アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

世界平和は一家団欒のあとに8 恋する休日 [★★★]


きた。やっときた。柚島さんのターンがきたぁ!
と思ったのになぜか美智乃の話に突入。でも過去をも交えたいい話だったし、柚島さんと軋人の初々しい姿が見れたのはかなりニヤニヤできたので、もう満足といえば満足。まあ最終的には美智乃主体のお話だったけど、挿絵はずっと柚島さんのターンだったよ! 大好きだ!


世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)
世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)


柚島の誕生日を控え、美智乃にそそのかされた軋人はプレゼントを用意する。一方、柚島はいつも守ってもらっている軋人にお礼をしたほうがよいかと美智乃に相談を持ちかける。そして美智乃が暗躍した結果、軋人と柚島は大型ショッピングモールでデートらしきことをする展開に。
そんな折、星弓家を訪れていた祖父・大三郎の部下、煉次が不穏な動きを見せる。大三郎の亡くなった妻、織花と浅からぬ縁があった煉次は過去の自らの想いと行動になにか思い残しがあるようだが──。過去と現在の恋が交錯するシリーズ第8弾!


美智乃の策略で、軋人と柚島さんがショッピングデート――!?

もう柚島さんメインのお話をどれだけ待ったことでしょうか。と同時に美智乃がメインでもあったのだけれど、とりあえず柚島さんのことを先に語らせてください。
とにもかくにも、これでもう待たされるのも終わりです。「恋する休日」というサブタイに恥じない、柚島さんと軋人のデートはそれはもう終始ニヤニヤしっぱなしで、もう超かわいいんですよっ! ここまで内心で想っていたことを酔いに任せたとはいえ吐露したのは初めてなんじゃないでしょうか。

「守るだの守られてるだの、たったそれだけの関係なんて、ちょっと寂しいじゃない?」
いやでも何より嬉しかったのがこのセリフだなぁ。
軋人にとっても、柚島さんにとっても互いはすでに良い意味で空気みたいな存在なんじゃないでしょうか。適度に守り、守られ、それでもときに失敗はするし、軋人なんか性格上無茶しまくるのが当たり前のようになっているけど、それがこの二人らしい距離なんだと思う。まあお互い不器用で口下手なせいで、たまに遠慮しがちというか攻めどころを失っているというか、この距離感で満足している節も見られるんですけどね。
しかし、この空気はもうお互い好き合っていることを伝えているのは十分すぎるよなぁ。どっちかが寄りかかるんじゃなくて、支えあって対等に肩を並べるような関係。「俺が助けてやんなきゃなぁ」「私が治してあげなくちゃ」――と言葉に出さなくとも、心で理解し合えるような関係。柚島さんは軋人が助けにきてくれると確信しているし、軋人も柚島さんがどんな無茶をしようが傷を治してくれると信じている。なんて素敵なことでしょう。
軋人はあの目つきとガラ悪い言葉遣いのおかげで、ものすごく不良キャラになってますが、実は柚島さんのことをちゃんと見ているようで意外や意外。だからああいうプレゼントをよく思いつくんだなーと思いました。もう絶対その手を離してやるなよ軋人。柚島さんがんばれ!

そんなこんなで美智乃を巻き込んだ、大三郎の付き人である煉次さんのセピア色の切ない恋のお話。
過去に煉次さんが守れなかった星弓家の祖母・織花さんのことを悔やみ、彼女に良く似た美智乃へ投影し、今度こそ守ってみせるというまたせつなーいお話がこもっています。でもこれはハッキリ言えばすごく迷惑の押し付けですよね。織花さんと美智乃はもちろん違う人間ですし、考え方もそりゃあ違います。
それでもかつては戦闘バカだった男としての責務を、過去に亡くしてしまった織花さんへの贖罪を、煉次さんは今になって果たそうとしていました。実に愚かしいことだと思います。いい年こいて大人気ねえとか思わなかったといえば嘘になります。だけどですねえ、たとえ無遠慮でも迷惑でも男には貫き通さなきゃならんことがあるんですよ。それに最後まで我を通した彼を紳士と称えるか、バカと嗤うか、それは人次第ですけど。
なんだかんだで美智乃もお姉ちゃん気質あるんだよなあ。いや、軋人から見れば妹なんだけど、変なところでおおらかと言いますか、今回の一件でも彼女は底抜けのポジティブさと持ち前の明るさで、ちゃんと煉次さんを上手い具合に支えてやったと思う。もうどっちが大人なんだか分からんね。
美智乃がテープの内容を煉次に言伝えるシーンも、うまい見せ方だったと思います。

いやもう今回は特に良かった。
軋人と柚島さんは確かにその距離を少しでも縮めたと思うしね。何度でも言うけど終始ニヤニヤが止まらないので注意。


ああもうこのシリーズホント大好きです。8巻も出てるんだからそろそろ別メディアに進出してもいいと思うんですがどうなんでしょうねー。そして柚島さんと軋人には最終的にはそりゃあ恋人になってもらいたいけど、まだまだこの距離でいてもらいたい感じもあります。その方がニヤニヤできるしね。超オススメ!

←『世界平和は一家団欒のあとに7 ラナウェイキャット』の感想へ

2009-08-12 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。