アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

2010年冬期アニメ総評


 周りで桜が咲き始めました。いよいよ春めいてきましたね。
 新入生、新入社員の皆さんは期待を胸にがんばってください。特に他に言うことがないので常套句を並べてみました。
 というわけでクールも入れ替わるんですが、いよいよ春アニメもスタートです。結構いろいろと見て行くつもりですが、今のところこれといったハズレはなし。ふつうに楽しめる。そのうち感想でもまた書きます。

 このまえ発売された世界樹の迷宮Ⅲをやっているんですが、おもしろいですね。というかペルソナといいATLUSのRPGと相性いいのかもしれない。実はこのシリーズ初めてプレイするんですけどマッピングが結構ハマる。めんどくさいけどクセになる。
 だけど敵がめっちゃ強くないっすかこれ。第2階層の緑色の鳥がすんげえ強いんですけど。倒せないわけではないんですが、パーティーのバランスが悪いのかな。一応色々と試行錯誤しつつブログパーツの通り(前衛から盾ファランクス 突剣パイレーツ 回復モンク 支援プリンセス 採取ファーマー)に収まったんですけど、パイレーツより攻撃特化のウォリアーの方がよかったかもしれない。
 あとすぐに金欠になるのは仕様なんですかね……。これファーマー入ってないパーティーとかどうしてるんだろう、とかよく思います。あといつも五人行動のおかげで経験値が浅いです。でも欠けるとすぐ全滅するからなあ。なんか効率のいいレベル上げありませんかね。
 どうでもいいけどモンクのツインテ女の子めっちゃかわいい。

 あと無料配布エロゲと割と話題性があったse・きららも実はちゃっかりプレイしてました。
 エロゲとかものっそい久しぶりにやったんですが、まあまあおもしろかったんじゃないですかね。キャラ的には亜矢が一番好きで「パツキンかわいいよパツキン」とか言ってました。亜矢ルートもよかったしね。
 優ルートは実に尽くす幼馴染みの見本みたいで、よくある話だなーと思いつつもしっかり楽しんでました。なんだかんだで幼馴染みに弱い。でもバッドエンドの方はひどかった。なんで弟とくっついてんだ。


 と、いうわけで前座を踏まえつつも、前期のアニメ感想は続きに収めておきます。
 興味のある方だけどうぞ。




○とある科学の超電磁砲
 おもしろかった。終始納得のいくクオリティだったと思う。
 レベルアッパー編が終わった途端、固法先輩や婚后光子に鉄装さん、果ては寮監にまでサブキャラ掘り下げて日常方面に偏りすぎていたり(レベルアッパーが終わるといくつかの話で『ポルターガイスト』の予兆である地震があったり、チャイルドエラーという要素は出てきたけど)、必要以上に美琴と佐天を対立させたり、禁書との時系列がなんかおかしくね? とか思ったりもしましたが、最後の最後はそれを感じさせないほどちゃんと締めくくってくれました。
 個人的にテレスティーナさんは禁書キャラ切ってのカスキャラだと思います。『木原』というミドルネームにはびっくりましたが、実際はこの人信条も何もないただのトチ狂った科学者じゃないですか……。禁書キャラは悪だとしても、そうなる理由、またはそうしなければならない背景があったので共感もあったんですが、この人はダメですね。
 そんな人がラスボスだった最終回ですが、いやホントよかったですね。勧善懲悪モノをなぞらえるような展開だったことは否めませんけど、こういう少年漫画的ストレートな伝え方は大好きです。不覚にも木山先生のあるセリフで涙してしまいました。その言葉を聞いた瞬間、木山先生の過去がリフレインされてしまってね。子供たちの優しさが心を打ちます。そして主人公・御坂美琴も文句なしでカッコよかったです。
 ただ第2期をやるなら、『アイテム』の面々をまず禁書で出すべきだと思うんだよね。

 総評:A+
 好きなキャラ:木山春生


○ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
 悪くはないけど正直微妙だった。雰囲気アニメは雰囲気のまま。
 というのもどうも全体通して印象が薄すぎる。「ソラノヲトってどんなアニメなの?」って聞かれたからまずドモる。そしてマジでなんて答えていいかわからない。
 というかこのお話を軍隊モノでやる必要性があんまり思い浮かばないし、それを踏まえても緊張感なさすぎるし、カナタは最後まであんまり好きになれなかった。別にキャラを戦場で殺してお涙頂戴展開にしろってわけじゃないんだけど、なんか色々要素盛りすぎてちぐはぐなんだよねー。というかまずあんな戦場で単なるラッパが都合よく響くわけがない。
 ただ10話でリオがローマに嫁いでいくところは、伝え方が回りくどかったけどとてもいい演出だったと思います。初見は意味不明でしたが繰り返してみてわかったとき、個人的に神回でしたね。伏線もちゃんと敷かれていた分、リオの覚悟と決意も垣間見えたし。
 あとキャラ的にはクレハが好きです。あの小隊で一番正論で常識人で、一番の苦労人だと思う。というかストッパーが一番下っ端とかどういうことだよ。
 アニメノチカラは今後どうなるのかな……。閃光のナイトレイドでコケたらあとがないぞ。

