟は、内心焦っていた。本当の『妹』が誰かわからなければ、卒業までに彼女が出来ず、父の遺言には応えられない。しかも新たに現れた『妹』からは毎日早朝に電話がかかってきて将悟は寝不足になってしまう。眠気で校内をふらついているうちに、将悟はいもうとカフェを経営しているという天才少女の先輩・芽依と昼寝友達になる。そんな中、生徒会長から聞いた話によると、この学園に通うお嬢様たちの中には密かに養子に迎えられている女の子が多数いるらしい。妹かもしれない女の子は――つまり、見方を変えれば100人はいる!?


 そんなこんなでシリーズ続編なのだけれど、やっていることは1巻の模倣。
 スポットの当たるキャラが代わっても、これまでの各ヒロインも将吾にアタックを繰り返す健気な姿勢がいいです。ただ積極的過ぎるのもアレだと思うけど。キスとかもうふつうにしてくるし発情期なんですかコノヤロー。
 将吾の「こんな子と恋人になれたらいいなあ。でも妹かもしれない……」というコンセプトもそのままなので、彼の行動がどうも煮え切らないこともあるですがね。まあそれは仕方ないと思います。
 今回はこの妹探しがメインなおかげでラブコメ具合が落ちたと思ったけど、心乃枝と雅ががんばってくれてたと思う。ただ心乃枝が疑いのまなざしを向けられただけで逃げてしまうのは都合が良すぎると思ったけど。全体的にそんなにうまくいくか? ってのはあった。

 そろそろこの妹探し展開も切り口を変えないと飽きると思う。早く真の妹さん名乗り出てきてください。

 ←『この中に1人、妹がいる!』の感想へ

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

機巧少女は傷つかない4 Facing "Rosen Kavalier" [★★]


機巧少女は傷つかない 4 (MF文庫J)機巧少女は傷つかない 4 (MF文庫J)
海冬レイジ るろお

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 機巧魔術――それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。時計塔事件も一段落し、雷真たちは負傷続きながらも〈夜会〉に勝ち残っていた。だが、雷真の負傷を自分のせいと気に病んだ夜々が、突然姿を消してしまう。なんとか彼女を見つけ出した雷真だが、それは敵の罠だった! この夜会を支配する存在〈十字架の騎士(クロイツリッター)〉と名乗った彼らとともに、夜々は雷真のもとを去る。打ちひしがれる雷真。そして、彼の前に現れた硝子は告げる――「夜々は放棄するわ。今後はいろりを使いなさい」はたして雷真の決断は!? シンフォニック学園バトルアクション第4弾!


 学園といえば学園なんだけれど、正直もうそんなみみっちい枠でやんなくてもいいと思うのは私だけだろうか。なんかどいつもこいつもどこかの国の諜報員だし、戦争だのなんだのとか物騒な話になってきてるし。べつにいいんですけどね。

 まあそれはともかくとして、今回の展開は熱くて好きでした。
 夜々が雷真のもとを自らの意思で離れ、けれどそれが受け入れられずに後を追う雷真。一人身で敵の誘いに乗ってしまった雷真はボコボコにされ、あまつさえ硝子さんからは夜々を放棄すると言い残され、それでも決して諦めない雷真はカッコよかったです。まあたしかにこれに限っては正義感よりは我侭という方が強いでしょうが、雷真と夜々の繋がりの強さが今一度たしかなものになったと感じました。人間になりたいという願望に揺れる、夜々の葛藤も納得できるしね。ただめちゃくちゃめんどくさい子なんだけどね。
 そしてそんな雷真の正義感に当てられた仲間たちが、なんだかんだで雷真のことが放っておけないのが微笑ましい。特にロキね。あ、ついにロキがデレましたね! やったね雷真!! いやもうこの二人がバーカバーカと罵り合うだけでニヤニヤできます。

 そして話の裏で、小さく結末を迎えたロキのお話。
 彼女の一番の望みは確かに叶えることはできましたが、それが正しい選択だったのかはよくわかりません。実際扱いもちょっとしかなかったので、まだ終わるには早すぎる話だと思ったんだけどえらくあっさり切ってくれましたね。もっと伸ばしてもよかった気がするけど。

 ←『機巧少女は傷つかない3 Facing"Elf Speeder"』の感想へ

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

空色パンデミック Short Stories [★★]


