アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

友情は永遠だということ


今週のCLANNAD泣きました。ええ、泣きましたとも。原作でも泣いたけど。
ってことでアニメの感想行ってみようと思うけど画像入れたりして無駄に長くなったから、続きから。

○ef - a tale of melodies. 「union」
○とらドラ! 「あのときの顔」
○夜桜四重奏 「フリカエル」
○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「あのときと同じ笑顔で」





○ef - a tale of melodies. 「union」

ef 1

OPも早くも色がだんだん付いてきました。上の場面では早速ミズキに着色されてますね。
原作知らないからなんとも言えないけど、早くもミズキと久瀬さんには決着がつきそう。
じゃあ、まずはミズキと久瀬さんサイドから。
とりあえず今回の見所、

ef 2

千尋きたああああああああああああああああ! 半ば諦め気味だったけど二期も出てくれてありがとう。
ホント千尋は癒されるようん。ミズキが千尋をハグした場面があったけど、ちょっと私と場所変わってくれないか?
そして明かされる事実。久瀬さんが不治の病でした。
なんとなく「永くない命」なんだとは予想してましたけど、言葉にされると辛いね。久瀬さんもヘタに気を使われたくないからミズキには黙っていたんでしょう。ここで久瀬さんの人の良さが改めて垣間見えた気がします。
そして「全てを清算する」という久瀬さんが夜の海でバイオリンを弾き、失敗して燃やすところになんとも言えない切なさが。
黙っていられなかったミズキが手で火を消しにかかるところはすごかったなぁ。素手ってかなり危ないし実際火傷してものすごく痛々しくなってるし、最後には海に蹴っ飛ばして即回収というやたら行動派を見せるミズキでしたね。あの性格から言えばらしいっちゃらしいんですが。
これで久瀬さんにミズキの想いが届けばいいなぁ……。さぁ次はどうする久瀬さん。

で、火村と優子さんサイド。
優子さんには同じ学校の教師を務める雨宮先生というお兄さんがいました。ほうほう。

ef 3

「人間って、そういうものでしょう?」

なんと陰湿なイジメを受けていた優子さん。ノートには悪口雑言の嵐、上履きを隠され、靴も切り刻まれる――全然ミディアムじゃねえ!
優子さんにはイジメなんてどこ吹く風、全く意に介してもいない達観ぶり。笑顔まで浮かべちゃってます。それがどこか不気味なほど。「強い子」って言えばそれまでなんでしょうが、そんな一言では表せない事情があるというのか優子さん。そして極めつけは上記のセリフ。まるで人間が何者かを傷つけずにはいられないように聞こえます。笑顔の裏に隠されたものは何なのだろうか。
これは火村は怒っていい。優子さんには余計なお世話かもしれないけど、これ以上傷つくのは火村としても見てられないんでしょうね。
この二人も今後どう動くのか、楽しみです。


○とらドラ! 「あのときの顔」
今回もオリジナルストーリーだったんですが、原作ネタがちらほらと。「ここで出すか!」って感じ。
相変わらず大河は北村の前では緊張しまくりです。下駄箱で鉢合わせた北村に対し、挨拶をしよとする大河ですが、

おっはー

「お、おお、おは、おは……おっはー!」

古すぎて吹いたwww 「おっはー!」なんて久々に聞いたぜww

兄貴

でもって兄貴きたあああああああああ! 待ってました!
朝礼では大河と兄貴の小競り合いに原作6巻の布石か……? なんて思ってしまったよ。まああの流血沙汰をアニメでやるかは分かりませんが。ああ、そういえばとらドラは2クールらしいですね。
朝には北村に「おっはー!」を返され、兄貴に突っかかる大河を抑えようと北村に羽交い絞めされちゃったりで、大河の嬉しさはワキワキカーニバル状態。ここで初めてアニメの大河が可愛いと思えた。

みのりん

「バケツプリン……そう、それは女の欲望番外地!」

はい、名言入りました。バケツプリンなんて絶対私は食えない。
というかみのりん、こんな写真思春期の男子に渡すもんじゃないぜ。つ、使われちゃうよ?
脇と谷間がチラ見してますがなんというエロさ。これは原作では見れないから嬉しいぜ。
というか先週の「盛るぜぇ~、超盛るぜぇ~」がいたるところで使われているのは気のせいなのかな。

スドバと古河パン

そして須藤バックスことスドバもアニメでは初登場。ホント訴えられてもおかしくない名称ですねw
で、リアルタイムで観ててマジびっくりしたんですが、スドバの隣に注目!

「古河パン」

我が目を一瞬疑った。しかし見間違いではないし、こういう証拠画像もこさえたわけです。
まさかのCLANNAD介入。しかも間取りまで同じではありませんか。そうすると画像右手の男女が朋也と渚に見えなくもない不思議。こういう小ネタも含めやはりとらドラは面白い。
そして北村が大河を好きだったというネタはここで持ってくるのか。最初は全然気にならなかったのに「好き」と言われて初めて意識し始める恋って、まああるっちゃあるよね。気持ちは分かる。

でもって次回、やっとあーみんが登場するぜ! 楽しみで仕方がない。


○夜桜四重奏 「フリカエル」
お、これは原作にはなかったぞと思い期待して視聴していました。
秋名、ヒメ、銀の過去。それはかけがえのないキラキラした思い出でしょう。
今回描写された過去は大盛り焼きそばの早食いでしたが。残り一分で一気食いした銀。目的は達成したものの、我慢できずにリバース!

