アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

メルポガは白魔法です


ふと思った。
「ξ・∀・)めるぽ → ガッ」の流れを「メルポガ」と言い切るとなんかFFっぽい呪文ができああがる不思議。無属性攻撃魔法ってことでよろしく。どうでもいいですねすいません。
はい、絵空です。こんばんは。最近ラノベの感想ばっかですいませんでしたね。もう記事数で言えばラノベレビューがトップに出そうですもんね。
別にネタに困っていたわけじゃないんですよ。溜まり続けるラノベの感想を消化していかないともう私もいっぱいいっぱいでね。あれもこれも紹介したいのばっかですから。

さて、話題は久々に東方でも。皆さん、第6回東方人気投票には参加しましたでしょうか。私は開催日に即投票してきましたが、投票は明日までなのでまだの方はお早めに。
で、誰に投票したのかって話ですが、5人までしか選べないんですよね。すごい悩みました。
おっぱいが大きい順でやろうかと思ったけど、東方四大婆(どっかの少女臭、どっかの亡霊、どっかの薬師、どっかの神の総称)が入ること間違いないので取りやめ。まあ、こまっちゃんとかゆうかりんとか中国も負けてないと思うけど。逆に小さい順だと区別しようがないので断念。素直に好きなキャラを投票することにします。
ゆゆ様、咲夜さん、妹様、ゆかりんまで決めて(結局婆が二人入る件)あと一つの枠は新参の緋想天・地霊殿からの応援票とすることにしました。天子、さとりん、姐さん、パルスィまで絞ってどうしても決められなかったからあみだクジの運任せ。結果さとりんに。そんな感じです。




続いて東方キャラを公式設定云々を置いておいて、あくまで外見だけで年齢推察コーナー。謎です。
というか、ぶっちゃけこれって結構意見が分かれてくると思うんですけどそこら辺どうお思いでしょうか。
俺は私はこう思うね! って人はやってみればいいんじゃないかなあ。とりあえず私はこんな感じです。

【小・中等部(推定年齢:12~15)】
ルーミア、大ちゃん、⑨、おぜう様、妹様、チェン、めるぽ、リリカ、リグル、てゐ、萃香、メディ、えーき様、ケロちゃん、天子、キスメ、さとりん、こいし

こうして見るとボス率高し。
虹川三姉妹の次女と三女はここに。あとバカルテットのみすちーはなぜかそんなに幼く見えないんですよね。

【高等部(推定年齢:16~18)】
霊夢、魔理沙、中国、小悪魔、パチェ、咲夜さん、アリス、リリー、ルナ姉、みょん、みすちー、うどんげ、てるよ、もこたん、あやや、こまっちゃん、秋静なんとか、秋穣なんとか、にとり、もみじ、早苗さん、ヤマメ、パルスィ、お燐、お空

まあやっぱりこのゾーンが一番多いですよね。にとりは巨乳派なんでこの位置です。
早苗さん、あやや、うどんげはガチに女子高生っぽいですな。余談だけど、もこたんはセーラー服より学ランのが合うと思います。

【妙齢女性(推定年齢:2ピー歳)】
レティ、藍様、けーね先生、ゆうかりん、雛、キャーイクサーン、勇儀姐さん

おばさんでもないけど、そう若くもないという位置。

【熟女(推定年齢:オーバーサーティー)】
ゆゆ様、ゆかりん、えーりん、御柱

予想通り過ぎて特に語るところがない。この中だったらゆゆ様が一番若く見えます。


続きからはアニメの感想。とらドラは原作でもそうだったけどやっぱりこの話は泣いちゃうよなぁ。
冬アニメの途中評価と良曲集は次で。

○鋼殻のレギオス 「フラッグを奪取せよ!」
○ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 「王都メスキア」
○WHITE ALBUM 「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
○とある魔術の禁書目録 「御天堕し(エンゼルフォール)」
○まりあ†ほりっく 「被虐の若芽」
○みなみけ おかえり 「ケンカでも」
○続 夏目友人帳 「妖怪退治 湯けむり行」  Check!!
○RIDE BACK 「珠代上等!? S.L.F~スプレッド・レッグス・フォーム」  Check!!
○スレイヤーズEVOLUTION-R 「Oh my head! 頭はどこだ?」
○とらドラ! 「踏み出す一歩」  Check!!





○鋼殻のレギオス 「フラッグを奪取せよ!」
日常パートとバトルパートがきっちりと分かれてるから観やすいですね。まあ登場人物はまだ完全には把握できていませんけども。
レイフォンとニーナの手合わせのシーンもさることながら、バトルパートはなかなかの動き。しかしなんと統率性のないチームなんだ。まあこの十七小隊の成長を追っていくっぽいんで、それはそれでお楽しみ。レイフォンの真の力がこれで学校中に広まったわけだけども、どうなるか。


○ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 「王都メスキア」
ファティナがこれでもかってほどメインヒロインとして出張っているけども、結局はカーヤになりそうだなと心配。
で、あれだけ拒んでいたファティナも混じえて結局は再登頂することとなります。相変わらずのツンデレですねこの人。というかあの巻き込まれた女の子がかわいそうと思いながらもちゃんと活躍してるからまあいいや。
次回はやっとクーパとメルトの再登場。待ってましたー。


