アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

冬アニメ初回一挙感想 前編


110000HIT Thanks !!


うお、早っ! というペースでいつの間にか11万ヒットしておりました。最近はアクセスもだんだん伸びているみたいで一日だいたい200~400くらいが平均的でしょうか。元をたどれば一介の遊戯王ユーザーのブログ(未だに遊戯王フロンティアからのリンクが生きている件)だったのに、なんという様変わり。
訪問してくれる方全てに感謝の意をこめて、ありがとうございます。これからも、執筆活動ともに頑張ります!


さて、新春の冬アニメもだんだん放映されてきましたが、今期もなかなか期待できそうなのがいくつか。
新作アニメは今のところ、
○みなみけ おかえり
○まりあ†ほりっく
○明日のよいち!
○黒神
○続 夏目友人帳
○アキカン!
○WHITE ALBUM
を一話観ました。
えーと、この中で「アキカン!」はもう切ります。すいません、正直アレはつまんない。超劣化版「いぬかみ!」だった。
「WHITE ALBUM」は観るつもりなかったんですが、某所で原作は泣きゲーと聞き一話視聴……したんですけども、なんだか微妙の一言。妹がCLANNADっぽい的なことを抜かしてしましたが、蓋を開けてみると全然違うじゃねーか。
今期は「みなみけ」と「まりあ†ほりっく」、「夏目友人帳」と「RIDE BACK」の時間帯が被って涙目です。どっちかは動画サイトだよりですなー。
「宇宙をかける少女」も面白いって聞いたんですけども、実際のところどうなんでしょうかね。
まあそれはともかくとして、今期では今のところ続きモノを抜かせば、

「黒神」と「まりあ†ほりっく」は私的に期待大です。

特に前者はすごい見入ってました。ヒロインが徒手空拳で相手と肉弾戦するシーンはすごい動きますねアレ。あのクオリティを維持してくれるなら観る価値はさらに上がります。
後者は基本ギャグモノですけども、いい感じに個性の強いキャラがたくさんですね。シャフトの遊び心が満載。
ああそれから、プロフ欄に「萌える男の娘」も加えました。主に鞠也さんのために! ちなみに前期だったら「かんなぎ」の仁くんがダントツですね。

というわけでー、続きからは新アニメやら何週間ぶりかのとらドラやCLANNADの感想です。
初回が多いためちょい多めですけども、感想書くアニメは後々チョイスしていきますゆえ。

感想書いたあとの追記:予想外に文量が多くなってしまった……。

○WHITE ALBUM 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」  New!!
○まりあ†ほりっく 「戯れの接吻」  New!!
○みなみけ おかえり 「年の初めの」  New!!
○続 夏目友人帳 「奪われた友人帳」  New!!
○とらドラ! 「しあわせの手乗りタイガー」
○明日のよいち! 「サムライ来る!」  New!!
○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「卒業」
○黒神 「三位一在」  New!!




○WHITE ALBUM 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」
舞台は1986年、まだ1ドル163円の時代だそうで。いまや一人に一台の普及率を誇る携帯電話なんてまだない時代ですわな。
一昔前の純愛モノみたいで、ゲームも結構前に出たらしいですね。ストーリーとしては一介の大学生と現役大学生アイドルのラブコメ。しかし売れっ子前ですから新人いびりも当然ありますよねー。売れるためにはそれも試練みたいなものですけども。だけど売れたらもっと遠い存在になっちゃうよなー。
つかみの一話ですけども、それとなく気になりつつはありますね。それなりに期待してます。


○まりあ†ほりっく 「戯れの接吻」

鞠也さん可愛すぎるんですけどー!

