アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今週の感想録 10ページ


 桜が咲いてもまだ肌寒さが残るようで、まだ油断ならないですねー。
 日中はちゃんと暖かくなってるのはわかるんですけど、夜になるとまだ冷える。でも暖房いらずになってきてるのは、少なからず暖まってるんでしょうねー。今年も無事に桜を見ることもできましたし。早くもっと暖かくなってほしい。

 さて春アニメがぼちぼち始まりました。まだ放映してないのも多いですが、観たのも多いという。やっぱり毎年の春はアニメが多くなってきていると思うんだ。でもやっぱり数が多くても「おもしろいなー」って思うのはいつもと同じくらいの数だったりします。ああでもタイガー&バニーは完全にダークホースでしたね。あれはいいアニメの見せ方をしてますし、導入部のインパクトもすごかった。なんといってもスポンサー名で覚えられますからね。
 あとは花咲くいろはが堅実にドラマ性を出していると思います。これからどんな人間模様が見れるのか楽しみにしているところもあるのですが、ぶっちゃけ好きなキャラが今のところいないのも事実。緒花はちょっとイラッとさせられることが多い。逆に民子は中の人があまり好きではないんですが、キャラはいいと思う。

 それでは今週のおしながき。

 ・ヒマツリ2 アイスドール・ウォーズ [★★]
 ・それがるうるの支配魔術 GAME1:ルールズ・ルール [★★]
 ・アカイロ/ロマンス4 白日ひそかに、忘却の [★★]
 ・ハロー、ジーニアス2 [★★]





ヒマツリ2アイスドール・ウォーズ (角川スニーカー文庫)ヒマツリ2アイスドール・ウォーズ (角川スニーカー文庫)
春日部 タケル も

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-31
売り上げランキング : 85649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 祭とサンジュのコンビが好きでいられ続ければ、こんなにもおもしろいんだなー。
 お話は進んでいないようでゆっくり進行してる感じ。やっぱり祭には謎の潜在能力っぽいものがあるみたい。それがなんなのかはともかくとして、このコンビは本当に見ててニヤニヤする。私から見ればどっちもかわいいしね。
 そして表紙なのにあまり出番のなかったこの人。マキナリアっぽいけど、まだこのキャラの立ち位置が把握できないので、次回動くところに期待。戦闘とかも。

 ←『ヒマツリ ガール・ミーツ・火猿』の感想へ


それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)
土屋 つかさ さくらねこ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-31
売り上げランキング : 3208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「放課後の魔術師」の土屋先生の新作。おもしろかったです。
 なんというか小説の体を持ったパズルみたいな感じで、遊び心に富んでる。「ルールズルール」もすごいけど、今回の事件のトリックだったりその解決法だったりも意外なものだったりして驚かされたというのもあります。そんなこんなですごい新鮮味を覚えた一冊という気持ちが強かった。
 その物語と、ヒロインのるうるとの絡め方もよかったです。こんな部活あったら入りたいよー。


アカイロ/ロマンス〈4〉白日ひそかに、忘却の (電撃文庫)アカイロ/ロマンス〈4〉白日ひそかに、忘却の (電撃文庫)
藤原 祐 椋本 夏夜

アスキーメディアワークス 2009-07-10
売り上げランキング : 314905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 制服姿の枯葉がかわいらしい。しかもここにきてはいてない疑惑。
 景介には思わぬ転機。自分の気持ちに整理のつかなかった棗は通夜子とのいざこざを通じて、ボロボロになりながらもそれを乗り越える。あと檻絵かわいいよ檻絵。
 ここにきて話が大きく動いてきている印象でした。枯葉と景介の関係性も深みが増して来ている。ずっと守られっぱなしだった景介が、ただひとり枯葉の弱さを受け止められるる人で、いつの間にか彼女にとって大きな支えになっていたんだなあと思わされる。
 さらには思わぬ黒幕も現れたことですし……ってこれどうするんだろう。

 ←『アカイロ/ロマンス3 薄闇さやかに、箱庭の』の感想へ


ハロー、ジーニアス〈2〉 (電撃文庫)ハロー、ジーニアス〈2〉 (電撃文庫)
優木 カズヒロ ナイロン

アスキーメディアワークス 2011-04-08
売り上げランキング : 196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 まさか続刊が出るとは思わなくてすごく嬉しかった。そして今回も楽しく読めました。
 相変わらず八葉はかわいいし、それとなく高行といい雰囲気になってるところにニヤニヤ。でも恋人じゃないんだよねー。
 人付き合いにはとことん臆病である八葉が、長屋を守るためにその他の部や同好会とも結託して立ち向かう展開も良かった。その経緯に、なにをするにしても立ち止まってしまう有屋と、ジーニアスである八葉がちゃんと比較されてて味が出てた。互いに自分が持ってないものを羨みながら、しかし何気ない言動や価値観の違いでぶつかり合ってしまうこともあったけど、ちゃんと向き合うことができたようでほっとしましたね。
 結果的にはオーライだったけど、高行はこれ苦労するだろうねー。読者としてはニヤニヤせざるを得ないんですけども。

 ←『ハロー、ジーニアス』の感想へ

2011-04-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。