アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ごくペン!2 [★]


ごくペン!〈2〉 (MF文庫J)ごくペン!〈2〉 (MF文庫J)
相音 うしお

メディアファクトリー 2010-01
売り上げランキング : 113074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「友達を連れてきなさい!」という父の命を受けた凜子は、五十嵐真太郎を自宅に連れていく! 自宅――というよりも、大豪邸にしか見えない日本家屋で二人を出迎えた親バカ大王の権田原父・藤三は、あくまでも「お友達」だという真太郎を見ても娘のことが心配でならなかった! 一方、五十嵐家のメイド・エリザベスもまた、真太郎がどう見てもまともでない学友たちと付き合っていることを案じて動き出す!! 真っ当な学園を目指したとたん風雲急を告げる毒マムシ学園。再びおバカな喧騒に巻きこまれる真太郎と凜子に、明日はあるのか!? ハイグレードおバカ学園ラブコメ二巻目に御座候(ござそうろう)!!


 ギャグは相変わらず力はいってると思うしおもしろいし笑えるところはすごく笑えるんだけど、一巻よりはやっぱりインパクトは薄いし突き抜けてはいなかったとも思う。というかあの1巻がきれいに終わりすぎたので若干不安な2巻だったんですがよくここまでまとめたなあというのが素直な感想です。

 今回は鈴音に主点に置いたお話でしたが、それと同時に凛子と真太郎にも一つの転機みたいなのが訪れます。エリザベスがアホみたいにギャグに傾倒したキャラなんですが、彼女が不意に発した「責任」という言葉には、すごく重い意味が込められていたんですね。それにしたってちょっと日本に染まりすぎだろこのメイド。
 鈴音のお話は普通にいい話でした。本当にギャグとシリアスの使い分けがうまいんだか、単にそのラインが曖昧なのか良く分からない作品です。でも一人でも生きれるように自立しようとする鈴音にグッときたのは本当です。

 その代わり凛子の方がなんかあんまり活躍が少なかった気がします。一応メインヒロインのはずが……。
 ああ、あと四天王の流一が普通に好きになってた。バカだけどこいつは愛すべきバカ。
 聞くところによると3巻で完結らしいので、早めに消化したいと思います。

 ←『ごくペン!』の感想へ

2010-04-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。