アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

緋弾のアリアⅡ 燃える銀氷 [★]


一巻ではキャラが薄かった巫女さん、白雪が大活躍。美少女に日本刀の取り合わせはやっぱり何か惹かれます。
アリア? あ、いたねーそんなちっこいの。事あるごとに「風穴開けるわよ?」のアレ。女の子としてはダメねアレは。
やっぱり女の子はおしとやかで慎ましく、発育がよろしい和風美人さんが一番なんですよ。うんうん。分かるよね。
…………あ、れ。ちょっとこの巫女ヤンデル入ってんの?


緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト) (MF文庫J)
緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト) (MF文庫J)


東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアと、そのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジの今回の使命は、超能力捜査研究科の期待の星で、キンジの幼なじみでもある白雪を誘拐魔・デュランダルから護衛すること、つまりボディーガードだ。しかしキンジの目には白雪が狙われているようには見えず、やがてアリアとの仲に亀裂が入り……。
忍び寄る敵!! 緋色の巫女に秘められし力が魔剣を斬り裂く、大スケールアクション&ラブコメディー第2弾!


幼馴染みも同居!? 『魔剣』から白雪を護れ!

即席凸凹コンビに幼馴染みという爆弾投下。結果、アリアと白雪は水と油よりも相性が悪かった。
ただの言い合いからキンジをめぐって撃って斬ってのマジ喧嘩。人間離れした二人を止める術などあるはずもなく、物置に避難する哀れなキンジ。というかあの白雪の口から「泥棒猫」なんて聞くとは思わなかった。さりげに「正妻はこの私なんだから!」って言ってるようなものですよね。健気で一途と言えば聞こえはいいが、端から見れば嫉妬に怒れ狂ったいい感じのヤンデレにしか見えません本当にありがとうございました。ただヤンデレモードのイラストがなかったことが悔やまれます。

さて、今回はその若干ヤンデレな巫女さんにしてキンジの幼馴染みである白雪のお話。
『魔剣』に狙われているという白雪のボディーガードを買って出たアリア。そこからなし崩し的にキンジの家に同居することになってしまう白雪。性的興奮を引き金とする自分のヒステリアモードを極力避けたいキンジにとって、心休まるはずの自宅がかなりの危険区域となってしまってさあ大変。
星伽という閉鎖的な武装巫女の名家に生まれた白雪にとって、その籠を壊して手を差し伸べてくれたキンジの存在はかけがえのないものなのですね。そんな過去があって白雪とキンジの信頼関係があるんです。
というかキンジはヒスらなくても十分フラグ立てまくりじゃないですか。しかも鈍感バカだから一途な白雪の気持ちにも気づかずに……。ああ、どうか白雪ルートで頼みますよ!

なかなか姿を現さず、強襲の気配もない『魔剣』に痺れを切らしたキンジは「そもそも狙われてなどいなかった」とか勝手に言い始めるんですが、ここでやたらと感情的にアリアが食い下がると思ったら終盤でやられました。さすがに犯人を一度も逃したことがないという経験の差は大きいかな。
自分の勝手な思い込みのおかげでアリアや白雪を危険に晒してしまったキンジですが、そこから自らヒステリアモードにまでなって彼女らを助けたところは熱かった。
やっぱりヒステリアモード時のキンジはいい男ゲージが振り切れそうなほどカッコいいですね。ちょっとセリフがクサイですが女の子にとっては「一度でもいいから言われてみたい」みたいな感じがあるのかも。
それにしても白雪の強さが異常だと思うのは私だけだろうか。格ゲーで言えばチートキャラ。単体で言えばアリア以上だと思うですが。
このパーティーは最終的にどこまで強化されるんだろう。そしてきっとキンジ以外は女の子なんだろうな。
そしてエピローグに再び現れたあの人。最後のセリフが貞操的にかなりアブナイです。キンジ逃げてー!


2作目も無難に面白かったです。萌えも燃えもふんだんに詰め込んだこの『緋弾のアリア』は今後の期待作ですねー。オススメ。
最後に、チア姿のアリアの可愛さときたら言葉ではあらわせまdヴぃふぉsbhsf!!

→『緋弾のアリアⅢ 蜂蜜色の罠』の感想へ
←『緋弾のアリア』の感想へ

2009-01-06 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

むむむ
人間関係のところは本当におもしろいと思うんですけど、
なんか設定が…とも思いますね。
探偵学校の設定に超能力者なんてモンまで付け足してますから・・・
せめて主人公の能力だけならよかったのに…
白雪や相手も一部門に特化した天才って事にすれば何とかなったような気がします。
超能力者と学校といえばとある魔術がありますが
あっちはもう完全に科学と魔術が分離してる状態なのですっきりしてると思うんですが…
2009-01-14 17:29 : ちけっつ URL : 編集
>ちけっつさん
まあ武偵って時点でそこがもう特殊能力みたいなもんですけどね。ヒステリアモードは特殊能力と言うよりは体質みたいなもんですし。
超能力云々はまあ長い目で見てあげればいいんじゃないでしょうか。
2009-01-14 19:10 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。