空色パンデミック Short Stories (ファミ通文庫)空色パンデミック Short Stories (ファミ通文庫)
本田 誠 庭

エンターブレイン 2010-11-29
売り上げランキング : 3899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ①結衣、お下げ髪の純真文系少女になりきりロマンス編「空をあおげば」
 ②結衣、再び発作を起こしロボットアニメのヒロインになりきりツンデレ編「閉じた世界の片隅で、私に響くほしのおと」
 ③結衣、三度発作を起こし最強女エージェントになりきりバトル編「そして伝説は引き継がれる」
 ④メアリー、自ら薬で幼児化して景にロ●コン疑惑発生のリベンジ編「バッド・メディスン」
 ──"空想病"をめぐる悲しくも可笑しい日常のドタバタ悲喜劇集。


 普段とは打って変わって、日常分多めなコメディタッチな短編集。
 「空想病」は本編のようにシリアスにもできるし、こういったパロディを含んだメタコメディにもできるのが良い設定だなあ。緩急の付け方も大きくできるし、こういった短編集は今後も間を持つためにほしいかもしれないなーなどと思いました。
 いやー、それにしても結衣さんのいろんな面を見れて嬉しいっちゃ嬉しいんですが、やっぱりこれはちょっと痛いなw

 書き下ろし以外は全部元ネタがあって、まあ読めば誰でもわかるんですが耳すま、エヴァ、MGSになっております。結衣さんが月○雫のような夢見溢れる文学少女なったり、アス○・ラングレーのような居丈高なセカンドチルドレンになったり、ソリッド・ス○ークのような傭兵くずれの工作員になります。その結衣さんのプチ空想病を景や青井くん、セーフガードの人たちが役割を演じきって完結させるような流れです。しかしこのセーフガードたち、ノリノリである。
 そして結衣さんと張り合う役がきまって青井くんに回ってくるのですが、彼女すごい役得だよね。そして結衣さんの空想病に振り回され、その完結を担う一番重要なやくをたらい回しにされる景は一番痛い目をみるのは明らか。周りもなんだかんだで楽しんでいるし! あと青井くんやっぱかわいいな!

 書き下ろしの話はあのいけ好かない幼女所長が逆襲しにやって来ます。やっぱりここでも痛い目をみる景でした。なんか全編通して不憫だな今回の景は……。
 そしてやっと自分が女の子であると認識する青井くんが見れると思ったのに、なんかお預け状態食らったよ! いまのままでも十分魅力的なのに(いや、だからこそか?)、乙女な青井くんが見れるそのときがきたらいったいどうなってしまうのか。景もいよいよ結衣さんから鞍替えしてしまうとか……いやないか。

 そんなこんなで楽しくも空想病についての復習にもなった一冊でした。満足な短編集。

 ←『空色パンデミック3』の感想へ

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10 に参加します


 アニメ系ブログじゃないけどせっかく感想書いたから参加してみるか、ってことで「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様主催のアニメ評価企画に参加してみます。あんまり細かい点数付けるの好きじゃないんですけどね。まあお祭りみたいなもんですし、人の違った観点からの感想も見れるし。なんにしてもよろしくお願いします。

 今回は「祝福のカンパネラ」「黒執事Ⅱ」「オオカミさんと七人の仲間たち」「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」「HEROMAN」「会長はメイド様!」「生徒会役員共」「ストライク・ウィッチーズⅡ」「あそびにいくヨ!」「戦国BASARA弐」「みつどもえ」「セキレイ ~pure Engagement~」「世紀末オカルト学院」「けいおん!!」の14作品に点数をつけたいと思います。

 多分長くなるので気になる方は続きからどうぞ。

続きを読む

2010-12-06 : アニメ話題 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

僕は友達が少ない5 [★]


僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)
平坂 読 ブリキ

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ある日父・隼人から電話でよくわからない話を聞かされて驚く羽瀬川小鷹だったが、星奈にそれとなく確認してみたところ、彼女のほうは特に変わった様子もない。一応気にはなりつつも、隣人部ではいつものように残念な部員たちとの騒がしい日々が続いていく。遊園地に行ったり温泉に行ったり昨今の娯楽業界を取り巻く情勢的に危険な領域に行ったり、いろんなところにGO(5巻だけに)! 隣人部の人間関係にも変化がおとずれる、はいてもいるしはいてなくもあり、ついているようでついてない、大人気残念系青春ラブコメディ、変化と原点回帰の二学期編突入!


