アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今週の感想録 8ページ


 3月もあと3日で終わるし、一年の4分の1がもう過ぎようとしているし、時間の流れってホント早いなー。
 もうすぐ桜の季節だというのに、まだ寒気は落ち着きませんし大変です。朝起きてもそのままぼーっとしてることが多いし。まあこれは元々朝は低血圧な体質なんで季節関係ないですけど……。

 それでも今日の日中は暖かかいし、外に出なきゃもったいない天気だったので気分転換がてら飼い犬の散歩にいってきました。自分の家の犬の散歩は初めてだったのですが、特にこれといった気構えはなくさっさとリードを付けて家を出る。とりあえず近場でいいかと徒歩十五分くらいで着く公園という目指して出発。うちの犬は他の人や犬に吠えたり、トイレもあんまりしないんですが、寄り道しまくる。まず落ちてるたばこは食う。木の枝も進んで食う。5歩に1歩は立ち止まって自慢の鼻先でそれらを探す、という牛歩並のスピードで前途多難。
 これはいかんと、「私がお前の主だ! お前の歩く道は私が決める!」と主従の優劣を決するために引きずってでも歩く→犬が負けじと先陣を切る→こちらも負けるかと走る→犬が急に立ち止まる→子犬に引っ張られてたたらを踏む――を繰り返して、だいたい往復で2時間くらいかかりました……どうしてこうなった……。ま、まあ運動不足だったしちょっとした運動には良かったんじゃないかな。うん……。
 まあこれに懲りずに暇な日はちょいちょい外につれてってあげようと思います。

 そういえば話には前から聞いていましたが、ついに平和さんから直にラノサイ杯に関してのお知らせが告知されました。もしかしたらなくなってしまうのは、私もこの企画を毎回楽しみにしていたので残念です。今まで運営の方お疲れさまでした。新しい本と出会えるきっかけを作ってくれたのは常にこの企画あってのことだったと思います。

 それでは今週のおしながき。

 ・氷結鏡界のエデン6 水晶世界 [★★]
 ・アカイロ/ロマンス3 薄闇さやかに、箱庭の [★]
 ・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 [★]
 ・お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ2 [★]

続きを読む

スポンサーサイト
2011-03-28 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ごめんねツーちゃんを読んで思ったこと


 
ごめんねツーちゃん  ‐1/14569‐ (富士見ファンタジア文庫)ごめんねツーちゃん ‐1/14569‐ (富士見ファンタジア文庫)
水沢 黄平 村上 ゆいち

富士見書房 2011-03-19
売り上げランキング : 3548

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ツバサとイヴ。二人との出会いは、いつもの夏を忘れられないものにしてくれた。それは少しややこしく、少し哀しい気分にさせられるものだったけれど--。高2の夏。まぎれもなく、オレは、1/14569の彼女と恋をした。


 ものすごく不思議な本に出会ってしまった感じがした。
 読書メーターを見てみても、まだ読了数が少ないにもかかわらず、おもしろいほど意見が真っ二つになっていて、しかし「これは名作だ」「これは駄作だ」というどちらの意見もよくわかるという今までにない気持ちになれた。
 一言で言うなら個人の読み方によって物語の意味が違って伝わっている気がした。というよりも、この本を読んで得るものの差が人によって激しいんだな、というのが正しいかもしれない。
 もしかしたら、あなたにとって大きな意味となる1冊になりえるかもしれません。でもそれは読んでのお楽しみ。

 私個人の感想では、正直この物語の意味は理解することができませんでした。
 なんというか全然テーマ性が伝わってきません。ラブコメのはずなのに、ナオがなんでイブに好意を向け始めたのかもよくわからなかったし。そこはツバサじゃないのかって思いました。あとユキムラの死にはいったいどういった意味が込められたのかも、そもそも死ぬ必要があったのかもよくわからなかった。
 始めから終わりまですごく曖昧模糊としてるんですよねー。作者の意図する落とし所が私たち読者が望む形と大きくズレてしまったんだろう、というのが一番要因かもしれない。でも言葉や理屈なんかじゃ理解することができない、もやもやとしている青春模様があって、「サンタはオフになにするの?」というような一見意味のない掛け合いだったり、学校での各々の風景だったり、そんな若かりし1ページ1ページがこの物語ですごく重要な部分になっているのはよくわかる。
 というように、この物語を構築する青春らしい雰囲気はすごく好みであるのは間違いないんですよ。しかもそれを最後まで裏切らなかったと言ってもいい。冒頭部分もキャッチーだと思うし。けれどこの物語で伝えたいものがわからなかったって感じですかね。もし作者がこれを狙ってやってたらある意味天才なんじゃないかと思います。

