アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

シアター! [★★★]


実は初めての有川浩だったんですが、これがかなりおもしろかったという。MW文庫では今んとこ一番。
色々語りたいところはあるのだけれど、なんといっても生き生きとしたキャラのバイタリティが素晴らしい。登場人物は総じて「少年少女」と呼べる年齢じゃないけど、そんなもん気にもならなかった。
単なる演劇モノではなくて、ちゃんとドラマを描いていた印象。ホントに素晴らしかった。そして千歳のモデルはみゆきちだったのか。


シアター! (メディアワークス文庫)
シアター! (メディアワークス文庫)


とある小劇団「シアターフラッグ」――ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円!劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「二年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げるが……。果たして彼らの未来は――!?


負債額300万の貧乏劇団、夢に生きることを望んだ彼らの運命は――!?

「守銭奴けっこう! 金は正義だ!」
この作品、司、巧、千歳の三人だけで名言が多すぎである。
特に感銘を受けたのは上記のセリフ。これは弟が主催する劇団に金を貸す事になる兄ちゃんのセリフなんですが、まさにその通りと言わざるを得ない。そう、感銘を受けたからにはそこには説得力というものが生まれる。確かに金は正直で正論で正義です。世の中の殆どのものが金に変えられるくらい大事なのです。
一見汚いセリフに見えがちですが、この兄ちゃんが言うと大分違うんですよねー。というかなんだかんだで無茶な注文出しつつ、弟に協力してしまう兄ちゃん萌えるんですが。鉄血宰相なんて呼ばれてるけど、団員たちもなんだかんだで別称から愛称にしつつあるところも微笑ましいというかなんというか。

この兄ちゃんと千歳のやり取りもまた印象に残っていますね。
とにかくどんな手を使っても利益を出すことに根回しする兄ちゃんの手腕もすごい。千歳を新人有力声優だと知ったや否や集客能力を見出して、あれこれ宣伝させるように言う徹底さがまさに鉄血宰相。
そんなんなんだけど、なんかこの二人の会話はとてもむず痒い。なんだろう、この気持は。恋愛対象(千歳は司に割とあこがれを抱いているように見えるけど)にはならないっぽいんだけど、千歳が大人のズルさを司に訴えるところとかすげえかわいらしい。
かわいらしいといえばシアターフラッグの主催者である巧。こいつ演劇以外では兄の援助なしで明日生きていけるかも知れないのに、演劇のことになるとすごく真摯になるところがいい。あーもう、私はたぶん男女問わずギャップ萌えにハマリすぎる。
主催が巧だったからこそ、「とにかく楽しくやる」という方針に全力をかけていたからこそ、メンバーたちもしっかりとついてきたんだなあ、と思った。それほどの魅力を確かに巧から感じました。たまにすごくいいこと言うからな。
千歳も千歳で「声優」と「役者」を行ったり来たりしつつ、ちゃんとプロの意識をもってやっているところに好感。変に子どもっぽいところあるけど、芯が通ってるよねこの子。

キャラについてばっかり書いてきましたが、それぐらいこの作品のキャラたちは魅力的です。
それでいてお話はテンポよく、流れるようにスラスラと読めましたね。どうにかして団員たちはシアターフラッグを存続させようと奮闘するも、ぶつかり合ったり噛みあわなかったり、複雑な人間関係や多くの障害を乗り越えて、ひとつのお芝居を完成させるところは熱いなあ。がんばっている人たちの、こういう活劇みたいなの読んでると、自分もなにか始めようかなあ、と思わされてしまう。とにかく軽快で息吐く暇もない展開が心地良かった。


とにかく純粋に「楽しかった」と言える作品だった。読んでて気持ちいいとか久々に感じたなあ。
欲を言えば続きは出てほしいですが、ここで終わっても十分綺麗にまとまっているんでどっちでもいいです。とにかく超オススメ。

2010-01-06 : 文庫感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :
バカとテストと召喚獣7 [★★★] «  ホーム  » 氷結鏡界のエデン2 禁断水晶 [★★]
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「シアター!」有川浩
小劇団―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの30...
2011-03-16 03:55 : 粋な提案
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2011-03-16 03:59 : 藍色 URL : 編集
>藍色さん
 前にも同じようなコメントもらったのに、ずっと放置ですいませんでした……。トラバの方ありがとうございます。こちらも後ほどしておきます!
2011-04-04 02:38 : 絵空那智 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

もくろっく

プロフィール

絵空那智

Author:絵空那智
同人音楽サークル「岸田教団」の重度信者。周りからオススメされる作品が多すぎて一向に減らない積ん読を過ごす日々。

他詳細はこちらまで

絵空が今まで読んできたラノベはこちら

ライトノベルのレビュー一覧はこちら


春期~夏期視聴中アニメ:
氷菓
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
スケットダンス
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
アクセル・ワールド
ZETMAN
エウレカセブンAO
夏色キセキ
Fate/Zero 2nd season
モーレツ!宇宙海賊
謎の彼女X
スマイルプリキュア
HUNTERXHUNTER
緋色の欠片
咲 -saki- 阿知賀編
アクエリオンEVOL

ちゅうもく!

ブログ内&Amazon検索



フリーエリア



あわせて読みたいブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pixivっくまーく&Twitter




絵空のついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。