アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

色々最終回


二日目終了。首と肩痛し。相当凝っているんだろうなぁー。
今日はいわゆる有名人をちらほら見た気がします。それについてはまた後日。




【2008年12月度三ツ星ラノベ】

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
(2008/11/29)
井上 堅二

商品詳細を見る


感想はこちら

極限バカたちと熱い友情と恋の話。アキちゃんかわいいよアキちゃん。

さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)
(2008/12/05)
杉井 光

商品詳細を見る


感想はこちら

恋と音楽と革命の少しおかしくて切ないラブストーリー完結編。音楽好きな人、感動したい人は是非。

サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)
(2008/10)
西尾 維新

商品詳細を見る


感想はこちら

戯言シリーズ、サイコロジカル後編。兎吊木を殺した犯人とその動機とは――?


【二ツ星ラノベ】

電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫)電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/03)
片山 憲太郎

商品詳細を見る


感想はこちら

脅威の“えぐり魔”と救われない子供たち。胸を打つ事実のラストには驚愕。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
(2008/12/05)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


感想はこちら

注目の話題作第2弾。京介がだんだん妹色に染められていくよ。

世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)
(2008/12/05)
橋本 和也

商品詳細を見る


感想はこちら

せかだん初の短編集。耕作さんと刻人にももっと出番をあげてやってください……。

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)
(2008/11/15)
林 亮介

商品詳細を見る


感想はこちら

現代日本版ウィザードリィ。ファンタジーをより際立たせるリアルさが逸材。

此よりは荒野 (ガガガ文庫)此よりは荒野 (ガガガ文庫)
(2008/11/18)
水無神 知宏

商品詳細を見る


感想はこちら

血と硝煙が立ちこめる西部劇風ダークファンタジー。続刊が楽しみです。


今月という年末は名作に恵まれた気がしますね。いつもより若干多い感じですもん。
というわけで来年も私のラノベレビューをよろしくお願いします。

以下はアニメの感想。

○ef - a tale of melodies. 「forever」(最終回)
○とらドラ! 「大橋高校文化祭(後編)」
○かんなぎ 「仁、デレる」(最終回)
○CHAOS;HEAD 「使命 -mission-」(最終回)
○とある魔術の禁書目録 「一方通行(アクセラレータ)」
○今日の5の2 「ユビキリ」(最終回)




○ef - a tale of melodies. 「forever」(最終回)
久瀬さんの手術は無事に成功し、火村は優子さんへ会いに行く最終回。
久瀬さんとミズキはもうお幸せにって感じですね。あの演奏会が結婚式に見えたのは私だけじゃないはず。
そして火村と優子さんエンドがやばかった。特に火村が優子さんに心配かけまいと必死に瞬きを堪えているところがもうものすごい泣ける。実際号泣してましたけど。そして優子さんは天へ召されました。すごい綺麗な終わり方だった。
OPもついに完成しましたね。しかもまさかのフルカラーでびっくり。サビのミズキが優子さんを連れ出すところにまた涙を誘われてしまった。そっからEDへの繋ぎがもう神がかってます。音楽ってやっぱすごいね。
もう言い残すことはありません。私の中にまた名作が一つ生まれました。スタッフ、キャストの皆さんお疲れ様です。そして、素晴らしい物語をありがとうございました。

○とらドラ! 「大橋高校文化祭(後編)」
結局大河のクソ親父に振り回されて終了ってわけです。
まあみのりんとも和解できたし良かったのではないのかと。みのりんのアタックチャーンスは吹いた。
さて次はああ、あれね。「ずっと櫛枝のターン!」ですね。

○かんなぎ 「仁、デレる」(最終回)
わけあって「ほんとうにエフェメラル」の感想は飛ばしております。ちゃんと視聴してますから大丈夫です。というわけでかんなぎもいよいよ最終回ですか。
なんかもうつぐみが本当に報われなさ過ぎて逆に泣ける。でも仁を再び立ち上がらせたのは紛れもなくつぐみの言葉だったんですよね。もうホントええ子や。
今回の仁からナギ様への心強い言葉に私も思わずもらい泣きしちゃいました。もうみんな可愛いよ! デレるナギ様も仁も可愛い! ただしざんげちゃんは空気だった。
そして最後はえっちなシーンで締めるという。あ、デレるってそっちだったんですかw つぐみの反応がヤンデレ以外の何者でもない件。
最後のテロップが「またね!」だったんだけど、これ2期を期待していいってことなんでしょうかね。
はー、面白かった。今期の1,2を争うクオリティをずっと維持してくれていて満足です。スタッフ、キャストの皆さんお疲れ様でした! そしてまたこのスタッフで2期をやってくれると信じています!

○CHAOS;HEAD 「使命 -mission-」(最終回)
こちらも綺麗に終わりましたね。原作やりたくなってきました。
あやせ、七海、優愛に加えこずぴーにセナさんの協力を得て黒幕撃破。よって梨深も救われた。
最後の拓巳の「好きな女の子のために人類の幸福を犠牲にする!」というセリフにやられた。あれ、こいつただのキモオタだったのになんかカッコよく見える。
最後はプロローグの場面に戻ったんですね。最後には拓巳が消えると思ったんですが、将軍及び本物の西條拓巳が亡くなって拓巳に同化した感じでしょうか。
ちょいとスローペースでそれぞれのヒロインの過去ももう少し見せてほしかったところですが概ね満足です。ありがとうございました。

○とある魔術の禁書目録 「一方通行(アクセラレータ)」
一方さんつええええ。やっぱさすがだよ。どこか子供っぽい狂ったような笑い声もイメージにぴったりです。
ここらへんの戦闘シーンすごく印象に残ってたから、ちゃんと映像で観れたのはある種の感動。
禁書たちはもうだんだんと空気化しつつありますね。あれ、サービスシーンだったんでしょうか。

○今日の5の2 「ユビキリ」(最終回)
結局最後まで観てしまったぜ。なんだかんだでみんな可愛かったですよ。
最後の話はリョータにニヤニヤ。幼稚園児からフラグを立てていたわけだ! しかも無意識に!
この二人、年を取るとどうなるんだろうと気になりつつはありますが、まあ面白かったですよ。でも最後まで作画は安定しませんでしたけどね。


屍姫は来週から「玄」に行くのかな……。そこら辺の区切りが分かりにくくて仕方ない。

2008-12-29 : 月間まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。