アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

このラノベキャラが萌える!2010 【男の子編】


 男の子編ということは女の子編もあるということになります。年は越したが気にするな。
 この独りよがりの誰得企画は、2010年に私が萌えた(或いは燃えた)ライトノベルのキャラクターたちを男女に分けて10人ずつ選出してみようという思いつきで始まりました。特に誰向けというわけでもないし、ただこんなキャラが好きなんだよぅ! って言いたいだけなので、まあ共感とかは求めてないけどあればあるで嬉しいですね!
 あ、ついでのように明けましておめでとうございますね! コミケやオフとうもろもろ忙しくて結局年越してからの更新になりましたけど、今年もよろしくお願い致します! あとがんばってコメント返そうと思ったんですが無理でしたね。すいません。本当にすいません……。今年はがんばって返せれば返そうと思います。

 じゃあ、さっそく。ネタバレ注意ですので、興味のある人はどうぞ。





 このラノベキャラが萌える!2010 【男の子編】


○ルール
 ・選ばれた中では特に順位はありません
 ・あくまで2010年以内の刊行作品
 ・萌えというのは人それぞれ。長い目でおねがいします
 ・嗜好上、男の娘が多数含まれます


>No.1  小日向祭/僕たちは監視されている

 僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫)
 このライトノベルがすごい!文庫から。あ、続刊が今月出るのでそっちも楽しみですね。
 祭ちゃんはこんな可憐な見た目でも立派な男の子で、肝も座ってるし見た目からは想像もつかないほどアグレッシブです。その一生懸命な明るさと、持ち前の度胸で作中でもかなり大胆な立ち振る舞いを見せてくれます。そしてどこまでも率直でマジメな子。
 常に世界中から実生活を見られている世界観において、彼の性格は結構アブナイし実際ちょっとした壁にもぶち当たってしまうのですが、そこでへこたれない強さが見えてよかったです。あくまで誰かの為に行動し、真摯に歩み寄ろうとする祭ちゃんは読んでて心動かされるものがありました。


>No.2  深山琥太郎/深山さんちのベルテイン

 深山さんちのベルテイン (GA文庫)
 記憶に新しい逢空万太先生の新作から。表紙の子ですね。
 簡単に言うと「女の子になりたい系男子」です。女の子予備軍です。かわいいものを着たいからとか、かわいいものが好きだからとかそういうんじゃなくてもう根っから女の子になることを望んでいるというちょっと特殊なタイプです。だって、巨乳に憧れる男の子なんてふつういないでしょ? でも個人的には男の娘には分類したくない。
 それだけあってかなりかわいいし、女の子のこととか熟知してるし、女装デフォだし、言葉遣いからしてもうぶっちゃけ本当に女の子でいいんじゃねってのがあるんですが、あくまで男の子という線引きがあるのがこの作品のミソ。彼を取り巻くキャラもちゃんと考えられてますもの。ショートショート連作形式なので時間があるときにおやつ感覚でちょいちょい読み進めてもいいかも?


>No.3  ジュリオ・ジェミニアーニ/剣の女王と烙印の仔

 剣の女王と烙印の仔〈4〉 (MF文庫J) 剣の女王と烙印の仔 5 (MF文庫J) 剣の女王と烙印の仔Ⅵ (MF文庫J)
 MF文庫から刊行されている杉井光先生の本格ファンタジーから、サブキャラの守護騎士くん。
 登場当初はかわいい男の娘騎士だなーしかと思っていなかったのですが(実際彼には性別を偽って巫女をしていた経緯があったりします)、ここ最近の巻における彼の一途な行動や想いが強くなってきていて、正直かなりすごいです。その純真さと純白さゆえの強さなのですが、最新刊の展開ではそれがかなり痛ましい。守りたい人のために人間の尊厳まで捨てられる彼の騎士道精神に感服いたしました。その心の強さが壊れてしまわなければいいのだけど。
 この先本当にイバラの道を歩むしかないんだけど、どうなってしまうんだろうかと不安です。シルヴィアと笑い合える日をやってこれる日を祈り、彼の健闘に期待したいところ。



