アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今週の感想録 12ページ


 今日バイトの休憩でついったー見てたらとんでもなくショックな情報が流れてきました。
 というのも、既にご存じの方もいると思いますが「青葉くんとウチュウ・ジン」「えむえむっ!」の作者である松野先生が急逝したということ。その訃報がMF文庫の公式ページに載ってて、本当に亡くなってしまったのかと疑う余地もありませんでした。
 特に「えむえむっ!」は私が高校生のときから追っていた良い意味でくだらなく、いろんなドタバタでたくさん笑わせてもらった思い入れのある作品です。あの空気は松野先生でしかあり得ませんでした。物語はかなり佳境に入ってきていましたが、未完で終わってしまうんでしょうか……。もうほんとショックでショックで……。
 心よりお悔やみ申し上げます。楽しい作品を今までありがとうございました。


 さて、かなり重い出だしになってしまいましたが、切り替えて今週の感想にいきます。

 ・問題児が異世界から来るそうですよ? YES!ウサギが呼びました! [★]
 ・Re:4 バカは世界を救えるか? [★★]
 ・ニート吸血鬼、江藤さん1 [★]
 ・電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 [★★]

続きを読む

スポンサーサイト
2011-04-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 11ページ


 また地震の頻度が上がってきていて毎日びっくりしてます。ホントこわい……。
 そろそろ関東でもでかい地震がいつきてもおかしくないんですけどね。それを想像すると縮こまってしまいます。

 まあ地震の話題は置いておいて、今期のアニメがほぼ出揃いました。
 そのうち観てるのがなんと26本。前期からのGOSICKを入れれば27本。さらにハガレンとか夏目の再放送も録っているので、合計で1日4本近くアニメ観てることになりますって嘘だろおい。さすがにありすぎだろう……と言いつつ保健体育とか変ゼミは15分編成なのですが。
 さすがに絞りたいなーとは思うんですけども、今期おもしろいの多いんですよね。観ても観なくてもどっちでもいいやって方が少ない。さて6月までに何本残るかなー。
 一応自分の中では「TIGER&BUNNY」「日常」「あの花」が今の三本柱ですかね。
 タイバニは真っ当なおもしろさが堅い。虎鉄かっこいいし、あとやっぱりスポンサーのインパクトがでかい。
 日常は原作読んでないんですけど、びっくりするほど笑える。京アニらしくないって言ってたやつ誰だよ。全然おもしろいよ。
 あの花はこの先がすごく気になる的な意味で。めんまが自分が死んでることをちゃんと自覚してるのが、どう物語に影響をあたえるのか楽しみです。

 そして今週の木曜にはいよいよまどかマギカが最終話まで一挙放送されます。
 27時から10,11,12話の放送ということで社会人の人にはかなり厳しい時間帯になってますけど、たぶんそんなの関係ねえって人も中にはいるのではなかろうか。せめて金曜にやればよかったのにね。
 どう転んでも悪い方の結末しか想像できないので、果たしてそれが覆されるラストとなるか期待です。もしかしたらアニメ史に残る1時間半になるかもしれない。

 そんなわけでちょっと遅れちゃったけど今週のおしながき。

 ・電波女と青春男8 [★★]
 ・それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】3 [★]
 ・丘ルトロジック2 江西陀梔のアウラ [★★]
 ・這いよれ! ニャル子さん7 [★]
 ・幕末魔法士2 大坂鬼譚 [★★]

続きを読む

2011-04-20 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ [★★★]


ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)
川原 礫 abec

アスキーメディアワークス 2011-04-08
売り上げランキング : 43

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 キリトとシノンが巻き込まれた《死銃(デス・ガン)》事件から数週間。
 妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にて、奇妙な騒動が起こる。新マップ《浮遊城アインクラッド》、その第24層主街区北部に現われる謎のアバターは、自身の持つ《オリジナル・ソードスキル》を賭け、1体1の対戦(デュエル)で、すべてを蹴散らし続けているという。
《黒の剣士》キリトすらも打ち負かした、《絶剣》と呼ばれるその剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、結果、紙一重の差で敗北してしまう。
 しかし、そのデュエルが終わるやいなや、《絶剣》はアスナを自身のギルドに誘い始めた!? 《絶剣》と呼ばれるほどの剣の冴え。そこには、とある秘密が隠されており──。
『マザーズ・ロザリオ』編、登場!


