アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

とある飛空士への恋歌3 [★★★]


正直、そんなフラグは見え見えでしたし、章タイトルからしてアレでした。
ですが、やはり、こういう展開がくると、泣いてしまいます。物語にとてものめりこんでいた分、読むのが止まらなかったし、その怒涛の展開には言葉もありません。この過酷な展開は、あの2巻からは想像もつきませんでした、はい。いまも思い出すだけでちょっと胸が痛いです。
それにしても今回の話はガチだった。こういうのホント涙もろいから困る。


とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)
とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)


8月の強烈な日射しのもと、過酷な陸戦訓練を続けるカルエルたち。戦闘への不安と焦燥が募る中、それは若き飛空士たちの間に恋愛をも育んでゆく。そして、イスラはついに噴き上がる海「聖泉」へ到達する。これより先は「空の一族」が支配するといわれる未知の空域。カルエルたちは、イスラ後方への索敵飛行を余儀なくされるが――。「いつまでもみんなと一緒に空を飛びたい」ただそれだけを願った少年少女たちが飛ぶ空は、美しいだけでなく残酷で……。王道スカイ・オペラ「飛空士」シリーズ、驚愕と慟哭の最新刊!!


『大好きなイスラを守る』。生徒たちはそう胸に刻んで、各々の戦いに臨む――!

前半はまだよかったんだよ。
相変わらずナルちゃんでマザコンのカルエルと意地っ張りで強情なアリエルとの兄妹ゲンカという名の夫婦漫才は見ていて和むし、ノリアキの「ここはセンテジュアルの町だよ」には笑わせられたし、寮長のシューシューにも笑わされたし、挙句の果てにはカルエルがクレアとくんずもたれずな風になっちゃうしドサクサに紛れてキスとかしようとするし。
ここまではよかったんだよ。

だけど、空の一族との空戦が始まってからは一気に緊張感が高まってきました。
ミツオとチハルがなんかいい感じになってて、というかもう恋人でいいだろこいつらって思ってたら、なんかちょっとフラグが立つことを立て続けに吐いて、おいまさかと思ったら索敵に駆り出された直後にそのまさかで……。
しかしながらミツオの最期の散り際は、男から見てもかなりぐっとくるものでした。つーかこの演出は反則だよマジで。3巻にしていきなり目立ち始めてミツオったらカッコよすぎだろ。というか、もう、挿絵が……。これは残されたチハルが辛すぎる……。精神的に再起不能になってもおかしくない彼女は、はたして最期の約束を守ることはできるのだろうか心配です。

そしてカルエルとアリエルを含む編隊もイスラを守るために、敵機である数機の銀ギツネと空戦を交えることになるのですが、ここの展開もかなりきつかった。
常識的に考えれば「人が死なない戦争」なんてありえません。それを考えれば、その現実を示すがように味方が次々に撃墜されていくシーンはつきものだと言っていいんでしょうが、それにしても容赦がなさすぎた。カルエルやアリエルの目に映る仲間の最期が、ありありと目に浮かぶようでこっちまで泣けてくる。というかぶっちゃけメインヒロインであるはずのアリエルまでほんとに退場するのかと心の片隅でびびってました。血に沈むアリエルを見て、気が動転してなぜか告白と受け取っても差し支えないようなポエムを言い始めるカルエルにはちょっと笑いましたが、でもこの演出もすごくよかった。なんだかんだで大事に思ってるんだなあ。
なんかやたら今回アリエルがヒロインすぎて困る。2巻の感想でおまけとか言ってすいませんでした。クレアの出番が少なすぎたのもありますが、正直今回のアリエルは飛空科の生徒たちの中では強かだけどかわいさが増し増しでした。ちょっとやばいほどアリエルかわいい。カルエルのことを「お兄ちゃん」って呼ぶところマジかわいい。
このことで兄妹以上の感情を抱き始めてもおかしくないのですが、しかし現実はどうなることやら。でも、この二人の絆が深まって本当によかった。

こういう人間関係もあれですが、やはりこの作者の描く空戦シーンは本当に素晴らしい。
私はこういうのに詳しいわけではないですが、それでも決して気の抜けない緊張感や焦燥感といったものが、キャラを通じてありありと感じることができます。この技量には恐れ入りますし、満喫することができました。やはり本領はここなんですね。
そしてそして最後の手紙にあの人の名前がががが! 『追憶』とここでつながるのかな!? どっちにしろ今後の展開からも目が離せません。


人々の夢とロマンを運ぶ大空。しかしそれが時として終末の舞台にも成り代わるさまを見せつけられた激動の3巻でした。
これから飛空科の生徒たちはどうするんだろう。やっぱり、これがトラウマにになって辞めちゃう人とか出るのかなぁ。とくにチハルは心配。
とにかく、超オススメです!

←『とある飛空士への恋歌2』の感想へ

2009-12-19 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

まったくもって同感です。2巻から3巻前半にかけてのラブコメ展開とはな布石にすぎなかったのか!?と言いたくなるほどの熱い展開に胸がバクバクしっぱなしでした!睡眠時間を削って最後まで一気に読んでしまいましたよ。

海猫はやはり彼なのでしょうか。追憶の作戦名が海猫作戦だったことからも何か関連があるのかと思い、いまから四巻が楽しみで仕方がありません。

2010-02-25 22:38 : 瀬戸洋介 URL : 編集
>瀬戸洋介さん
海猫に関しては、やはり彼である可能性が高いですね。いやホント『追憶』との繋がりも見えてきて今後の展開も見逃せないところです。
2010-04-08 16:15 : 絵空那智@管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。