アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

涙の数だけ人は強くなれるという


一月ももう終わりなんですねぇ。正月とかホントあっという間でした。

先日、巡音ルカ姉さんが発売され、仕事の速いプロデューサーさんによる曲目を一通り聴いておりました。
ボカロはあんまり聴かないんですが、ルカ姉さんは低音がきっちりと発音されて、落ち着いた曲があっているんじゃないでしょうか。と誰でも思いそうな感想を述べてみます。

あとあとこのまえニコ動のランキングに“文学少女”のMADがあってびっくりした。まさかニコ動で“文学少女”をお目にかかれる日が来るとは。



思い出してグッときた。やっぱななせちゃん人気あるのね。





【2009年1月度読了三ツ星ライトノベル】

ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)
(2008/12/12)
西尾 維新

商品詳細を見る


感想⇒こちら

戯言シリーズ最狂の一冊。現れた双子と姫ちゃんを襲う悲劇とは。

ベン・トー 3 (3) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-5)ベン・トー 3 (3) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-5)
(2009/01/23)
アサウラ

商品詳細を見る


感想⇒こちら

巷で大ブームのシリアスギャグアクション。やっていることはアホだけど、そこには確かな情熱と誇りが!

【二ツ星ラノベ】

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
(2008/12/26)
野村 美月

商品詳細を見る


感想⇒こちら

完結済みの本編を補完する、“文学少女”初の短編集。心葉はツンデレ。異論は認める。

ムシウタbug  8th.夢架ける銀蝶 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 8th.夢架ける銀蝶 (角川スニーカー文庫)
(2009/01/01)
岩井 恭平

商品詳細を見る


感想⇒こちら

bugシリーズ感動の完結編。“大喰い”との激闘、亜梨子と摩理の決意は――。

SH@PPLE―しゃっぷる―(4) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(4) (富士見ファンタジア文庫)
(2008/12/20)
竹岡 葉月

商品詳細を見る


感想⇒こちら

リバーフェスタ後編。SECの男気に惚れた。

人類は衰退しました (ガガガ文庫)人類は衰退しました (ガガガ文庫)
(2007/05/24)
田中 ロミオ

商品詳細を見る


人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)
(2007/12/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る


感想⇒[1巻2巻]

地球がぷりちーでらぶりーな妖精さんのモノになった世界。若干SFっぽくなってきた。

生徒会の四散  碧陽学園生徒会議事録4 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録4 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る


感想⇒こちら

アニメ化も決定し、色々急展開の生徒会シリーズ。真冬がんばる。

電波女と青春男 (電撃文庫)電波女と青春男 (電撃文庫)
(2009/01/07)
入間 人間

商品詳細を見る


感想⇒こちら

思考は宇宙的にぶっ飛び、しかしデカルチャーな可愛さを兼ねたヒロインとの駆け出す青春。

とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)
(2009/01/07)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


感想⇒こちら

アホの春田と独身(30)が主人公になったりの一冊。ゆりちゃんかわいいよゆりちゃん。




次いで、2月購入予定のラノベ。

○ヒメゴトシステム1 先輩、セップクです!/角川スニーカー文庫
○アクセル・ワールド1 黒雪姫の帰還/電撃文庫 (第15回電撃小説大賞<大賞>受賞作)
○パララバ -Parallel lovers-/電撃文庫 (第15回電撃小説大賞<金賞>受賞作)
○ロウきゅーぶ!/電撃文庫 (第15回電撃小説大賞<銀賞>受賞作)
○ほうかご百物語4/電撃文庫
○ラプンツェルの翼/電撃文庫
○ネコソギラジカル <十二階段>/講談社文庫
○ライトノベルの楽しい書き方3/GA文庫
○とある飛空士への恋歌/ガガガ文庫
○さくらファミリア!3/一迅社文庫
○ゼロの使い魔16/MF文庫
○えむえむっ!7/MF文庫
○やってきたよ、ドルイドさん!2/MF文庫
○二人で始める世界征服2/MF文庫
○迷い猫オーバーラン!3/スーパーダッシュ文庫
○狂乱家族日記 番外そのよん/ファミ通文庫

2月で一番の注目は昨年話題を呼んだ「とある飛空士への追憶」の続編とされる「とある飛空士への恋歌」でしょうか。もしかしたら続編ではなく新たなキャラでの再スタートかもしれませんが、どちらにしろかなり楽しみではありますね。
それと第15回電撃小説大賞の受賞作たちも気になるところですね。「ラプンツェルの翼」は「扉の外」「ツァラトゥストラへの階段」で知られる土橋真二郎さんの新作ですね。気になっていた作家さんだったので今回初めて手に取ろうかと思います。
他にも戯言シリーズ最終章「ネコソギラジカル」の前編、「ゼロの使い魔」「狂乱家族日記」「えむえむっ!」「さくらファミリア!」「ほうかご百物語」等人気シリーズの続刊も発売。「迷い猫オーバーラン!」は10月に一巻が発売されたと考えれば脅威の刊行スピードですね。頑張るなあ。
その他評判や表紙買いによる衝動買いも少なからずあるんだろうなー。


