アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

レジンキャストミルク7 [★★★]


物語の最後を知っている今こそ言えば、彼女の死はある種必然的だったのかもしれませんが、それでも私は彼女が死んだときには涙せずにはいられませんでした。しかもこんとき電車に乗っていたので、必死に泣くのを堪えていたことをよく覚えています。
キャラが死んでここまで悲しくなったのは、本当に久しぶりのことでした。もう、呆然と、するばかりで。


レジンキャストミルク〈7〉 (電撃文庫)
レジンキャストミルク〈7〉 (電撃文庫)


全ての【虚軸(キャスト)】を消滅させて世界の統合を図ろうとする城島樹。その計画の核となった城島鏡と無限回廊(エターナル・アイドル)。
彼らの企みを阻止するため、そして連れ去られた芹菜を奪還するため、ついに晶と硝子は反撃を開始する。しかし、偽物の晶という存在を憎悪する無限回廊は、既に次の一手を打っていた。
無限回廊が待つ場所へ攻め込む晶と硝子。
ふたりの留守をつき学校を襲う、新たな敵。それを迎え撃つ蜜や殊子たち――。
二箇所で繰り広げられる戦いの中、思惑と策略が交差するその先に待ち受けるものは……!?
ほのぼの×ダークな学園アクション・第7弾!


義姉から、義妹へ、託されたモノ――。

前回、前々回と城島樹や無限回廊から幾多の真相を明かされた後、ついにこれまでの日常を捨てきった晶が芹菜の奪還を含めいよいよ無限回廊へと反撃を開始する今巻。これまで弄ばれたばかりだった無限回廊へ一矢報い、確実に晶と硝子の強さが上がっていることが窺えます。単に力が強いのではなくて、本当の意味で二人の息があってきた。なんというのかな、これが一心同体ってやつみたいな。まあ二人はもう恋人といっても差し支えないですから、この成長ぶりは当然だよね。というか、本当に良くできたバトルシーンだこれは。

そして、そして、もう今回の蜜と殊子先輩には泣かされた。
もう、なんというか、ただただ悲しかったです。この事実を突きつけられてから、コミカルだったはずの口絵も最初のくだらないやり取りも、どこか影が見えてより一層この悲劇を裏付け、色濃く演出してしまうのです。
自らの『虚軸』のおかげでひたすらに強さを求めた蜜は、確かに望んだ力を手に入れることができました。しかし、このような形で目覚めてしまうのはあまりにも皮肉がすぎるのではないでしょうか。誰かを傷つけることでしか自己を示せない蜜には、これは辛いわよ。
しかも姫も君子もすっかりと記憶が抜けてしまっていたのが辛すぎる。常識的に考えてこれは硝子も蜜も戸惑うし堪えるだろうよ。
まあでも、思えば6巻のときにちゃんとフラグが立っていたんだよなあ、わかりやすいほどに。若干そんな気がしていた、否そんな気しかしませんでしたが、いざその場面にぶち当たるとやはり堪えるものがあります。
どれだけ義姉は義妹を想い、
どれだけ義妹は義姉を好いて、
その丈が思い切り吐露されたシーンはもう、もう、もう! 涙腺が潰れましたはい。
最後に蜜が言った「大好き」には、幾許の想いがこもっていることでしょう。しかし、失ったからこそ言えることも、いなくなってしまったからこそ告げられる言葉も、もう一生届くことはないないのです。悲しいです。とても。
言葉はもう届かないけど、でも、二人はずっと心で繋がっていると思います。もう大好きです。

失ったものはあまりにも大きすぎましたが、泣いても笑ってもついに次回がクライマックスです。
このシリーズは何で今まですぐ手に取らなかったんだとかつての自分に言いたくなるほど、面白いと思います。傑作といっても引けを取らないでしょう。でも理由はとても曖昧模糊で正体不明なんです。「どこが面白いの?」と言われると、「えーっとね……」とかどもる気まんまんですし。たぶんもう肌に馴染みきっているんだと思います。琴線に触れまくっているんでしょう。
なので、私もなんというか申し訳ないんですが、「大好きです!」としか伝えられません。というか、これ思いっきり評価分かれそうな作品だからなー。

それでも言いましょう。超オススメ。

→『レジンキャストミルク8』の感想へ
←『レジンキャストミルク6』の感想へ

2009-08-20 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。