アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

イスカリオテⅤ [★]


イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)
岸和田 ロビン

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 1424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 12月、聖誕祭(クリスマス)を控えて御陵学院は大きな盛り上がりを見せる。玻璃率いる中等部生徒会はじめ、喫茶店をやることになったノウェム、さらにはラーフラまでもがサンタの格好をして準備に奔走。イザヤもその熱気の渦に巻き込まれていく。
 しかし、聖誕祭当日、街に異変が起こる。突如出現した<獣(ベスティア)>の群れ、新たな異端審問官の登場、そして壬生蒼馬の復活により事態は大きく動いていくが──!?
 三田誠が贈る罪と罰のアイロニック・アクション、緊迫の第5弾!


 イザヤも、ノウェムも、たしかに変わりゆく一冊。一巻のときとはほんと別人のようだ。

 大罪の数に合わせた全七冊ということで、クライマックスに向かってどんどん進んでいるのがしっかりと伝わってきます。
 前回復活を遂げていた蒼馬がイザヤに再び揺さぶりをかけてきましたが、最後にはおおいな決断をするところはとてもカッコよかったです。未来の自由を求めて「英雄」を演じるハメになった彼は、本物の「英雄」になし得るのかどうか。その決意から自分から戦いに身を投じることを否とすることをしなかったりして、「英雄」を演じることをあそこまで嫌っていたイザヤがここまで変わるきっかけになったのは、この御陵市という街なのか、イザヤを兄と慕う玻璃という一人の少女か、はたまたはイザヤに従順する人形の少女か。

 ノウェムもノウェムで二人の玻璃からイザヤに対する気持ちは恋なのではないかと言及され、やっとその気持ちに気づくことに。本格的にもう「人形」とは呼べないほどの感情にみちあふれている気がします。ここまで来たら普通の女の子だよなあ、ノウェムも。ここまでに人間の感情らしい感情を得るに至るにまでには、前回の短編集のお話があってのことですよねー。

 さて聖誕祭というそれ相応の因縁と舞台もあるわけで、いよいよ盛り上がりも最高潮になってきました。次回も楽しみ。

 ←『イスカリオテⅣ』の感想へ

2010-05-24 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。