中身は男だろうが可愛いものは可愛い。というかワケありでやっているとはいえ、本人ノリノリじゃないっすか。
いやはやこれはいい感じに変態コメディですねー。かなり好み。鞠也のことを変態扱いしてますけど、主人公のかなこもガチ百合嗜好なところ人のこと言えませんね。
それと鞠也さんの専属メイドである茉莉花さんも、セリフ一言目から「そこのメスブタ」とかのたまってくれるし、終始冷静無表情だし、なかなかの鉄仮面っぷりです。ゴッドな寮長さんはネコミミロリだしなんというカオスアニメ。だがそこがいい。
かなこも鞠也さんも互いの弱みを握っているのですが、周りの信用度を考えると鞠也さんのが圧倒的有利。そこにつけ込まれてこれからかなこがどう弄られるのかも楽しみです。これは期待。


○みなみけ おかえり 「年の初めの」
「おかわり」が酷かった分期待は薄かったんですが、思ってたよりも悪くない……? というか作画が一期に近づいている気がする。が……作画的な意味で主にあごが気になる。全体的に線が細くなったような……藤岡を見ると特に思う。OPはまた一期のノリみたいで良かったですよ。三姉妹ではやっぱり春香姉さまが好きですが、最近は千秋に傾きつつありますね。
一話は時期にぴったりの初詣のお話。内田可愛いよ内田。ただマコちゃんが出なかったのが残念。
さて、今期の保坂も期待を裏切らずにしょっぱなから脱いでくれましたが、また保坂メインの回があればいいなあ。


○続 夏目友人帳 「奪われた友人帳」
にゃんこ先生お久しぶりです! いやー、もうこのアニメにはホント癒されますね。一期は夏だったけど、今期は冬です。ただOPは前の方が好みだなー。なんか軽めになっちゃったし。
そして初回から黒いにゃんこ先生現る。二匹並ぶとなんかおかしい絵画みたいですねー。
一話は件の黒にゃんこに友人帳を持っていかれてしまうわけですけども、実は助けを求めていたみたいで。人間を襲おうと画策する妖怪たち相手に夏目は必死に説得を試みますが――。その黒にゃんこが実はここいらの妖怪たちの主様だったみたいで。人間好きの妖怪でしたけど、やっぱりそういう気持ちを持つ妖怪も作中にはいるんだなーと少し感動。
ちなみに私は、このアニメのメインヒロインは塔子さんだと思うのです。塔子さんかわいいよ塔子さん。


○とらドラ! 「しあわせの手乗りタイガー」
こっから原作で言うと6巻に突入、ということは北村と兄貴回か。アレをアニメではどう料理してくれるのだろう。そういえば来週からOP・EDも変わるらしいですね。原作もそうだったけど、みのりんの遊戯王パロは面白かったw
今回からあーみんの立ち位置がきっぱりと分かるようになってしまいましたね。竜児とあーみんの掛け合いが好きなんだけど、こっからは……なあ。
大河の方も「北村とデキてる」という噂に今は浮き立っているわけですが、この後の展開を考えますとなんというかやるせないなぁ。と原作厨が語ります。
何はともあれ、次回からの展開に目が離せませんね。


○明日のよいち! 「サムライ来る!」
一番最初に思ったのが、なんか「セキレイ」っぽいなってこと。どことなく内容薄そうなおっぱいアニメの臭いが。
山での生活十七年、世間を知らない与一(語尾は「ござる」)が下界に下り、かつてから烏丸の家と交友があった斑鳩の家でお世話になることに。そこでの美人四姉妹との共同生活を描いたもの。というか、ここでも戸松さんと花澤さんは姉妹役で共演なさってました。仲良いんでしょうねきっと。
四姉妹の属性は一番上から、
いぶき:面倒見のいいお姉さんキャラ、巨乳
あやめ:ツンデレ、いぶきほどではないけども乳は大きい
ちはや:ボクッ子兼眼鏡っ子、やっぱり乳は大きめ
かごめ:ロリ、唯一のつるぺた、意外としっかり者
って感じですか。主人公の与一がどうやらラッキースケベの持ち主であるからして、基本はドタバタラブコメっぽいですね。まあそれは観てれば分かりますか。