 つ い て な い っ て ど う い う こ と な の

 ええええぇぇえぇええ幸村マジかよおおぉぉおおおぉおおおぉおおおっっっ!!!
 正直ここで女にする意味がよくわからないんですけどつまり幸村も小鷹争奪戦に本格参戦するということなんでしょうかというかもうマジショックすぎてもうよくわかんないたしかに幸村が男だっていうのはあくまで自称だったし伏線みたいなのいくつかあったけあああとにかく衝撃でしたつうかこれじゃあただの美少女じゃんって話ですよ!!
 電車で読んでてあまりにもショックすぎて降りる駅間違えたくらいだった。
 まあ、だからといって嫌うわけじゃないですよ。今の中で隣人部では最強の美少女じゃないですか。

 まあ、それは、置いておいて……。
 今回は遊園地にいったり、夜空が乙女ゲーに挑戦したり、理科がなにかとかわいくなるお話でした。
 夜空と星奈のいがみ合いはいつも通りだったけど、ついには理科までもがそこに一石を投じるようになったりしたのが、逆に小鷹争奪戦に名乗りをあげる兆しだったんでしょうねえ。そして理科がふつうにかわいくなってるんだけど、このイメージアップはもう遅いんじゃないだろうか。だって変態だし……。
 でもって最後にもまた強い引きがあるんですが、正直幸村のことでいっぱいいっぱいでそれどころじゃなかった。

 あとなんか挿絵が全体的にエロ増量でしたね。夜空と星奈がジェットコースターでぐったりしてるところなんて、ちょっとアウトぎりぎりじゃないですか。いや、ブリキ絵は相変わらず素晴らしいですけどね。

 ←『僕は友達が少ない4』の感想へ

2010-12-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

魔法少女☆仮免許 [★]


魔法少女☆仮免許 (MF文庫J)魔法少女☆仮免許 (MF文庫J)
冬木冬樹 H2SO4

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 11748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 貴樹和貴の部屋に腐れ縁の田辺川涙が押し掛け、ふぁんしーなステッキを取り出して叫んだ。「へんっしんっ☆」――瞬間、和貴の目の前で光に包まれる田辺川涙の姿は全裸のシルエットを経て、なんというか「魔法少女」としか形容できない姿になる。……そして、和貴の不条理な日々が始まる! しかも。田辺川涙は、和貴を振り回すことになる“1人目”にすぎなかったのだ!! やがて謎の結界に丸ごと覆われてしまうこの街の中心で、和貴がとる“選択”は!?第6回新人賞佳作受賞の有望株、キラッ☆と華麗なるスタート!


 どうでもいいんだけど、サブヒロインである水粂さんの超絶理不尽バイオレンスにはドン引きした。
 ここまでドSな(もうサドという分野ですら生ぬるい)ヒロインは久々だったな……。しかもまったくデレない故にかわいげがない。さらには敬語を使いつつも常時上から目線のてんこ盛りだし、涼しい顔で数々の暴挙に打って出るし、主人公の主張や反抗などはそよ風以下。話聞かないってレベルを優に超えている。こわい。
 メインヒロインの田辺川もまあ独りよがりの部分があるけれど、水粂さんに比べればかわいいもんだ。
 そういう意味では二人ともちゃんとキャラが立っていて掛け合いもほどほどに楽しめたんだけどね。

 そんな田辺川と水粂さんがぶつかるところは魔法少女モノとして、避けられない戦い的でよかったんだけども、魔法少女の仮免許があって結局その先はなんなの? っていうのが最後までわからなかったんだよなあ。このお話で読者へ伝えたいことはなんだったんだろうか。そういうテーマがないと方向性も未知だし。
 主人公も本当にただ巻き込まれただけし、特に水粂さんの件は同情するしかない。

2010-12-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

つきツキ! [★]


つきツキ! (MF文庫J)つきツキ! (MF文庫J)
後藤祐迅 梱枝りこ

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 948

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 オレは焦っていた。ある朝目を覚ましたら、隣に見知らぬ金髪さん(巨乳)が下着姿で眠っていたのだから。金髪さん、あんたは一体なんなんだ?「私は忍さんの奴隷です」ちょ、なんだよ奴隷って……! しかもルナと名乗った彼女は行くあてがないらしく、成り行きでオレの家に住むことになってしまう。しかしどうしてこうなったのか。最近の変わったことと言えば、街中で飢えていた神を名乗るエルニとかいうイタい少女にごはんをおごったら、「お礼に守護霊を憑けてやろう」と謎の指輪を渡されたことぐらいなんだが――。第6回新人賞デビューの学園ハートフル守護霊ラブコメ!


