アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

すべての愛がゆるされる島 [★]


杉井光恐るべし。MW文庫ではどんなもん書いてくるのかと思いましたが、やはりこの作家は多彩です。
テーマや内容は割と一般文芸なりに重めですが、それにしてはあっさりというかあまり印象が残らなかったってのもありますが、改めて杉井光という作家の幅の広さを思い知らされました。
それにしても叙述トリックはしてやられた。


すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)
すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)


太平洋の赤道直下に浮かぶ、名前のない小さな島。そこには教会があり、神父とわずかな島民が暮らし、訪れるどんな二人も祝福され、結婚式を挙げることができる。同性愛、近親愛、不倫愛、そこではあらゆる愛が許される――二人が、本当に愛し合っている限り。
その島を訪れる、父親と娘。それから姉と弟。ある者は愛の存在証明のために。またある者は不在証明のために。様々なものを見失って渇いた者たちの、いのちと時間がその場所で交錯する。


どんな形でも、本当に愛し合っているなら許される島――。

そう、それがどんな愛でもいい。
どんなに歪んだ愛でも、世間から白い目で見られるような愛でも、倫理や道徳に反する愛でも、互いに本当に愛しあっているのならばすべてを受け入れ、祝福する島がある。その島にある親子が一組とある姉弟が一組、その島へ向かうところから始まります。

親子(父と娘)の視点と姉弟の視点を織りまぜて語られていくお話は一見するとバラバラに見えていたのに、終盤であかされたまさかの関係にしばらく経ってから気づきました。見事にやられたよ……。
というのも親子と姉弟はきっちり分けて書いているんだろうなあという固定観念に囚われてしまったのもあるのですが、その叙述トリックに気づかなかったのはまあさすがですね杉井さん。

お話自体はそんな感銘を受けたりなるほどとか思わなかったんですが、全編を通して「繋がり」を感じた一冊でした。
というかすげえ感想書きづらい本なんだよなこれ。あ、でも作者買いするなら損はしないと思いますよ。

2009-12-28 : 文庫感想 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
えそら的2009年アニメ10選+α «  ホーム  » 生徒会の七光 碧陽学園生徒会議事録7 [★★]
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
すべての愛がゆるされる島
「他に数字を持たない素数は、孤独な数字です」 「他のすべての偶数は、最初の偶数であり、最初の素数である2が存在するために、定義から孤...
2010-01-21 02:53 : サイとはいかが?
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。