>No.4  三村朔太郎/クロノ×セクス×コンプレックス

 クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫) クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫)
 電撃文庫の魔法学校モノから。TS男子枠ですね。
 ふつうの冴えない男だった彼が、ミムラ・オールドマンという女の子の意思によって体を交換されてしまい、あまつさえ別次元の魔法学校へ通うことになってしまうというのが1巻。で、だいぶ間が空いて絵師も交代して夏に2巻が出たんですね。そしてその2巻、女の子の体に慣れきってからが彼のかわいさが爆発した瞬間です。男性視点も入ってくるのですが、その男性視点から見る彼が本当に乙女で死ぬほどかわいいんですよ! なんだかんだで適応して、このままずっと女の子の体で将来を過ごすことも視野にちょっぴり入れちゃったりするところとかすっごいかわいいんですよ! しかも3巻では体を取られた張本人(体自体は自分自身)に襲われかけちゃったりするところとか、もう完全にアレです……あ、レアです。
 あと地味に、彼は女の子の体じゃなくてもモテる要素はあったんじゃないか説が自分の中にはあったりします。



>No.5  弓削満月/かぐや魔王式!

 かぐや魔王式! 第6式 (MF文庫J) かぐや魔王式! 第7式 (MF文庫J) かぐや魔王式! 第8式 (MF文庫J)
 MF文庫の安定シリーズから。えーと、一番左の6巻の表紙の子ですね。
 ベルテインの琥太郎くんが「女子になりたい系男子」だとすると、彼は「アイドルやってます系男子」です。正直そうだとわかるまで完全に女の子だったし、むしろ男の子である必要性がわからないほど女の子女の子したキャラでした。常に人気者でありたいし、誰からもちやほやされたい彼はそのために「好かれるキャラ」の役作りに余念がなく、本質的にはこの作品の主人公であるハラグロこと錦織貴と似ています。そして地味に幼馴染みキャラでもあります。
 まあ、かわいさは折り紙つきを保証していい子なんですけど、男とわかった瞬間からの貴の扱いがひどい。満月も負けじと他のヒロインと並んでラブアタックを仕掛けるんですが、貴からまったく相手にされないところ前途多難が目に見えているという不遇ヒロイン(?)。うん、でもその不遇さが好きですよ!



>No.6  アルト・グスタフ/百億の魔女語り

 百億の魔女語り1 オトコが魔女になれるわけないでしょ。 (ファミ通文庫) 百億の魔女語り2 やっぱり都会の女なのね、そうなのね。 (ファミ通文庫)
 ファミ通文庫から竹岡葉月先生の新シリーズ。2巻が出たばかりです。
 卒業単位を獲得するために魔女術――ウィッチクラフトを修めざるを得なくなった少年アルト。教えを授かるために三姉妹が住まう本拠地には、まず形からということで女装で赴き(まったく似あってませんが、彼なりには一生懸命だったシーン)、結果ヒロインのエーマとの出会いは最悪の形になってしまいます。けれどスポーツマンらしく、実直で熱いところもある好青年です。三姉妹との接し方で悩んでいるところも、結構かわいかったりします。基本アホだけど、頼りになるところは頼りになるし、エーマが好きになっちゃうのもわかるなあ。
 でもって1巻の最後でちょっとした仕掛けがありまして、それが一層彼への好感を上げるものだったんですよねー。まさかそんな隠された意図があったなんて。



>No.7  佐藤光一/Re:バカは世界を救えるか?

 Re(アールイー):  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫) Re(アールイー):2  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫) Re(アールイー):3  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)
 富士見ファンタジアのバカが世界を救うかもしれない異能バトルモノから。
 えー、はい。言わせてもらいますと、この作品において一番かわいいのはヒロイン勢を差し置いて主人公の佐藤光一だと強く思っています。非日常や異能に強く憧れを抱いている重度の厨二病罹患者の彼が、本物の異能を手に入れたり秘密組織に入って悪い能力者と戦ったりするお話。しかしそれは同時に一人の少女を守る使命も課されていて、普段は口だけのヘタレでイタいやつなのに、いざとなるとバカなりにカッコよくなるというギャップ萌えを備えた主人公でもあるのです! 彼の中で絶対に許せないという部分も決まっているし、そのための善悪の判断もきちんと自分でするし、ヒロインであるアルルを守るためならなんだって敵に回し、立ち向かっていくところも好感ですね。とにかく色々な意味で本当にあたたかい目で見守っていきたい主人公でなんですよ! 萌えるんですよ!
 物語自体もかなり好きなんですが、いかんせん周りに読者がいないのが惜しいところ。この機会にどうでしょう。