 新人賞の中で一番MFらしいと思ったノリ重視の作品。
 びっくりするほど取り立てて事件もないちょっとエロいラブコメなんだけど、主人公がなんか変なベクトルでおもしろかった。
 なんだろうか、私的の感覚では魔王式の錦織貴が近い。たぶんわかる人はわかってくれるはず。どっちも変な妹いるしそこもあると思う。
 キャラの掛け合いのセンスは感じたし、こうキャラに頼る分野では強いと思う。あとはストーリーにちょっとでも山場を盛りこんでくれれば良かったんだけど、全然感じなかったからな……。
 まあ細かいことは気にするな系の潔いラブコメなので、そういう成分をちょこっと補填したい人向けかもしれない。

2010-12-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

社会的には死んでも君を! [★]


社会的には死んでも君を! (MF文庫J)社会的には死んでも君を! (MF文庫J)
壱日千次 明星かがよ

メディアファクトリー 2010-11-20
売り上げランキング : 1098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 薩摩八平には呪いがかかっている。その名も『ラブコメ現象』――それは呪いじゃなくて祝福だろ! と言われそうな、ちょっとエッチなハプニングが起こってしまうのだ。元凶(?)は八平に憑いている幽霊(らしい)、香月。八平以外の人間には見ることも声を聞くこともできない香月と出会って以来、八平の生活はラブコメ現象によってさんざんなものだったが、それでも八平は香月と出会えたことを後悔していない。なぜなら、香月が美少女だから。見えない女の子と喋るイタい男と思われても、ヤンデレ同級生に迫られても、美人な姉にストーカーされても、香月に触ることができなくても!「それでも君を○○!」一途でまっすぐな八平の、アンチラブコメ生活!


 アンチラブコメの皮を被ったラブコメだった感が否めないけど、まあ素材は悪くはなかったと思います。
 それにしてもラブコメ現象とはいったいなんだったのか。これなくてもいいだろ、とまでは思わなかったけどきっちり起源とかは明確にしてほしかった気がする。まあ香月と仲を深めるために必要だったし、二人をつなぎとめているのも実際この現象なくしては成立しないのでそこまで無下にする点はなかったです。

 ラブコメ現象のおかげで、対女の子スキルが上がっていると思ったんだけど、全然そんなことなくてむしろうぶな主人公・八平はみていてなんだか逆にかわいかった。羨ましいとも思ったけどラブコメ現象の実態を知ってしまうとそんなに気楽なものでもなかったり。というか本当にいつお縄についてもおかしくないからなw
 そう考えると主人公に近づいているヒロインたち――微妙に病んでる子だったり、ストーカー気味の姉だったり、素直でかわいい生徒会長だったり、みんな寛大なんだな。後者以外は邪な理由がややあるけども。
 しかしなんといっても八平に一途な幽霊少女・香月のかわいさが群を抜いていると思うんです。
 八平も八平で、わざわざ人間大砲に挑戦してまで自分から離れていってしまった香月を探そうとするし、すれ違ってるけど相性いい二人だよね。香月が自分は幽霊だから八平になにもしてあげられない、でもずっと側にいたいってところの葛藤だったりもちゃんと描かれていてよかった。

 まあ全体的にありふれたラブコメと見て取れてしまうのは、仕方ないかもしれない。
 このラブコメ現象を今後どう料理するかに、この作品の舵がかかってると思う。

2010-12-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ドラゴンブラッド [★]


ドラゴンブラッド (MF文庫J)ドラゴンブラッド (MF文庫J)
伊上 円 一葉モカ

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 143522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 天音櫛秋良、16歳。真っ白な髪の毛とちょっと目付きが悪いことを除けば、いたって普通の高校二年生だ。今日も真面目に、とっつきづらい同級生の藍さんと一緒に授業をサボっている。ところで、この街で起こっている怪奇事件。これを解決せよ、とある友人に依頼された俺は、夜の繁華街に情報収集に出た。そこで出会ったのは――。「偽者発見。私は覆面」ネコ耳型のフードを被り大鉈を振るう、謎の少女だった! 過去に魔神と契約し、雷撃を操る俺は「平凡な」日常を取り返すため戦うことになる。血よ、吼えろ――。第6回新人賞受賞、異色の作風を持つ新進気鋭作家デビュー!