 泣いちゃいけない話だとわかっているのにそれを抑えきれませんでした。ちょっとこれは、私には重すぎる。

 いずれこういう方面にも話を伸ばすのかなーと思ったら本当に来ましたって感じでしたね。
 いつものキリトさん視点ではなく、今回はヒロインとしてじゃなく主人公としてアスナ視点で送られます。
 MMOという仮想空間でいくらすごい称号をもらっても、強いモンスターを討伐しようとも、現実世界ではたった一人の人間でしかないことを今一度意識させられたお話でしたね……。ユウキだけでなく、『スリーピングナイツ』の面々がこのMMOを懸命に生きてきて、それをみんなの共通の思い出にするというのは、ある意味お互いを支えあうといこともあったんですよね。
 こんな不条理な境遇で生きてきながら、自分の生きる意味に疑問を持ち、それでも笑顔を絶やさないユウキはもう見てられなかったです。見たら泣きます。最後の挿絵とかマジで見えなかった。
 
 ユウキからアスナへ託されたものは数えきれないほどたくさんありました。
 アスナもユウキと出会ったことで、母とのすれ違いとか色々思うところがあったはずです。「出会わなければよかった」なんて絶対言わないところがアスナらしいといえばらしい。ユウキがこの仮想空間で生きてきた証は、これからもアスナの中で生き続けるでしょう。本当にもう『マザーズ・ロザリオ』とはよくできた副題です。

 あと今回キリトさんの出番は控えめだったはずなのに、戦いになるとやっぱり出張ってきてキメてくれるのはカッコいい。アスナ視点ならそれが尚更で、これは惚れちゃうなー。なんにも聞かずにいてくれるのがかなりいい男だなー。これがモテる男の秘訣ですか。

 最高におもしろかったです。でもできればもう主要キャラを退場させたりしないでください……。

 ←『ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット』の感想へ

2011-04-18 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

変愛サイケデリック [★★★]


変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)
間宮 夏生 白味噌

アスキーメディアワークス 2011-04-08
売り上げランキング : 3137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ストレンジサイケデリコ」こと彩家亭理子(さいけてい りこ)は、その名の通り千光高校きっての有名な変人であり、変わった愛情を持った者が集まる「変恋部」の部長である。そんな彼女が「愛しいね」と目をつけたのは、春になると死にたがると噂のクール系男子・神宇知悠仁(かみうち ゆうじん)だった。理子は悠仁の言動が「変愛」に関係しているとにらみ、興味を持つのだが……。
 前作「月光」と同じ世界を舞台に新たなキャラが紡ぎ出す、間宮夏生×白味噌コンビで贈る異色の青春“変愛”物語!


 変愛と偏愛をかけてるのねー。なるほどねー。
 すごくおもしろかったんですけど、エピローグには驚かされたなあ。伊庵の好意は話を追うごとに気づくことができたんですが、佐那はまったくと言っていいほど気づかなかった。というかそんな余地すらなかった。

 前作「月光」と舞台を同じくしてキャラクターは一新されたこの物語は、つまるところ彩家亭理子の探究心、もっと砕いていうと興味、を満たすものだったんですよね。終始その意思が一貫して行動にも出てるし、理子も理子でそこら辺歪みないというか、どちらの意味でも周りを顧みずに我が道を往くタイプだからときには無茶してますけど。名前だけに利己的ってね。
 しかしながらそんな度し難い性格なクセに、一度興味を持ち始めた者への思いやり、或いは気遣いを決して失っていないところには変に人間味があるといいますか。彼女は良心とは無縁の存在といえばそんなことはなく、たとえば悠仁から暴力を受けそうになったところで佐那が助けに入り、彼女の代わりにその応酬を受けてしまったのをちゃんと悪いと思ってたりするじゃないですか。誰よりも口達者で、世間を斜に構えるような生き方を自ら進んでやっている子とは本心からは思えなかったり。
 彼女なりのたったひとつの冴えたやりかたってやつで悠仁を己に引き込むところは、なんとも言えない魅力に溢れていましたね。こういうキャラ好きだー。にしても理子はすごい存在感の持ち主だな。

