アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ラプンツェルの翼Ⅳ [★]


ラプンツェルの翼〈4〉 (電撃文庫)ラプンツェルの翼〈4〉 (電撃文庫)
植田 亮

アスキーメディアワークス 2010-02-10
売り上げランキング : 16723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


天使と人間との“関係”に疑問を持つ者たちが起こしたクーデターによって、「天使たちの楽園」ユーロランドは、一瞬にして人間を閉じ込める“檻”と化した。騒動に巻き込まれた遼一と奈々は、人質となった天使の姫を助けるためキサラギとともに危険な《ゲーム》に身を投じるが、そこに待ち受けていたのは“クリアするために他者の命を奪わねばならない”という過酷な選択だった!
死へのタイムリミットが迫る中、遼一たちの選んだ選択とは? その一方で、非情な決断を下す上層部に反発を覚える天使たちも現れ……!?


 3巻では天使と人間の対立を、そしてこの完結巻では天使と人間の協調を描かれていた気がした。
 いままでのシリーズで一番まとめられている話しでもあるし土橋先生の作品の中ではストーリー性にも一番富んだこの作品ではありましたが、天使も最終的にはほぼ人間とあまり差異がないように感じた。もうちょっと合理的で冷徹なやつらという印象だったけど、ジェシカやキサラギや奈々に至ってはなんかもう普通の女の子だなあ。クーデターを起こした方が悪いと思っていたけど、天使たち(お姉様の意志)が守るべき人間を捨ておいてでもそれを「必要な犠牲」と称してまで体裁を保つ動きをしていたので、どっちが悪なのかわからなくなったなあ。最終的にお姉様がラスボスになっちゃうしな。でもこの作品のテーマにおいて遼一の存在はとてもキーになっていたのはよかった。

 しかし今回のゲーム性も、最後まで主要人物たちのリアルな心理描写も、まさしく土橋先生らしいクオリティは保証されているので安心だった。ただなんかこう、足りないものがあるな。次回作も楽しみに待っています。

 ←『ラプンツェルの翼Ⅲ』の感想へ

 
2010-04-25 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。