 そして一番の謎はサブタイの「ごめんね」は果たして誰から送られたものなのか。
 ツーちゃんはたぶんツバサのことだと思うのだけど、やっぱりワダツミトーコから一度守ることができなかったイブの言葉なんだろうか。それは安直すぎるかなー。
 十分魅力には富んでいるんだけどそれをすべて伝えきれていないところが、やっぱり難だと思いました。
 いつもは評価の目安で★を付けるんですけど、これはちょっと自分でもどういう位置についているのかよくわからないので、あえて付けませんでした。それほどの印象は残りましたけどね。

2011-03-24 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 7ページ


 そんなわけで昨日の前フリ通り、今週の感想です。
 というか大分間が空いてしまった……。日曜に書くのが一番キリが良かったのに。

 ・シオンの血族2 魔王ミコトと九十億の御名 [★]
 ・新約 とある魔術の禁書目録 [★★]
 ・丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ [★★★]
 ・デート・ア・ライブ 十香デッドエンド [★]

続きを読む

2011-03-24 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

魔法少女になって魔女になった


 久々に日記オンリーにしておきます。いつもの読書の感想は明日にでも。

 20日は久しぶりにリッパーさん主催のラ管連ボドゲ会に行ってきました。
 ここんとこ地震でドタバタしてて、神経も擦り切れそうだったんですが計画停電とかもなくて無事にたどり着けてよかった。なにはともあれ久々に「遊ぶ」ということをやったような気がしました。常連のみなさんの元気そうな顔を見れただけでもよかったですね。

 プレイしたのは「LINQ」「世界の七不思議」「チケットトゥライド」「クク」「人狼」だったかな。タイムラインでなにかと話題を呼んでいた「世界の七不思議」は初プレイだったんですけど、これすごいおもしろかったです。勝ち筋がたくさんあるし、何人でやろうがゲームスピードは変わらないし、1戦がお手軽だからみんながハマるのもわかるなー。建物重視、発明重視、戦争重視と色々戦略が増しそう。
 人狼は新役職であるまどかマギカでおなじみのQBさんが今回は参戦。
 夜のターンに一人を指名し、その人を以後魔法少女と扱い(占いでは黒判定)、その人が吊られたり人狼に噛まれたりすると魔女化して誰かを道連れにする。そしてQBは新たな魔法少女を選択し……というのを繰り返して、4人の魔法少女の退場がQBさんの勝利条件となります(プレイ時は21人だった)。
 私は変な動きをする必要のない安定の村人だったんですが、キューピットによってかねぴーと恋人になってしまいました。まあそれでも早々吊られはしないだろうと余裕をかましていたんですよ。そしたら2日目にかねぴーが占い師を騙ったあとに狂人をカミングアウトするという、大胆な策をやり始めたもんだから内心穏やかではありませんでした(戦略としてはありなんですけど)。おい早まるなって思いました。ていうかよく考えたらあそこででるたんをターゲットにしたから信用度的に落とされたんじゃないですかね。
 で、かねぴーが釣られて恋人である私も退場となったんですが、なんとQBに魔法少女にされていたらしくて結果魔女化。そのまま目についた秋山さんを道連れにしたあとも、コモリさんがヴァンパイアに噛まれて死亡、そしてそのカップルであるでるたんも道連れという、1日にして5人消えるという意味分からん事態になりました。なんというスピードゲー。
 というわけで今が旬の新役職もほどほどに威力を見せつけたところで、結果的には村人側の勝利となりました。まだ調整の余地がありそうなので、次回もこの役があるのかわからないけどまたやってみたいなあ。

