アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

氷結鏡界のエデン5 絶対聖域 [★★]


氷結鏡界のエデン5  絶対聖域 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン5 絶対聖域 (富士見ファンタジア文庫)
細音 啓 カスカベ アキラ

富士見書房 2010-12-18
売り上げランキング : 1216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ユミィ護衛任務中のシェルティスの前に現れた、最強の錬護士筆頭イシュタル。シェルティスは、かつて剣を交わした彼女に正体がばれることを心配するが、イシュタルは謎めいた笑みを浮かべるばかりで……


 さあ、そろそろ感想の方も通常運転に戻しますよ、ということで新年一発目はこのシリーズです。
 実は2010年の一発目もこのシリーズだったので、なんだか縁深い作品になってしまったというかなんというか。まあそれは置いておいて早速感想の方に参りますか。

 新キャラのイシュタルがものすごく恐ろしいヤツだったとしか言えなかった話ですね。
 とんだ食わせ者……というか今回この人根本的に私怨で動いてますからね。シスコンと言えばかわいいものですが、かつて妹であるイーシャが黄金のマハから受けた傷を当人へこのお姉ちゃんが何万倍にして返してますよ。それだけじゃなくて普段は本当に最強の錬護士であるか疑うくらいに思考が読めませんし、今後のキーマンにもなりそうな。さらに言えば、この人ジルシュヴェッサーの称号を持つ人でもあり、いよいよ「黄昏色の詠使い」との繋がりも表立ってきた感じです。まあ、ひとえにカッコよくはあったんですけどね。

 それから本当の敵が見えてきたお話でもありましたね。ぐぐっと進行した感じ。
 相変わらずキャラの掘り下げもくまなくするのだけれど、これが明確になったのは大きいです。あとユミィとモニカにスポットが当たったのは個人的に嬉しかったです。ヴァイエルの出番があんまりなかったのは残念だったけど、ユミィとモニカは昔縁もあるし、こうした形でまた隔たりなく付き合えてるのはよかった。

 というわけで今回もおもしろかったです。時間があったらちゃんと読み返したいシリーズなんですが、なかなかそういう時間が取れないんだよね……。次回も楽しみです。

 ←『氷結鏡界のエデン4 天上旋律』の感想へ

2011-01-06 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。