○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「卒業」
3週ぶりですね。それにしても話進むのが早い気が。もう籍入れちゃうんですか。
しかし朋也もそうですが、今回の秋生さんはかなりカッコよかったですね。珍しく父親らしい姿でした。朋也も右肩を痛めながら話を聞いてもらうために毎日素振りして、「渚を俺にください!」ってところは良かったなぁ。
でもって渚の卒業式には黒髪の春原に笑いつつ、やっぱり涙ぐんでしまうわけです。なんかアフター編入ってから泣いてばかりです私。
次回からは本格的に同棲がスタートし、よりアフターっぽくなっていきます。楽しみ。


○黒神 「三位一在」
世の中、自分と同じ顔の人間が三人いて、そいつに出会うと死んでしまうというドッペるゲンガーを題材としたお話。まあ、このお話では「ドッペルライナー」と呼ばれていますが。
同じ顔をもつ三人の中で、一人が「ルート」、二人が「サブ」と呼ばれ、「サブ」の二人が出会うと両者ともなんらかの原因で死にいたり、生き残った「ルート」が「マスタールート」とになり、幸福な人生を歩むというのが「ドッペルライナー」のシステムらしいです。
えー、この「ルート」と「サブ」の関係はこの一話で痛いほど分かりました。主人公の家の隣に住む幼女がトラックに轢かれるシーンはトラウマになってもおかしくないほど生々しかった……。でもその幼女と同じ顔の「ルート」が今後現れる可能性もあるんですよね。
でも同じ顔の人間に出会う確立なんて考えるのもバカらしいほど低いですよね。それが乱発する世界観ってのはどういうことなんでしょうか。そこも気になる。
ヒロインのクロですけども、一話から昭和アニメっぽいラーメンの食べ方を披露してくれました。一見抜けている彼女ですが、戦闘モードに切り替わるとかなり荒々しいですね。

にしても、よく動くバトルシーンは迫力満載でした。

いやね、観た人は分かると思いますけども、殴り合いなのにかなーり目まぐるしく動いてましたよね。のっけから素晴らしいテンプシーロール。もともとそういうバトルモノが大好きな私はもう魅せられちゃったわけですよ。美少女が武器を一切使わない徒手空拳での肉弾戦ってケースもなかなかないですからねー。
しょっぱな専門用語の数も多かったですが、それほど気にせず観れました。これは大いに期待です!




○RIDE BACK
○鉄腕バーディーDECODE:02
○ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~
○鋼殻のレギオス
○スレイヤーズEVOLUTION-R
(○宇宙をかける少女)

の初回感想は後日、後篇にて。

2009-01-10 : アニメ話題 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

11万ヒットおめでとうございます。

冬アニメはひとつも見てないですねー。見たいのが無いとも言う。
唯一の希望、アキカンの作画が期待ハズレでしたし('A`)
前期からの続きでとらドラ!とCLANNADは見てますが…。

まぁ時期を考えると、少ない方がありがたいんですけどね。
2009-01-11 16:40 : ブラック@携帯 URL : 編集
いつも見てるだけなのですが
今回初カキコです

まだどれも1話目なのでおもしろくなるかわからないですが、
これからア○リードさんはマンションの内装とか変えたりするかもしれませんね~
まぁそれも逆におもしろいですが・・・

宇宙をかける少女は案外おもしろかったです。是非みてくださいな
ではでは~
2009-01-11 17:49 : 電波 URL : 編集
>ブラックさん
観たいのがないというのもまた珍しいですねー。比較的雑食の私は面白そうなものは一話は観るようにしてますけども。
確かに時期を考えると、そう思ってしまいますね。


>電波さん
初めまして。
それはアス○ードにはよくあることですね。
むぅ、「宇宙をかける少女」面白いですか。ならちょっと観てみようかなー。
2009-01-12 16:11 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。