 そのあとの飲み会もいつもどおりでひどかったです。某三人組のおかげですね、はい。少女マテリアルを過半数読んでるって意味がわかりません(18歳未満はググってはいけないよ☆)。
 あとはなんだろう、シスプリとかで盛り上がってたっけ。私はシスプリ全然知りませんけど、端から見ててもめちゃくちゃ笑えました。みんな画面の向こうの妹のために必死ですね。でもシスプリってべつにそこまで世代格差じゃないから機会があれば観てみたいかもしれない。その機会は訪れるのかはさておいて。
 というわけで久々に楽しい一日でした。ホントに家が遠いから終電が早いのが惜しい。

 そういえば今年のFlowering Nightのチケットも買いました。といっても金銭事情的に1日目だけなんですけど。それでも超本命の岸田教団と、CDだけは買い続けてるC-CLAYSが出るらしいのでとっても楽しみです。ホントは2日目も行きたいんですけど……! 地震の影響がここに来て響いてる。

 相変わらず更新速度が一気に低下していますが、細々とやっていく所存です。本はちゃんと読んでるんだけどね。
 それからコメントで「管理人さんってもしかして女性の方ですか?」的なことを聞かれたので、いい機会だからハッキリとお答えいたしましょう。
 私は男です。いいですか、男ですよ! モブ系男子ですよ!
 というかガチで今でもネット上では女性と勘違いされるんですが、なにが原因なんだろう。こんなにラノベ読んでて定期的に感想上げる女子がいたらむしろこっちが教えてほしいです。教えてください。
2011-03-23 : 徒然 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 6ページ


 東北地方太平洋沖地震から3日が経とうとしています。被災者のみなさんの無事を祈るばかりです。
 私は地震当時は家にいて、これまでの人生でかつてないほどの揺れで本当にびっくりしました。初めて避難訓練以外で机の下にもぐりました。怖さより驚きの方が強かったです。震源地は遥か北だというのに、関東までここまで大きな地震が届くんですね……。
 それからすぐにテレビを点けて状況を確認。最初はマグニチュード7.2だったのがいまでは9.0という大惨事になっています。それからリアルタイムで津波が仙台を飲み込む映像を見ました。いったい何が起こっているんだと目が点になるほどの衝撃でした。いやほんと地震より恐ろしい映像でした。とどまることのない余震にひたすらびびっていました。
 家族や友人の安否をとったり、バイト先ももちろん営業停止でてんやわんや。そしてこれからも電力不足のために計画停電が4月いっぱいまで関東で実施されようとしています。それほどの深刻な状況なんだと嫌でも思わされます。
 私個人が被災地にできることは限られています。なので、せめて自分のこととその周りだけはきちんとしようと思います。

 色々考えさせられることもありますが、ここで言っても仕方のないことですし、私はこれより感想の通常運転をしますかね。いつもどおりを努めることが、いまの最善だと思っています。
 それでは今週のおしながきです。

 ・この中に1人、妹がいる!3 [★]
 ・ゴールデンタイム2 答えはYES [★★]
 ・ひがえりグラディエーター [★★]
 ・今どき、女中で奉公って!? [★★]

続きを読む

2011-03-14 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

特急便ガール! [★★★]


特急便ガール! (メディアワークス文庫)特急便ガール! (メディアワークス文庫)
美奈川 護

アスキーメディアワークス 2011-02-25
売り上げランキング : 40607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  上司をぶん殴って一流商社を辞めた元OL、吉原陶子。同僚のツテであるバイク便運営会社に身を置くことになるが……職場の人々はとんでもなく個性的なメンツばかりだった!
 常に寝ぐせがついたままの社長・如月。強面で口の悪い“人間カーナビ”・菅野。少女趣味な女性ライダー・さおりん。そして、宣伝部長・大谷さん(オカメインコ)――。若干引きつつも長距離の荷物を手持ちで運ぶ「ハンドキャリー便」担当として仕事を始めた陶子だったが、あるときそんな彼らの個性をも凌駕する「ある能力」を身につけてしまい――!?
 荷物をめぐって東奔西走! 異色のヒューマンドラマ。