 MFにしては珍しい血なまぐさい真っ当な異能バトルモノ。そのストレートさは好きです。
 殺人鬼と呼ばれるほどはあって、ヒロインの壊世はいい感じに頭おかしいし変な喋り方だし、藍さんも藍さんでなんか秘密組織の人間だけあってキレてるキャラだな。ただ主人公の能力だけはチートすぎると思った。制限あるっぽいけど別に大したもんじゃないしなあ。あとどうでもいいけど吐血しながら喋り過ぎだろう。

 まあキャラ自体は良かったんですけど、各々の戦う理由がすごい曖昧。肩書きにしたって終盤に行くほど、結局殺人鬼とか名ばかりで付属品みたいだったり、WHOの存在意義も結局なんだったのかもよくわからなかった。ストーリーも一本道な潔さはいいんですが、最後の戦いだけは超展開すぎてなにがなんだか。なんかいきなり覚醒したし……。
 作者さんが本当に書きたい物だけが形になった感じだった。展開も早めだしもっと間を置いた方が受ける印象も違った気がする。

2010-12-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ふぉっくすている? 1本目 [★]


ふぉっくすている? 1本目 (MF文庫J)ふぉっくすている? 1本目 (MF文庫J)
冬木冬樹 犬洞あん

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 16765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ちょっと迂闊な普通の高校生・清原凪の目の前に、白無垢を着た長い金髪の女の子が現れて涙目でにらんでくる。「招待状は確かに送った。正装もこちらで用意している」……凪のせいで縁談が破談したという幼狐の橘が、その恥を雪ぐために凪に自分を娶れというのだ。「貴様のせいでは私は群から追放され生涯を処女で過ごさねばならんのじゃぞ!?」「ちょっ!?」――九尾の狐であることを捨て、いまは律儀に人間をやっている清原凪が「普通の高校生」を続けるには!?第6回新人賞佳作受賞作。カゲキなラブコメ戦、はじまる!


 テーマは一貫していて良かったのですが、それが伝わりにくい印象を受けました。

 人間に化けた妖狐の主人公・凪がキツネの嫁入りに遭い、橘という妖狐を娶らなければならなくなる。もし嫁にしなければ橘という妖狐の存在意義はなくなり、孤独死するしかない。さすがにそれでは寝覚めが悪い凪、しかし自分が人間であることを強く貫く彼がその狭間で揺れるお話。
 凪がここまで人間であることに固執している理由には納得できるんですが、行動がいまいちそれに伴っていない気がするんですよね。そのおかげでこうも繰り返し彼が人間であることを読者へ伝えようとも、後半はだんだんその意味が弱くなってしまっている印象が残りました。話自体に筋は通ってるんだけど、もうちょっと主人公の動きをどうにかできなかったんだろうか。

 それに加えてキャラに全体的なまとまりがない。
 物語を通してテーマを伝えるのは作者ではなく、あくまで作中のキャラクターです。そのキャラクターたちが印象に残りにくいと、そこら辺も薄れてしまうんですよね。バリエーションには富んでいるけどもっと個性を出しても良かったと思う。
 その中でも橘は乙女なかわいらしさがあって、いっそ凪といちゃいちゃにしてるだけでもいいんじゃないかというほど。

2010-12-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

変態王子と笑わない猫。 [★★]


変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
さがら総 カントク

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった! 人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん?第6回新人賞<最優秀賞>受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ!