以下はアニメの感想ですよ。今週の夏目の癒され度は異常。そしてついに渚が……。

○続 夏目友人帳 「雛、孵る」  Check!!
○RIDE BACK 「そして旗(フラッグ)はふられる」
○とらドラ! 「クリスマスに水星は逆行する」  Check!!
○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「白い闇」  Check!!
○黒神 「追跡者」

○続 夏目友人帳 「雛、孵る」

タマ

なんだこのみにまむでぷりちーな生物はああああああ!

竜の雛とされる上のタマちゃんは元は藤原家の木に産み落とされたタマゴだった。
タマちゃんのかわいさがやばいですねこれ。萌え死ぬってこういうときに使う言葉なんでしょうか。とにかくタマちゃんの一挙一動がかわいすぎて仕方ありません。ああ、癒される。
しかし夏目の可愛がりすぎられたために離れられず、成長を拒み衰弱するタマちゃんを見るのは辛かった。そして別れのときはちょっとグッと来たね。今回の夏目は出会って別れてが多いですな。

○RIDE BACK 「そして旗(フラッグ)はふられる」
琳が初めて挑む、ライドバックによる公式レース。しかし慣れ親しんだフィーゴではなく、別の機体での参戦。フィーゴは他の機体と性能に差がありすぎて出せないそうです。
バレエを失った琳にはライドバックが足代わりとなっているんでしょうかね。やはり天性の才能というやつでしょうか。相変わらずレースのアクションシーンは見ごたえ十分ですね。
次回からは政治的な暗躍も絡んでくるのでしょうか。話の本筋はそっちみたいですしね。

○とらドラ! 「クリスマスに水星は逆行する」
さあ、これからが本番だ。
原作で言えば7巻に突入。こっからかなり話が本格的になります。ある意味一区切りと転機になってますからね。OP・EDが変わったのもそういうことだったんでしょうかねえ。
サンタさんを信じ、いい娘ちゃんを演じる大河はアニメだとこんなにかわいくなるとは思わなんだ。そしてみのりんはソフトでのつまらないミスから雑念に囚われると同時に竜児を避け、あーみんはこっからやけにみのりんにつっかかるようになりますね。
ファミレスのやり取りにて竜児がまだ大河に対しての本当の気持ちを決めかねているところも。
あああ、もう本当に胸が痛くなるなあ。

○CLANNAD ~AFTER STORY~ 「白い闇」
超号泣しましたがなにか?

Aパートは懐かしい面々に囲まれてあれだけドンチャンやってたのに、その切り替えしみたいなBパートはひたすら泣いてました私。
分かってたけど! こうなることは知ってたけど! それでも泣かずにはいられません。本当に中村さんと中原さんの演技は神がかっていると思いました。もう汐ちゃんが生まれ、渚の「少し疲れてしまいました……」からあの回想シーンに入ってぼろぼろバカみたいに涙が止まりません。

「出会わなければよかった……」
頼むからそんなこと言わないでくれよ。
こっからがある意味で本当のアフターストーリーですね。こっからしばらくハイパー鬱タイム入ります。生きる意味を失った朋也をご覧ください。

○黒神 「追跡者」
クロが「警察は危険です」なんて言うからそっちも絡んでるのかと思えば、ただの食い逃げと脱獄犯じゃないですか。立派な犯罪者ですねw
主人公の慶太がなんだか分からないうちに勝手に巻き込まれて怒るのは分かるんですが、いい加減覚悟を決めてほしいところです。
そしてエクセルとシュタイナーコンビは味方なのかと思いきや違いました。次回はこの二人と決闘なるものを行うという。ということはアクションシーンに期待してもいいってことですね。

2009-01-31 : 月間まとめ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ななせ、可愛いよななせ!!!

と まれ、ルカ姉さん人気やばいですね。
あの低音がやたらクール、美少女ではなく美人タイプのボカロだと。

ヤマイお姉様の声が合う気がする
2009-01-31 20:59 : 鯉 URL : 編集
>鯉さん
ななせちゃんかわいいよね。
ルカ姉さんの人気は異常。ニコ動のランキングも制覇しちゃってますね。
2009-02-01 15:50 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。