アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

俺の妹がこんなに可愛いわけがない7 [★★]


俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキー・メディアワークス 2010-11-10
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「お、おまたせっ」
 顔を上げると、照れくさそうな微笑みを浮かべている……俺の彼女がそこにいた。俺の愛しい恋人である彼女の名前は、高坂桐乃。
「あんたのこと……“京介”って、呼ぶから」
「だって、その方が……恋人っぽいじゃん?」
 めちゃくちゃ仲の悪い兄妹だったはずの俺たちが、こんなただならぬ関係になっちまうなんて…………まるで悪夢だ。
 夏休みに入ってからというもの、俺の周りでは恋の話題が尽きやしない。「待て……殺さないでくれ……」あやせの家にお呼ばれして、楽しい一時を過ごしたり。
「──妹に彼氏ができたかもしれない」「実姉モノのエロゲーが姉さんに発見されてしまいました」「責任を取ってもらいますわ、京介さん」友達から人生相談(?)をされたり。
 そして一年ぶりの『あのイベント』も──
 シリーズ最大の山場到来!? 注目の第7弾!!


 うわー、ここにきてすげえ大型爆弾きた……。

 思えば京介も桐乃も随分変わった気がします。
 かつては兄妹という関係が一度冷え切り、あまつさえ兄は凡人で妹は才の塊という対極的な関係になってしまった二人。本当に関わり合いさえなかったこの兄妹が、いわゆる「オタク文化」を通じ、短い期間で急激にコミュニケーションが増え、人間関係が増す。京介にとっても桐乃にとっても、それがプラスに働いていたのは違いない。特に桐乃は自分のあるがままを京介や黒猫、沙織といった人たちが肯定してくれる世界を手に入れたわけだからより一層。

 でもまさか桐乃が京介に好意まで持つとは思わなかったんだよ。
 態度自体は相変わらず不遜で口が悪くてうざいキャラなんだけど、今回のことでそれが好きの裏返しなんじゃないかという可能性が浮上してきたわけです。というか確定でいいのか、これ? 偽デートの話はまだいいとして、黒猫と京介の距離がググっと近づいていくのに焦って偽彼氏まで持ち出し、自分の好意に気づいてもらおうとするとか、本当に桐乃どうしちゃったんだ。天才肌のくせにあまりの不器用さに不覚にもかわいいとか思ってしまった。

 で、一方京介ももう桐乃のこと好きすぎるだろ。
 桐乃の人生相談から始まり、それを通じて出会った人たち、関わったコミュニティ、すべてが京介の環境を一変させたわけです。今はもう見事に毒され続けてこんなに「マジキチ」とかふつうに使ってるし立派なオタク像に……。しかしながらそれらすべてを差し置いて、彼のあらゆる原動力の中心に据わっていたのはやっぱり桐乃なんですよね。
 話しかければ無視され、言葉をかわせばケンカになるまでに冷え切っていたにもかかわらず、どんな相談事も文句を言いながら真摯にぶつかっていた京介。いままでは兄としてという義務感もあったんだろうが、偽彼氏騒動でもう完全にそれを上回っているなにかがあると確信しました。というか私も妹いますけど、偽彼氏騒動のことはそこはおまえが口出ししていいことじゃねえだろって本気で思ったので、そう思うことでしか納得できません。京介は本当にそれでいいのかよ。

 そして極めつけの黒猫。
 京介とは同じ学校、同じ部活動、そして桐乃の不在ということもあって急速に距離を縮めてきた彼女。正直もうこの巻ののっけから京介に対してデレデレな態度は端々から窺えたんだけど、黒猫自身は桐乃の京介への好意に気づいてないんだろうか。ていうか気づいてないとおかしいんじゃないのか。それともわかっていてあえて告白したのか? どちらにせよ、今後桐乃との衝突は避けられない気がするんだけど、でも親しい人にはかなり想いやりが深い彼女がまさかここまでの強硬手段を敢行してみせるとは思わなかったのが本音。黒猫にとって京介は、桐乃と争ってまで手に入れたい人なんでしょう。まあ黒猫からしても京介は自分を肯定してくれる人間だったからなあ。そこら辺は桐乃と似通ってる。

 とまあすごい展開になってきてるのは明らかなんですよねこれ。どう収集付けるのかまったく予想がつかない。ああもうどいつもこいつも難儀だなあ、おい!
 拗れるに拗れる気がするんだけど、そうなると俺妹らしさがかなり削がれてしまうと思うのでどうなんだろう。伏見先生はそこら辺の斟酌にかなり気を使っているらしいので、あんまりシリアス寄りにはならないと思うけど。
 まあ個人的な意見としては桐乃と京介には絶対にくっついてほしくないです。もしくっついたら私の中でなにかが確実に崩壊する。これだけは守ってほしい一線とはまた違うべつのなにかですが……。

 というわけで、早く続きがよみたい。このままじゃ生殺しすぎる。

 ←『俺の妹がこんなに可愛いわけがない6』の感想へ

2010-11-17 : 文庫感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

いつもラノベ買う時の参考にさせてもらっています。

>でもまさか桐乃が京介に好意まで持つとは思わなかったんだよ。

 桐乃は最初から京介に好意を持っていたんでしょう。それこそ冷戦状態になる以前から。しかしある出来事がキッカケで自分の気持ちを押さえつけ、逆ベクトルの行動に出てしまっている。
 今回自分の好意に気づいてもらおうとしたのは、今までの人生相談で再び距離が近づいたのに加え、前巻の人前での「俺はシスコンだぁー」宣言が効いたんじゃないですか。今ならいける、と。
 一方、黒猫は桐乃の想いに気づいているからこそ、京介に素直に向かい合おうとしない桐乃に怒り(自分は桐乃との衝突も覚悟の上京介に告白しようとしているのに)、帰ってしまったのでしょう。
 最後の桐乃との長電話はおそらく京介に告白する旨の内容だったんじゃないでしょうか。
 
 ちなみに、桐乃の好意ですが、個人的には恋愛感情に似た好意でありそれ以上でもそれ以下でもないと思ってます。要は、初恋の相手が兄だったというだけのこと。
 それは、オタク趣味以上に世間に公表できないものでもあります。もしそうなら、桐乃の苦しみは察するに余りあります。偽デート中の桐乃の激昂ぶりも、京介の発言に兄妹の壁を感じたためでしょう。
 しかし、桐乃の想いは「はしか」みたいなものなので、早く本当に好きな人を見つけてもらいたいものです。そのためには不仲になった原因を京介が思い出す必要がありますが。
 なお、京介はあやせに「近親相姦上等の変態兄貴」(笑)などと罵られていますが、きわめて常識的な倫理観の持ち主なので、桐乃と京介がくっつくことは絶対にないと言い切れます。

 あと麻奈美はかわいそうですがしょうがないですね。動かないと負けです。

 以上、長文失礼しました。
2010-11-17 21:23 : 碧々 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。