アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

傷物語 [★★]


ひたぎも、真宵も、駿河も、撫子も出ないのだけれど、満足の一冊。やっぱり西尾さんすごいなー。
あと羽川翼のファンは是非読んだほうが良い。もうパンチラとおっぱいがすごいから。これでメインヒロイン張れないなんて……。
「化物語」もアニメ化することだし、調子のいいシリーズですね。
※以下、一部奇声を発する場面がございます。気にしたら負けです。


傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)
(2008/05/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


高校生・阿良々木暦は、ある日、血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった……!?
彼女がいなければ、“化物”を知ることはなかった――『化物語(バケモノガタリ)』の前日譚は、ついにそのヴェールを脱ぐ!
『化物語』で大好評を博した台湾のイラストレーター“光の魔術師”ことVOFANとのコンビ再び!西尾維新が全身全霊をかけて描く、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、いたみなしでは過ごせない。


“化物”との出会い。怪異との出会い。一緒に不幸にならないか?

「化物語」の過去編。阿良々木暦が怪異と出会った前日譚、ついにそのベールを脱ぐ。
羽川翼と出会い、吸血鬼のキスショットに出会い、通り過ぎのおっさんこと忍野メメと出会う。
誰にでも等しく優しさを持つお人好しの暦の自業自得と言えばそれまでのところなんだけど、どうもこうも悲劇だなぁ。まさかエロ本買った帰りに傷ついた吸血鬼を命に代えて助けたという出会いからは想像できないラストでした。

「友達を作ると、人間強度が下がる」

暦の言でありますが、この言葉はなかなか深い。
確かに他人と接すれば接するほど相手を許してしまうことになり、結果的には「頼られる」とか「好意を向けられる」といった形で隙を与えることになる――とか自分でも何が言いたいのか分からなくなってきましたけど、要するに暦は「友達を作る」ということを同時に「弱点を増やす」と考えているんですね。
とまあ暦にはこんな社交性を断ち切るような思想の持ち主だったわけですよ最初は。

それでも委員長オブ委員長こと、羽川翼と出会うことによってそんな思想も変わってきます。
そして羽川翼との出会い頭にパンチラのシーンを約四ページにわたって事細かく解説というかトリップする暦。羽川さんもなんか知らないけどサービス精神を心得ていらっしゃる! これは初代神原じゃないだろうか。
怪異の事情を知ってこれでもかと暦のために協力してくれる羽川さんの甲斐甲斐しい姿に、さすがに暦も心打たれちゃったみたい? これを友達と言わずしてなんと呼ぶ。でも最終的に付き合うのはひたぎなんだよなー。残念。

そしてなんという羽川さんのおっぱい。もう正直この場面が印象に残りすぎて内容が二の次になってます。

「阿良々木くんに揉んで……揉んでもらうためだけにっ、がっ、頑張って、こんないやらしいおっぱいに、育てましたっ」
「へえ。そんな風には見えなかったけど、羽川って結構エッチなんだな」
「……っ、はいっ、私はとてもエッチですっ、ごめんなさいっ」

えっふぇふぇえっふぇえふぇふぇふぇふぇふふふふふははははあはははあははは!
あの羽川が! 委員長が! 清純で! 純真で! 三つ編みで! メガネの! 委員長が! メガネの!
「あ……あ、阿良々木くん、ど、どうかっ、わ、私のノーブラおっぱいをモミモミしてくださいっ、お願い……、お願いします」

ふっへへへへええええハハはアハハははははあははははあはははは!!!
委員長が! 羽川が! 委員長が! おおおおっぱいが! ののののののんぶぶらが! ももももみみみもみry

本当にリアルにこんな奇声を発したと思う。自室だったからまだよかった。
とにかくこれくらい衝撃だったんだ! しかもこれ、夜の体育倉庫なんだぜ?
ここまで尽くしてくれる羽川さんに対し、なんと鬼畜の所業か阿良々木暦。しかもなんでここまでして引くんだよバカ野郎! 羽川さんの覚悟はきっと大海原や大気圏を遥かに凌駕する規模だったろうがよ! さらにこの後ひたぎとくっついちゃうだよなあああああもおおおおおおおおお!

それでキスショットとは……まあ誰か一人が笑うならいっそ皆で不幸を背負おうぜ? みたいな。
だから暦にはあの程度の能力が残っちゃったんですね。で、キスショットはそのまま忍として生きると。
最後は誰も救われない悲しい話だったのだけれど、どこか温かいものが確かにあった気がします。


はー、面白かった。やっぱこのシリーズ好きですねー。
とりあえずこれが阿良々木ハーレムの序章だったんですね。よく分かりました。
次は偽物語を楽しみにします。超オススメ!

→『偽物語(上)』の感想へ
←『化物語(下)』の感想へ

2008-10-11 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。