アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ココロコネクト カコランダム [★★]


ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)
庵田 定夏 白身魚

エンターブレイン 2010-09-30
売り上げランキング : 407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 冬休みを目前に控えた終業式。文研部のメンバーは、謎の文字を見つける。「永瀬・稲葉・桐山・青木」、そして「12時~17時」。誰が書いたのか、意図すら分からず首をひねる5人。だが彼らは12時に、信じられない光景を目にする。子供に戻ってしまった伊織と唯、ふたりは身体と精神が幼くなっていて……!? 17時にピタリと止まる奇妙な条件、姿を現さない<ふうせんかずら>、さらにただひとり現象が起こらない太一に、謎の影が忍び寄る――! 愛と青春の五角形【ペンタゴン】コメディ、大波乱必至の第3巻!!


 やばい。青木マジカッコいい。本当にこいつは凄いやつだった。
 誰よりも適当だったこいつが、誰よりも真剣な場面は息を呑む展開でした。人を好きになることの大切さを一番わかっているのは実は青木なんじゃなかろうか。過去に好きだった女の子もいるしそのときはその子が一番だった。けれど、いまは桐山唯がおれにとっての一番だ! とかいうくっさいセリフを吐いてくれるんだけど、そこがまた青臭くてたまらない。なによりも人を全力で好きになるという、そう簡単にはできないことをこの青木はすでにやってのけているのである。しかも二度も。

 過去そのものを現在に映し出し、その当時の記憶も鮮明になってしまう『時間退行』に、五人の中で一番脆い唯は心身ともにボロボロになる。自分は支えられているばかりで、なにも返してあげられない。なにをするにも「いつか」がつきまとい、そんな過去に縛られ何事からも逃げてばかりの無価値な自分に、苛立ちと不安ばかりが募っていた彼女。自分から動かないといけないことを知っていながら、ずっと逃避していたツケが回ってきた分がこれだった。
 そんな感じで、少しずつだけど確実に自分を見失っていた唯が、青木の真摯な告白に勇気づけられて再び立ち上がるところは目頭が熱くなった。きっかけは確かに青木がもたらしたものだけど、唯は自力で立ち上がれたと思う。何事にも全力で一番を目指していたかつての自分を取り戻した桐山唯に、立ちはだかる障害はなにもない。ずっとおぼつかなかった大切な一歩を、前に進むことができた彼女はきっと誰よりも強くなっているはずです。
 そして唯が青木に抱きつくところは本当に青春だなあって感じました。男性恐怖症も乗り越えたんだなー。愛の力恐るべし。

 しかし一番盛り上がったのがこの青木と唯のシーンだったのだけれど、そのあとの伊織のエピソードがなんかすごい蛇足に感じた。え、これ一番うしろにもってくるの? って感じで微妙に拍子抜けしてしまいました。なんか解決もあっさりだったし。
 まあでも総じていいお話だったと思います。早く青木と唯は付き合えばいいと思う。正式なカップルにならなかったら泣きます。このシリーズでベストカップルだと信じて疑ってませんから。
 大好きです。続刊も期待。

 ←『ココロコネクト キズランダム』の感想へ

2010-09-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。