 総評:B
 好きなキャラ:クレハ


○こばと。
 いい最終回だったなあ、とは思いました。
 話が終盤に行くにつれて割と幼稚園閉鎖だったり小鳩ちゃんの驚くべき真実だったり、割と鬱展開に寄りにするところが意外でしたが、小鳩ちゃんの天然だけど直向きでまっすぐな思考と行動は見ていて癒されますね(度が過ぎる時もあるけどね)。小鳩ちゃんが実は○○だったというのは、見返すと色々と納得出来るところもあって、なるほどなーと。
 ツンデレ藤本は最初どう落ちるんだろうなと楽しみにしていたんですが、割とあっさりデレ始めて拍子抜けしてしまいました。それよりも最初から小鳩ちゃんにゾッコンだった堂元が報われないのが哀れすぎる。がんばれ……。
 しかしCLAMPサービスの多かったアニメでしたね。ツバサの面々が出てきた回は完全にサービス回だったぞ。まあお話も少し進んでいたけど、特にこいつらを出す必要性はなかった気がする。まあファンには嬉しいことに変わりないですけど。
 金平糖集めは序盤はちゃんと人々の悩みを解決していたりしたのに、終盤は適当に流されたけど、まああんまり気にならなかったです。
 とりあえずおもしろかったことには変わらなかったので、私的には満足ですね。

 総評:B+
 好きなキャラ:花戸小鳩


○ひだまりスケッチ×☆☆☆
 相変わらず高い安定感と癒し。1年に1クールで定期的にやってほしい。
 新一年生ズを迎えてのひだまり荘は、より一層賑々しい日常を元気いっぱいに伝えてくれるので1期・2期よりも癒し分には力が加えられていたんじゃないかなあと個人的には思います。乃莉ちゃんもナズナ氏もめっちゃかわいいんだもん。
 もちろんキャラデザインがかわいいのは周知の事実ですが、それをより引き立てるのが彼女たちの私服ですかね。回やシーンでころころ変わるんですけど、どれも「らしさ」を体現するデザインで各キャラにすごく似合ってるんですよね。性格や外見的特徴を踏まえても揺るがないから尚すごい。
 未完成OPやEDも今となってはかわいいもんです。特にEDは歌詞といい映像といい、とても素晴らしいできだった。シャフトはいい仕事した。遠からず4期目も待ってます。きっと実現してくださいねっ。

 総評:A
 好きなキャラ:宮子


○おおかみかくし
 正直最終回のインパクトがあまりにもでかすぎて本編がどうでもよくなっている。
 というか本筋はよくわからないままできごとが始まって、置いてけぼりのまま終盤まで突っ走ってしまった感がある。というかいきなりバトル始めるのはどうにかできなかったのか。まあひだまりのついでに惰性で観てたこともあるけど。
 そういえば序盤の五十鈴ちゃんの兄貴はいろんな意味でインパクトでかかったですね。ヤツははっさくの犠牲になったのだ……。
 最終回については「ぼ く に は 理 解 で き な い」というコメントでお願いします。

 総評:C
 好きなキャラ:摘花五十鈴


○天体戦士サンレッド 第2期
 第2期も相変わらずローカルなネタで楽しませてくれる。
 正義と悪と銘打ちながらもこのゆるすぎる空気が一切のシリアスを払拭し、しかし放送時間が短いのでダラダラと飽きるということはない。まあ毎回怪人が個性的すぎて飽きるってことはほぼないと思うんですけどね。私的にムキエビ先輩は許せない派。とりあえずレッドさんの怪人も真っ青の鬼畜さは健在と。
 それにしても、2気になってからかよ子さんのかわいさが三割増しくらいになったのは気のせいじゃないはず。いやなんか要所要所に茶目っ気が混じってるので、レッドさんとのやり取りがすごい微笑ましいんですよね。こっちまで毒されそうや。特に風邪を引いたときと最終回はすごかったな。
 きっと3期もあるんだろうなー、と思いつつ楽しませてもらいました。

 総評:B
 好きなキャラ:レッド


○はなまる幼稚園

 山本先生マジ天使すなあ。

 正直キャラクターだけで言えば山本先生が今期でずば抜けてかわいいです。ボクの女神はここにいました。
 いやあでも冷静に考えてみると本当にそれだけなんだよな……。最初の方はもうやべえやべえ言いまくってたけど、内容とかあるようであんまりないもんなー。結局つっちーも山本先生と恋仲にならないままヘタレたままだし。まあ付き合っちゃったらそれはそれでどうかとおもうんだけどね。
 でも作画よかったしキャラもかわいいし、日曜の癒しタイムだったと思う。癒しとか和みにかけてはひだまりに比肩するはず。2期はあってもなくてもどっちでもいい。
 あとところどころにドラクエネタが挟んであったのは制作側の趣味なんだろうか。