 すごく個人的に思ったことなんですが、割と視点移動が多かった作品だと思うのだけど、それの節目を
「◆◇◇◇◇◇」
 こんな感じで区切っていて、黒の部分が今の人物視点ってことになってるんですけど(この作品だと1番上が理子)、それが何番目に動いたかで誰視点だか混乱せずにスムーズに読めた気がします。たまに過去回想にも飛んでたしね。これはちょっと参考にしよう。
 にしてもとても不毛な話だったのに、こんなすっきりとした読了感を味わせてくれるとは思ってもみませんでした。楽しかったー。

2011-04-18 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

好きなライトノベルを投票しよう!! 2010年下期に投票します


 ラノサイ杯終了にあたり、いちせさんが立ち上げた類似企画に投票しようと思います。
 投票したいけどまだ投票してないよって方はこちらで詳細を! 締切りは15日の24時までなのでお早めに!
 例のごとく新規部門を選出するのに苦労しました……。まだ入れたいのたくさんあったんだけどなあ。




 [新規部門]

 ◯“菜々子さん”の戯曲


 “菜々子さん”の戯曲  Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫) “菜々子さん”の戯曲  小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784041595114】     感想⇒[1巻2巻

 完璧すぎるほど菜々子さんがかわいいです。エロいです。観察されたいです。
 学園ミステリー的なストーリーももちろんおもしろいのですが、なんかもうそれすら引き立て役にしてる菜々子さんの一人勝ちな気がします。読んでは損はありません。おすすめです。


 ◯ハロー、ジーニアス

 ハロー、ジーニアス (電撃文庫 ゆ 3-1)

 【10下期ラノベ投票/9784048689366】     感想⇒こちら

 最近2巻が出た真っ当すぎるほどの青春小説。好みにドストライクで、素晴らしいの一言でした。
 八葉と高行の関係は恋人や友情とはまた違いますが、それでも「通じ合える」ような信頼関係はとてもいいと思います。


 ◯僕たちは監視されている

 僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784796678841】     感想⇒こちら

 世界観と設定にかっちり合ったキャラ造形が勝利。
 ほんとうにえげつないと思う世界観において、少年少女がそれに触れ合いながら悩んだりぶつかり合ったりするドラマがおもしろいおもしろい。あと祭ちゃんの明るさは読者にとっても救いになる。


 ◯お嬢様のメイドくん

 お嬢様のメイドくん (一迅社文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784758041966】     感想⇒こちら

 「また男の娘か」とか思うかもしれないけどマジでおもしろいからとりあえず読もう。話はそれからです。
 いやもうただの使用人でしかなかった雪風くんが、いかに成長したことでしょう。本当に油断してたよ。


 ◯百億の魔女語り

 百億の魔女語り1 オトコが魔女になれるわけないでしょ。 (ファミ通文庫) 百億の魔女語り2 やっぱり都会の女なのね、そうなのね。 (ファミ通文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784047269620】     感想⇒[1巻2巻

 エーマさんかわいい超かわいい。やはり正統派ツンデレはいい。実に。
 割とドタバタ系のファンタジーラブコメだし、物語もまだまだ色々な仕掛けがあるので読み応えもバッチリだと思います。おすすめですよー。


 ◯ヒマツリ

 ヒマツリ  ガール・ミーツ・火猿 (角川スニーカー文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784044748296】    感想⇒こちら

