アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

SH@PPLE -しゃっぷる- ⑥ [★★]


今回やばい!
胡蝶の宮がすごすぎてもうなんなのこいつらまだ中学生だろすげえ青春じゃんやばいじゃん誰も彼もめっちゃ恋しやがって私も混ぜてくださいおねがいします、って感じだった。最近は落ち着き気味だったんだけど驚きも隠せないし、最後はなんかものすごいジーンときちゃったし、もうとにかく胡蝶の宮のターンだった! 
ああ、それからコミック化&ドラマCD化おめでとうございます。こりゃもうアニメ化フラグ立ったんじゃないですかね。


SH@PPLE(6) ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)
SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)


「一生のお願いですわ!」舞ちゃんと入れ替わってる僕が胡蝶の宮に懇願されたのは、弟さん=僕自身の姿になりすまし、デートしてほしいということで!?
自分が誰だかわからくなりそう!! カオスなラブコメ第6弾!


届かぬ想いはキャンパスに描き乗せて――。

今回から巻頭に相関図みたいなのがくっついていたので、まあなんともありがたやー。
ってことはまあいいとして、今回は祖父の手により胡蝶の宮が無理やり許嫁との結婚をさせられそうになり、舞姫(中身は雪国)に「男装し、雪国となって恋人アピールをしてほしい」的な助けを求め、あまつさえそれに雪国(中身は舞姫)やSECの面々も絡み始めてどんどん事態はカオスに。

胡蝶の宮の魅力は後で書くとして、まずがんばったのは誰よりも雪国。
青美女学院には舞姫として女装した上で通っている彼ですが、「男装してくれませんか」と胡蝶の宮に頼まれたときはどうなるんだろうっておもいましたね。女装した上で男装って原点回帰して男に戻る気がしますが、でもあの演技は素の雪国となんかまた違う気がした。というか何気に蜜とデートできたおいしいですね、彼。
胡蝶の宮は雪国が好きであって、もちろん雪国はいつも舞姫として接しているからそれを知っているんですけど、これの好意のベクトルに対する蜜の応援っぷりがハンパない。蜜にとって胡蝶の宮は人生をも一変させた尊崇すべき人物でありますし、強く応援する気持ちは分かります。分かるんだけど、蜜の好きな人が舞姫(中身が雪国時)なんですよね。雪国はこれを知らないし。
ここからが問題。彼の視点で見れば、今回のお話は好きな人である蜜が胡蝶の宮と自分をくっつけようと努力しているわけです。これってかなり辛いと思うんですよ。二人からは舞姫と思われているからそんな事情も知らずのうちに分かっちゃうんですが、これは辛いよ! だって好きな人が自分と他の人をくっつけることに一生懸命なんだもん。雪国は優しいから強くつっこめないしさ、読んでて雪国に感情移入してしまったのよ。およよよよ。

でもってなぜか、胡蝶の宮の許嫁である藤ノ原剣と高天原りぼんの初恋の相手を探す競争みたいなことになります。そこで雪国(中身は舞姫)とSECの面々も参加。
胡蝶の宮は祖父の許嫁婚への手回しのよさと、剣の言葉によって雪国との決定的で絶対な「自分との違い」を感じるようになってしまいます。そして彼女が選んだ道は、なし崩し的かつ自分の想いを最小限まで抑えこんだ婚約という選択肢でした。
そして今回は大人しかったSEC会長こと芝目でしたが、彼が気づいたとある事実のおかげでみんなが動けたんでしょうね。相変わらずおいしいキャラだ。

そして胡蝶の宮。
もう終盤は彼女の叫びと行動に切なくなってジーンと来てもうなんかこっちまで叫びたくなってしまったよ。
自分に好意に背き、したくもない結婚に実を任せて嘘を突き通した胡蝶の宮に、雪国は何を思ったのでしょうか。雪国もまた青美の人たちにとんでもない嘘を隠したままですから、非常にいたたまれなかったんじゃないでしょうか。
とにかく胡蝶の宮はほぼここで恋の戦線からリタイアしてしまったわけですが、これはもう終わりが近いってことなんだろうか。私的にはまた戦線復帰してほしい感じなんですけど、それはダメですかね。
で、最後には蜜の母親が帰国して、舞姫(中身は雪国)が男だという疑惑がかかったところでフェードアウト。気になりすぎる。


この作品の「らしさ」が戻ってきたような、切なさいっぱいのお話でありました。超オススメ!

←『SH@PPLE -しゃっぷる- ⑤』の感想へ

2009-06-20 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ラ管連スイーツ充オフ «  ホーム  » 幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ [★★]
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SH@PPLE6巻の感想レビュー(ライトノベル)
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『SH@PPLE―しゃっぷる―』(竹岡葉月先生原作、よう太先生イラスト)の6巻が発売中です。 表紙は今巻の主役である胡...
2009-06-23 21:59 : 萌えレビュ!
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。