 納得の最優秀賞といった感じ。MF文庫はまた新たな武器を手に入れたわけだ。
 いやホントおもしろいだけじゃなくて上手いんですよこの作家さん。思わず感心してしまうほど。

 建前ばかりの主人公・陽人がその建前を失い、表情豊かだったヒロイン・月子が本音と感情を失い、お互いに欠けてしまったものを補いながらそれを取り戻すというお話。もともとエロ妄想が大好きだった陽人が、本音ダダ漏れとなったおかげで爽やかな変態になるまでは時間はかからず、それを無感情で諌める月子とのやり取りがいい感じ。というか本当にこいつ変態だけど小豆梓の件もあって役得だよなあ。しかしそのリスクとして出番外の女子から害虫扱いされるのは大きいがw まあでも逆に本音が露になったことで、ここまでの行動力を示せるようにもなったのかな。なんだかんだで熱い部分もあって好感的。

 それからメインヒロインの月子が無感情になってからも、魅力的に書けてるというのはすごい技量だと思いました。だって怒ったり、笑ったり、泣いたりしないし、それらが表情にも出なくなるので、やたら冷たく感じるセリフからでしかその感情の断片が窺えないのに、「とってもかわいい」と思えるほど全然メインを張れてるヒロインになってる。単に出番が多いってのもあると思うけど、これセリフ回しとか実はすごい考えてるんじゃないかなあ。この無感情さを陽人が緩和させているから、月子の存在もまた映えているのかも。
 そしてこのいいコンビなのかそうでないのか曖昧な二人の本音と建前でしか計れなかった関係性が、進退を繰り返しながらいつの間にかかけがえのないものになっているんですよね。そこら辺の心情の変化の機微がとても上手な印象を受けました。この人は今後もキャラ小説と呼べるジャンルに置いて強い気がする。

 そして最後は月子の姉ちゃんと月子の確執がなくなる展開で、お姉ちゃんの性癖にびびりました。
 いや姉妹仲がいいことにはなにも問題ないんだけど、それでもこんなやつだとは思わなかったw
 続きもあるみたいですし、楽しみなシリーズになりそう。おもしろかったです!

2010-12-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神と奴隷の誕生構文 [★]


神と奴隷の誕生構文(シンタックス) (電撃文庫)神と奴隷の誕生構文(シンタックス) (電撃文庫)
宇野 朴人 きくらげ

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 209925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 翼をもつ民からの侵略を受ける有角種。君主セレィのもと、奮戦するも既に戦局は深刻化の様相を呈し、有角種は滅亡寸前の状況であった。
 しかし一人の若者が戦場に舞い降りる。自らのことを『若き神』と称する彼が、ここにやってきた目的はただ一つ。翼の民に加担し、異世界より来る『歴史を改変する者』を打ち滅ぼすためだった。
 世界を自らの理によって律しようとする強大な勢力に、一人で立ち向かおうとする『若き神』。その双眸には秘めたる決意が映っていた。
 神と奴隷の誕生秘話に迫る、期待のハイ・ファンタジー、いよいよ開幕!


 戦記、SF、ファンタジーが一緒くたになったようなハイファンタジー。
 序盤はクルァシンとセレィの会話が軽妙で油断していたのですが、いまどき珍しいキャラありきではない堅実なファンタジーテイストで終始気を抜けないお話でした。

 有翼種と有角種の対立する中、不利な戦局に陥り滅亡寸前だった有角種に突如として現れた救世主、若き神を自称するクルァシンがやってきてから物語が動きます。このクルァシンがまあ見た目若いあんちゃんで、神を称するのが胡散臭くなるほどの人間味を併せ持つやつなんですが、いざ戦となると有角種を引っ張る存在にいつの間にかなっている。さすが神ってほどはあるスペックと叡智の持ち主だった。
 彼の世話役であるメリェとのやり取りは正直ニヤニヤものなのですが、この神はよっぽどの甲斐性なしなのでメリェの扱いがなんだかひどいようなそうでないような。

 でまあこのクルァシンが実は元人間だったということなんですが、なんかそこら辺はいきなりだったなー。いきなり現代っぽくなったのはびっくりした。そして有角種を率いる王セレィが有翼種でもあったりと、なんか一筋縄ではいかない状況に。
 展開が早いって感想をよく見ますが、まあそれは私も感じたことで、かなり設定詰め込まれているから展開も早いとどの要素も色々薄味になっちゃう気がするんですよね。でもその設定の多さと、戦記ファンタジーとSFの境がいい塩梅になっているし、これが個性としての武器になれば強みになるんじゃないかなと思います。

 なかなか面白いものを読ませていただきました。次もなるべく早く読もう。

2010-12-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。