アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

@HOME 我が家の姉は暴君です。 [★★]


@HOME 我が家の姉は暴君です。 (電撃文庫)@HOME 我が家の姉は暴君です。 (電撃文庫)
藤原 祐 山根真人

アスキー・メディアワークス 2010-11-10
売り上げランキング : 697

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 とある事情から親類の『倉須家』に引き取られることになった僕。だけどそこは、血の繋がらない七人のきょうだいたちが住むという妙な家だった──諧謔的な長男、おっとり&投げやりな長女、暴君の次女、スキンシップ過剰な三女、男か女かわからない三男、カメラを手放さない四女に、そして次男の僕。ともあれ新しい生活は割と順調である……次女のリリィが何故かやたらと僕にキツく当たってくる以外は。
 電撃文庫MAGAZINEに連載され人気を博した、ちょっと風変わりなハートウォーミング(?)ストーリー、開幕!


 あの藤原祐先生が家族モノでハートウォーミング……だと……ってことで読んでみた作品。
 箱を開いてみればあらすじ通りの真っ当な家族モノでありました。笑いあり、泣きあり、血が繋がっていなくたって家族になれるという、そんな温かいテーマ性を如実に示した作品でしたね。

 今回は響が倉須家に迎えられる導入部から、七きょうだいの次女でありサブタイにも謳われている暴君ことリリィにスポットが当てられています。このお姉ちゃんがまたとんでもなくひねくれていて、突飛な言動もしょっちゅうなのですが、その一見理不尽な行動だったり言動が、すべてきょうだいを守ることに結びついているあたり憎めないやつです。きょうだいを大切にすることにかけては倉須家一番なんじゃないだろうかってくらいに家族思い。
 特に両親を失った悲しみを新しい家族へはだすまいとする響へ、彼女が「家族として」当てた辛くとも優しい言葉はとても印象に残っています。正直こんなに懐の深い姉キャラだとは思ってもみませんでした。リリィお姉ちゃん素敵。

 わけありだらけのこの七きょうだい。
 まだまだ本編では触れられていないきょうだいたちの過去に受けた傷、そしてこれから逃げずにそれに向き合い、乗り越えていかなければならない問題がたくさんあるでしょう。そこら辺の各エピソードとの絡め方も気になるところです。今後の展開も楽しみに待っています。
 他人だからこそ生み出せる、家族以上の絆が見られるかもしれません。

2010-11-24 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。