 まず書店でタイトルに惹かれて手に取って、次いで著作名が「ヴァンダル画廊街の奇跡」と同じ作者だと知ったときにはレジに持って行っていました。たしかにMW文庫の方がうけそうな作家さんだなーとは前作から思ってはいたものの、ここまではまるとは自分でも思っておらず、楽しく読めてしまいました。

 上司を殴って一流商社の秘書課を辞めた陶子。せっかくのエリート街道まっしぐらな道を自ら閉ざしてしまうことになってしまい、途方に暮れる彼女に元同僚からとあるバイク便のベンチャー企業を斡旋される。常時マイペースの社長・如月、一見では裏社会の住人・菅野、二面性のある永遠の十八歳・沙織、そして部長のオカメインコ・大谷さん。そんな一癖も二癖もある社員たちに翻弄されつつ、ハンドキャリー便として初日から荷物を届けさせられる羽目になるが――って感じの導入部で物語は進んでいきます。
 陶子自体結構強気でサバサバしてる性格なので、初日から意地張ってつい振られる仕事に応えてしまいますが、そこでハンドキャリー便として彼女が目覚めた力にはびっくりしました。微妙にSFっぽいのかそうでないのかわからない設定ですけど、なんだか不思議と陶子にぴったりな力でしたね。この力を軸にして紡がれる物語もちょっぴり切なくてほっとするようなお話が続いてその余韻も大変よかったです。
 前作でも思いましたけど、やっぱりこの作者さんの「人と人との出会い・縁の描き方」がすごく好きだなーと自分で思いました。依頼主とはもちろん今まで無関係だったし、事情に深く踏み込むこともしません。それでも、その届ける品物をめぐる人と人との想いや繋がりを客観的な視点で見る陶子が、もどかしながらもちょっと後押ししてみたりと、物語に動きとドラマを与えてくれます。個人的にはヴィオラのお話が好きです。

 キャラも個性的な人が多くて楽しかったですし、社内にも会社を立ち直らせる熱いドラマがあったりと、応援したい気持ちがいつの間にか芽生えていて不思議な感覚でした。恋愛要素はあまりなかったけど。
 これで完結でもすごくきれいですが、続編があったらぜひ読みたいですねー。

2011-03-13 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 5ページ


 今週のおしながき。残りのえんため大賞受賞作など。
 ここ最近はライブに行ったり放浪息子展に行ってたりと割とアクティブに過ごしていた気がします。自動車の免許も1月に取ったし、家の車もあるので色々見に周りにドライブしたいんですけどねー。今は時間がないんですねー。

 まあネタもあまりないので今期のアニメの話でもしますか。
 早いものでもう3月。今期のアニメもほとんどが残り3週となりました。そんな中で私が今期一番好きなアニメは、上にもそんなことをほのめかすことを書いていますが、放浪息子だったりします。
 実はアニメの影響で原作の既刊をすべて揃えてしまう、ということを3年前の春アニメ『紅』からやっていなかったのですが、ついに解禁されました。もちろんこの三年間でおもしろいアニメはそれなりに観てきたと思いますが、アニメというメディアで満足してしまうか、すでに原作を読んでいるかのどちらかでした。しかもこれほどまでにこの放浪息子という作品が自分の中で大きくなっていっているのは、正直なところ自分でもよくわかっていません。今期の話題はほとんどまどかマギカとISの双璧状態なので観ている人自体も少なさそうだというのに。
 で、この放浪息子を観ていて、自分がなにに惹かれているのか真面目に考えてみた結果、たぶんこの人間模様を端から見ていて必要以上に楽しんでいる節があることに気づきました。ニ鳥くん、千葉さん、高槻くん、佐々ちゃん、お姉ちゃん、安那ちゃん、マコちゃん……エトセトラ。多感な思春期の代名詞である中学生のみんなが、自分がどうあるべきか、どうしたいか、どうすればいいのかを考えて、試して、時には失敗して、関係がこじれちゃったりもしちゃいます。
 それを見てニヤニヤするほど私は趣味も悪くないですが、特にヒロイン格の一人である千葉さんというキャラがかなり不安定です。まだ中学生なのにお前もうなんなんだよってくらい面倒くさいです。一方で恋は実らないという不遇っぷりにもめげない、強かというよりは図太い精神の持ち主なのですが、その想い人であるニ鳥くんと向き合ってるときとそうでないときとのギャップが激しすぎて、時にはそれだけで笑えてしまいます。でもめちゃくちゃかわいいです。高槻くんも好きなんですけど、こうなっちゃうと千葉さんを意地でも応援したくなってしまうほどかわいいです。それが言いたかっただけです。