 少年ガンガンあたりで連載されていてもおかしくない熱さをもった、ストレートな異能バトルもの。
 魅力なのはなんといっても祭とサンジュのコンビ。この微笑ましい関係性があれば、多少バトルに無理があっても乗り越えられるでしょう。


 ◯深山さんちのべルテイン

 深山さんちのベルテイン (GA文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784797362930】     感想⇒こちら

 女の子予備軍系男子、琥太郎くんを取り巻くとりとめもない日常。
 ショートショート形式なので、なにかの休憩で読んだりもできるすぐれもの。この本の和み力はすごいぞ。




 [既存部門]

 ◯カンピオーネ!


 カンピオーネ! 7 斉天大聖 (集英社スーパーダッシュ文庫) カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784086305792】     感想⇒[7巻8巻

 斉天大聖のおもしろさは異常。ここまで手放しでおもしれーおもしれー言う本は本当に珍しいわけで。
 護堂さんのカッコよさは言わずもがなとして、草薙ハーレム筆頭のエリカの本妻っぷりが凄まじい。あと5Pもありましたね。


 ◯電波女と青春男

 電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫) 電波女と青春男(7) (電撃文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784048701259】     感想⇒[6巻7巻

 文化祭の話は無性に感動した覚えがあります。数ある出会いが少しずつ自称宇宙人のエリオを変えていき、こうも心温まる物語になるとは……。新たな一歩を踏み出したエリオの最高のステージでした。がんばれ。


◯ココロコネクトシリーズ

 ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)

 【10下期ラノベ投票/9784047267756】     感想⇒こちら

 青木がマジでカッコいい。これに尽きる。
 そして誰よりも弱かった唯が、青木に支えられて立ち上がるところは思わず目頭が熱くなるところです。早く恋人同士にならないのかな……!

 
 
2011-04-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 10ページ


 桜が咲いてもまだ肌寒さが残るようで、まだ油断ならないですねー。
 日中はちゃんと暖かくなってるのはわかるんですけど、夜になるとまだ冷える。でも暖房いらずになってきてるのは、少なからず暖まってるんでしょうねー。今年も無事に桜を見ることもできましたし。早くもっと暖かくなってほしい。

 さて春アニメがぼちぼち始まりました。まだ放映してないのも多いですが、観たのも多いという。やっぱり毎年の春はアニメが多くなってきていると思うんだ。でもやっぱり数が多くても「おもしろいなー」って思うのはいつもと同じくらいの数だったりします。ああでもタイガー&バニーは完全にダークホースでしたね。あれはいいアニメの見せ方をしてますし、導入部のインパクトもすごかった。なんといってもスポンサー名で覚えられますからね。
 あとは花咲くいろはが堅実にドラマ性を出していると思います。これからどんな人間模様が見れるのか楽しみにしているところもあるのですが、ぶっちゃけ好きなキャラが今のところいないのも事実。緒花はちょっとイラッとさせられることが多い。逆に民子は中の人があまり好きではないんですが、キャラはいいと思う。

 それでは今週のおしながき。

 ・ヒマツリ2 アイスドール・ウォーズ [★★]
 ・それがるうるの支配魔術 GAME1:ルールズ・ルール [★★]
 ・アカイロ/ロマンス4 白日ひそかに、忘却の [★★]
 ・ハロー、ジーニアス2 [★★]

続きを読む

2011-04-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

花物語 [★★★]


花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
西尾 維新

講談社 2011-03-30
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 阿良々木暦の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河。直江津高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂だった……。
 <物語>は、少しずつ深みへと墜ちていく──。


 自分で思う自分と、他人が思う自分は必ずしも一致しない。むしろ一致する方が珍しい。
 それと同じで、個人の善悪は他人の解釈によって大きく意味を違える。そんなお話だった。

