アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

12月刊は豊作


11:30からだった出勤時間が一時間削除されました。
昨日店長に「なぜか明日だけ9時間労働なんですけど」って言ったら「あ、ホントだ。ごめんねぇ」ってどういうことなの? というか気づいてなかったの? バカなの?
まあ、他店舗の店長も請け負っている多忙から疲れが溜まっているのは分かるけど、もうちょっとちゃんとしてほしいわ。




【2008年11月度感想三ツ星ラノベ】

境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/09/10)
川上 稔

商品詳細を見る


境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/10/10)
川上 稔

商品詳細を見る


上巻の感想へ
下巻の感想へ

今月は川上祭りでした。重厚な設定とページ数に定評のある川上さん。
まだ巻数が少ないので気になる方は今のうちにチェック。

今月の三ツ星はホライゾンのみですね。

【二ツ星ラノベ】

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る


感想はこちら

カブでも原付でもいいからどこかへフラ~っとしたくなる一冊。

学校の階段9 (ファミ通文庫)学校の階段9 (ファミ通文庫)
(2008/10/30)
櫂末 高彰

商品詳細を見る


感想はこちら

部長戦編。やっぱりこういう燃えるスポコンもたまには摂取しとかないと。

サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
(2008/10/15)
西尾 維新

商品詳細を見る


感想はこちら

戯言シリーズ4作目の上巻。今回は理論や哲学じみたことが多かったなーと。

会長の切り札  一芸クラブに勝機あり! (角川スニーカー文庫)会長の切り札 一芸クラブに勝機あり! (角川スニーカー文庫)
(2008/11/01)
鷹見 一幸

商品詳細を見る


感想はこちら

意外に面白かった。見所は「光明」の罠。

いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
(2008/11/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


感想はこちら

富士見書房大プッシュ作品。ピュアなラブがそこにある学園リバースファンタジー。




続いて12月度購入予定のラノベ
○アニスと不機嫌な魔法使い2/HJ文庫
○放課後の魔術師2/角川スニーカー文庫
○ムシウタbug 8th. 夢架ける銀蝶/角川スニーカー文庫(27日刊)
○ダンタリアンの書架2/角川スニーカー文庫(27日刊)
○さよならピアノソナタ4/電撃文庫
○俺の妹がこんなに可愛いわけがない2/電撃文庫
○世界平和は一家団欒のあとに6/電撃文庫
○C3 -シーキューブ-Ⅴ/電撃文庫
○おと×まほ6/GA文庫
○黄昏色の詠使いⅧ/富士見ファンタジア文庫
○SH@PPLE4/富士見ファンタジア文庫
○ハイスクールD×D2/富士見ファンタジア文庫
○緋弾のアリアⅡ/MF文庫
○魔女の生徒会長Ⅳ/MF文庫
○迷い猫オーバーラン!2/スーパーダッシュ文庫
○“文学少女”と恋する挿話集/ファミ通文庫

年末だけあって刊行数もたくさんです。
まず注目したいのが最終巻を迎える2冊。「さよならピアノソナタ」「ムシウタbugシリーズ」の両タイトル。
ピアノソナタは恋の行方がかなり気になりすぎます。果たしてナオは真冬をどう受け入れるのだろうか。
ムシウタの方もどう終局をつけるのか気になります。亜梨子、かっこう、リナ、そしてハルキヨの最強スクエアはどうやって“始まりの三匹”と決着をつけるのか。
8月に完結した「“文学少女”シリーズ」には早くも番外編の登場。書き下ろしもあるみたいなので期待。
他にも「世界平和は一家団欒のあとに」「C3 -シーキューブ-」「SH@PPLE」「黄昏色の詠使い」等と既存の人気タイトルも充実。
そして新シリーズの2作目が豊富。私が読んでいるのだけでも7タイトル。
一番の注目作はやはり数々の感想サイトの間で話題騒然となった「俺の妹~」でしょう。まさかの続刊で私もびっくりです。まああれだけ売れれば当然ですけども。
ラノベらしい要素をふんだんに取り揃えた「緋弾のアリア」、まだ感想書いてませんがちょっぴりダークな幻書ファンタジー「ダンタリアンの書架」、元気いっぱいの女の子がツンデレ魔法使いに振り回される「アニスと不機嫌な魔法使い」も注目です。
あれ……「ベン・トー」の最新刊も12月じゃなかったっけ。SD文庫のHP見たら1月刊に先送りになってた。。




以下、アニメの感想。
時間の関係上、いつもと違ってかなり簡易的かつ迷走的になってますがご容赦ください。

○ef - a tale of melodies. 「reutter」
○とらドラ! 「海にいこうと君は」
○夜桜四重奏 「ユクサキニ」
○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「坂道の途中」
○かんなぎ 「迷走嵐が丘」
○CHAOS;HEAD 「連動 -linkage-」
○とある魔術の禁書目録 「吸血殺し(ディープブラッド)」




○ef - a tale of melodies. 「reutter」
どうあっても結局雨宮先生のもとへ行ってしまうんですね優子さん。
しかしこれは火村も悪いよなぁ。頼むからもう逃げないでくれよ。

○とらドラ! 「海にいこうと君は」

裸族自重しろww みのりん撮っちゃらめえええ!

○夜桜四重奏 「ユクサキニ」
だんだんシリアス路線に。ただ友人>町という考えをヒメと秋名は乗り越えることが出来るか。

○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「坂道の途中」

気づいたら涙が止まらない私がいました

○かんなぎ 「迷走嵐が丘」

大鉄×仁ですね、分かります!

○CHAOS;HEAD 「連動 -linkage-」
やっぱり梨深は拓巳のことを「消す」とか言っているし信用ならん女だ。逆にセナにはかなり好印象だったけど。

○とある魔術の禁書目録 「吸血殺し(ディープブラッド)」

ステイルかわいいよステイル

上条さんもカッコよかったけどね。でもあの出血量は軽く死ねると思うんですが。
次回はツンデレールガン、そして一方さん登場だぜ! やっとか!

2008-11-30 : 月間まとめ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

自分は
・ムシウタbug 8th
・戦闘城砦マスラヲ vol.5
・ダンタリアンの書架 2
・断章のグリム Ⅸ
・乃木坂春香の秘密 9
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2
・“文学少女”と恋する挿話集
・境界線上のホライゾン 1下 (今、上を読んでいる)
くらいですかね。
予算の都合で割と購入は自重気味なんで、これでも多いです。
さすがに「追想画廊」は買わないしな……。
というか、那智さん買いすぎでは(笑)。

>ef
今回は完全にアニメオリジナルでしたね。
原作では普通に、音羽の教会で一夜を明かし火村の部屋へ、でした。
今回の逃避行でだいぶキャラの心情に変化があったようですが、今後どうなるのか……。
もう、ここまで来ると原作やってても先が読めませんね。

>前記事より
よし、それじゃぁ大晦日はロリロリナイトフィーバーだ!
2009年はロリロリしく幕を開けるぜ!
2008-11-30 13:06 : 混沌の騎士†能美TOM URL : 編集
>TOMさん
これがラノベ読みの性なんですよね。仕方ないことなのです。

>大晦日
大丈夫そうだったらちゃんとどっかで記事にしますので、お待ちくださいね。
2008-12-01 15:04 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。