アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

紅 kure-nai [★★]


アニメも今期の中ではいいと思うけど、私は原作をオススメします。というかこんな重い内容だったのか……。
ホント読んで良かったと思う。作者の片山さんは文章がうまいかと。もう二年以上も前なのか。
戯言シリーズっぽいとかよく言われてますが、そっちは分からないんで問題なし。


紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/12)
片山 憲太郎

商品詳細を見る


揉め事処理屋を営む高校生・紅真九郎のもとに、とある少女を守るという依頼が舞い込んできた。
少女の名は、九鳳院紫。世界屈指の大財閥の御令嬢。詳しい事情を聞かされぬまま、真九郎は紫との共同生活を開始。
彼女の我儘に振り回されながらも、その騒がしい日常に真九郎も慣れ始めたとき、最悪の使者が終わりを告げる。
宿命、楽園、そして紫の願い。全てを知った真九郎の選択は……。


時に守り、時に守られ、一人の女の子の願いのために、真九郎は拳を握る!

真九郎に惚れた。普段はそうでもないのに、こう何かのために熱くなれるのはカッコいいと素直に思う。
紫は私の読んだラノベの中で最年少のメインヒロインです。七歳。この下は恐らくないでしょう。
もうホント真九郎と紫の日常が微笑ましくてたまらない。紫も最初は「気安く触るな」とか言ってたのに、時間が経つにつれて仲の良い兄妹みたいだった。特に紫が家事を手伝うようになってからがすごく良い。

また真九郎を取り巻く人たちも良いキャラしてる。
まず、幼馴染みの銀子。クラスでは孤立してますけど頼れる情報屋。小さい頃の約束を覚えていることからして恐らく真九郎のことを……?
次にお姉さん的な存在の夕乃。激強いお方。巫女さんのコスプレをして「ムラムラします?」に思わずニヤニヤ。紫とは真九郎を取り合う仲になると思いますが、実は結構仲いいんじゃ。
五月雨壮の住人の環(通称エロ女)と闇絵(自称悪女)さんも素敵です。

そんな騒がしい日常を打ち壊したのが、紫の実の兄である竜士。
真九郎は付き人の鉄腕にぼこぼこにされ、紫は「家に帰る代わりに真九郎を見逃すこと」「竜士の子を生むこと」を条件に竜士につき従う。
九鳳院は家内でしか子供が生まれない特殊な事情のある一族だった。要するに――近親相姦でしか子供ができない。そんな許されることのないことも長年当たり前のようにマスコミは財力で揉み消し、生まれた女は「兄のために子供を生め」と教育され、また女も「それが当たり前なことで自分の幸せ」として受け入れられていた。普通の恋なども、まるで天上の出来事。
仕事仲間であり恩人でもある紅香にそう聞かされ、もう一度紫の本当の気持ちを聞くために真九郎は動く。

「人生には無数の選択肢がある。が、正しい選択肢なんてもんはない。選んだ後で、それを正しいものにしていくんだ」
「……前向きですね」
「後ろに何がある?」

もう紅香さんカッコよすぎなんだ。クールビューティーをそのまま人にした感じで。
言動もそうだけど行動もカッコいい。何事にも恐れをなさないって感じがすきです。

『わたしは、恋というものをしてみたい』

それが紫の願いだった。七歳の女の子の小さな望み。九鳳院に生まれた女の運命に、些細に抗う気持ち。
それからの真九郎は本当にカッコよかった。
お返しと言わんばかりに鉄腕を投げ飛ばし、紫を犯そうとする竜士をぶん殴り、九鳳院の当主を小物と吐き捨てる。
決して長いとはいえない共同生活。それでも、真九郎の紫を守るという気持ちは強かった。

「わたしは、九鳳院紫は、紅真九郎と一緒にいたい」

戦いが終わり、紫は普通の小学校にも通えるようになった。そして紫は真九郎にそのまま結婚宣言。
七歳の妹を犯す兄ってどうなのよとか思いましたが、最後はきっちり締められていてよかった。物語の運びがうまい。
紫のちょっとソフトなツンデレがホント可愛かった。もうロリコンって言われてもいいわ(ぉ
続編まだ読んでませんけど、これは楽しめそうです。オススメ! アニメもよろしく!

→『紅 ~ギロチン~』の感想へ

2008-04-25 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

TAKAです。

>紅
現在『醜悪祭(上)』まで読み終わっています。
明日『醜悪祭(下)』を買おうと思っています。

主人公でもある真九郎。
確かにかっこいい場面ではバッチリ決めてくれますが、普段は周りに翻弄されているので本当に面白いですねぇ。
紫と夕乃のやり取りや学校での銀子と真九郎のやり取りなど、何気ない(?)部分でも楽しめますし・・・
アニメとは違った部分も多いので、アニメから入った人たちでも新鮮な感じで楽しめますねぇ。

久々にいい本を読めたと思っています。

それでは。
2008-04-26 22:53 : TAKA URL : 編集
>TAKAさん
なんかよく知らないんですが、醜悪祭の下がかなりひどいらしいです。
ページ数が少ないとか、話が未完だとか。うう、これから読むというのに怖いなぁ……。
なんかこういう、何気ない人情風景が染みますよね。私も普通に良作だと思ってます。
2008-04-27 02:45 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。