アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ココロコネクト ミチランダム [★★★]


ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)
庵田 定夏 白身魚

エンターブレイン 2011-01-29
売り上げランキング : 106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「太一とは、付き合えません」
 太一は正式に伊織に告白し──玉砕した。異常な現象が起こっていても関係ないと、決死の覚悟で臨んだ想いは儚く散り、その上、重い足を引きずり向かった部室でフられた事をメンバーに知られてしまう! 部内は騒然となり、稲葉は動揺を隠せない。伊織が場を取りなそうとしたその瞬間、彼女の心と感情が響き渡り……。そして、その日を境に永瀬伊織は変わってしまった──。愛と青春の五角形【ペンタゴン】コメディ、岐路と選択の第4巻!


 太一をフってからというもの、突如周りへの態度を変え、今までにない冷たさを見せる伊織に戸惑う文研部の面々。伊織の真意が見えないまま、それでも彼女を立ち直らせようと行動を起こしますが、すべて突っぱねられるか無視されてしまいます。
 人格交換、欲望解放、時間退行ときて、こたび5人に立ちふさがったのは、そのときの気持ちがリアルな感情を伴ってアトランダムに他人へ筒抜けになるという感情伝導でした。欲望解放と近いのですが、この障害のタチの悪いところは「リアルな感情を伴って本心が否応なく伝わる」ということ。好きも嫌いも、関係なく。

 物語の中心はあらすじからわかるとおり伊織となります。
 いままでの障害を持ち前のバイタリティで切り抜け、文研部の面々が傷ついていくたびに率先して励まし回っていた伊織。だけど、彼女の心が壊れるのはとても簡単で、なんとも盲点でした。
 文研部の人たちだけでなく、私たち読者もいままでの経験則から意識しないうちに伊織に期待していたのかもしれません。「伊織なら最後にはなんとかしてくれる」「伊織ならなんとか立ち直るだろう」――そんな期待と想いの数々が彼女の支えを壊していったんでしょうね。
 周りに合わせて「永瀬伊織」を演じることを常としてきた彼女。しかしそのツケが、いつの間にか期待に応えるという責任感に追われ、感情のはけ口を見失ってしまうことだった。周りが期待する「永瀬伊織」が全部なくなるまえに、失望されてしまうまえに、自らの手でそれを壊すことを選択した伊織の感情はとても冷たいものでした。
 まあ、結局のところ、伊織もふつうの女の子だったというわけですよ。
 伊織以外の文研部の面々は「次に」どんな障害が来ても打破することを信じて疑ってきませんでしたが、ふつうならその「次」自体を望まないのが当たりまえです。そりゃあここで終わればどんなに平和なことでしょうね。超常現象に慣れてしまったが故の盲点だった、ということですよ。伊織はそれに耐えられなかった。ただそれだけ。

 そんなフラストレーションを序盤からためつつ、それが一気に爆発したのが稲葉との言い合い。
 なんかもう相変わらず青いよな。作者さんはこれ書いてて恥ずかしくないのだろうか、と毎回思ってしまうほどには。小学生みたいな喧嘩かもしれないけれど、お互いに本心をぶつけ合うところが本当にいい。伊織の目を覚ましてくれるのは稲葉だと思っていたよ。
 それから唯も唯で前回からの成長が見て取れてよかった。誰よりも弱かった彼女が、もうなにも恐れることはなく大好きな友達のため直向きになるところとか、すごくよかった。泣きそうだった。
 あとやっぱり青木がカッコいいし、なんか今回は妙にかわいい部分も多かったと思う。
 というか唯と青木のイチャイチャカップルぶりが超おいしいです! これでまだ正式に付き合ってないとかうそだろ! 早く付き合ってくださいお願いします! もう唯が青木にベタぼれしてるのがかわいくてかわいくてしゃーないんですよ!!

 伊織復活のクライマックスもとってもよかったです。稲葉との言い合いが一番盛り上がるところなのかと思ったら違った。
 もうふつうとかそうじゃないとかそういう難しいことは全部全部跳ね除けて、好きな自分であり続けるという答えを出した伊織に止めるものはありません。いわばこれも肯定の物語だったのではないでしょうかね。イヒの羽川と似てる。
 最高の笑顔で、最高の仲間と、最高の時間を。そんな未来を確信して、伊織は再び向かい合う。

 で、最後に爆弾来ましたね! まさかこの二人がねー。びっくりですよまったく。
 今回はいままでで一番おもしろかったです。みんな大好き。

 ←『ココロコネクト カコランダム』の感想へ

2011-01-29 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。