 前回のSF臭から一転、なんだか急に辛気くさいお話になったこの花物語。
 それでもなんだか久々に「ああ、西尾維新だなあ」って感じがした。特に沼地蝋花というキャラが。
 不幸の蒐集家と自称する彼女が歩んできた人生で構築された人間性は、元スポーツ選手とは思えないほどひどくゆがんでいて、共感もなにもあったものではない。あらゆる手段で他人の不幸を聞く。おもしろおかしく興味本位で相談に臨む。ただし、自分よりも「かわいそう」な不幸は好まない。
 まあでも、共感は決してできませんが、言っていることの一部はちょっと頷きかけたところもありました。この沼地蝋花はちょっと行き過ぎてるところはありますが、ある意味人間の後ろ暗い部分に関しては人間味に溢れています。そんなんでいいのか。

 バスケという繋がりがあって沼地蝋花と再会した神原。
 ある意味自分とは対極的な存在である沼地。そんな彼女の経緯を聞き、募る思い。
 自分を散々戒めてきた「猿の手」が沼地に奪われたことにより、結果的には彼女に助けられる形になった神原は、どこかしっくりこない思いでした。自分が助かることで誰かがそれを背負ってしまうことを許せない性分の彼女です。たとえ相手が因縁の沼地蝋花でもそれは同じ。
 その決着のつけかたがまた良かった。たしかにこれは元バスケ部同士じゃないとできない。
 お互いに認め合ってるからこそ、ここまで対立したんですよね。このぶつかり合いを青春と呼ばずしてなんと呼ぶのだろう。宿敵とぶつかり合ったことで、自分と向き合うことができた神原と沼地の対比がおもしろかった。なんだかんだでいいコンビだったのかもしれない。ライバルと言ったほうがいいか。
 あと、沼地蝋花は個人的に結構好きだったりします。ビジュアルが見れなかったのが残念でしたが。

 おもしろかったなー。化物語第二部で一番好きな話かもしれない。

 ←『傾物語』の感想へ

2011-04-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

空色パンデミック4 [★★★]


空色パンデミック4 (ファミ通文庫)空色パンデミック4 (ファミ通文庫)
本田 誠 庭

エンターブレイン 2011-03-30
売り上げランキング : 2302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最近、仲西景の様子がおかしいことに俺、青井晴は気づいていた。穂高結衣の発作に巻き込まれ続けた仲西は、自らも「現空混在症」という病に蝕まれていたんだ。幻聴や己の中の別人格に悩まされ、現実と空想の狭間で苦しみ、やがて恋人の結衣の存在すら忘却してしまった……。結衣は失意の中で、それでも仲西を救う方法を探している。そして俺もまた、あいつを救うために、ある「芝居」を計画したんだ――。狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」終幕。


 まさか完結とは思わず気軽に読んでたら不意打ち食らったっていう。
 そして今回ばかりは青井くんがどう考えてもヒロインでした。結衣さんも見せ場あったけど正直青井くんに食われてました。でもどっちもかわいかったです。それを差し置いて森崎と今井さんがあーなってしまうとはな。隅に置けないなまったく。

 最終巻となるこのお話は、正真正銘の仲西景の物語。
 大小様々な空想病に巻き込まれ、キャストとして演じてきた景が現空混在症の陥り自分を見失ってしまう。再び顕れる野中空。そして内なるピエロザリッパー。
 どれが本物の仲西景、あるいは偽物の仲西景、あるいは劇中の仲西景、そして他人が創り上げた仲西景。
 仲西景とはべつに野中空が存在するセカイ。穂高結衣が存在しないセカイ。青井晴がすべてを演じるセカイ。
 今回は結構多数の視点が入れ替わり立ち代わりで送られ、さらには景の一人称も今までとは比べようもないほど不安定。節もなにもないところで唐突に視点が変わったりしてしまうので、読解するのに苦労しました。ていうか読解と呼べるまでに思考が至りませんでした、っていうのが正直なところ。別人格と向き合う仲西景もいるし、まったく気づいてない仲西景もいるし……。
 同じく語られることもおぼつかないものだから、誰が真実を言っているのか、そもそもそれが正しいのかすらもわからない。呆れるほどにノイズ交じり。もちろん読者をそういう疑心暗鬼に駆り立てるのは、この作品において毎回わかりきっているのだけれど。