○WHITE ALBUM 「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
今さら気づきましたが、いつもいつもサブタイ長くないですかねぇ。
冬弥が緒方里奈のマネージャーになることに。まあお試し期間ですけども。建前は「由綺と一緒にいられるように」と言ってますが絶対こいつ横取りする気満々ですよねえ! 水樹キャラが珍しく黒いです。
しかし早くもすれ違ってきたなぁ。これから家庭教師の子とも絡むのにどうなっちゃうんだろう。


○とある魔術の禁書目録 「御天堕し(エンゼルフォール)」
原作では四巻。入れ替わり騒動はアニメになるとなおカオスですね。びりびりのスク水は目の保養でしたが、青ピは目に毒すぎた。
土御門の出番が増えるのは嬉しいんですが、あの声でにゃーとかぜよとか言うとなんか違和感が。ねーちんもこれから本領発揮ですね。
話数的に考えて、おそらく禁書は6巻で終わりかな……。あそこは区切りがいいもんね。


○まりあ†ほりっく 「被虐の若芽」
ああ、鞠也さんは今回もお美しいです。かなこの鼻血には大いに共感してしまうのです。
タイトルの「若芽」は本編のワカメをかけたわけですね、分かります。というか、隆顕様親衛隊の嫌がらせが海産物限定ってなんか嫌だな。あと鞄の中のUMAが気になる。
で、桐さんが颯爽と登場しいきなりの交際宣言。そして隆顕様はかなこ君は私が守る! と護衛宣言。
とばっちりな鞠也さんと茉莉花。まんざらでもないかなこ。どうなる次回。


○みなみけ おかえり 「ケンカでも」
南家三兄弟お久しぶり。「おかわり」では出番なかったから今回再登場できて良かった。
というか春香はナツキには超厳しいんですね。口調がいつもと違うよね。
リンゴのおすそ分けの話は良くある話ですよ。私の場合はみかんでしたが。
近所の奥さん「これ、実家からみかんのおすそ分けです~」
私たち一家「ア、アリガトウゴザイマス……」
みたいなね。そんときはもう一生みかんはいらないと思った。翌年平気なツラで食えましたが。


○続 夏目友人帳 「妖怪退治 湯けむり行」  Check!!
すいませんもう今回はどうしても名取×夏目の構図が頭から離れませんでした。ホント腐っててすいません。反省はしてません。
妖怪がどいつも良いヤツではないということを改めて思い知らされましたな。ていうかニャンコ先生猫なのに温泉入るんですか。いや、別にいいですけど。あと食べ物に釣られすぎw
夏目もいつか藤原夫妻に妖怪が見えることや友人帳のことを話すことができるのでしょうか。くればいいなあ。


○RIDE BACK 「珠代上等!? S.L.F~スプレッド・レッグス・フォーム」  Check!!

なにこれ超かっけえ!

やばいです、マジでこのアニメすごいです。正直舐めてました。ライドバックってここまでカッコよかったのか。
今回は珠代先輩と琳のレースだったんですけど、ものすごい爽快感です。観るとホントにスカッとします。琳がライドバックでバレエの真似事をしたところは鳥肌モン。珠代先輩も琳もお互いにすごい負けず嫌いだから、次にレースする機会があれば今以上に盛り上がりそうです。
というわけで私も徐々にこのライドバックに魅了されつつありますね。


○スレイヤーズEVOLUTION-R 「Oh my head! 頭はどこだ?」
なんかこのデュラハンどもみんな呑気ですねえおい。今回はゼルが捻くれてしまいましたが、頬を染めんなw
あとアメリアが白魔法片手に「ふっふっふ」と悪党面するのがなんか様になってて受けた。
で結局無駄足だったということで、ここで竜破斬ぶっ放しておけば良かったんじゃないでしょうか。


○とらドラ! 「踏み出す一歩」  Check!!
「殴りこみじゃあああああああああああ!」

あー、ダメだ。これは泣く。やっぱこの話は神回ですねえ。アニメではどうなるかと思ったけど、期待以上だった。大河と兄貴のケンカシーンも良く動いてましたね。
北村の告白を颯爽と演説のダシにした兄貴に激昂する大河はやっぱ良いヤツ。自分はもう振り向いてもらえないから、北村くんの一番は私じゃないから、それでも北村くんには幸せになってもらいたい大河の気持ちは切ない。だからこそ北村の一番が北村を傷つけたことが誰よりも許せなかったんでしょう。でも兄貴のことも憎めないんですよねえ。
「罪悪感はなくなった?」
あーみんからみのりんへの意味深な言葉。先を知っている私にはこの意味が分かりますが解説は自制します。思えばこのときから……。
次回からは……ああ、クリスマスの話かぁ。さーて、いよいよこれからが本番ですねえ!
禁書でも思ったけど、こんなに良い出来だとDVDが欲しくなってしまいます。

2009-01-23 : 徒然 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。