アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc7 [★★★]


ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc7 (ファミ通文庫)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc7 (ファミ通文庫)
田尾 典丈 有河 サトル

エンターブレイン 2011-05-30
売り上げランキング : 674

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 理恵の世界から戻った俺こと都筑武紀は、かつてない衝撃を受けていた。死んだはずの両親が生きている! しかも目の前には恋人状態の高橋が!! 『八年前の事故が発生しなかった世界』――だがしかし、この幸せで残酷な世界に俺の愛するヒロイン達は存在しない。そして、事態収拾のため情報を集めようとした俺は、ある人物からもたらされた驚愕の真実に戦慄する……まさか、あの事故が!? 選択肢無限の真世界を奔走する、青春ADVノベル、待望の第7弾!


 圧倒的ヒロイン力で他の追随を許さない高橋さんのかわいさが爆発した。
 正直色々と反則で仕方ない気がします。やっぱりトゥルールートは高橋さんだったんやな……!

 とはまあ高橋さん賛美は置いておき、物語的にも盛り上がりが大きかったです。
 前回エターナルイノセンスのヒロインズを断腸の思いで5つのレイヤーにわけた武紀が、個々の世界を維持しながら奔走し、理恵の問題を解決してもどってきたらそこは現実とはまた違う現実――「八年前の事故が発生しなかった世界」って引きでしたね。武紀の両親がふつうに生きてて、高橋さんが武紀の恋人になっているという状態。もちろんエターナルイノセンスは存在しない。
 南雲さん経由で沙耶から武紀がどういう状況に置かれているのかある程度掴めてくるのですが、また難儀な二択ですよね。結局どちらを選択するかは主人公たる武紀が決めなければいけないのですが、今回ばかりはなあ。正直最初は元の世界に戻りたいなら迷うことなんてないだろ? って思ってたけどこの世界の武紀も間違いなく武紀であって、こちらの世界で築きあげてきたものを自分の手でフイにするのはそりゃこの世界の武紀に申し訳がたたないし、なにより彼にとって大切なモノが多すぎる。
 でも見えるものすべてを救いたがる武紀らしい葛藤だと思った。今回はそれがよく表れてる。

 そして今回はいつもヒロインズのために奔走する武紀のために、ヒロインズの力を結集して彼を助ける展開だった。
 結構なオールスターが集まって割と壮大なスケールで送られているので熱さもそれくらいあります。特に正樹はホントなんでこんなカッコいいんだろうね。初登場のときともう全然イメージ違うよ。
 武紀に対してすでにデレデレ状態のこっちの高橋さんがなまらかわいいのですが、それ以上に器がでかすぎてやばい。恋は盲目とはこのことか。正真正銘の恋する乙女だ……。ここまでの破壊力をもっていたとはさすがおれたちの高橋さんや!
 しかも今回のことで高橋さんがかなり重要人物っぽいのが明らかになったと思う。ここらへんはシルバーバレットとつながってくるのかな? まだ未読なのが痛い。

 さてさて終わりが近付いている風な終盤でしたけども、続きが気になって仕方ない。
 事故はなく、両親がいて、高橋さんとは恋人で、かつエターナルイノセンスのヒロインズが存在する、そんな世界を武紀は導いてくれるのか。がんばれー。

 ←『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc6』の感想へ

スポンサーサイト
2011-05-31 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 16ページ


 あんまり書くこともないので、今週は早々に感想にいきたいと思います。その分本はいっぱい読んだし。
 それでは今週のおしながきです。

 ・図書館内乱 [★★★]
 ・夜のちょうちょと同居計画! [★★]
 ・こうして彼は屋上を燃やすことにした [★★]
 ・東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Ⅰ [★★]
 ・キミとは致命的なズレがある [★]
 ・カナクのキセキ2 [★]

続きを読む

2011-05-24 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 15ページ


 先週末といえばあれです、Flowering Night 2011に行ってきました。
 ホントは一日目しか行く予定なかったんですが、あらゆる運命の導きと人のご厚意で二日目も参加できることになりました。
 二年ぶりのフラワリでしたが、すごく楽しかったです。その代償に全身バッキバキになったけど。ぶっちゃけ東方というジャンルからはもうだいぶ離れ気味だったんですけど(とか言いつつ神霊廟の体験版はきっちりクリアしている)、いい意味でこのライブは刺激を受けました。ここに来て東方熱再燃か。財布の中が危ない!