 そしてそんな景を救おうと動くのが、今回のサブキャラたちの命題であるのです。
 結果として景は現空混在症から回復することができました。しかしふたりだけの世界の青井くんが……。物語としては正しいんですけど、うう……もったいない。
 というわけで、見事な(?)終止符を打ったこの作品もこれで閉幕。
 といっても続けられる要素はいくらでもあると思うのが否めないんですがね。世界観同じで登場人物一新したりとか。
 ある種ラノベの新気鋭のような作品でしたが、最後までおもしろかったです。時間を置いたらまた読み直したいな。
 次回作も楽しみに待ってます。

 ←『空色パンデミック3』の感想へ

2011-04-08 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 9ページ


 ついに4月になってしまった……。本年度もよろしくお願いしますね。
 さていつものように感想を。しかし数が少ない。
 いや、今週読んだ本がろーどぐらす、カンピオーネ、空色パンデミック、花物語、とたまたま短文では書ききれないものばかりでして……。内2本完結と来たものだから。でもかなりおもしろい本ばっかりだったってことはたしか。
 あとは今期のアニメの感想とかつらつら適当に書いてます。近いうち上げる予定ですが、まどかマギカの扱いをどうするかによるんですよね。あれの最終回を観てから上げるか、いっそ除外するかで。
 それからぼちぼちコメント返しし始めました。本当に、本当に今まで放置してすいませんでした。
 さすがに溜まった分全部は返せませんが、すべて目を通しています。そしてコメント返しをこれからは頑張ります。たぶん頑張ります。あ、「リンクお願いしますって言ったんだけどまだ繋がってないよ!?」って方も報告いただければ……。

 それでは今週のおしながき。

 ・緋弾のアリアⅨ 蒼き閃光 [★]
 ・機巧少女は傷つかない5 Facing"King's Singer" [★]

続きを読む

2011-04-04 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カンピオーネ!Ⅸ 女神再び [★★★]


カンピオーネ! 9 女神再び (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 9 女神再び (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
丈月 城 シコルスキー

集英社 2011-03-25
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 草薙護堂の前に、再び現れたまつろわぬ女神アテナ。
 何でもひとつ言うことをきくという、護堂が以前助けられた際にした約束を盾に再戦を望むアテナは、争いを望まない護堂の拒否を認めない。ついには祐理やリリアナを石化し、人質にするという強行的な手段で、護堂との戦いを開始する。
 アテナが勝負を急ぐのには差し迫られた理由があり…!? 新神話第9弾は激闘の調べ!!


 護堂さんと逆縁因果の宿敵に当たる女神・アテナと舞台を変えて再戦。いざ雌雄を決するとき!

 さすがの護堂さんも、カンピオーネならまだしも神さえも自らのハーレムに加えることは敵わなかったという。まあこんな軽いこと言いましたが、内容としてはかなり熱いもので、アテナという古株がここで退場となると一抹の寂しさもあったりなかったり。しかし最後は護堂さんらしくアテナと向き合い、またアテナも彼女らしくそれに傲然ながらも答えたり、二人はたしかに対立する者同士のはずでしたが、そういうところならではの信頼というものがありますよね。それが少年漫画っぽい熱さを想起させて、斉天大聖のときと負けず劣らずの盛り上がりになってきているわけですよ。しかも両者ともその別れを惜しむことがないのがまた。
 それにしてもこの表紙はちょっと狙いすぎだと思うんだ。まるでなにかを期待してしまうじゃないですか!

