アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 [★★]


さて、戯言シリーズ最終章中編。やたらと熱いぜ今回。
もはや当たり前のようにやたらと人が死ぬこのシリーズですが、やっぱり崩子ちゃんには死亡フラグが宿っていたのか……。ただ身代りのように死んだのはお兄ちゃんなんだけども。
そしてあの人の再登場に私はすごく嬉しくなってしまったのだった!


ネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)ネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)
(2009/04/15)
西尾 維新

商品詳細を見る


なんだかんだ言いながらも始まってしまえば我慢できるし、四の五の言っても終わってしまえば耐えられる。しかし人間は中途半端な中庸だけは我慢することができないし、勿論耐えることもできなくて、それなのに人生ときたら最初から最後まで永遠に続く中だるみみたいなものだから、これはもうまったくもってやってられないと言うべきだ。
ひとたび口にしたことは、それがどんな荒唐無稽な世迷事であったとしてもひとつ残らず実行してきた誠実な正直者、つまりこのぼくは、10月、数々の人死にを経験する。奪われたものを取り戻すような勢いで、せき止められたものを吐き出すような勢いで、死んで、死んで、みんな死ぬ。それは懐かしい光景であり、愚かしい光景であり、見慣れた風景であり、見飽きた風景だった。結局、終わりとはなんだったのか。結局、始まりとはなんだったのか。
戯言遣いはその程度のことにさえ思い至らず、しかしどうしようもない戦いだけはどうしようもなく続き、そして中断などありうるはずもなく――戯言シリーズ第6弾


死んだはずの人類最終。そして、人間失格再び――。

物語のクライマックスに向け、どんどん切り開いていってるな。
というか人類最終こと想影真心の強さがハンパない。「ヒトクイマジカル」で何コイツ反則じゃね? って思っていた出夢くんでさえ歯が立たないってどういうことよ。潤さんでさえちょい手こずってるんだぜ。この戦いで退場者が続々出る中、出夢くんもそうだけどやっぱり崩子ちゃんをかばって死んだ萌太くんが印象的すぎる。“闇口”という<殺し名>の端くれゆえに、裏切り者は制裁されるべき――という“闇口”の主から命を狙われる崩子ちゃんを、自らの命を断っていーちゃんに託し死んでいった萌太くんカッコよすぎて涙が出るわ。

「今だけ、泣いてもいいですか?」
その結果崩子ちゃんは自分が萌太を殺したも同然と思ってしまい、使い物にならないほどに心を壊していーちゃんに救いの手を求む。いくら殺し名といったってまだ13歳の女の子なんだよね、崩子ちゃん。今まで我慢していたものが堰を切ったようにあふれ出るシーンは心痛かった。でも崩子ちゃんは将来いい女になりそうだよね。

しかしサブタイには「赤き征裁vs.橙なる種」ってあるにもかかわらず、二人が激突したのって冒頭のアレだけじゃないの? と思ったのは私だけじゃないはず。もっとそこら辺濃くやってくれてもいいなじゃいのかなーって思った。
それと西天東の意図が全然読めなさすぎる。いったい何がしたいんだこの人は。
十三階段は一部の人からしか信用ないし、さらにはその人たちに「俺を裏切れ」とか言うし、挙句の果てには西天さんからあからさまな敗北宣言。その上「もう手は出さない」とかいいやがる。このすべてに裏があるとしたらそいつぁすげえな。次巻が気になりすぎる。
「かはは――傑作だぜ」
そして、戦いが終わっても独自に動いてきた澪標姉妹との戦闘でひょっこり帰ってきたアイツがホントおいしいとこ取り。「クビシメロマンチスト」から再登場、人間失格こと零崎人識その人じゃないか! 私はずっと待ってたぞ!!
いやもう鏡に映したかのようないーちゃんと人識ですけど、この二人の掛け合いはホント最高だよ。最終巻の前で復活とか空気読みすぎるぜ人識。いやもう復活時はテンション上がりましたよ。

そして最後に現れた屍(トリガーハッピーエンド)の宴九段の衝撃の一言にはやられた。
哀川潤、西天東、想影真心、宴九段、零崎人識、玖渚友、そしていーちゃん。最後の最後で誰がどう動き、想いを交錯させるか楽しみで仕方ない。うわあ、思えばすげえいいところで止められてるよ!


ああ、すげえ面白かった。ちょっと中だるみしてたので星は一つ少なくしたけど、最終巻は絶対盛り上がるだろうなー。
この戯言に満ちた物語も、次で最後。心して6月を待ちたいと思います。超オススメ!

→『ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い』の感想へ
←『ネコソギラジカル(上) 十三階段』の感想へ

2009-04-25 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。