アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc2 [★★]


1巻で首尾よく終わっていたと思ったら、まさかの続刊。
どうやって続けるのかと思ったら、これは設定をうまく活かした続編だなーと感じましたね。
ただそのおかげで途中ごっちゃごちゃして、すっごい分かりにくかった。まあ終わり方はなんとなく納得できるものだったのでよかったと思います。そしてあとがきで3巻が出ることにも驚愕。


ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc2 (ファミ通文庫)
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc2 (ファミ通文庫)


〈世界改変〉のエラーのお陰で愛するヒロインたちを取り戻した俺こと都筑武紀。
みんなを幸せにする! ――誓いを胸に激甘なハーレムライフを送る俺だったが、近頃学校では奇妙な噂が流れていた。「伝説の木で恋愛成就」? ちょっと待て、そんなゲームなかったか? まさか誰かが〈世界改変〉を!? そして、このタイミングでリアル幼馴染との再会なんてイベントも発生!! どうする俺!? 選択肢無限の真世界を奔走する、青春ADVノベル、待望の第2弾!!


順風満帆なヒロイン達との生活の中、リアル幼馴染みと再会――!?

そっかー、こういう路線で攻めてくるのかー。こりゃあ設定をうまく活かしましたね。
1巻のエピローグで、無事にゲーム内のヒロインたちを一人の「人間」として現実世界に留まらせることに成功した武紀。この2巻では「ハーレムを取り戻した彼らのいちゃラブ展開へ持っていく」という軽い印象を最初抱いていたのだけど、全然違った。いい意味で予想を裏切られた感じです。
別の設定者を出して、そのゲームから投影された登場人物と、武紀の「エターナルイノセンス」とお話をクロスオーバーさせて予想のつかない展開へ持っていく――という手法がなかなか新鮮に思いました。

このギャルゲー大好きな武紀にまさかリアル幼馴染みがいることがびっくりでした。しかも幼いときにフラグ立ててやがります!
そんなリアル幼馴染みの恵奈と再会し、あくまでゲーム上の幼馴染みキャラである理恵はもちろん武紀の過去を知らないわけですから、二人が仲睦まじく会話していることに不安を覚えます。自分が虚構の存在と理解しながらも、武紀の過去を知っている恵奈への嫉妬も。
そこへまた別のギャルゲーである「メモリーロンド」の設定も絡んできて、事態は大混乱。おまけに恵奈さえも「メモリーロンド」のキャラと聞かされ、武紀は愕然とせざるを得ません。何がなんだかこんがらがった状態でミスリードさせられた部分も多々あってややこしかったんですけど、同時に推理要素と捉えれば逆にそういう部分は楽しめるかと思います。

しっかしこの「メモリーロンド」というゲームがなかなかやっかいでした。
「エターナルイノセンス」とクロスオーバーして、物語が展開していくんですが、何が起こるかまったく予想の範疇外。しかも「エターナルイノセンス」と違って、異能的な要素も絡んでいるのがなんとも。そうか、投影するギャルゲーによっては異能とか戦略とかそういうのもありなのか。そしたらお話の幅が広がるのにも納得ですわ。
「願いが叶う伝説の木」とかいういかにもギャルゲーにありがちな設定が突如出現し、武紀とゆうきが調査するも、次々と起こる出来事や明かされる真実に戸惑い、おまけに理恵まで倒れてしまうという四方八方塞がりの展開。
それでも「ゲームのキャラ」ではない自分を自覚し始めた、咲を筆頭とするヒロインたちが一致団結して挑むのはよかったなー。みんな武紀のことが好きだから、できちゃうんですね。

そして例によって高橋愛子さんがカッコよすぎるんですが。あなたはどこの兄貴かと。
ふらふらする武紀をストレートかつごもっともな物言いで叱咤する姿はさすがです。でも、こんだけ言ってくれる人の方が今のご時世少ないので、こういうキャラはやっぱ好感もてます。まあそれはそれで、結構彼女の立ち位置は重要なんですけど。
しかし1巻ではあんだけツンツンしてたのに、2巻では見事に馴染んでいて、実は友達想いなところとかかわいいなー!

恋の行方はまだまだこれからって感じですけど、3巻以降もこうやって他のギャルゲーとクロスオーバーさせる感じで続けていくのかな。武紀はヒロイン全員を幸せにするって言っているけど、最終的には一人になるんだよねこれ?
あと、強いて言えば途中からクロスオーバーする要素がすごくややこしかった。おかげで読むのにえらい時間がかかったというか、理解してエピローグにいくってのが遅れた。実は読み終わったいまでもちゃんと理解できているか定かではありません。


最初は地雷ばかりと思っていたこの作品ですが、続くにつれて面白さも着々上がっているとように感じます。
よってこれからの展開にも期待です。ホントどうなるんだろうね。

→『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc3』の感想へ
←『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!』の感想へ

2009-05-31 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ラ管連東方カラオケオフ «  ホーム  » 二人で始める世界征服3 [★]
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ほしがりエンプーサ portable
「ほしがりエンプーサ portable」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
2009-06-04 01:58 : ほしがりエンプーサ portable
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。