 二日合わせて10のサークルさんのライブを見て、オリジナルは同じ音楽を通じているはずなのにそれぞれの持ち味を活かしてステージの毛色がどれも違うのがすごい。ロックから電波からジャズからクラブミュージック、多岐にわたってのバリエーションにびっくりしました。
 一日目は確実に回路が全部持って行きました。あのサークルの生音はやばい。久々に腹まで来る重低音を浴びた気がする。そして歌唱力が尋常じゃない。完全に圧倒された。そうとしか表現できないくらい圧倒された……。とりあえず近々CD買いに行きます。
 本命岸田教団ももちろん良かったです。ただはやぴ~さんのエフェクターが壊れたり、総帥もライブに出ていいんですかってくらい顔面蒼白だったりしてちょっと心配でしたけど。まあロリスタの曲を生で聞けたので満足。「霊知の太陽信仰」はカッコいいなあ。
 二日目は初見ではサウンドサイクロンが良かった感じ。ああいうアレンジの仕方もあるんだなーと。あと石鹸屋のライブパフォーマンスが09のそれより遥かに上だった。あと「さっきゅんライト」をやるとは思わなかったのがでかい。アンコールだったまりおとの「東方萃夢想」超良かったです。やっぱこれはガチ曲なんや。

 というわけで二日間とても楽しかったです。物販はちらっと見た程度なんですが、売り子の東方キャラコスの皆さんがかわいかった。
 そんなわけで今週のおしながき。

 ・俺の妹がこんなに可愛いわけがない8 [★★]
 ・アトリウムの恋人 [★]
 ・なれるSE!4 誰でもできる?プロジェクト管理 [★★]
 ・煉獄姫 三幕 [★★]

続きを読む

2011-05-17 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

雨の日のアイリス [★★★]


雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
松山 剛 ヒラサト

アスキーメディアワークス 2011-05-10
売り上げランキング : 252

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士の元にいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路(マインド・サーキット)から取り出したデータを再構築した情報──彼女が見、聴き、感じたことの……そして願っていたことの、全てである。
 第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語を、あなたに。


 思いっきり泣かせに来てますけど、そんなあざとさも全部ひっくるめてとても温かい話でした。
 人間とロボットの間に隔たる絶対的な「違い」というのを大いに見せつけてくるのと同時、それを読者に強く印象づけながらも話は奇をてらわず全体的にしっとりとしていて、それでもなおかつ両者とも温かくすくいあげるようで本当に良かったです。特に最後の「追伸」のところでこみ上げていたものが一気に、流れでてきました。
 テーマとしてはありきたりなものだったんですけども、でもきっちりこうもしっかり描いてくれるとやっぱり心葉は打たれますよそりゃ。

 まあ前述で似たようなこと言いましたが、人間の勝手な都合でロボットたちの運命は大きく左右されてしまいます。
 いらなくなったら捨てる。動かなくなったら壊す、或いは作りかえる。人間は至って迅速かつ容赦なくそう決断する。なぜならそれらは代替が効くものだから。ならばどうして人間はロボットたちに感情を与えたのでしょうか。
 この物語の主人公及び語り部はアイリスという家政婦ロボットです。「好き」という感情もあり、「いやだ」という感情もあり、笑顔や泣き顔など表情にも起伏が多いとっても人間らしいキャラです。
 最愛の人の死を境に、人間の手によって無理やり姿形を変えられ、廃山での無味乾燥なルーチンワークに放りこまれ、その中で同じロボットである仲間と出会い、絆を深めながら脱走を図る――のような経緯で彼女の喜怒哀楽に富んだ心理が丁寧に描写されています。本当に感情移入してしまうくらいには……。
 なのに、アイリスだけではなく、こんなにも人間らしいロボットたちを人間は低く見る。用が済んだら慈悲もなく切り捨てる。

 それでもお互いをこんなにも大切に思っている、アイリスと博士の関係は対等だったんだと思います。
 人間とかロボットとかそんなものは関係なく、互いを愛しく思い、支えあっていました。博士だけではなく、リリスとボルコフも。共有した時間は博士には及ばないかもしれないけれど、リリスとボルコフにとってアイリスは大切な存在だし、アイリスにとっての二人も同じです。
 このロボッ卜には過酷すぎる物語で、そんないくつもの温かい感情があったからこそ、ここまで優しさに溢れたものになったんじゃないでしょうか。

 これを読了した日が丁度雨が長引いている真っ最中でして、必要以上に感傷に浸ってしまいましたってのは蛇足ですかね。でも、雨の日よりは雨上がりに読んでほしい作品だったりと、個人的には思ってます。
 大好きです。傑作。

2011-05-14 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イスカリオテⅦ [★★★]


イスカリオテ 7 (電撃文庫 さ 10-11)イスカリオテ 7 (電撃文庫 さ 10-11)
三田 誠 岸和田 ロビン

アスキー・メディアワークス 2011-05-10
売り上げランキング : 272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 人類を破滅に導く、〈反救世主〉によって開かれた『門(ゲート)』。イザヤは身を呈してそれに対抗し、世界には平和が訪れた。しかし、そこではイザヤの存在は人々の記憶から失われていた。
 例外的に記憶を留めていたノウェムは、ある日駆逐されたはずの<獣(ベスティア)>と遭遇する。しかも、それはノウェムにあることを囁きかけ──。そして事態は再び動き始める。
 はたしてイザヤの戦いの真実とは、そして真の最終決戦とは!?
 断罪衣(イスカリオテ)使いたちの物語、堂々完結!