>No.8  青木義文/ココロコネクトシリーズ

 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫) ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫) ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)
 ファミ通文庫の仲良し五人組による青春ストレートモノから。
 萌えというよりは燃えの方かもしれない。とにかくもうこいつは本当にカッコいいしすごい。普段はおちゃらけてて、とても軽薄なやつに見えるんですが、実際は全然違うんです。彼は五人の中で誰よりも「人を好きになる」という気持ちの大切さを知っているん貴重なキャラなんです。あしらわれたって何度も何度も向かっていって、好きな人が傷ついたらなにかしてやりたいという思いから踏み出す勇気を与えて、支えにだってなってやるいい男なんですよ! 3巻の告白のところは泣く一歩手前でしたからね。彼の真摯さにはとても胸を打たれました。
 いまどきこんなやつ他の作品で見ません。そこがまたいいのかもしれない。というか唯との関係性がおいしすぎるんです。早く正式に恋人になってください。


>No.9  ヴァイエル・バッハベル/氷結鏡界のエデン

 氷結鏡界のエデン3  黄金境界 (富士見ファンタジア文庫) 氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫) 氷結鏡界のエデン5  絶対聖域 (富士見ファンタジア文庫)
 富士見ファンタジアの毎度安定の細音啓先生のシリーズより。ツンデレ枠そのいち。
 護士候補生でチームを組むときに、最後に加わったのが彼ですね。口を開けばひとたび誰かの悪口で、表面は団体行動を毛嫌いするどこぞの不良としか言いようがない彼。しかし彼の思いやりの深さを知ると、その悪態が照れ隠しに取れてしまってくるという不思議な気持ちに……! なんせ一番護士の本質を見極めている人ですからね。困っている人が放っておけないし、護士になることに必死な人たちがついおろそかにしてしまうことを裏でやっていたりと、かなりギャップ萌え率が高かったりします。いや、ちゃんと根っこは熱いハートの持ち主だったりもするんですよ! あれです、昔ながらの不良が捨て猫を拾っているようなあれに似てます! そういうことにしといてください!
 まだシェルティスとの本格的な絡みはないんだけど、いずれやってくれると期待している。あ、でもシェルティスにはレオンがいるから……。


>No.10  ロキ/機巧少女は傷つかない

 機巧少女は傷つかない〈2〉 Facing  機巧少女は傷つかない3 Facing  機巧少女は傷つかない 4 (MF文庫J)
 MF文庫のシンフォニックバトルアクションから。ツンデレ枠そのに。
 最初は敵として主人公の雷真とぶつかった彼ですが、ここ最近の展開ではかなり雷真とひよってますね。基本は出逢えば即低レベルな罵り合いを繰り広げてばかりで、いがみ合うなんてもう日常。それが最新刊ではついにデレの境地までたどり着いたんですよ。夜々奪還のときも、学園の意向に刃向かうと分かっているにもかかわらず目の敵にしている雷真を助けちゃったりね! 共闘おいしいです!
 そしてかなりのシスコンでもあるんですよね。お姉ちゃん大好きっ子。やっぱり口では冷たくあしらっているように聞こえるけれど、態度と行動からは全然そんなことは感じないし、むしろ姉弟愛が感じ取れてしまうレベル。でも、フレイが雷真のことが好きなの内心すごい気にくわないんだろうなー。そしてまた雷真とぶつかって私たち読者がニヤニヤするといういいサイクルができてますね!




 こんなところでどうでしょうか、と。結構マジメに選んだつもりです。話が合う人はいるんだろうか……。
 近日女の子編もがんばって上げる予定なので、少々お待ちを。うん、でも実際女の子の萌えより男の子から感じる萌えの方が書いてて楽しいのかもしれない、と薄々感じている私がいます。

2011-01-01 : 徒然 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。