 そして草薙ハーレムの今回の主役は、正妻エリカではなく恵那でした。
 リリアナと祐里はアテネの力で石にされ、恵那が護堂さんに親身を捧げてのサポート。それからもはやこのシリーズの名物となった無駄にエロく官能的なキスシーン。やらなければならないこととはいえ、護堂さんもだんだん王の資質が板についてきているご様子。にしても恵那と事を済ますところは、彼女の普段とのギャップがすごくかわいくて良かったですね。野生児とは言われているけど根は乙女だし。でもふつうに二番目でもいい的なこと言ってるからねこの子。

 次の戦いはもうお膳立てされてる感はありますが、久しぶりにカンピオーネ同士のバトルが見れるのかな。ランスロットとの戦いもまたどこかでやりそうだし、護堂さんも大変ですね。
 でもまあアレクと護堂さんってすごく分かり合えそうな気がするんだけど。また避けられない戦いになる流れなんだろう。
 いやー、今回もおもしろかったです。

 ←『カンピオーネ!Ⅷ 受難の魔王たち』の感想へ

2011-04-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神明解ろーどぐらす5 [★★★]


神明解ろーどぐらす5 (MF文庫J)神明解ろーどぐらす5 (MF文庫J)
比嘉 智康 すばち

メディアファクトリー 2011-03-22
売り上げランキング : 439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 千歳のみならず、まりもや咲の危機をも察した十勝は、大胆にもクラスメイトたちの前でハーレム宣言をした! さらに集まってきた野次馬生徒たちが注視するど真ん中で、「うちのコトを好きだっていう確かな証拠見せて」と言うまりもにキスをした! 阿鼻叫喚に包まれる昇降口! ……果たして十勝は決死の覚悟で下校仲間を守りきれるのか? そして留萌を呪縛の檻から救えるのか!? 神聖下校物語、ついに完結! 「おまえみたいな野郎は許せねえ! いますぐ学校から出て行ってくれないか!!」――まさに下校。池田十勝、下校十段! 参る!!!


 「帰宅」と書いて「完結」と読む。そんなセンスが大好きだ。

 いやもうこれ、どう考えても十勝がかっこよすぎでしょう。
 周りから「勝ち越し」なんて蔑称やら敬称やらで呼ばれてるけど、今回はガチでかっこよかったです。その悪評を利用してまで、女の子たちを救っていく十勝はホント機転が利くのか、ただたんに目に見えるもの全部を守りたいとうう貪欲さ故なのか。とにかく終始熱い下校バカは、ただの下校バカじゃなかったってこことでさあ。
 そして周りの女の子たちも十勝にすっかりご執心。特に留萌はいきなり正ヒロインのごとく出張ってきてなにごとかと思った。いやでもこれ留萌が正ヒロインだと言われても納得してしまうエンドじゃないですかね。しかし十勝は千歳にも丹下ちゃんにも「好きだ!」と言っている手前、そして二人がそれにうなずき、十勝が正々堂々何股しようとしているにもかかわらずそれを受け入れる態勢万全というね。まあ見ず知らずの女ならまだしも、気心知れた間柄ですし、こっからヒロインたちによる正妻の座争いが始まることでしょうよ。そう考えると十勝はやっぱり勝ち越しさんだなあ! 羨ましいなちくしょう。

 なんか前回の感想で「いきなり通り魔とかちょっと……」って言ってたけど、軽くそれがどうでもよくなるくらいにいい締めくくりでした。だって、通り魔に捕まった千歳をさがすところとか、「そんなことできるわけないだろ」と思ったのに、すごく下校バカらしい方法でやるもんだから妙に納得しちゃって……。あくまで最後まで下校というテーマに沿っていて、そんなところまでやらなくてもいいのにって思うところまでやってくれて、作者が伝えたかったテーマ性なんかがちょっとわかった気がします。

 表紙、ともに見開きのカラー絵の全員の笑顔がとっても素敵です。
 これからも下校という名の長い道のりが、新たなメンバーを加えて始まることでしょう。最終的に十勝が誰を選ぶのかは、まあ気にならなくもないですが問い詰めるのも野暮というものです。
 とても楽しいシリーズでした。お疲れさまです。次回作も楽しみに待っています。

 ←『神明解ろーどぐらす4』の感想へ

2011-04-01 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。