アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

とらドラ8! [★★★]


7巻でついた傷口をさらに広げられるような感じでした。好きになると言うのは辛い選択でもあるのでしょうか。
よもや、このような展開を誰が予測したであろうか。そんな感じの波乱の一冊です。
アニメも間近で今後の「とらドラ!」は果たしてどのような注目を浴びるのでしょうか。


とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)
(2008/08/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


 始業式前日。インフルエンザからようやく回復したものの、精神的にはいまだ立ち直れない竜児に、大河は自立宣言を突きつける。それは……、他ならない竜児と、実乃梨のため。
 そして幕を開ける新学期。竜児はぎくしゃくしながらも、実乃梨となんとかもう一度向き合おうとする。折りしも学年最後のイベント、修学旅行が目前に迫っており、竜児はそこで実乃梨の真意を確かめようと決意するが――。
 なにやら雰囲気の変わった大河と北村、新学期になってやたらと突き放すような態度をとる亜美。それぞれの思惑を秘めた修学旅行の行方は!?
 秋よりTVアニメ放送もスタート。手乗りタイガーと愉快な仲間たちが織りなす恋と戦いと団欒の物語はこれからが旬でございます。


みのりんと亜美ちゃんが大激突! 波乱の修学旅行編!

ぬああああああああ! なんじゃこりゃあああああ! としか言いようがありません。
まさかの展開。まさかの激突。まさかの大河。もうホント今後の展開が読めない。
クリスマスでぎくしゃくしてしまった竜児とみのりんの仲。それをせめて「普通に話せる」レベルに直そうと竜児は一心と決意を固めるのだけれど、いざみのりんを前にすると逃げ出したくなってしまう衝動に駆られてしまうのは、かなり辛いものがあるなぁ。
「逃げるんじゃない!」と大河に啖呵切られたものの、やっぱり無理だよなぁ。これは実に高校生らしい恋愛だと思えた。

序盤はまだ良かった。ギャグ路線が強かったから。
久々にみのりんワールド全開でしたね。DJ実乃梨とかもう吹いた。同時にちょっと引いたけど。

「おはようございまッ! アヒーヤーッ! 櫛枝でッ! アヒーヤーッ! 無っ茶っして知った~高須家母さんッ! アッヒーッ! ボンバヘッ! アヒーヤーッ! ボンバヘッ! ア」
「みのりん、頭の血管切れるよ」

これってもしかして天上天下OPの「Bomb A Head!」じゃないか……。
そういえばCLANNADで春原が「ボンバヘッ!」って言ったときもこれを思いだしたなー。


しかしだんだん雲行きが怪しくなってくるのが修学旅行になってから。
ひょんな喧嘩から女子VS男子の派閥争いが出来てしまい、そこも同時に痛々しくありました。
しかも亜美ちゃんがまあ色々とかき回してくれちゃって状況はすごいことに。
聞いちゃいけないことまで聞いてしまったり、亜美ちゃんVSみのりんという激しい喧嘩もまた珍しい構図でした。

でも「誰かが絶対悪い」って個人が悪いんじゃなくて、これは作中のとあるキャラの受け売りだけど、みんなバカなんだと思う。
安直な考えで動いて、後悔して、それでも少しずつ近づいたりまた離れたり、みんな不器用なんじゃないだろうか。
すごく青春特有のバカらしさで、そして優しい恋愛なんだと思います。人ってそうやって一歩ずつ進んでいくんです。
だから、これ以上なくやるせなくて、切なくて、最後には思わず叫んじゃいそうなほどだった。

亜美ちゃんは竜児と絶交するって言ってたけど、それってせめてもの贖罪だったんじゃないだろうか。
けれど自制できなくて、人につけこんで、貶して、ワザと憎まれ役に回ったような彼女の心情は果たしてどのようなものだったのだろうか。もしかしたら竜児への好意の裏返しだったのかもしれないし、周りを偽り続けるみのりんへの敵意や嫉妬が純粋に出てしまったのかもしれない。

みのりんもみのりんで、自分のことが正しいと思い続けると同時に、「変わることのない環境」を望んだんじゃないだろうか。だから修学旅行で不穏な空気になったのを一番嫌っていたんだろうなぁ。
竜児への恋心と、大河への友情を慮る気持ちに板ばさみされて、彼女なりに辛い選択を取り、とても苦しんでいるんだと思う。ラストシーンでひっそりと泣き続けるみのりんを見て、すごく切ない気持ちになった。
確かに竜児にとっては残酷なことだったのかもしれないけど、やっぱり憎めないんだよなぁ。

そして、今回の大河。彼女が一番の大番狂わせ。
竜児を失恋大明神と間違えていたあのシーン、もうなんなのホント。マジで切ないんですけどー!
というかこれ聞いてしまった竜児ももう後には引き返せないよなぁ。というか、彼の立場が一番辛い気がする。

さぁさぁ、ホントに俄然今後の展開が気になりすぎます! しかし電撃文庫マガジンを読んだところ、次巻は10月。早くて助かります。
クライマックス直前と書いてあったからもしかして10巻で終わりなのかなー。
というわけでアニメ化間近の超弩級ラブコメ第8弾の感想でした。未読の人はアニメの前に一気読み推奨! 超オススメ!

→『とらドラ9!』の感想へ
←『とらドラ7!』の感想へ

2008-08-20 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。