 うん、なんかここまで書いてふとリアルタイムプレビューを見ると上の文章に「長っ!」と思ってしまったのでここまでにします。またなんか書きたくなったら書きます。
 そんなこんなで前座が長くなりましたが、以下からはやっと感想になります。

 ・ゼロの使い魔20 古深淵の聖地 [★]
 ・剣の女王と烙印の仔Ⅶ [★★]
 ・犬とハサミは使いよう [★]
 ・魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢を見る [★]
 ・魔術師たちの言想遊戯Ⅰ [★★]
 ・ひきこもりの彼女は神なのです。 [★]

続きを読む

2011-03-07 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ムシウタ11. 夢滅ぼす予言 [★★★]


ムシウタ   11.夢滅ぼす予言   (角川スニーカー文庫)ムシウタ   11.夢滅ぼす予言   (角川スニーカー文庫)
岩井 恭平 るろお

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-26
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “虫憑き”を管理する最強の中央本部が侵略され、赤牧市が正体不明の霧に包まれた。史上最悪の事態の真相を確かめるべく、単身赤牧市に潜入したかっこうは、不完全な“虫”に襲われている少女を助けるが――!?


 やばいよやばいよーテンション上がってきたよー!! 満を持してかっこうさんのピン表紙!
 約一年ぶりの新刊にも関わらず、怒涛の展開の連続、驚きの伏線回収。あの原初の三匹の成り立ちがついに明らかに。そして待ちに待った大助メイン回。

 突如不可解な霧に包まれる赤牧市。その調査に向かうべく、単身赤牧市に乗り込むかっこうこと大助。そこで出会ったのは、予言をもたらす少女と不完全な“虫”。調査のために少女に同行して不完全な“虫”を追う。その道中で出会う人々が、まさかあの人たちだったなんて。驚きはそれだけにとどまらず、岩井先生らしいちょっとズレた女の子・ミッコがまさかあの人だとは思わなくて背筋が凍った。泣きぼくろなかったらそりゃ気づかなかったわ。
 しっかしここにきて一玖、そして一之黒の名前を出してくるなんて思ってもみませんでしたが、よくよく考えたらこの最終局面に絡まないわけないですよね。なんのためのbugシリーズだって話ですよね。だって、あの子がまったく動かないわけないもんね。復活……するんだよね?

 そして過去から戻ってきた大助を待っていたのは原初の三匹がひとつ、“浸父”だった。
 特環、そして詩歌率いるむしばねが、今結託して特殊型“虫憑き”の生みの親を打倒する! 精鋭たちが持てる力を出し尽くす、“浸父”との戦いはとても熱かった。霞王とか千莉とか有夏月とか懐かしい人がいっぱい出てきたし。あと鯱人がすごいかっこよかった。獅子堂戌子の彼氏だ! ってところとかマジ惚れる。
 それでも“浸父”の強大な力の前で全滅のピンチに追いやられてしまう一行。ふゆほたるの体までのっとられてしまい、大助の唯一にして最大の弱点が否応なく現実に突きつけられる。
 自らを犠牲にしてふゆほたるを救い、倒れる大助。そのまま終幕――という流れだったのですが、最後の魅車のセリフには予想外すぎて一瞬ついていけなかった。まさかのラスボスです。え、あの子がなにやらかしたっていうの。なにぶん好きなキャラなだけに気になります。早く続きを!

