アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

六百六十円の事情 [★★]


六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)

アスキーメディアワークス 2010-05-25
売り上げランキング : 107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 世の中には、いろんな人たちがいる。男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。そして爺ちゃんや婆ちゃんとか。その中には、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。
 あるところに、年齢も性別も性格もバラバラな「ダメ」と「しっかり」な男女がいた。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。
 とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。入間人間が贈る、日常系青春群像ストーリー。


 すごい読みやすい入間人間の青春群像劇。
 入間先生の群像劇についてはみーまー8巻の恐怖が根づいているのですが、これはすごい読みやすく、なお終盤へのお話の収束のしかたがとても心地良かったと思います。

 地域のコミュニティサイトにある日書かれた「カツ丼は作れますか?」という書き込み。
 たった一つの書き込みから始まった、様々な男女が巻き込まれる幾多の青春のかたち。
 というか無駄にニート率高いなこの作品は。おかげで人生に後ろ向きな人が多いんだけど、それが人生に悲観しているということではなく、自分が選んだ末路だったから「どうにかするかなあ」という希望的観測はあるわけで。一方いつまでも続けるわけにはいかないけど「今はこのままでもいいかなあ」という楽観的な人もいる。
 基本みんなが分相応の夢しかみない。デカい夢も持たない。ギアッチョさんでさえ別段ミュージシャンデビューするつもりもないみたいですし。平々凡々と暮らすことに慣れ、そして憧れ、当たり前を貫く。その当たり前がかけがえのないモノになったり、誰かの大切なものになれば、その人生には確かに意味があるんじゃないのかなあ。

 このご時世の風刺に合ってるのか合ってないのか判断がつかないんだけど、等身大に思考して行動するこの人達にはいいものを見せられた気がする。読み終わって心になにか響いた。そんな物語でした。
 ちなみに私は童貞処女カップルのお話が好きでした。あ、正確にはまだカップルじゃないけどもうこれ付き合ってるようなもんだろ。いいよなあ、このなんか言いようの無い距離感。

2010-06-13 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。