夜桜

ここ異様に長くてなんか笑ってしまったw
それにしても銀がこんなに弱弱しい性格だとは思わなかった。円神とはまた別物だね。
篠塚は最初から円神に付き従ってるし、なんとなく原作とは違うんだなとは思ってたけど、これ最終的には円神を銀の中から追い出すところで終了なのかな。

「ツーンツーンデレツーンデレツーンツーン♪」

そして町歌キタコレw 音声として聞こえるようになるとwktkしていたものですが、やはり期待通りだったw
まあこのヨザカルにはツンデレ要素は薄いのですがね。今後の展開に期待だぜ。


○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「あのときと同じ笑顔で」
原作やってても辛かったけど、映像となるとまたくるものがあるね。
特にサッカー部の連中には相変わらず虫唾が走る。芽衣ちゃんにボールをぶつけるなんぞ万死に値するぜお前ら?
まあそんな古風なサッカー部ではありますが、言っていることは実に正論。嫌過ぎるほどに。
暴力沙汰を起こした問題児を再び部に招き入れるなんてそりゃ断りますよ普通は。まあこれもこいつらが撒いた種ではありますが、先輩が絶対なんて今でも珍しくないことです。
ただやり過ぎではあるけどね。サッカー部が泣き喚く芽衣ちゃんを掴んだところはさすがに岡崎もブチ切れたようですが、春原はやはりやってくれた。

春原

「芽衣を、泣かせるんじゃねえええぇぇ!」

春原マジかっけええええええ。そこから岡崎も交えた大乱闘のフルボッコ。
しかし、本当の勝負はこれからです。雨降るグラウンドの下、岡崎と春原のガチンコ。

春原岡崎

なんというイケメン’s。そして岡崎が口火を切り、殴り合いの大喧嘩。

芽衣ちゃん渚

女には分からないだろうけど、時に男には拳でしか通じないものもあるんですよ。
だけど芽衣ちゃんと渚の叫びもまた悲痛ではありましたがね。

岡崎「芽衣ちゃんが、俺なんかに連れまわされて心配にならなかったのかよ!?」
春原「お前ならいいと思ったんだよ!!

やべえ、ここで泣いた。自らを不良と銘打つ岡崎でしたが、春原は三年間一緒にバカやってきたそんな岡崎のことを「親友」として信じていたんですね。ここに熱い友情を感じたよ。
ああしてサッカー部のところでタイムング良く現れたのも、実は岡崎が芽衣ちゃんをちゃんと守ってやれているかをどこかで見守っていたのかもしれませんね。ホントおまえ兄の鑑だよ。

親友

翌日、痣や傷だらけの両者。それを見つけるや否や笑い出す二人。うわー、やっぱいいわ。
締めに回想で岡崎と春原の出会いが描写されます。毎回回想のBGMが反則だと思うんだよね。
そして原作ファンには分かると思いますが、上のCGの再現率がすごい。もうここでさらに泣いたわ。

次回からはまさかの美佐枝さん√。やるのは構わないんですが、これアフターストーリーできるのか……?
ということは志摩くんがくるってことですね。

2008-10-24 : アニメ話題 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

>久瀬
アニメでは久瀬さんの心理描写がやや欠けていたのですが、あのシーンは「最後の清算」としてバイオリンを処分する前の、最後のソロコンサートでした。
個人的に、その辺の久瀬の思いはもう少ししっかり描いてほしかったというのが感想です。
ミズキの動きに力入れるのもいいんだけど、大事なシーンなんだからさぁ……。

>優子
原作をやればわかりますが……彼女のおかれている状況の中では、あんないじめなんて本当にたいした事がないんです。
その内容があまりにひどいから、そのままアニメで表現していいものかというほどに……。
全年齢アニメの表現の都合上で優子の不幸が緩和される可能性もあるので、原作プレイ推奨。

>CLANNAD
春原……こんなかっこいいことも出来たのか!
本気で春原のヘタレ以外の要素やシーンはすべて忘却の彼方の私。
それにしても本当に、原作CGの再現率がすごい。
普通は下手に再現すると原作に負けるんで、わざと構図変えたりしますからねー。
ここまで再現して甲乙つけがたいというのは本当にすごいです。

>芽衣ちゃんにボールをぶつけるなんぞ万死に値するぜお前ら?
私がその場にいたら、即刻大虐殺ショーですねー。
もちろん、殺戮の前に芽衣ちゃんがその現場見ないように退避させてから。
というか、これを黙って放置する人間はヒトじゃない、クズです。
2008-10-25 00:50 : 混沌の騎士†能美TOM URL : 編集
>TOMさん

>ef
ほほぅ。そうだったのですか。久瀬さんにそんな思いがあったとは。
優子さんにもなにやら深い事情があるみたいで。うーん、気になるなぁ。

>CLANNAD
原作CGの再現率ホントすごいですよね。もう涙ですよ。
アニメでこんなこともやってもらえるなんてアニメスタッフには感謝の極みです。
2008-10-25 17:41 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。