アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

緋弾のアリア [★]


ちっこくて可愛い子は何やっても許される、と言うのは作者の赤松さんの言でありますが、まあ確かに一理あります。
まあそんな格言はともかく、設定は面白かった。主人公のとある能力に関連してお色気方面にも期待がかかりますね。
うんでも、これを買ったワケっていうのは設定云々は二の次でやはり表紙買いだったりする。


緋弾のアリア (MF文庫J)
緋弾のアリア (MF文庫J)


東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。
「あるきっかけ」で頭脳が活性化するという体質を持つ遠山キンジは、そのことを周囲に秘密にしつつ、平穏を求めて日々を送る探偵科所属の高校二年生。
しかし、通学途中に爆弾事件に巻き込まれ、強襲科の超エリートである神崎・H・アリアと出会ってしまったことにより、キンジの日常は平穏とは程遠いものへと変わっていくのだった――。
Sランクの最強武偵・アリアと、(普段は)ただの一般人・キンジの凸凹コンビが凶悪犯に立ち向かう、大スケールアクション&ラブコメディー!!


降ってきたのは最凶の女の子! 即席凸凹コンビが難事件も解決――!?

爆弾魔の所業から出会ったアリアとキンジ。この凸凹コンビが繰り広げるアクションラブコメディであります。
「武偵」という特殊な学校よく考えたなと思います。帯刀も許可されてるし、女子なんて皆が皆スカートの中に危ないブツを隠しているんですよ? しかも取りやすいようにと学校側からスカートを短くすることを奨励しています。セクハラですか? だがそれがいい。魅力なのはそこだけじゃないんだけど。

ヒロインのアリアはもう分かりやすいほどツンデレです。
武偵としての能力は非の打ちようがないS級。ワガママで、言ったことは是が非でも通す頑固者。
キンジの隠された能力を見抜き、しつこく「私のドレイ(意訳:パートナー)になりなさい!」としつこく食い下がるアリア。
しかしこう気丈に振舞うこともあっても、実は弱い一面のある女の子だと自覚のあるアリアの姿は確かに傍にいてやりたいと思うところがありますね。

だけど主人公のキンジにも彼なりの境遇があるわけで。
武偵という命の保証がされない血生臭い世界と自分が「正義の味方」であることに嫌気がさし、武偵高から転校を考えます。それは今は亡き兄との関係もあるのですが、そこは伏せておきます。
そしてこのキンジの特殊モード。通称「ヒステリアモード」ですが、なんというかおいしい設定ですよね。
性的興奮や刺激によって超人的な能力を得てしまい、しかも超キザな野郎に成り変わるなんとも便利なのかそうでないのか微妙ですが、そういう設定があるということはもちろんそういう場面もあるわけで、例えば貧しいけど確かな感触のある胸を顔面に押し付けられたり、馬乗りされちゃったりとまあそこは本編を読んでのお楽しみ。

ライトノベルらしく、それでいてその要素をふんだんに仕込んだ作品でした。
ちょっとえっちなラブもあり、信じあえるような熱い友情もあり、硝煙たちこめる派手なアクションもある。そんな一冊です。
私はバカでゴスっ子の理子が一番この中で好きだったんだけど――まさかこいつが○○だとは思わなかった。ネタバレなので伏せますけど。
後になると何気ない会話でも「アレが伏線だったのか……」と思わされます。この作者は伏線の張り方がうまいですね。

「アリア! お前は独唱曲(アリア)だ! そうだ! そうなんだろ! でもな――」
 俺はジャンプ台みたいになった金網を、まんま、ジャンプ台にして――
「俺がBGMぐらいにはなってやる!!」

で、アリアの弱い一面を見ちゃってもう放っておけなくなってしまったキンジは自分のことを甘ちゃんだと抜かしますが、あれはしかたないよ。あの場面は誰だってそうすると思いますよ。
上のキンジのセリフにはしびれたね。ヒステリアモードじゃなくとも十分くさいですよキンジくん!
幼馴染みの巫女さんとか無口無表情の狙撃手とかまだまだヒロイン勢は多かったですが、一巻はあんまり出番がなかったね。残念。


というわけで、この緋弾のアリアですがなかなか面白かったです。次巻にも期待。
作者のデビュー作である「アストロノト!」も読んでみたくなってきました。オススメです!

→『緋弾のアリアⅡ 燃える銀氷』の感想へ

2008-10-07 : 文庫感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

良作(^O^)/
僕もいいと思いました!!
まだ二巻目だけどw
自分的に一番ウケたのは
風呂での「古池や(ry」の所ですw
2009-11-26 23:58 : スネーキング URL : 編集
>スネーキングさん
1巻は普通に楽しめると思うんですが、今後の展開の受け取り方がちょっと人次第になるのでご注意。
2010-01-01 16:29 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
あたしもおすすめします!
私は、1巻を買ったらすごいツボでして(ω)ベタ甘すきなんですよーー5巻まで一気に買っちゃいましたよ!!
4巻微妙でしたが、5巻は感動でしたー!
今週ついに6巻発売ですね!たぶん最終巻。残念です~
アニメ化も決定しましたねーーキャストはアリアはやはりくぎゅですかね??(❤ω❤)
今後も期待しまいしょう!
2010-04-21 15:54 : まりかさん URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。