アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

時載りリンネ!4 とっておきの日々 [★★]


このシリーズはいつだって童心に帰れるところが魅力。毎回読んでてそう思う。
毎日のように外で遊びまわるリンネはまんま小学生の私自身を見ているみたいです。
そんな時載りリンネの最初の感想が短編集になるとは。まあ、いいんだけど。


時載りリンネ! 4    とっておきの日々 (角川スニーカー文庫 203-4)時載りリンネ! 4 とっておきの日々 (角川スニーカー文庫 203-4)
(2008/10/01)
清野 静

商品詳細を見る


「流れ星を止めるの! けっていよ!」
と、ハイテンションのリンネに宣言された夏の朝。200万字の活字を読むことで、1秒だけ時を止められる“時載り”といえども、宇宙空間までその力は届く――のかな?
ほかにも公園の使用権を巡り、チアリーダー姿でフットサル大会に出場したり、僕の無口な妹が言葉の力を制限なく使える“凪の日”という大イベントがあったりと、リンネと僕の夏は終わりを知らない――絶好調シリーズ第4弾!


書は捨てろ! 遊び尽くせ夏休み!

書を読み、活字を栄養源として生きる種族「時載り」。その「時載り」の一人である元気溌剌少女・リンネは大の読書嫌いだった。常に体を動かしていないと落ち着かない性格で、いつもは学校から帰るや否や即遊びにでかけるバイタリティに溢れる少女。そんなアクティブ娘リンネが繰り広げるどきどきわくわくの冒険譚が売りのこの物語。今回紹介するのはその四冊目であり、短編集です。

いつもこのシリーズ読んで思うんですが、語り手であり主人公の久高はかなり博識ですよね。そりゃ小学生とは思えないほどに。
確かに久高自身も読書家で色々熟語や難しい四字熟語も知っているのかもしれませんが、「譴責」とか「余慶」とか「星辰」とか私にも全く見覚えのない熟語が平気で出てきます。このシリーズ読んでると絶対に知らない熟語が複数は出てくるから参考にさせてもらっているんですがね。
まあそんなことが気になるのは私だけでいいです。それじゃあ短編集1つ1つ見ていきましょう。

○天体観測
夏休みの自由研究をほったらかしだったリンネが実家の離れに住む司書・Gことジルベルトに催促され、しぶしぶ取り掛かるお話。そしていかにもリンネらしい「誰にも真似できないような」自由研究が、今回の命題でもある、流れ星の時間を止めてその瞬間をシャッターに収めること。
遊佐の言葉を借りるなら私も「そんなことまでできるの?」という意見。理論上は不可能といえることでも、チャレンジ精神溢れる彼女にそんな理論なんて言葉は存在しません。
そして実際に止めちゃったんだからすごいよね。「時砕き」の能力行使してますけど。
まあそんな素敵な実体験を通じて、子供たちは大きくなるのです。ホント純粋だよねみんな。

○ジルベルト・ヘルフィッツの優雅な日々
リンネの家の書庫に住む美人司書・ジルベルトの実生活が少しだけ覗けるお話。
シリーズを通じてGが好きだった私には嬉しい小話です。普段は書庫の整理と管理、清掃、お客の御もてなしをしている彼女ですが、休日は何をしているかすごく気になりますよね。実際謎めいてましたし。
そんなGをストーキングして普段何をしているか探るリンネたちが面白かったです。ダンディなおじさんとGが喫茶店で楽しそうにお話していればそりゃリンネだって誤解するわな。
リンネがどれだけGのことを大切にしているか今一度わかったお話でした。オチはともかく。

○フィーバー・ピッチ
ひょんなことから公園の使用権を賭けたフットサル対決のお話。
ここでもリンネのアクティブさが前に前に出てましたね。でもあれはさすがにチートだと思われ。
体を動かすことやわくわくすることだけには、自分から書物を進んで読むリンネはやっぱりらしいと言えばらしい。まあ、勉強なんて二の次だよね。
それでも大団円で終わり、最終的には誰とでも仲良くなれるリンネの人柄の良さも窺えます。

○凪、凪、夕凪
珍しくリンネの出番はなし。久高とその妹の凪の兄妹物語です。
ある特殊な事情により普段は無口を強いられている凪が、一月に一度自由に振舞えるようにと設けられた「凪の日」を描きます。
普段慌しいリンネの目まぐるしい展開とは一風違い、この話はスローテンポでゆったりしてました。
話を要約するとお兄ちゃんが頑張るお話です。あれも凪のことを思っての行動だと思いたい。


いやー、やっぱりこのシリーズは好きですね。読む楽しさを改めて味わせてくれる。
そんなことでこれからもわくわくの大冒険を期待します。超オススメ!

→『時載りリンネ!5 明日のスケッチ』の感想へ

2008-10-25 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。