 いやもうすごい勢いでクライマックスに近付いているのはひしひしと伝わってきました。
 ついに次回が最終決戦という完結くさいのですが、果たしてあの人とかあの人とかあの人とかどうなるんでしょうか。というかあと1冊でこれまでのすべてのキャラを描くことはできないと思うんですがね。
 なんにしてもすごく楽しみです。超おもしろかった。

 ←『ムシウタ10. 夢偽る聖者』の感想へ

2011-03-03 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ベン・トー7 真・和風ロールキャベツ弁当280円 [★★★]


ベン・トー 7 真・和風ロールキャベツ弁当280円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-10)ベン・トー 7 真・和風ロールキャベツ弁当280円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-10)
アサウラ 柴乃 櫂人

集英社 2011-02-25
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、ひょんなことから未曾有の経済危機に陥り、『変態』の二つ名を体現する日々を送っていた。そんなある日修学旅行で槍水が不在になる間、佐藤は彼女の縄張りであるスーパーを託されることに。しかし槍水と入れ替わるようにHP同好会に烏頭みことと名乗る美人OGが現れ、佐藤は彼女に翻弄されてしまうのだった。烏頭はかつてHP部が解散するに至った原因は槍水にあると告げるのだが――。毒を食わらば皿まで!「狼」の誇りを持って落とし前はきっちりつけろ!庶民派シリアスギャグアクション第8作!


 祝アニメ化! 動く狼たちの饗宴が今から楽しみです。あと茶髪のキャラデザインが!
 相変わらずのクオリティを発揮しつつ、毎回違った局面を見せてくれますねー。
 いやもう今回も最高に笑えたし、変態だし、熱かった。特にオルトロスこと沢桔姉妹と茶髪がかっこよすぎ。こいつらがウルフズベインの毒に侵された佐藤に発破かけるところとかホントいい。というか梗の方がこんなに佐藤のことを好きだと(そのベクトルは様々だけど)思わなかった。微妙に名もなき狼のメンツ増えてきてるよね。ウルフヘアは茶髪くらいのサブヒロイン格まで上り詰められるのか。今から楽しみです。

 HP同好会のOG・烏頭みこと。
 かつて解散に追いやられたというHP部の過去が明らかになりましたが、まさかホントにただの嫉妬だとはな。あくまで原因のひとつをになっているだけでまだなにか隠されてそうですけど。そりゃあ槍水先輩が語らないわけですよ。あの先輩がこんなこと言えないでしょう。
 いやでもまあ愛憎なら仕方ない部分もあるとはいえ、烏頭さんの攻め方はすごいいじらしい。悪く言えば陰湿。しかも狼としての攻め方も今までになかったタイプですね。ナックラヴィーという似たようなものがあったとはいえ。正直そういう戦闘スタイルって本当に通じるのかって疑問なんだけど、何人も再起不能にしてるあたり実力自体も非常に高いんでしょうね。いやしかし黒スト眼鏡ってえらいピンポイントですね。かっこいいし、かわいらしいけども。

 我らが佐藤の変態ぶりも通常営業。白粉分も通常営業。
 安定の石岡くん、霧島くん、内本くん。特に修学旅行の話と置き勉の話は死ぬほど笑った。
 佐藤も十分変態だが、なぜこいつだけおいしい思いをしているのだろうか。主人公補正め。あと槍水先輩が修学旅行でいなかったので、白粉とのからみがいつもより増し増しだった気がする。ホント白粉大先生はぶれないなあ……。
 あと思わぬところで白梅一家のご登場。お泊りイベントこそなかったものの、あの白梅様の家庭での一面を見れたことはファンとしても嬉しい限りです。そして恒例の今回の白梅様。
「先ほどのは佐藤さんが無理やりやらせたに決まっていますよね。人がいい白粉さんはイヤイヤ……。これはもう、怒ってもいいですよね?」
 ※佐藤はすでに脇腹を蹴られて吹っ飛んでいます。
 あ、あと佐藤とかその周りの変態たちと同じように白梅父が虐げられているのは意外……でもなかったですね。まさか自らの父親にも手を上げるとは。アニメでも白梅様の暴虐の数々が拝めると思うとぞくぞくします。

 いやあ、もう佐藤が再び烏頭さんと戦うところからは息もつかせぬ展開で熱かったし、おもしろかった。続編も大いに期待。

 ←『ベン・トー6 和栗おこわ弁当310円』の感想へ

2011-03-02 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。