アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

萌神 [★★]


萌神 (一迅社文庫)萌神 (一迅社文庫)
十文字 青 ま@や

一迅社 2010-07-17
売り上げランキング : 3425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 人生はつまらない。
 それがあたりまえだと思って生きてきた吉次。
 だが、友人の“中佐”にそれではいけないと諭され、未だ知らぬ“萌え”を探求することに。
 しかし、中佐に渡されたマンガ本や小説、アニメなどを見ても、なにも感じない吉次。
 吉次には萌えがまったく理解できない。
 ついに中佐はアドバイザーとして、萌えの精、もえるを召喚する。
 果たして吉次は萌えを知ることができるのか……!? 第九高校で、君は萌えの神を見る。


 十文字青著、おなじみの第九高校シリーズ第4弾。
 今回はいつもより輪をかけてまったくなにがしたいのかわからなかったのだが、読み終わってみると不思議な読了感を味わせてくれるいつもの第九高校シリーズだった。うん、たしかに吉次にはなんらかのカタルシスが見て取れたかとは間違いないんだよね。

 人生はつまらない。
 そんなことを格言に、なにをしようにも無気力、無欲、無能の主人公・吉次。そんな彼の視点から切り取られる日常風景はたしかに殺風景他ならないものでした。そこに、親友の気の迷いによって召喚された「萌えの神」であるもえるが彼の無機質な日常に少しずつ変化を加えていきます。
 吉次にしか見えないし触れないもえるは、女の子の行動や仕草から感じられる「萌え」を助長させる魔法めいた力を使い吉次と女の子のだれかをくっつかせようと尽力。一方吉次はそれを余計なお世話だと迷惑がっていても、止めるまではしないという無気力ぶり。流されるままにも程があるってもんです。

 そんなこんなで3人の女の子とつながりを持つことになってしまった彼の日常がスタートです。まあそれで終盤辺りまではラブコメラブコメしていたのですが、今度はもえるの秘密に気づくと展開は驚くほどに変わる。一変、と称してもいいほどの展開は、なんと吉次がもえるを救うために三人の好意にもなりふり構わず「萌神」の住む異世界に旅立つというもの。
 命の恩人とも言えるもえるを救うべく、「人生はつまらない」とあれほど嘯いた自分を変えるために、一心不乱に打ち込む姿はまさに主人公ではありませんか。あの無気力、無欲、無能の彼はいずこへ行ってしまったのでしょう。

 正直言って超展開です。なんでいきなり舞台が異世界ファンタジーに変わって修行してんだこいつってなりました。でも、でも、この爽快な読了感はたしかな青春モノなんだと思います。十文字青でしか書くことができない、どこか心に訴える一冊だった。
 オススメはしないけど、興味があれば是非。

 ←『絶望同盟』の感想へ

2010-07-28 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。