 前回の感想で「イザヤもノウェムも笑い合える未来をお願いします!」って書いてたら本当にそうなってた。
 はい、というわけでこのイスカリオテもとうとう終わりを迎えました。すごくいいかたちで。

 前回のあの引きで今回いきなり戦いが終わってたあとだったので、疑問符がいっぱいだったのですが読み進めていくうちにこの話の構成に納得。周りの人たちがイザヤのことを忘れてしまい、御陵市にほんとうの意味での平和がもどる中、その存在を記憶している者はノウェムと波璃だけという状況において姿を現すとある<獣>。敵意を見せないその<獣>に導かれ、二人はイザヤ復活の糸をたどることに……というような序盤だったんですが、ノウェムと波璃の関係が以前よりフレンドリーっぽくなってるのが意外だった。フレンドリーって言ってもすごく些細なものですけども。
 そして復活したかつての英雄・九瀬諫也。壬生蒼馬との最終決着の際に再会するイザヤとノウェム。
 死が確定しているイザヤの自分を取り戻す戦いはすごく熱かったです。蒼馬も彼らしい死に際ですし、最後に対峙することとなった諫也とのやり取りも印象的でした。英雄は人を救えるけど、人は英雄を救わない。自分が救った人たちに嫉妬し、羨んだ英雄の末路がこうだったわけです。
 本物にも、偽物にさえもなれなかったイザヤ。けれど大事なのはそんなことじゃない。
 彼が選んだ英雄を救うという行為は、もしかしたら傲慢かもしれないしただのお節介かもしれない。でも確かにその瞬間だけ通じ合えたことは、英雄を救ったことになるんじゃないだろうか。
 
「私は……あなたを、なんと呼んだらよいでしょう?」
 すべてが終わったあとにイザヤとノウェムにこんなやりとりがありました。
 九瀬諫也でもなく、九瀬勇哉でもなかったイザヤを、ノウェムがどう呼んだものかというところ。呼称などただの識別名に過ぎなかった、あのロボット娘がこんなこと言ってるんですよ。これってすごく大事なことだと思うんです。まあ、好きな人の名前だからね。こだわりを持ちたいのは尚の事なんでしょう。そんなところがとてもかわいかったりするんです。
 そして読み終わったあとに表紙を見返すとすごくによによしますし、熱いものがグッと込み上げてきます。

 というわけで終わってしまいましたけど、満足なかたちに収束してくれて良かったです。
 二人が起こした、たった一度の奇蹟に永遠の祝福を!

 ←『イスカリオテⅥ』の感想へ

2011-05-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 14ページ


 GWが終わって、次の祝日が7/18だと知った絶望感ときたら……。
 相変わらずカラオケや飲み会とは切っても切れない関係の週末でしたね。私の周りには色々と業が深い人たちがいっぱいいるので聞いてるだけでも楽しいです。あとなんかシスプリとべびプリの話しは定期的に盛り上がってる気がするのはなんなんだろうか。私は両方共知らないのですが、後者についてはパッと見で十一女が好みだったりします。でも性格があれだったのでトントンです。というかあれに限っては5女以降が好きならふつうにロリコン確定だと思うんですけど。

 それから放浪息子のBDマラソンなど始めました。時間がなくてまだ観れてませんが。
 テレビアニメのDVDないしBDのマラソンをするのは「かんなぎ」以来していなかったので、なんか今更新鮮です。しかも今回に限ってはBDだし。まどかマギカとどっちにするか盛大に迷ったりもしていましたが、あっちは勝手に売れてくれるし録画のHDDに入っているので観たいとき観れればいいかと思って。個人的にはこっちのが好みだったってのももちろんありますけどね。

 というわけで今週のおしながき。

 ・わたしと男子と思春期妄想の彼女たち2 外泊ですが何か? [★]
 ・夢魔さっちゃん、お邪魔します。1 [★★]
 ・羽月莉音の帝国3 [★★]
 ・えむえむっ!10 [★]

続きを読む

2011-05-10 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の感想録 13ページ


 飲み会したりボドゲに行ったりカラオケ行ったりしたてんやわんやな週末を過ごしました。
 というのも2日連続で徹カラはさすがに初めてで、ちょっとはしゃぎすぎました。次の日体力的に死ぬって理解したので次は絶対にやりません。やったとしてもさっさと帰って寝ます。これでボドゲ当日に周りからは元気だって思われてるんだから不思議だ。
 まあでも楽しかったからいいんですけどね。そして6日もカラオケあるんですけどね。
 あーというかもうGWでしたねえ。このまえ年明けたと思ったのに早いよなあ。

 というわけで今週のおしながき。

 ・それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】4 [★★]
 ・図書館戦争 [★★]
 ・サクラダリセット5 ONE HAND EDEN [★★]
 ・半熟作家と“文学少女”な編集者 [★★]

続きを読む

2011-05-05 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。