アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

氷結鏡界のエデン 楽園幻想 [★★]


8月に完結した「黄昏色の詠使い」でおなじみ細音啓の新作。
新作でもあの綺麗で繊細な文体は変わらず、また「歌」も絡んでくるので、もうそれはこの作者の持ち味と言ってもいいのかもしれません。今度はどんな壮大な物語を紡いでくれるのか、今後に期待が大きくかかります。


氷結鏡界のエデン 楽園幻想 (富士見ファンタジア文庫)
氷結鏡界のエデン  楽園幻想 (富士見ファンタジア文庫)


巫女が結界を張る浮遊大陸でのみ、人が生きる世界。居住区の少年シェルティスには、秘密があった。それはかつて大陸の“外”に堕ちたという過去--。少年が失った“想い”を取り戻す、重層世界ファンタジー、開幕!


隔てられた世界で交わされた、一つの約束――!

ああ、綺麗だ。そして、なによりも繊細だ。
それがこの作者の持ち味であり、読者を楽しませる武器でもある。富士見は貴重な人員を確保したなー。

人が住める唯一の場所、浮遊大陸。それを外界の敵から守護するは選りすぐりの四人の巫女。大陸の外は人が踏み入れてはいけない禁忌の地であり、氷と水晶で溢れた世界である。そんな世界観です。
でも、この浮遊大陸もかつては外の世界と深いつながりがありそうで気になるところ。主人公のシェルティスの背景を通じていずれ語られるのかもしれません。
にしても今回もまた構想や設定が深そうな物語ですね。そういうところは裏切らない作者だと確信してますが。

そしてこのシリーズですが、前シリーズ「黄昏色の詠使い」よりもバトル要素がかなり増量されています。
世界観的にはそれもやむなしなのですが、特に心配する必要もなく、むしろ流麗に描かれていたと思います。初めからシェルティスにもライバル的な人物もいるので、お互いに高めあう展開も期待していいんじゃないでしょうか。
まあ今回はほぼ世界観の紹介に力を出し切って、キャラはなんか役割紹介を伴った顔出しみたいな感じなので、キャラの個性を深まるのは以降だと思っていいでしょう。しかし今度のメインヒロインは巨乳だなんて、いったいどうしたんですか!? クルーエルはあんなに平地だったのに!
それにしてもこの作者は「別れ」とか「再会」を魅力的に描く人だなーと改めて思わされる。

でもってこのシリーズでもやはり「歌(または詠・詩かも)」もテーマとなっています。
浮遊大陸を守る巫女の祝詞「ソフィアコード」、そしてそれに酷似している外界の「魔笛」。この二つは相反するはずなのですが、作中でも酷く似ていると明示されてどこか不安でなりません。すべてが明らかとなるときに何らかの隠された真実がありそうでこわいですね。


ということで富士見にまた楽しみなシリーズができてしまいました。普通にオススメです。期待大。

2009-10-07 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。