アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

黒のストライカ [★]


黒のストライカ (MF文庫J)黒のストライカ (MF文庫J)
十文字青 硯

メディアファクトリー 2010-10-21
売り上げランキング : 11803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 かつて、あまねく夜を統べ、闇に名を馳せた一族――夜魔。その最後の生き残りである高夜椋郎は、日本古来の種族・大目天の監視の下、ごく普通の高校生として日々を送っていた。たまに幼馴染みのしはるを怒らせながらも、平穏に過ぎてゆく毎日。しかしある日、ひょんなことから元臣家の吸血鬼と、彼女を狙う吸血鬼狩りの戦いに巻き込まれたことにより、椋郎の“日常”は“超常”へとその姿を変える。異能の美少女たちに傅かれながら、しはるから真実を隠すために奔走する椋郎。そして、そんな椋郎を見つめ、にんまりと微笑む影――「みーつけた♪」――大スケールで贈る漆黒の学園バトルラブコメ、ここに始動! 「――さあ、夜は始まったばかりだ」


 十文字青著としては珍しい、王道的な学園異能モノ。絵師的にも売れ筋路線なのだろうか。
 それでいて決して「ふつう」とは言わせない、掛け合い一つにおいても著者独自なフラストレーションがたまっていくテイストが組み込まれていると言ってもいい。基本的にヒロインはほとんど危なっかしい上に、敵役にいたっては相変わらず頭のネジがゆるんでいる。前シリーズ「いつも心に剣を」のような、いつ主人公をどん底に突き落としてもいいような展開もあるっちゃあると思う。なんにしても期待がかかるシリーズであることは相違ないですね。

 夜魔の血を引く平凡な主人公・椋郎、彼はそんな疑いようのない日常にいれることに満足し、同時に固執していた。夜魔だの吸血鬼だのとは一生縁のない、ただ幼馴染みとの距離を保ちながら永遠と日常にいることを望んでいた。
 そしてひとつの出来事がそれを許さなかった。どうしようもなく椋郎は超常に誘われる。引き返す道もなし。
 全体的にこの1巻は要素の散らばせたり、キャラ見せ・役割の明示だったり、伏線を敷いたりと、導入部にまるまるつぎ込んだと言ってもいいかもしれない。そのおかげもあってラストや次回への引きもなかなか強かったです。
 これからの椋郎や各ヒロインの動き、そして夜魔としての椋郎を狙う敵さんや、その動向を探り椋郎を守ろうとする者。舞台は整いつつあるので、次回からが楽しみです。

2010-12-08 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。