 総評:B
 好きなキャラ:山本菜々子


○君に届け
 ぶっちゃけ貶すところがひとつもない。完璧すぎる。あえて風早きゅんと付きあわないところで終わったところも考えて。
 友達、好敵手、そして恋人。これまでは見た目とは裏腹にささやかな孤独ライフをエンジョイしていた爽子が、徐々にそれらの人たちと触れていく展開をじっくりと丁寧に描いていく物語の運び方はとても心地よく、思わず涙してしまうお話もありました。全体的にはコミカルチックな感じなんですけど、そこはさすが少女漫画補正って感じですかね。
というか爽子も風早くんもかわいすぎるんだって。少女漫画の男の子ってこんなにかわいかったっけ!? って思うくらいにはなんだかすごかった。イケメンはなにやってもイケメン。風早くんはもう行動や仕草からイケメンオーラバリバリでこっちがキュンとしてしまう。嫌味がまったくなくて爽やかすぎる。これは……完璧っ……!
 風早くんをめぐって、くるみちゃんという周りからはアイドル的存在だけど実は黒い子と対立することになるんですけど、この子もなんだかんだで憎めないキャラなんだよね。この子からしてみれば中学からずっと見てきた人が、パッとでの爽子にかっさらわれていく感じなんだからそりゃあ当り散らしますわ。この子も結構裏で苦労しているのよ。
ちづとやのちんも見た目ヤンキーだけど実は友達思いの良いキャラだったなー。この二人がいるおかげである意味シリアスになりすぎなかったのが大きい。
 2クールだったけど全然失速は感じなかったし、毎週の楽しみでした。スタッフの皆さんに盛大な拍手を。ただしキミトド、てめーはダメだ。

 総評:A+
 好きなキャラ:風早翔太


○バカとテストと召喚獣
 アニメ化してより一層売れたなあという感じ。原作厨にとってみれば削られたシーンが多々あり涙を流したこともありましょう。
 いわゆる原作改変なんですけど、これは放送前から井上堅二先生がブログでそうなるっておっしゃっていたのでそのまんま受け入れていましたが、なんとも言えない感じになってしまいましたね。でも続編がどうやら作られるらしいので、もしかして最初から分割2クールでやるつもりだったのかもしれない。でもそうするなら、ちゃんと原作に忠実ににやってほしかったな、というのが素直な感想です。
 でも別に面白くなかったわけじゃないんだけどね。エヴァパロの回はいっそ清々しくぶっ飛んでて、なんども笑わせられた。アニメになってなぜか久保くんがどちらの意味でもアグレッシブになってBLネタが凄まじい。たしかにこれはオタクと腐女子の両方を購買層にしたことを狙った作りになっている。秀吉はもうあざといほどのコスチュームチェンジ(私的には万事オッケー)。アニメでアキちゃんも拝めたことだし、よかったな。
 あとアニメになって初めてキャラデザインされたキャラもいたのが大きかったかな。須川くんや根本を筆頭とする各クラスの代表など。いやしかしこのアニメの女装罰ゲーム率は高いなほんと。根本の残念女装は観てておもろかったけどね。
 まあなんにしても楽しいアニメでした。続きは第2期なのかOVAなのか知らないけど楽しみにしています。

 総評:A
 好きなキャラ:姫路瑞希


○ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
 嫌いじゃなかった。というかむしろ期待してさえいた。
 序盤はガチで楽しみだったんですよ。1話1話観せ方がおもしろくて素直に感心していたんですけども、6,7話から暗雲が立ち込めて最終的には失笑しか出てこないアニメに……。というか唐突なまとめがひどすぎる。置いてけぼりってレベルじゃない。シャフトはなんでもかんでも抱えすぎ。余裕があったらもうちょいマシな作り方あったはずだぞ。
 悠木碧の演じるミナ・ツェペシュはいかにもヴァンパイアの王という貫禄に溢れていて、第1話なんかすごいカッコよかったんですよ。九鳳院紫といい、この人はこういう役が声にすごいあっている。
 うーん、好きだったんだけど裏切られたアニメだったかなあ。他の人はどう思ってるんだろう。

 総評:C
 好きなキャラ:ミナ・ツェペシュ


 こんくらいですかね。ほぼ私見なのでどう受け取ってもらっても構いません。
 デュラララ、聖痕のクェイサーは2クールみたいなので春アニメの総評に回したいと思います。

2010-04-03 : アニメ話題 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。