アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今週の感想録 12ページ


 今日バイトの休憩でついったー見てたらとんでもなくショックな情報が流れてきました。
 というのも、既にご存じの方もいると思いますが「青葉くんとウチュウ・ジン」「えむえむっ!」の作者である松野先生が急逝したということ。その訃報がMF文庫の公式ページに載ってて、本当に亡くなってしまったのかと疑う余地もありませんでした。
 特に「えむえむっ!」は私が高校生のときから追っていた良い意味でくだらなく、いろんなドタバタでたくさん笑わせてもらった思い入れのある作品です。あの空気は松野先生でしかあり得ませんでした。物語はかなり佳境に入ってきていましたが、未完で終わってしまうんでしょうか……。もうほんとショックでショックで……。
 心よりお悔やみ申し上げます。楽しい作品を今までありがとうございました。


 さて、かなり重い出だしになってしまいましたが、切り替えて今週の感想にいきます。

 ・問題児が異世界から来るそうですよ? YES!ウサギが呼びました! [★]
 ・Re:4 バカは世界を救えるか? [★★]
 ・ニート吸血鬼、江藤さん1 [★]
 ・電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 [★★]





問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫)
竜ノ湖 太郎 天之有

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-31
売り上げランキング : 56150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 久々にすっごい潔い俺TUEEEEEE系を読んだ気がする。でも不思議と嫌いじゃないぞ。
 お話の内容の方はまだこれからだなーって感じはあるんですけども、それを動かすキャラの勢いがすごいパワフル。新人作家さんとは思えない力技。いや、だからこそか?
 十六夜のチートさはたぶん今後バランスを取るためにいろいろ制約がつくとおもうんだけど、あまり目立たなかったヒロイン二人をもうちょっと全面に出してほしかったってのはあります。でもこれ続きが楽しみですねー。どうなるかな。


Re(アールイー):4 バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)Re(アールイー):4 バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)
柳実 冬貴 一葉 モカ

富士見書房 2011-04-20
売り上げランキング : 1659

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 なんか思わぬ方向に物語が動き、そして衝撃のラストには舌を巻かざるを得なかった。
 こんなことってありえるのか? という予想外すぎるラスボスと、「一周目」の真実が、今の世界との辻褄があったときの「ああ、なるほど!」感がやばい。あそこまで光一が異能に憧れ、実際に力を手に入れたのはこういうワケがあったのか。
 しかもこれで次回が完結って言うんだから……。こんなにおもしろいのに目を疑いましたよ。せめて、せめてロリ宮が少しでも報われる短編を……!
 さて、本当にラストはどうなってしまうんだろう。でもハッピーエンドで終わるらしいから、光一の活躍に期待してもいいんですよね。がんばれ主人公。

 ←『Re:3 バカは世界を救えるか?』の感想へ


ニート吸血鬼、江藤さん1 (富士見ファンタジア文庫)ニート吸血鬼、江藤さん1 (富士見ファンタジア文庫)
鈴木 大輔 空中幼彩

富士見書房 2011-04-20
売り上げランキング : 283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本当にまだ序章の序章って感じだった。
 とりあえずこのような経緯で吸血鬼の江藤さんが主人公の家に住んでますってのと、主人公周りのキャラを把握してもらおうって狙いなんだろうか。ダメダメな江藤さんかわいいーって和むのもまた良し。
 にしても力を取り戻したときの江藤さんキャラ違いすぎるだろう。そこだけ雰囲気一変したよ。


電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)
入間 人間 ブリキ

アスキーメディアワークス 2011-04-08
売り上げランキング : 815

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 8巻読んでから読んだクチですがたぶんこれで正解だった気がする。1巻のリライト版。
 ちょうどこの時期アニメ版も始まってまして、懐かしいなーと思いながら読んでいたのですが、意外に新鮮な心持ちで楽しめたと思う。というのも、やはり女々さんのエリオに対する態度や星仲の存在だったり、社が介入していたりとだんだん元あった物語からズレていたんですよね。そう見えて結局アイキャントフライするんだけど、なぜだかこっちの方が爽快感があった気がする。というかエリオってこんなにかわいかったっけって思わされた。
 そしてあらゆる謎や疑問もぼかされたまま終わってしまったけれど、それがこの作品らしいっちゃらしいと思う。楽しかった。

2011-04-27 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。